妻が間男と浮気していた・・・。その事実を知ったとき、たいていの夫はこの世の絶望感を味わいます。

もしあなたと妻の間に子供がいるのなら、さらに最悪です。なかなか離婚するという勇気も見つからず、悩み続けているのに、妻と間男だけが幸せそうな顔して浮気している・・・。このようなことをされれば誰だって怒りがこみあげてくるでしょう。

浮気された夫側が受けた精神的なダメージは浮気した側に慰謝料という形で請求することができます。つまり、どれだけ浮気された側が苦しい思いをしたのかを償わせるために慰謝料というものがあるのです。

あなたが、妻をどれだけ愛していて妻との円満な夫婦生活をぶち壊した間男に慰謝料という金銭的なダメージを与えることで仕返しができます。

いちおう、触れておきますが、慰謝料以外で間男に制裁を加えることはやめましょう。合法的に許される間男への制裁は慰謝料請求のみです。それ以外のことは逆にあなたが訴えられて加害者になってしまうようなリスクもありますので絶対にやめましょう。

たとえば、言い逃れのできない証拠を探偵に掴んでもらった場合、その証拠を活用することでいろんな選択肢があります。

妻と復縁をしたい場合には、間男に対してだけ平均相場の50~100万円慰謝料請求して誓約書を書かせて二度と妻に近寄らないように約束をさせてもし破ったら、相応の慰謝料増額をすればOKです。

むしろ、そのようにしないと女性の浮気は心から浮気しているといわれるくらいなので、なかなか間男と離れることができないでしょう。なので、本気で妻と復縁したいときには法的に通用する誓約書を書かせることが大切です。

あと、離婚をしたい場合には、妻と間男の双方に対して平均相場の200~300万円慰謝料請求すればOKです。浮気された側にはこれだけの金銭的な制裁を与えることができます。ケースによっては500万円の慰謝料になることもあります。

もちろん、ただやみくもに慰謝料請求したのでは失敗します。浮気した妻と間男は裏で相談して口裏を合わせて、あの手この手で言い逃れをしてきますので、それらに打ち勝つためにも慰謝料を受け取るために絶対に欠かせない方法で臨まなくてはいけません。

それをここではご紹介していきます。

いちおう、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、妻の携帯やスマホからでてくる浮気の証拠はたとえ、エッチな画像であっても、ねつ造とかできてしまいやすいことから、法的には不十分な証拠とみなされてしまうので、これだけで慰謝料請求はできないです。

なんと、デジカメで撮影された画像でさえもねつ造しやすい機材として知られているので、浮気を決定づける証拠にならないのです。

ここが、よく勘違いしやすいことなのですが、知らなかったでは済まされないので、注意が必要です。

うっかり、これらの中途半端な証拠だけであなたの妻や間男に対して詰め寄ると、「恋愛ごっこをしていただけで肉体関係は一切ないからこんなのねつ造だ」とか、あーだこーだ屁理屈を言われてごまかされ、挙句の果てには逆に浮気していないから名誉棄損だの勝手に携帯やスマホを見たからプライバシー侵害だのと弁護士を使ってまで訴えてくるケースもあるので注意が必要です。

あなたがもし間男に対して慰謝料請求したいときには、必ずしなければいけないことがあります。それが不貞の証拠(ふていのしょうこ)を集めることです。

法的には、あなたの妻が間男とキスしていた映像を裁判所に提出しても浮気とはみなされません。腕を組んでいても抱きついていても浮気とは思われません。肉体関係がないと浮気とはみなされないのです。

ここが、一般常識と法律の常識とのギャップなのでぜひ知っておきましょう。

つまり、不貞の証拠とはあなたの妻と間男に肉体的な関係があった。露骨に言ってしまうと、あなたの妻が間男とセックスしていたと法的に認められるレベルの証拠のことです。この証拠さえあれば、あなたの妻も間男も浮気の言い逃れができなくなります。

では、どうしたらあなたの妻と間男に肉体関係があったと証明できるのでしょうか?

そのことを証明するには、二人が会ってからラブホまで入っていく様子とラブホに滞在している時間をカウントしながら撮影して、ラブホからでてきたときに着衣に乱れがあるなど帰宅する様子なども撮影していることが条件になります。

もちろん、あなたの妻と間男の顔がはっきりと映っていなくてはいけないです。昼間の浮気なら身バレしないように撮影する必要がありますし、夜間の浮気ならきちんと顔がわかるように撮影しないといけません。

これらの難易度がめちゃくちゃ高い証拠集めを専門的にお仕事として遂行している職人がいます。それが探偵です。

探偵のお仕事は浮気調査のほかに結婚調査や素行調査、いじめ調査、失踪人調査などもありますが、その中でも特に依頼が多いのが浮気調査なのです。

探偵の浮気調査では、あなたの妻と間男が浮気していることが分かった場合、不貞の証拠を顔がはっきりとわかるレベルで掴んでくれます。

ただ、探偵は全国にたくさんありますので、どこが優良な探偵で、どこが悪質な探偵なのかなかなか見当がつかない人が多いはずです。

そもそも安い探偵事務所にはそれなりに違法なGPS捜査で探偵の調査員の人件費を削減して、ロクな調査をしないで調査料金だけ取られるというケースもありますし、浮気調査の時間と期間を長引かせ、故意的に調査費用を上乗せする質の悪い悪徳探偵もいます。

