なんだか、妻が浮気しているのではと思えるような怪しい行動をとっている。そこで、妻の携帯やスマホをチェックしてみると、メールから妻と浮気相手の生々しいエッチなやり取りを発見。

「よし、確実な証拠を得たので、妻や浮気相手を追い込んでやろう!」とこのように考える夫がいるケースが多いのですが、必ずといっていいほど妻に浮気を否定されて失敗に終わります。もちろん慰謝料ももらうことができません。

なぜなら、携帯やスマホのメールのやりとりや、写メ画像、デジカメ画像は性質上、ねつ造されやすいとされているので、それだけでは直接的な浮気の証拠としては通用しないからです。

結論からいいますと、あなたの妻と浮気相手の男性を確実に追い込める証拠は不貞の証拠(ふていのしょうこ)だけです。その証拠さえあれば、あなたの立場は有利になるのですが、不貞の証拠がないと負けるリスクが高い中で追い込むことになり、逆にあなたが負けることになってしまいかねません。

※不貞の証拠とは、あなたの妻と浮気相手の男性に継続的に肉体関係があったということが、ねつ造されない撮影機材で撮影された映像的な証拠のことで、優良な探偵に浮気調査を依頼することで浮気が判明した時点で手に入れられる証拠のことです。

優良探偵に浮気調査を依頼すると、あなたの妻と浮気相手の男性が実際に会ってからラブホに行くまでの道のり、さらにラブホに入ってから出てくるまでの滞在時間もわかるようにずっと撮影しながら、帰宅まで二人の顔がはっきりとわかるように撮影した映像記録とその映像記録の詳細をまとめた浮気調査報告書を受け取ることができます。

後ほど詳しく説明しますが、実際の浮気調査の費用は極力安くすることができる方法がありますので、ぜひ見逃さないようにしていただけたらと思います。

まず、やみくもに妻に対して追い込むと以下のようなリスクが生じかねません。

もし、浮気が事実ではなかったら取り返しのつかないことに・・・

あきらかに妻がおしゃれをし始めた、香水をつけ始めたなど、いつもとは違う変化があった場合、確かに浮気の兆候ではあるのですが、必ず浮気しているのかというと違っていることもあります。

職場や習い事であった女性同士の女子会など、男性と全く会わないけど見た目に気を使って外出する場合がありますので、浮気の証拠がない状態で浮気の事実を確認するために追い込むと、妻の機嫌を損ねるなど傷つけてしまい、簡単には機嫌を直してくれません。

ちょっとした疑わしい行動があった時点で「お前、浮気してるだろ!白状しろ!」などいわれて続けると妻の夫に対する不満が積み重なって爆発し、本当に浮気されてしまう可能性がでてしまいますので注意が必要です。

まずは、確実に浮気をしているかどうかを探偵の浮気調査に依頼することで調べてもらうのが得策です。

法的に通用しない証拠で追い込もうとしてもシラを切られ言い逃れされることに・・・

冒頭でも説明しましたとおり、初めて浮気された夫がうっかりしがちなのが、携帯やスマホのメールの浮気をしていると思われるやりとりやエッチな写真画像、デジカメ画像などが
直接的に妻や浮気相手の男性を追い込める証拠だと勘違いしてしまうことです。

これらの内容は、不貞の証拠と一緒に掲示すると補助的な証拠として扱われやすいのですが、不貞の証拠がない状態では役に立たないのです。

妻や浮気相手の男性は浮気をするくらいなので、浮気に関する専門知識もある程度はネットで知っている可能性があります。

つまり、携帯やスマホのメールの浮気をしていると思われるやりとりやエッチな写真画像、デジカメ画像をいくら妻に対して突き付けても以下のような態度をされてうやむやにされてしまうのがオチです。

・逆ギレされる
・泣かれる
・言い訳 

逆ギレされる

中途半端な証拠を掲示して妻を追い詰めようとすると、「浮気してないって言ってんじゃん!バッカじゃないの!私のことが信用できないなら離婚するから!」のようにかなりヒステリックな感じで夫に対してすごい剣幕でののしりたて、追及をうやむやにしようとしてきます。

じつは、この手法は浮気妻の常套手段で逆ギレすることで、あえて正当性をアピールすることで、夫がそれ以上追及できないということを見越したうえでの演技なのですが、あまりに感情的にぶつけてくるので、本当に浮気していないのか、それとも隠すために演じているのかといったことが判断できなくなってしまうくらい厄介なものです。

実際に探偵に浮気調査をして本当に浮気しているかどうかの確認をしていれば、妻にだまされることはないのですが、浮気調査をしないでいると、このような態度を妻にされたときにこれ以上追及できなくなってしまい、打つ手がなくなってしまうので注意が必要です。

