妻に浮気されることは30代後半または40代の夫にとっても子供にとっても、とても悲しいことです。夫が妻のことをどれだけ愛していても、妻に夫への愛がなく、浮気相手の男性のことばかり考えている・・・

そんな現実を子供が知ったらどれだけ悲しむことでしょうか。

この記事を読まれているあなたは現在、妻に浮気されているのでしょう。どうしても浮気相手の男性のことは許したくないし、限りなく重い制裁をかけたいですよね。

きっと毎晩眠れないのではないでしょうか。そのお気持ちはわかります。あなたにとって大事な家庭をめちゃくちゃにしようとしている浮気相手の男性のことが憎くて憎くてしょうがないですよね。

妻に対しても子供がいるのに放って浮気相手の男性にのめりこんでいるので許せないのは当然です。なんらかの手段で妻に対しても浮気したことを後悔させてやりたいですよね。

そこで、今回は浮気されて悲しい思いをされているあなたが、今後、夫婦関係をやり直したい場合や離婚したい場合など浮気問題を解決するためのたった一つのことをご紹介していきます。

妻の浮気が発覚したあるあるケース

特に妻の浮気が発覚しやすいのは以下のような場合です。

・妻の携帯やスマホを覗いてしまった。

妻の様子がおかしいことに気づき、浮気しているのではないかと妻の携帯をチェック。すると浮気メールを発見。その内容には妻と浮気相手の生々しいエッチなやりとりが・・・しかも二人がエッチしている画像まである。

その内容があまりの衝撃的だったので、怒りと不安で夜も眠れず、妻のことは未練があるけど離婚することを決意した。など・・・

ただ、一番やってはいけないことは、この浮気が発覚した時点で問い詰めてはいけません。
その理由は、後ほど詳しく説明していきます。

女性の浮気は離婚につながりやすいわけ

男性は、一時的に性欲を満たすために浮気しがちなので遊びであることが多いのですが、女性は心を満たすために浮気しがちなので本気になることが多いです。

つまり、浮気が発覚した時点で、妻が浮気相手のことを本気で愛してしまっているケースが多いので、あなたが本気で妻のことを浮気相手の男性から取り戻したい場合、妻に浮気相手の男性と確実に縁を切ってもらう必要があります。

そうしないと妻の目が覚めないからです。なので、中途半端な証拠では言い訳ばかりされてしまい、妻の心は取り戻せません。

あなたがどんなに妻と話し合おうとしても裏に浮気相手の男性の存在があることを認識してください。あらゆる演技や口裏合わせされても騙されない、負けない気持ちで戦わないとだめです。

離婚したい場合であっても同じです。妻と浮気相手は慰謝料を支払わないように考えながら行動してきます。時にはあなたの掲示した証拠が不十分であれば、弁護士も立ててくる可能性があります。

なので、とにかく妻と浮気相手に絶対に言い訳されないような確固たる浮気の証拠を準備してから妻を問い詰めるという段取りを踏まないと失敗してしまいます。

中途半端な証拠と言い逃れのできない証拠の違いとは

はじめて浮気された方によくありがちなのは、携帯やスマホの浮気メールのやりとりや写メ画像、デジカメ画像が浮気の決定打となる証拠だと勘違いしてしまうことです。

この中途半端な証拠が手に入った時点で妻を問い詰めてはいけません。

じつは、法的にはこれらの証拠は裏で細工ができてしまうといわれるほど、信ぴょう性に乏しい証拠なので、これらの証拠だけでは不十分なので中途半端な証拠ということになります。

ただし、全く役に立たないわけでなく、いざというときの補助的な証拠としては認められやすいので確保できる場合には確保しておきましょう。

逆に、言い逃れのできない証拠とは、不貞の証拠(ふていのしょうこ)と呼ばれていて、
法的にも裁判でも浮気が認められる証拠のことです。

法的にも裁判でも浮気が認められる証拠とは、あなたの妻と浮気相手の男性に肉体関係があったことが明らかにねつ造できない映像機器で撮影された映像的な証拠です。

二人が会ってからラブホテルへ行くまでの様子、さらにラブホテルへの出入りと滞在時間がわかるように継続撮影、さらにラブホテルからでてきてから帰宅するまでの様子がしっかりと、撮影されているのが条件となります。

しかも、基準が厳しく、浮気相手の男性とあなたの妻の顔がはっきりとアップで映ってないといけないですし、ラブホテルからでてきたときに服装に乱れがないかなどがはっきりとわかるように撮影されていたほうがいいです。

ケースによっては一回だけの撮影では「具合が悪かったから介抱していただけ、体の関係は一切ない。」と言い逃れされることを防ぐために複数回のラブホテルへ出入りしていたほうが信ぴょう性が高くなります。

ただ、この不貞の証拠と一緒に、ほかの補助的な証拠、つまり先述の携帯やスマホの浮気メールのやりとりや写メ画像、デジカメ画像、レシートやクレジットカードの明細などを提出することで、浮気の信ぴょう性があがりますので、補助的な証拠はできる限り収集しておくことがベストです。

浮気問題を解決するためのたった一つのこと

浮気問題を解決するためには中途半端な証拠ではだめであることはお伝えしました。

繰り返しになりますが、浮気問題を解決するためのたったひとつの方法として優良な探偵に依頼して法的に通用する不貞の証拠を手に入れるしか方法がありません。つまりこの不貞の証拠を手に入れてから妻を問い詰めるなり、行動すればよいのです。

