「最近、俺仕事ばかりで家にいないんだけど妻は浮気していないだろうか・・・」と気になってしまい夜もなかなか眠れないときってありますよね。

特に、あなたの妻が若くて魅力的で実際のところ、結婚する前に付き合っていた時から、たくさんの男性からアプローチがあってモテていたことを知っていたりすると、余計に心配になるかと思います。

あまり考えすぎるとフラッシュバックになってしまうことも・・・。

そんな麗しい妻と一緒に夫婦で居られることに幸せを感じているけど、やっぱり気がかりなのは、朝から晩まで仕事漬けの日々で、なかなか家にいることができないことが多いということではないでしょうか。その間、妻は何をしているのかがわからないですからね。

たしかに、ご想像のとおり、妻がどんなに真面目そうな女性に見えても、見ていないところでは浮気していたという事例は意外と多くあるものです。

急遽、仕事を早退して帰ったら家で妻が浮気相手とベッドのうえで・・・といった矢口真里さんのような実例もありますし。だからこそ、油断はできません。

最近では、だれでもスマホを手にするようになったため、男性よりも女性のほうが浮気に走りやすいと言われている時代でもあります。

実際には、それほど美人ではなくても浮気してしまう実例は多いのです。

ただ、夫婦といってもお互いの自由を尊重しているはずなので干渉されるのは嫌なのは想像がつくかと思います。なので、直接、妻に浮気をしているのか尋ねてしまうと、かえって夫婦の信頼関係にひびが入ってしまいかねませんよね。

そんなあなたに、妻が浮気していないかどうか気になる時に妻に気づかれずに一発で見破る方法を伝授いたします。

妻の浮気が気になるときはとにかく妻にばれないように浮気をしているかどうかを確かめることが大切です。

まず、結論から言ってしまいますが、妻が浮気しているかどうかを身バレせずに確認する方法は優良な探偵に浮気調査を依頼することしか方法はありません。

優良な探偵は、毎年のように数多くの浮気調査の依頼を受けていて、そのたびに浮気問題を解決しているプロフェッショナルです。

普段、自分がいないところで、妻が浮気をしているかどうかを確認して、もし浮気していないとなれば、それはそれで余計な気が晴れますので、仕事にも真剣に打ち込めますよね。

あなたの安心は妻にも伝わりますので、円満な夫婦生活を築けるはずです。

ただ、妻が浮気しているかどうかを確認するだけなら自分で確認するし、探偵はいらないという方もいらっしゃるかもしれませんが、身バレしたらそのあとの妻とのギクシャクした関係はどのように修復されるおつもりでしょうか。

妻から見れば、あなたのシルエットだけですぐに尾行にばれますし、知人に頼んでも、手ブレで顔が映ってないなど言い逃れされてしまう証拠ではどうにもなりません。場合によってはgpsを使用することで違法なこともしてしまいかねません。

優良な探偵は、ピザの配達の店員や宅急便の配達員、カップルを装うなど、あの手この手で尾行して、あなたの妻と浮気相手の男性を顔がわかる状態で撮影します。

しかも、その方法が絶妙で、優良探偵なら身バレする可能性はまずありません。毎年たくさんの依頼者が来るので、その解決法をマニュアル化しながら正確に行動しているのです。

浮気をしているかどうかの確認だけであれば、浮気調査の費用は10~15万円で収まる場合も多いです。当サイトでご紹介の原一探偵事務所ではクレジットカードでの分割払いを受け付けています。

もし、浮気が判明したとなれば、裁判でも通用する浮気の証拠を確保できますので、以下のような行動をとることができます。

妻との夫婦関係をやり直したいとき

まずは、探偵の浮気調査で証拠が手に入れば、妻の浮気相手に対して慰謝料請求ができるようになります。この場合は、離婚しないので慰謝料は50~100万円請求ができるほか、浮気相手の男性に対して二度と妻に近づかないように誓約書を書かせることもできます。

