当記事では、旦那の浮気を見破る方法について
徹底的に解説していきます。

もし、「旦那が浮気しているかも」とお考えのあなたにとって
とても役立つ情報になっていますので、
最後まで読んでいただけたら幸いです。

それでは、いってみましょう。

旦那は、浮気という非日常的な行為をしますと、急に態度や行動が変わることが多いです。

まず、旦那の態度や行動の急変で浮気を見破るには以下のケースが考えられます。

・スマホの使い方が変わる
・LINEや通話履歴
・車のチェック
・その他の方法

スマホの使い方が変わる

旦那が浮気するとスマホの使い方は以下のように変わります。
・スマホを持ち歩く
・スマホを伏せる
・電話で席を外す
・通知を非表示にする

スマホを持ち歩く

浮気をしている旦那は、家の中でもスマホを肌身離さず持ち歩く傾向があります。

その理由は、旦那は浮気相手との連絡はLINEや電話である場合がほとんどですので、自分がお風呂やトイレに行っている間に妻にスマホを見られることにより、浮気がバレることを恐れているためです。

また、浮気をしている旦那は浮気相手と早く連絡を取りたいという理由からも、スマホを手元から離さないようになります。

このような際、旦那は妻に浮気を怪しまれないように『取引先から連絡が来るから』とか『最近ハマってるゲームがある』などのように、スマホを持ち歩く最もな理由を事前に妻に言っている可能性が高いです。

スマホを伏せる

スマホは、ロック画面中でも電話の相手の名前やLINEやメッセージの最初の何文かが表示されます。

ですので、スマホをテーブルに置いている時など、ふとした瞬間に浮気相手から連絡が入ると、妻に浮気相手の名前や会話の内容が見られてしまう恐れがあります。

そこで、浮気をしている旦那はスマホをテーブルに伏せて置くことがクセになるケースが多いです。

このような行動は、はっきりと浮気とは断定しにくいですが、今までは表向きに置いていたスマホを急に伏せるようになった時には、浮気を疑う要素としては充分です。

電話で席を外す

浮気相手から電話が鳴ると、旦那はもちろん妻の前では電話を取ることはできません。

ですので、席を外して電話をする可能性が高いです。

ただし、旦那が席を外して電話をするケースとしては、仕事の話ということも考えられますので、こちらも一概に浮気とは断定できないです。

ですが、今までは妻の前でも電話を取っていたり、妻に一言断りを入れて席を立っていたのが、急に焦った態度でそそくさと席を立つようになったら浮気の可能性があります。

また、逆に電話が鳴っているのに出なかったり、電話に気づかないふりなどは非常に怪しい行動と言えます。

通知を非表示にする

前述にあるように、スマホはロック画面中でも電話の相手やLINEなどの最初の何文かが表示されます。

そうしますと、浮気相手の名前や会話の内容が妻に見られてしまう可能性があります。

しかし、スマホを持ち歩くと妻に怪しまれてしまうと警戒する旦那は、画面に表示される通知自体を非表示にするという手段をとります。

このように、通知を非表示にされてしまいますと、妻は浮気の有無がわかりにくくなってしまいますが、今まで通知を表示していた旦那が急に非表示にした時点で浮気が疑われるでしょう。

LINEや通話履歴

浮気をすると、夫のLINEや通話履歴に以下のような変化が表れます。

・LINEや電話に同じ女性の履歴がある
・LINEの内容
・通話の時間帯や頻度

LINEや電話に同じ女性の履歴がある

通常、友人や職場の人と連絡を取る際には、LINEやメールか電話のいずれかで要件が済むことがほとんどです。

しかし、LINEやメールと電話のどちらにも頻繁に同じ女性の名前がある場合、浮気相手である可能性が高いです。

なぜならば、旦那が浮気相手の女性と日常的にLINEやメールをしていて、時間があるときや妻が外出やお風呂などで長時間いない時を狙って、電話をかけていることが多いからです。

また、相手が誰かわからない場合でも急に旦那のスマホが鳴る頻度が高くなったと感じたら注意が必要です。

LINEの内容

浮気相手とのやりとりをLINEで行なっている可能性はかなり高いですので、旦那の見ていないスキを狙ってLINEを見てみると、浮気の証拠をつかめるかもしれません。

このような方法で浮気の証拠を掴んだ場合には、ショックで目をそらしてしまいたくなる気持ちはわかりますが、しっかりとそのLINEの画面の写メを撮るなどの対応をしておくことが大切です。