泣かれる

よく世間では「女の涙は武器」だと言われていますので、ご存知かと思いますが、女性は絶妙なタイミングで泣くことができる才能の持ち主です。

つまり、女性はだれでも女優になれる素質があるほど演技が上手なので、追及されて困ったときほど泣くことでその場を回避しようとします。

ですが、本当に浮気していないから泣いている場合もありますので、やはり浮気かどうかの真実を見極めることは不可能です。

よく、女性はうしろめたいことがあると、相手の目を逸らさないと言われていますが、実際には、逸らす女性もいるわけですし、人それぞれ反応が違います。なので、どうしても妻の反応から浮気かどうかのチェックをすることはなかなか難しいです。

ですので、妻に追及する前に探偵の浮気調査で浮気の事実確認をしておくと迷わなくなるのでおすすめです。

言い訳

もし、妻が浮気を認めた時に主張するのが「私は悪くない!悪いのはあなた!私はずっとあなたにされてきたことを耐えてきたの!今後も許すつもりはないから!浮気されて当たり前だよ!」のように浮気のきっかけはすべて夫にあるというように言い訳を言ってくることです。

このように言われると、あなたはきっと罪悪感に苛まれることでしょう。

もちろん、妻が本当にこのように主張するときには、夫に何らかの不満があった可能性が高いです。

たとえば、ずっとセックスレス続きだったとか、高圧的な態度をしてきたとか、家事や洗濯、子育てを全部やらせてきたとか、たまには外に出たかったのに認めてくれなかったとか、考え出せば、心当たりになりそうなことが少なからずあるという場合にはその鬱憤が妻にたまっていて結果、浮気されたということになります。

この場合、妻は夫に対してあきらめの感情と浮気相手の男性に対しての「あなたについていきます」といった感情があるので、あなたが今後、セックスレスを解消したり、男として内面も外見も磨くなどの行動をとったりするなど、何らかの改善をする努力が必要になってきます。

法的に通用する証拠が二度と手に入らなくなり慰謝料請求できなくなるリスクも・・・

繰り返しになりますが、法的に通用する決定的な証拠がない状態であなたの妻に対して追い込みをかけると失敗します。

たとえば、あなたが浮気に関して怪しい行動を妻がとっていたので、妻を追い込んだとします。そして仮にあなたの妻が正直に浮気を認めたとします。そして、その様子をボイスレコーダーに音声的な証拠として手に入れたとします。この時点で大成功と勘違いされる方がいます。

もちろん、浮気相手の男性が認めてくれて慰謝料を支払ってくれるのなら、その音声的な証拠は使えてうまくいったということになるのですが、現実は厳しいケースが多いです。

ポイントは浮気相手の男性とあなたの妻が口裏合わせで以下のように急に浮気したことを否定してくるときにどうしたらいいのかということです。

「浮気相手の男性があなたの妻とは恋愛ごっこをしていて肉体関係は一切なかった。だからあなたの奥さんの言っている浮気は恋愛ごっこで慰謝料を支払う必要がない。」

このように言われてしまうと実際に不貞の証拠がないと浮気相手の男性を追い込むことができなくなってしまうので慰謝料を支払ってもらう理由がなくなってしまいます。

このように決定的な証拠がない限り言い逃れされるようなケースはたくさんありますので、やはり不貞の証拠だけは手に入れたほうがいいでしょう。

また、十分な証拠がない状態で妻に対して浮気の追い込みをかけてしまうと、あなたが妻の浮気を疑っていることが妻に知られてしまいますので、すべての証拠隠滅を図ろうとしたり、今後、不貞の証拠を手に入れるために探偵に浮気調査を依頼しても妻がすぐに浮気調査での尾行に気づいたりしてしまうので、不貞の証拠が見つからずに慰謝料請求ができなくなってしまうリスクがあります。

証拠を手に入れるための上手な泳がせ方

もし、すでにあなたが浮気を疑っていることを妻に知られてしまっている場合には、唯一浮気調査のチャンスを作る方法として以下の方法が考えられます。

・一人になる時間を与える

たとえば、あなたが職場で働いている場合には「帰りが遅くなる」コールをして妻に残業で遅くなることをアピールして妻が一人になれる時間を作ることです。

そのような期間が1か月くらい続くと、妻は油断するようになり、浮気相手の男性と再び再会する可能性がでてきます。あきらかに妻がおしゃれをし始めたり、定期的に外出し始めたりすると、再び不貞の証拠を手に入れるチャンスがやってきます。