もし誓約書に書かれていることを浮気相手の男性が守らないのであれば、ペナルティとして慰謝料増額もできてしまいます。

妻も浮気相手の男性のほうから去っていけば、遊ばれていたことに気が付き、あなたのもとに帰ってくる可能性が高くなります。

特に当サイトでご紹介の原一探偵事務所では、創業50年近い日本で一番の探偵事務所として知られていますが、浮気調査を依頼した人の夫婦関係の修復事例が多く、どうやって夫婦関係が改善したのか方法を知っていますので、いざというときに相談に乗ってくれるほど強い味方です。

妻と離婚したいとき

妻が浮気していることが発覚して、それまで妻が嘘をつき続けてきたことに信頼度ゼロになってしまい、今後二度と夫婦生活ができなくなったときには離婚という道もあります。

離婚したいときにも探偵の浮気調査で手に入れた不貞の証拠は慰謝料請求や離婚を有利にすすめるためにも役に立ちます。

まず、あなたの妻と浮気相手の男性に対して慰謝料請求する場合、浮気が原因で離婚に至ったのですから200~300万円もの慰謝料を請求することができます。

そして、裁判になったときでも、当サイトでご紹介の原一探偵事務所ではなんと証人として出廷してもらえますので、これ以上ない心強い味方としてサポートしてもらえます。

あなたは大丈夫?妻の浮気あるあるチェック5項目!

もし、あなたの妻が以下の内容に該当している場合には要注意です。
最も浮気の可能性が高そうなチェック項目をピックアップしておきます。

・飲み会に頻繁に行くようになった。
・朝帰りが多くなった。
・セックスレスが多くなった。
・携帯やスマホを肌身離さず持ち歩くようになった。
・ファッションを着飾るようになった。

飲み会に頻繁に行くようになった。

冷静に考えてみてください。職場で働いたことがある方はご存知かと思いますが、飲み会が月に5回も6回もあるのは不自然ですよね。

もちろん、会社によって飲み会の頻度は異なりますので、断言はできませんが、多くの会社では一か月に1回もあれば多いほうです。

つまり、月に5回も6回もあるということは浮気の可能性を疑う必要がでてきます。

朝帰りが多くなった。

夜勤のため朝帰りとかなら、仕方ない面はありますが、念のため、明細はきちんと確認しておいたほうがいいでしょう。夜勤なら特に給料がいいですからね。

特にもっともらしき理由がなくて、朝帰りしてくる場合には、浮気相手の男性に抱かれている可能性が高いとみておいたほうがよいです。

セックスレスが多くなった。

セックスは夫婦の愛を確かめる重要な行為のひとつです。もし、あなたの妻が浮気相手に抱かれているとすると、あなたの妻が男としてみているのは浮気相手の男性ということになり、すでに浮気相手の男性とのエッチに満足してしまっているわけですので、あなたからのセックスに応じてもらえなくなります。

もちろん、浮気していなくても何らかの理由でセックスに応じてくれなくなることはありますが、その原因を明らかにするのはまずは浮気を疑うことから始めるしかありません。

なぜなら、女性は浮気を隠すためなら平気でもっともなことを言ったり、泣いたり、逆ギレするなど演技をしたりして隠す傾向がありますので、妻の一言一言を信用しすぎてしまうと浮気を見過ごしてしまうことになりかねないからです。

つまり、セックスを求めても妻に拒否されているというときには、まずは浮気の可能性を疑ったほうがいいでしょう。

また、妻の愛情が冷めてくるとスキンシップに応じてくれなかったり、寝るときのベッドも別々になってしまったりということもありますので注意が必要です。

携帯やスマホを肌身離さず持ち歩くようになった。

妻が携帯やスマホをいつもいじっているのなら、浮気相手の男性とメールやlineをしている可能性があります。

よくある傾向として、二人でエッチなやり取りをしていたり、今度どこで会うのかの約束をしていたりすることが多いです。

ただ、一番やってはいけないことは、すぐに携帯やスマホを確認して浮気が発覚したことで妻を問い詰めてしまうことです。

じつは、携帯やスマホのやり取りやエッチ画像だけでは、浮気を問い詰めることは非常に困難なのです。

なぜなら、携帯やスマホのやり取りやエッチ画像はねつ造されやすいものとして裁判でも扱われることが多く、最初は浮気を認めても、あとで、妻と浮気相手が裏で口裏を合わせて「ただ、気晴らしにメールやlineで恋愛ごっこをやっていただけ、肉体関係は一切ないから慰謝料を払わない」と一転、浮気を否認することがよくあるケースです。

