妻に浮気されたと感じたら、まずは、あなたの妻が浮気する妻の特徴があるかどうかを確認しておく必要があります。

そして、特徴に当てはまるようでしたら、浮気されている可能性は否定できません。

では、浮気する妻には、どのような特徴があるのでしょうか。
そして浮気する妻の心理はどんな感じなのでしょうか。

よくありがちな特徴と心理を解説していきます。

浮気する妻の特徴・心理

浮気する妻にありがちな特徴と心理は以下の通りです。

・趣味が変わる
・男性と2人きりになることに抵抗がない
・スキンシップが多い
・寂しがり屋
・平気で嘘をつく
・男友達が多い
・過度に見た目を気にする
・飽きっぽい・飽きやすい
・流されやすい
・服装や下着が派手・濃い化粧をする

浮気する妻の特徴・心理:趣味が変わる

妻が浮気をし始めた頃には、妻の趣味が変わりやすい傾向があります。

と言いますのも、人は好意を持つ相手と親密になるために、趣味を合わせる傾向があります。

ですので、妻の趣味が変わり始めたと感じましたら、それは気になる相手ができたか浮気をし始めた初期段階だと言えるでしょう。

例えば、今まではペーパードライバーで全く運転をしたがらなかった妻が、急に車に興味を持ち始めたり、運転をしたがるようになったりするとこは、大きな趣味の変化と言えます。

また、服やアクセサリーなどの系統が変わることも趣味の変化と言えます。

特に、今までは家事や育児には邪魔という理由でアクセサリーをつけなかった妻が、急に見慣れないアクセサリーをつけたり持ったりしていましたら、浮気相手からプレゼントされた品物だという可能性も高いでしょう。

浮気する妻の特徴・心理:男性と2人きりになることに抵抗がない

基本的に、夫以外の男性と2人きりの空間にいることに抵抗がない妻は、浮気をしやすい傾向があります。

たとえば、夫が仕事帰りに同僚を家に呼んでお酒を飲むというシーンの際に、もちろん妻は快く受け入れるでしょう。

しかし、そこまで妻とは交流がない同僚が家に来た際には、夫がお手洗いに行くだけでも2人きりでは間が持たないと感じる場合も多いでしょう。

ですが、2人きりの空間に抵抗がない妻は、むしろ夫1人に買い出しに行かせて、自分は夫の同僚と2人きりでいる時間を作ろうとする場合もあります。

さらに、相手も妻と2人きりの時間がありますと気兼ねなくアプローチできますので、その時間が浮気につながってしまうことは大いに考えられます。

また、相手から見ても夫以外の男性と平気で2人きりになる女性は、隙があるように見えるでしょう。

浮気する妻の特徴・心理:スキンシップが多い

普段から夫以外の人に対してもスキンシップが多い妻は、浮気をする傾向があります。

このような行為は、故意に行なっている可能性もありますが、多くの場合が軽いボディタッチ程度でしたら癖になってしまっていると考えられます。

ですので、妻自身も無意識に行なっている行為であることもあるでしょう。

このような癖がある人は、相手にスキンシップを取る人は、相手が同性であっても異性であってもあまり関係なくスキンシップを図ります。

ですので、もしも相手が異性の場合は相手が勘違いをして好意を持ってしまうこともあるでしょう。

このように、相手と気軽にスキンシップを図れることは、親しみやすい雰囲気を出すことができる行為です。

しかし、既婚者の場合は異性に対するスキンシップは極力、控えるようにした方が懸命でしょう。

浮気する妻の特徴・心理:寂しがり屋

浮気する妻は、寂しがり屋な性格をしていることが多いです。

特に、夫が仕事が忙しくてなかなか早く帰ってこれなかったり、帰ってきても食事もままならないまま寝てしまったりしますと、夫婦でのスキンシップを取る時間が少なくて、妻は寂しい思いをしてしまいがちになります。

また、このようなはっきりとした要因がなくても、ふと妻が話しかけた時に夫が空返事をしたり適当な相槌を打ったりしますと、夫婦で会話をしたかった妻は寂しいと感じるでしょう。