ただ、こればかりは本当に妻が油断するまで待たないといけないほど長い時間がかかるので根気が必要です。

浮気した妻や浮気相手に対する上手な追い込み方

先述のとおり、浮気妻と浮気相手の男性に対する上手な追い込み方は不貞の証拠を掴んでから行動することです。

この証拠さえあれば、浮気妻と浮気相手の男性は言い逃れができなくなってしまいます。

さらに、この証拠のおかげで慰謝料を請求することができます。

離婚しないで夫婦関係を続けたい場合

たとえば、離婚しないで夫婦関係を続けたい場合、妻に慰謝料請求しないで浮気相手の男性に対してだけ慰謝料請求することももちろん可能です。

その場合は、離婚しないので50~100万円ほどの慰謝料請求ができますし、もしそれでも浮気相手の男性と妻の関係が続いているのならさらに慰謝料が増額されますので、金銭的な負担をさせることで浮気相手の男性を合法的に追い込むことができます。

そうすると、浮気相手の男性は通常ならかなりまずい状況ということを認識し始めるので、あなたの妻に対して別れようと言ってきます。

そうなると、妻は浮気相手の男性に遊ばれていたことに気づきますので、その時点で、あなたが妻に対して、夫らしい振る舞いをとれば妻も改心してくれる可能性が高くなるというわけです。

そのためにも、妻があなたにしてほしいことがあれば、それを受け入れて改善する努力が必要です。

離婚したい場合

浮気がきっかけとなって離婚しなければいけなくなった場合、妻と浮気相手の男性に対しての慰謝料請求金額は200~300万円と離婚しないときの慰謝料の請求金額よりも高くなっています。

つまり、あなたの円満な夫婦生活を浮気相手の男性に壊されてしまったことへの精神的な苦痛の大きさを高額な慰謝料請求をすることで浮気相手の男性に対して制裁をすることができるので、浮気され損を防ぐことができます。

やられたら法的に通用する手段で正々堂々とやり返すために唯一与えられた反撃手段こそが慰謝料請求という方法です。

ですが、この慰謝料請求をするためにも離婚を有利に進めるためにも必ず不貞の証拠は必要となりますので、気になった方は当サイトでご紹介の優良探偵に無料相談をしてみるとよいアドバイスが聞けるかと思います。

浮気調査の費用を徹底的に安くするピンポイント調査を有効活用しましょう!

もし、あなたが探偵の浮気調査を活用したい場合には、浮気調査の費用を大幅に安くする方法があります。その方法がピンポイント調査という依頼方法です。

あなたの妻が、何曜日の何時ごろに浮気しているのか見当がついている場合、その浮気していると思われる時間帯だけ浮気調査を依頼することで、費用を格段に安くすることができます。

そのためにも、普段から妻に気づかれないようにいつごろ出かけることが多いのかをしっかりとメモをしておき、実際に調査依頼するときに担当に伝えるようにするとよいです。

最近では、クレジットカード払いでの分割払いもできるようになってきていますので、今は残念ながらお金が用意できないという方でも分割払いならできるという方もいます。

当サイトでご紹介の原一探偵事務所ではクレジットカード払いを採用していますので、気軽に無料相談してみましょう。

浮気相手の男性に対して違法な追い込み方をしてしまうと逆恨みされて取り返しのつかないことに。

よくありがちなのが浮気相手の男性に対しての復讐心が強すぎることで慰謝料請求だけでは気が済まなくなり、過激なことをしてしまったというケースです。

実際に、以下のようなことをしてしまうと、逮捕されたり、あなた自身が加害者になってしまったりするリスクがありますので、絶対にしないようにしましょう。

浮気相手の男性には慰謝料という金銭的な負担をさせるだけでかなりの精神的な負担をさせることができます。数百万の支払いを今後していかなければいけないことはかなり辛いことですので、あくまで合法的に浮気相手の男性を追い込むようにしましょう。

よくある違法事例

・職場を追い出してしまう

・浮気相手の男性の妻に密告してしまう

・ネットで実名を挙げて公表してしまう

・近所にビラを配る

上記の方法はいずれにしても簡単に誰が行ったのかがバレてしまいます。つまり、あなたが上記のようなことをしてしまうと、名誉棄損、プライバシー侵害などで訴えられる可能性が高くなりますので、決してしないようにしましょう。

特に探偵の浮気調査を依頼すると、アフターサービスも充実していますので、あくまで合法的な範囲内での決着をするためのアドバイスを受けながら、あなたの満足できるような解決に導いてくれます。

⇒私も利用したおすすめのプロの探偵浮気調査会社ランキングはこちらです。

おすすめの記事