いちおう、触れておきますが、探偵の調査員を1人だけで行おうとする探偵事務所はやめておきましょう。なぜなら優良探偵なら調査員は2人以上が原則となっているからです。

よく考えてみてください。尾行をする調査員が1人だけだとターゲットに顔を覚えられてしまい身バレしやすいですよね。ほかにもトイレに行きたくなった時や人込みが多いところに入り込んでしまったときには完全に見失ってしまいますよね。

なので、探偵事務所ならどこでもよいというわけではないので注意が必要です。あまりに安い料金をうたっている探偵事務所はなにかしら安い理由がありますので、注意したほうがいいでしょう。下手すると安物買いの銭失いになりかねません。

もし、優良探偵を探すのに困っている場合には当サイトで優良探偵のみをご紹介していますので、ぜひ無料相談してみてください。

当サイトでご紹介の原一探偵事務所は創業45年以上も不貞の証拠を確保して依頼者の浮気の悩みを解決し続けてきました。テレビや雑誌でも紹介されている評判の高い探偵事務所です。

ときには、ピザ屋さんに変装したり、通りすがりのバイクの運転手に変装したり、タクシーの運転手に変装したりと、あの手この手であなたの妻と間男に接近して撮影します。

さらに、探偵がよく用いている撮影機器は、高性能レンズが搭載されているので、手ブレなども一切ないので、はっきりと撮影できるのが特徴です。なんとタバコの入れ物にカメラを隠しておくこともしています。

他にも、もっとすごいのが、裁判になったときに証人として探偵が出廷してくれるところです。裁判所で信頼度の高いあの有名な原一探偵事務所の探偵が出廷してきたら、誰もが探偵の言うことを信じるでしょう。

いずれにしても、原一探偵事務所で浮気調査を依頼した方は無事夫婦関係の改善や円満離婚、慰謝料請求がうまくいった人が多いです。なので、もしつまずきそうになった時にも原一探偵事務所にアドバイスをしてもらうことで困難を乗り越えられることでしょう。

ただ、ちょっと原一探偵事務所はほかの優良探偵に比べて若干高いかもしれません。浮気調査料金はアフターサービス込みで15~60万円くらいを見ておいたほうがいいです。

急な出費でお金がなかなかないというときにはクレジットカード払いもできるようになっていますし、浮気改善のためのいろいろな悩み相談を受け付けているので、無料相談してみると悩みが晴れるかもしれません。

他にも当サイトでは警察の公安委員会にきちんと探偵業の届け出をしていて、浮気解決実績もそれなりにある優良探偵を紹介するサービスである街角相談所探偵もご紹介しています。

この街角相談所探偵はアフターサービスがありますので、浮気調査後のサポートもしっかりとしています。しかも、通常に依頼する料金よりも20~40%オフとなっていますので、
15~35万円ほどで浮気調査の依頼ができます。

あと不貞の証拠について言い忘れたのですが、ただ、ラブホに一回だけ出入りしている映像的証拠だけだと、「同僚が具合悪そうだったから休ませるために近くにあったラブホに入っただけ、肉体関係は一切ない。」のように言い訳をされかねないので、二回は撮影しておいたほうが良いともいわれています。

ですが、もし携帯やスマホの映像的な証拠や浮気メールのやりとり、過去にラブホを利用したときのレシートなどがあれば、ラブホ1回でも裁判で浮気と認められる可能性もありますので、こればかりは、実際に現状のことをよく知っている優良探偵に相談することでアドバイスがもらえます。

浮気調査の前に妻に浮気を問い詰めてしまったときには?

もし、あなたが探偵に浮気調査を依頼する前に妻に浮気を問い詰めてしまった場合には、残念ですが、しばらくは浮気調査の依頼は控えたほうがいいです。

なぜなら、すでにあなたの妻にあなたが浮気を疑っていることがバレてしまっているので、浮気調査の尾行にも気づかれやすくなっているためです。

おそらく、後をつけられていることがわかると、逃げられてしまい、不貞の証拠を掴めないまま調査費用が無駄にかかってしまうだけだったなんてこともあります。

そうならないように、妻の警戒心が解けるまで待ち続ける必要があります。

あなたの妻が間男との関係が切れてない様子がある場合には、妻がひとりになる時間をあえて作ることで妻が間男と連絡を再び取り始めるでしょう。

そのときは、一度泳がせておき、妻の警戒心が緩んで頻繁に会い始めた時に、探偵に浮気調査を依頼するようにしましょう。

その間は、何曜日の何時ごろに浮気していそうなのか、メモしておき、不貞の証拠が手に入ったときに使えそうな証拠、たとえば携帯やスマホのメールのやり取りや画像、ラブホのレシート、クレジットカードの明細などバレないように収集しておきましょう。

いかがでしたでしょうか。もし、あなたが間男に慰謝料請求するときには、繰り返しになりますが、まず動かぬ証拠である不貞の証拠を掴むことが大切です。

ぜひ、探偵の浮気調査で不貞の証拠を掴んで慰謝料がうまくもらえるように願っています。
きちんと制裁して慰謝料を受け取ってよりよい人生を送れるとよいですね。

⇒私も利用したおすすめのプロの探偵浮気調査会社ランキングはこちらです。

おすすめの記事