なので、確実に言い逃れのできない証拠を集めてから妻と浮気相手の男性に問い詰める必要があります。言い逃れのできない証拠を集める方法とは探偵に浮気調査を依頼して裁判でも通用する不貞の証拠(ふていのしょうこ)を手に入れることです。

ファッションを着飾るようになった。

いつもは、そんなに身なりに気を配らないのに、ある日突然、ファッションに気を配るようになり、香水も頻繁につけるようになった、ヘアスタイルに気を配るようになったなど変化が生じた場合には、なぜおしゃれになったのかを気にする必要があります。

女子会があるからとか、ママ友と会わないといけないからとか、飲み会があるからとか、たしかに最もらしい理由ですが、本当にそれだけなのかはやはり確認する必要があります。

浮気を疑ってもすぐに妻に干渉してはいけない理由

絶対に夫婦関係を壊さないためにもやってはいけない注意点として挙げられるのが妻に対して十分な証拠がないのに浮気のことを問いただしてしまうことです。簡単に言ってしまうと、探偵に浮気調査を依頼して証拠を確保していない状態では問いただしてはダメです。

もし、浮気した証拠がないのに妻に対して浮気をしているのかどうなのか聞いてしまうと、妻にとって重たさを感じてしまい、せっかくの夫婦関係を壊してしまいかねません。

しかも浮気を問い詰めるということは、あなたの妻に浮気を疑っているということを知られてしまうので、あとで探偵に浮気調査を依頼しても妻に警戒されて証拠集めに失敗してしまいます。

つまり、浮気調査に時間と費用をかけたのに証拠が集められないのでは慰謝料も請求できませんし、浮気相手の男性とも別れさせることができません。

もちろん、一度問い詰めてしまっても、あなたが浮気のことを一切問い詰めずに、休日出勤などを事前に知らせることで妻が一人になる時間を作ってあげて、妻が浮気相手と会っていてもしばらく放っておいて2~3か月くらい泳がせれば、自然と警戒心が緩むので、それから探偵に浮気調査を依頼すれば証拠集めができなくもないです。

ですので、もし、すでに妻に問い詰めてしまったのなら、妻が油断するまでの期間に浮気調査の費用を蓄えたり、何曜日の何時ごろに浮気していそうなのかをチェックしたり、補助的な証拠になりそうなレシートや浮気メールなども確保しておくとよいです。

浮気メールや写真画像はそれだけでは十分な証拠にはならないのですが、浮気調査で不貞の証拠を手に入れると信ぴょう性が増しますので、補助的な証拠として役立ちます。

妻の浮気を防ぐ予防法

妻に浮気されないためには、コミュニケーションを大切にしながら、以下のようなことをするのがおすすめです。

・飲み会があるのなら迎えに行くようにする。
・妻と子供を連れてショッピングに行くようにする。
・誰と連絡を取っているのか常に包み隠さず相談しあう。

ただし、あまり束縛をしてしまうと、妻が夫の干渉に耐えられなくなってしまうので、注意が必要です。

あまりに、妻がモテるので、とにかく家からでることを一切認めないという超束縛夫が世の中にいたりしますが、たしかにこの方法なら浮気される可能性が限りなく低くなるのですが、友達との遊びに行くのもダメ、女子会もダメ、パートへ行くのもダメ、習い事もダメ・・・。

それでは妻からみれば、めちゃくちゃ重苦しいですし、ずっと家ばかりにいて病んでしまうことも考えられます。自由が欲しいので離婚を切り出される可能性もあります。

ですので、妻にとっての幸せも考えてあげて、あまり家に縛り付けないようにする必要があります。そのためにも束縛するよりも、お互いに隠し事は一切しないことが最も大切なことなのではと思います。

⇒私も利用したおすすめのプロの探偵浮気調査会社ランキングはこちらです。

おすすめの記事