このように、日頃から夫婦生活の中で寂しい思いをしている妻は、その思いが積もり積もって別の男性に優しさを求めて浮気に走ってしまう可能性もあります。

そして、相手の男性が寂しさを埋めてくれるような心の広い男性ですと、妻の浮気はドンドンと深みにハマっていってしまいます。

浮気する妻の特徴・心理:平気で嘘をつく

日頃から平気で嘘をつく妻は、嘘をつくことに慣れていますので浮気の事実をごまかすことも非常に上手です。

ですので、夫が妻の浮気を疑って問いただしたとしましても、かなりの確率で上手くごまかされるでしょう。

また、嘘が上手な妻は浮気相手に対しても『自分は未婚だ』というあからさまな嘘を、相手が信じるように相手に言います。

そうしますと、相手は嘘をついている妻の言葉を信じますので、浮気というよりは本気の気持ちで交際をしてしまうケースも少なくありません。

このように、嘘をつくことが上手な妻は夫に対しても浮気相手に対しても平然と嘘をついて自分が都合がいいように関係を築きます。

そして、このような性格の妻はたとえ浮気がバレたとしても、全て相手が悪いというような嘘をつき、自分には非がないことをアピールしてきます。

浮気する妻の特徴・心理:男友達が多い

昔から女友達よりも男友達が多くて、結婚した後でも飲み会に誘われたり相談ごとをすることが多いような男友達との交流が続いている女性も、浮気をすることが多いです。

と言いますのも、通常は結婚しますとお互い異性と交流を持つことは極端に減りますし、こちらが結婚をしますと相手も遠慮して誘わなくなってくるものです。

しかし、結婚後も連絡を取り合う男友達がいるということは、配偶者がいることも気にせずに付き合いを続けているということになります。

すると、たとえば妻が夫と喧嘩をしたことをその男友達に相談したり愚痴をこぼしたりしますと、男友達は付け入る隙があると判断して、妻に言い寄る可能性もあります。

このように、結婚後も男友達と交流が続いている妻は、何かのきっかけで浮気に発展してしまう可能性が高くなります。

浮気する妻の特徴・心理:過度に見た目を気にする

今まではオシャレに全く無頓着だった妻が、急に過度に見た目を気にし始めますと、浮気をし始めたサインかもしれません。

と言いますのも、何事に対しても今までしなかったことを急にやり始めるということには、何かのきっかけがある場合がほとんどです。

ですので、今までは見た目を気にしたとしても、出かける時に着替えて軽くメイクをする程度だったつまが、急にアクセサリーを付け始めたりメイクが濃くなってきたりという変化がありましたら、夫以外の誰かに好意を持たれたいための行動であると考えられるでしょう。

そして、見た目をきれいに見られたいと思うことは、多くの場合が異性に対しての感情ですので、それが夫でないのでしたら浮気相手である可能性が高いです。

浮気する妻の特徴・心理:飽きっぽい・飽きやすい

もともと飽きっぽい性格の妻は、夫に対しても毎日一緒に生活をしていることに飽きてしまうこともあります。

そして、夫との夫婦生活がマンネリ化しますと新しい刺激を求めて他の男性と浮気をしてしまうと考えられます。

しかし、飽きっぽい性格の妻が浮気をする場合は、浮気相手に対してもその飽きやすい性格が出てしまいますので、1人の相手との浮気の期間は非常に短いケースが多いです。

ですので、妻の浮気に気づいた時にはすでに別れていたり、新しく別の男性と交流を深めていたりする場合があります。

このようなことから、飽きっぽい妻の浮気ははっきりとした証拠をつかみにくく、浮気の確証を得ることもなかなか難しいかもしれません。

そのような際には、弁護士のようなプロに手を借りて調査をすることも1つの手です。

浮気する妻の特徴・心理:流されやすい

他人の意見に流されやすい性格の妻は、相手の上手い話に流されて浮気に走ってしまうケースも少なくありません。

また、自分の感情を上手くコントロールできずに流されてしまうタイプの女性も、夫と喧嘩をしたり何か上手くいかなかったりした際に、浮気をしてしまう傾向があります。

たとえば、自分に強い意思のない女性が、少し心が弱っている時に夫以外の男性に優しくされますと、その男性に心がなびいてしまうことはよくある話です。

そして、その男性から何度も強く言い寄られますと、自分に強い意思がない女性は、つい相手の男性に優しさを求めて付いて行ってしまいます。

このように、自分にはっきりとした意思がなく相手に流されやすい性格の妻は、夫と喧嘩をしたり育児で悩んだりした際などに、浮気をしてしまう可能性が高いと言えるでしょう。

浮気する妻の特徴・心理:服装や下着が派手・濃い化粧をする

普段から服装や下着が派手な女性や化粧が濃い女性は、周囲の男性からは既婚者とは見られにくい傾向があります。

そして、女性が既婚者とは知らずに言い寄ってしまう男性がいましたら、それが浮気に発展してしまう可能性もあるでしょう。

また、もともとはそこまで派手な格好をすることがなかった妻が、急に服装や下着が派手になったり、濃い化粧をするようになったりした場合には、夫以外の男性と交流する機会ができた可能性が非常に高いです。

このような見た目の変化は、浮気をし始めた頃によく見られる女性の変化だと言えるでしょう。

ですので、自分の妻がもともと見た目が派手目だったり、突然、何の前触れもなく服装を変えたり化粧を濃くしたりした際には、妻に何か心の変化があったと考えられますので、浮気を疑うことも必要になります。

おすすめの記事