あなたは妻が浮気を繰り返していて悩んでいませんか?その理由を包み隠さず、お教えいたします。

実は、女性の浮気は心から浮気すると言われているのをご存知でしょうか。このことを知っておかないと、いつまでも妻に浮気を繰り返されてしまいます。つまり、女性の浮気は単なる浮ついた心で浮気をするのではなく、本気で恋愛してしまうということです。

妻が浮気してしまうきっかけとしてありがちなのは、もともとは、「かまってもらえない」という寂しさや「いつまでも女でありたい」という欲求や「夫に隠れて会っているという刺激」におぼれたり、周囲に流されやすいのでアプローチに弱かったりといったことがきっかけであることが多いのですが、

浮気相手の男性があなたの妻を女性らしく扱っていてセックスも満たしてあげているとなれば、妻は浮気相手の男性だけを”一人の男性”として考えるようになり、ほかに男性が入り込める余地がなくなっていきます。

つまり、あなたは妻にとって夫であることに違いはないのですが、それはあくまで過去形で妻はあなたのことを一人の男性としてみていません。

なぜなら、ほかの男性に抱かれると浮気相手の男性を裏切ることになるからです。その証拠に、あなたがもし妻に浮気されていれば、あなたはセックスレスになっているはずです。

おそらくセックスを妻に求めても拒否されてしまうでしょう。その反面、浮気相手の男性にはいつも会うたびに抱かれているはずです。

これが、あなたの妻が浮気を繰り返す理由です。夫からみれば妻が浮気を繰り返すという風に見えるかもしれませんが、妻からみれば一人の女としてお気に入りの男性と恋愛を楽しんでいるということになります。

もし心当たりがあるのなら、かなり厳しい現実ですよね。子供がいるのならなおさら相当辛いと思います。ですが、あなたが妻に対してとる行動を間違えるとかえってあなたが不利になり失敗します。

十分な証拠がないとあなたが逆に訴えられる危険性もあるのです。浮気された被害者なのに、さらに逆に訴えられたら泣きっ面に蜂状態なので、目も当てられません。

そこで、今回はどのようにしたらこの苦境を乗り切れるのか、夫婦関係をつづけるにしても、離婚するにしても、慰謝料請求するにしても、事前に知っておかないといけない注意点と対処法についてご紹介していきます。

やみくもに妻を問い詰めないほうがいい理由

はっきりといいますが、優良な探偵に浮気調査を依頼して不貞の証拠(ふていのしょうこ)を手に入れていない状態なら、やみくもに妻を問い詰めないほうが賢明です。

現実問題として優良な探偵に依頼する方の多くは、不貞の証拠が手に入るので夫婦関係が改善したり、離婚するときにも有利な状態で離婚することができたりする実例が多いのですが、利用しない人はなかなか問題が解決していないという現状があるくらいです。

ただ、探偵にはいかにも安いと言っておきながらまったく調査していなかったり、ぼったくりの請求をしてくる悪徳詐欺の探偵もいたりしますので、気を付けてください。

当サイトでは本当に優良な探偵しか紹介してありませんし、きちんと公安委員会に探偵業の届け出をしていて国内でも評判が良いところしか紹介してありません。

不貞の証拠とはあなたの妻と浮気相手の男性に肉体関係があったことが裁判でもみとめられるほどの証拠のことです。顔がはっきりと映っている状態で2人が出会ってからラブホへ行くまでの道のりやラブホへ入ってからでてくるまでの時間、出てきた後から帰宅するまでの道のりを撮影する必要があります。

しかも、ケースにもよりますが、ラブホへの出入りは1回だけだと「同僚が具合が悪そうにしていたので介抱していた」などの言い訳を言われがちなので、そうならないように2回は出入りしていた様子がわかる証拠を確保する必要があります。

それをまとめたのが探偵の浮気調査による浮気調査報告書なのですが、やみくもに自分で浮気調査して証拠をあつめるよりも信用力がまったく違います。やはり探偵に調査を依頼したとなれば、あなたの妻も浮気相手の男性も認めざるを得ないでしょう。

もし探偵の浮気調査での不貞証拠がない状態で、うっかり妻に問い詰めてしまうと浮気を疑っていることが妻にばれてしまい、警戒されてしまうので、今後、唯一の決定的証拠である不貞の証拠を手に入れられなくなってしまう危険性があります。

それに、もし中途半端な証拠でどんなにあなたが浮気をやめるように説得しても、妻はその場だけは適当に返事をしますが、結局のところ、浮気相手の男性との関係が切れていないので、あなたの知らないところでいつまでも浮気を繰り返します。

もし、妻が浮気をうっかり認めてしまえば、浮気相手の男性にも家庭がある場合、迷惑が掛かります。妻も夫に追及されると面倒なので、なるべく穏便にその場を過ごしてその場をやりすごそうとします。

子供がいれば、なおさらしばらくは事を荒立てたくないという気持ちが妻に出てくるので、とりあえずは、離婚はまだはやいと思っているでしょう。

なので、妻は時が来るまでは何が何でもばれないようにしようとします。そのためには妻は泣いたり、ヒステリック気味になって激高したり、言い訳を言って浮気を否定したりとあらゆる手を使ってあなたを説得してその場をしのごうとしてきます。

ここまでするのには浮気がバレると、それなりにまずい理由があったのです。

なので、妻の演技に騙されてはいけません。あなたの知らない裏側では、「もうすぐ離婚するから、そうなったら二人で一緒になろうね。」と妻と浮気相手の男性の二人で約束している可能性があります。

もし、中途半端な証拠で夫婦関係が良くなったのかなと思っていたら、実は単なる時間稼ぎのために利用されていたということもあるので妻と浮気相手の策略に引っかからないように十分に注意する必要があります。

すでに問い詰めてしまった場合はどうすればいい?