なぜなら、LINEやメールなどは簡単に消すことができてしまいますので、改めて証拠をと思って見たときには、すでに消されてしまっている可能性も少なくないからです。

ですので、浮気の証拠を見つけた際にはその場ですぐに対処することをおすすめします。

通話の時間帯や頻度

普段あまり電話やLINEなどをしない旦那が、急にスマホをいじる頻度が増えた場合にも浮気をしている恐れがあります。

また、通話履歴が時間帯が夜の9時頃からなどのように決まっている場合、旦那が浮気相手と示し合わせて電話をする時間を決めている可能性があります。

このように、示し合わせをしていますと旦那は電話が鳴ることで妻に怪しまれる前に、なにかと理由をつけて部屋から出ていくことができます。

ですので、決まった時間に毎日、もしくは何曜日と何曜日というように特定の曜日などで電話をしている女性がいましたら、怪しむ必要があります。

車のチェック

浮気をしている旦那は、車の中も以下のように変化する傾向があります。

・助手席の位置
・こまめに洗車やそうじをする
・旦那の趣味ではない音楽や芳香剤

助手席の位置

車は、種類や乗る人によって座席の位置を変えて座ります。

通常、旦那が運転する車の助手席には妻や子供が乗ることがほとんどです。

ですので、ある日突然、座席の位置が変わっていた場合には自分たちではない誰かを、車に乗せたと考えてまず間違いはないでしょう。

このような場合、乗せたと考えられる相手は職場の人や友人など様々考えられますが、浮気相手を乗せた可能性もあります。

そして、女性は座席を動かして良いか、いちいち確認を取らないことも少なくないですし、旦那が座席を戻し忘れてしまった結果、妻が違和感を覚えてしまうというケースはよくあります。

ですので、座席の位置以外にも女性の忘れ物のようなものを見つけたり、女性ものの香水の匂いがしたりした場合には、注意が必要です。

こまめに洗車やそうじをする

いつもは車が散らかっていても汚れていても気にしなかった旦那が、あるとき突然に毎週のように洗車をし始めたり、車内の整理に厳しくなった際には浮気の可能性があります。

なぜならば、好意を持っている女性を乗せる車は綺麗でありたいという気持ちが強くあらわれるからです。

また、浮気相手を乗せる際には車内に子供のおもちゃのように、家族の陰を感じるようなものは置きたくないと感じて、全ての荷物を下ろすなどのケースも多いです。

旦那の趣味ではない音楽や芳香剤

車を運転する時間は、集中が必要なことからも自分の好きな音楽や匂いを用意したくなるものです。

このような車内環境は、旦那と同じように頻繁に車に乗る妻には相談をするかもしれませんが、妻自身が知らない間に変わっていたとなると、だれかが指摘をしたと考えられます。

そして、友人や職場の人の指摘では車内環境を変えることは少ないですが、浮気相手となりますと同じ趣味を持ちたいという気持ちから、すぐに言われた通りに変えてしまう傾向があります。

ですので、もし妻も知らないうちに旦那の趣味とはかけ離れたような音楽や芳香剤を置くようになったら、女性の陰を疑いましょう。

以上の方法の他にも、浮気をしている旦那にはこのような特徴が見られます。

・残業が増えた
・性格が変わった

残業が増えた

旦那が、急に残業で遅くなるという日が増えた場合には、浮気をしている可能性が高いです。

ただし、このように仕事が定時で終わっているにも関わらず妻には残業だと嘘をついて浮気をしている場合は、基本的には家庭を大切にしたいと考えている傾向があります。

ですので、休日は家族サービスをしっかりとして、浮気は遊び程度の気持ちである場合が多いです。

また、同じような言い訳として『出張』ということを言う場合もあります。

このように出張と言われますと、宿泊をしてくることが前提ですので残業という言い訳の時に比べて、浮気の本気度合いは高いと考えられます。

性格が変わった

普段あまり話さない旦那が急によく喋るようになったり、逆に話好きだった旦那が急に寡黙になったりしますと、浮気相手の女性の影響である場合も考えられます。

なぜならば、浮気という非日常的な生活に楽しさを感じた旦那が機嫌が良くなって話好きになったり、話し好きな自分の口が滑って浮気のことを話してしまうことを恐れて、話をしないようにしたりしている可能性があるからです。

まとめ

以上のように、旦那は浮気をしますと日常的な行動や態度が大きく変わる傾向があります。

このように、いずれも旦那と毎日のように顔を合わせている妻でしたら、よく見れば気づくことができるような変化が多いです。

妻は、旦那の小さな変化も見逃さず、もし旦那の態度や行動に変化が見られた場合には、少しカマをかけて「私はあなたの浮気に気づいているよ」というような態度を取ってみるのも良いでしょう。

大切なことは、離婚問題に発展するほど浮気相手との関係が深まらないように対処すること、そして浮気自体を未然に防ぐことです。

おすすめの記事