妻や浮気相手も探偵に浮気調査をされていたと知れば、慌てふためくでしょう。探偵という存在はあなたにとってこれ以上ないほどの味方になることは間違いありません。

この不貞の証拠があれば、夫婦関係を改善させたいときや浮気が原因で別居や離婚に至ったときに妻または浮気相手の男性に対して高額な慰謝料請求をすることができますので浮気された恨みや悲しみを金銭的な制裁という形で反撃することができます。

夫婦関係を改善させたいときの慰謝料

具体的には夫婦関係を改善させたいときには、50~100万円ほどの慰謝料を浮気相手の男性のみに請求することが可能です。

さらに二度と妻に近づかないように誓約書を書かせることもできますし、それでも浮気をやめないのなら慰謝料の金額が増額されますので、ますます浮気相手の男性には精神的な負担が大きくなるでしょう。

そうすれば、あなたの妻と別れることになり、あなたの妻と話し合いができますので、妻の目が覚めて夫婦関係を修復できる可能性がでてきます。現時点ではセックスレスの状態が続いていても努力次第では解消できる可能性だってあるのです。

後ほど説明させていただきますが、不貞の証拠を手に入れるために当サイトでご紹介の原一探偵事務所で浮気調査を利用した人は不貞の証拠を手に入れた後のアフターサポートのおかげで夫婦関係を改善した方が多いので、気になった方は当サイトでご紹介の原一探偵事務所に無料相談してみましょう。

別居や離婚になったときの慰謝料

また、浮気が原因で別居に至った場合には100~200万円ほどの浮気の慰謝料を妻または浮気相手の男性に対して請求することができます。

さらに浮気が原因で離婚に至った場合には200~300万円ほどの浮気の慰謝料を妻または浮気相手の男性に対して請求することもできます。

結婚生活は相思相愛だからうまくいくものであり、夫がどんなに好きでも妻にその気がないのならあまりに悲しいです。そうなってしまったのは浮気相手の男性がいるからということもありますので、かならず慰謝料請求という形で制裁する必要があります。

たとえ、不貞の証拠を手に入れたとしても妻が浮気相手の男性と別れるつもりがないほど覚悟を決めている場合には、離婚するしかないです。また、夫側も妻のことを二度と信じられなくなって離婚を決断しているという場合もあるかもしれません。

浮気という行為はそれほど夫と妻が長年築いてきた信頼を踏みにじる行為です。

離婚する場合にしても当サイトでご紹介の原一探偵事務所や街角相談所-探偵ではアフターサポートが充実していますので、もし利用される場合には、アドバイスを受けながら離婚を有利に進めるようにしていきましょう。

あなたの悲しみがとれる探偵の浮気調査の依頼の仕方

繰り返しになりますが、このように浮気された側が唯一浮気した側に対して対抗できる手段である不貞の証拠を手に入れるためのプロこそが探偵です。

探偵の浮気調査では浮気が発覚した時点で、不貞の証拠を確保してくれます。

ただ、探偵には優良探偵と悪徳探偵がいますので、うっかり悪徳な探偵に依頼してしまうと、調査費用を払ったのに調査をしてもらえないなどひどい目にあってしまいます。

そのため、探偵業の届け出をしっかりとしていて浮気調査実績が豊富で評判が良い優良な探偵に依頼する必要がでてきます。

当サイトでご紹介の浮気調査会社はどれも浮気の解決実績が多い優良な探偵社ばかりです。たとえば、当サイトでご紹介の原一探偵事務所では、いざ証拠を集めて、たとえ裁判になった場合でも証人として出廷してもらうほどアフターサポートが充実しています。

しかも、クレジットカードでの分割払いも対応していますので、急な出費でも対応ができます。

さらに街角相談所-探偵は厳しい審査基準をクリアした優良探偵が普通に依頼するよりも最大で40%も安く依頼できるうえにアフターサポートが充実していますので、安心して浮気調査を依頼することができます。気になった方は無料相談できますので、お好きなほうに相談してみるとよいです。

浮気調査の費用をできる限り安くするためには?

探偵の浮気調査の費用はちょっとした工夫で安くすることができます。あなたも子供がいるとなれば、急な出費はつらいですよね。

そこで、浮気相手の男性と妻が浮気しているタイミングに合わせてピンポイント調査を依頼するようにしましょう。

いつ、妻が朝帰りをするようになったのか、帰りがおそくなったのか、おしゃれをするようになったのか、など時間帯や曜日、あなたが休日出勤をしているときなど行動パターンがあるはずです。

そのパターンを把握しておき、浮気していそうなタイミングで調査依頼するのです。すると無駄な調査時間を省くことができますので、効率が良いです。

また、もしすでに中途半端な証拠で浮気を問い詰めてしまった場合には、すぐに浮気調査しても妻や浮気相手の男性が警戒していますので、しばらくはあなたが外出する時間を増やして、妻が一人になる時間を与えることで妻を泳がせしばらく油断させておいてから、ここぞというタイミングで浮気調査を依頼して不貞の証拠をゲットしましょう。

この不貞の証拠をきっかけに、あなたと子供の人生が明るくなることを願っています。

⇒私も利用したおすすめのプロの探偵浮気調査会社ランキングはこちらです。

おすすめの記事