すでに、中途半端な証拠で妻に対して浮気を問い詰めてしまったのなら、浮気を疑っていることが妻にばれてしまっているので、しばらくは探偵に浮気調査は依頼しないほうがいいでしょう。

やみくもに浮気調査を依頼したところで、妻は警戒心があるので、尾行に気づかれやすく、証拠を手に入れられません。そうなると、無駄な調査費用ばかりがかかってしまいます。

こういう場合は、とにかく妻を泳がして油断をさせることが大切です。

とにかく妻に対しては浮気の話を今後一切持ち出さないようにしながら、妻が一人になる時間を作り出すことが大切です。仕事で遅くなるとか出張があるとか何でも構わないので、とにかく事前に妻に対して連絡を入れておくのです。

そうすると、妻は必ず浮気相手と会う約束をして出会うようになります。ただ、最初のうちは警戒しているので、何もしないで泳がせましょう。そうしているうちに警戒心が徐々に解けていくので、かなり油断して浮気相手の男性と頻繁に会うようになったら浮気しているというタイミングで調査依頼をするようにしましょう。

あなたにとって唯一の有効な武器は不貞の証拠だけ!

よく浮気が発覚したときにやってしまいがちなのが携帯やスマホなどのメールや写真画像などの中途半端な証拠を妻に突き付けてしまうこと。

ですが、これらの証拠は裁判ではねつ造されやすい機材での証拠として知られているので、信ぴょう性がこれだけでは薄いのです。妻や浮気相手への慰謝料請求も、浮気をやめさせることも、離婚もできません。

たとえば、「このメールのやりとりは恋愛ごっこをしていただけで、肉体関係は一切なかった」と言われてしまえば、それまでなのです。

ですので、これらの証拠だけでは、あなたの妻や浮気相手の男性を追い詰めることはできないでしょう。

もちろん、探偵に浮気調査を依頼して手に入れた不貞の証拠さえあれば、これらの中途半端な証拠も一転、信ぴょう性が増して補助的な証拠として使うことができますので、できる限り手に入る証拠は集めたほうがいいです。

でも、なんだか探偵の浮気調査の費用は高そうと考えているのではないでしょうか。

いずれにしても、あなたにとって強力な武器となるのは探偵の浮気調査で手に入れた浮気調査報告書と呼ばれる不貞の証拠だけです。

この不貞の証拠さえあれば、夫婦関係をやり直したいときにも離婚したいときにも、高額な慰謝料請求したいときにも役立ってくれます。

妻が浮気を繰り返すのをやめさせて夫婦関係をやり直す対処法

もし、夫婦関係をやり直したいときにはとにかくあなたの妻と浮気相手の男性を引き離す必要があります。つまり、浮気相手の男性から離れてもらうように仕向けなくてはなりません。

浮気相手の男性は単なる遊びであなたの妻に近づいているかもしれないので、浮気相手の男性が不利になるようなことをするべきです。そのためにも慰謝料請求という方法が一番適しています。夫婦関係をやりなおしたいときには不貞の証拠さえあれば、浮気相手の男性に対して50~100万円ほど慰謝料請求ができますし、二度と妻に近づかないという誓約書を書かせることもできます。

もし、誓約書に反して再び妻に近づくようなら慰謝料の増額を請求できるようになりますので、浮気相手の男性もなかなかあなたの妻に近づくことができません。

もし浮気相手の男性があなたの妻から手を引けば、あなたの妻はようやくあなたの話に耳を傾け夫婦関係が改善する可能性が高まります。

当サイトでご紹介の原一探偵事務所は夫婦関係改善実例が多く、アフターサポートで夫婦関係改善するためのアドバイスをしてくれますので、気になった方は無料相談してみましょう。

浮気を繰り返す妻と離婚したいときには?

浮気をするという行為はあなたへの裏切り行為であることにほかなりません。なので、あなたがどうしても浮気をされたことで妻のことを信用できなくなり、離婚したいという場合には、まず浮気をされたことで離婚に至ったときの相場金額である200~300万円の慰謝料請求を妻と浮気相手にして、あなたが受けた屈辱を晴らす必要があります。

もし、あなたの妻が育児放棄をしていて浮気相手の男性と浮気ばかりしていたのなら、それを主張することであなたが親権を確保できるチャンスはでてきます。

当サイトでご紹介の街角相談所-探偵-や原一探偵事務所では、離婚に至った場合の対処法についてもアフターサービスでアドバイスしてくれますので、気になった方は相談してみると解決に向かいやすいのかなと思います。

当サイトでご紹介の探偵はほかのところと比較しても、サービスが充実していて、通常の依頼料金よりも最大40%オフとなっているところもあり、とても安いです。

実際に探偵業の届け出をしていて解決実績が豊富な優良探偵ばかりで悪徳探偵を徹底排除してあるだけでなく、アフターサポートで夫婦関係の改善方法や離婚の有利な進め方をアドバイスしてくれたり、探偵事務所によっては裁判で証人として出廷してくれるところもあります。

さらに妻が浮気しているという時間帯だけに限定してピンポイント調査をすれば、15~35万円くらいで調査できる事例が多いのですが、それでもお金がないときにはクレジットカード払いでの分割払いもOKという探偵事務所があるので、もしお困りの方は無料相談だけでもしてみると悩みが晴れるのではないかと思います。

人生はいくらでもやり直せます。一刻もはやく、あなたの浮気の悩みが晴れてこれからの人生が笑顔でいっぱいになれるように祈っております。

⇒私も利用したおすすめのプロの探偵浮気調査会社ランキングはこちらです。

おすすめの記事