もし妻が浮気していたら今後どうするべきか非常に悩んでしまうのではないでしょうか?

なにしろ、妻の浮気はあなたと妻だけの話で収まる話ではありません。浮気相手の男性も絡んでいるのです。その浮気相手の男性がいるかぎり、あなたに平穏な生活は来ないでしょう。

そもそも、あなたが今後どうするべきか、つまり妻を愛しているから浮気相手の男性と別れてもらって夫婦関係を修復したいのか、それとも浮気する妻を信じられなくなり離婚したいのかによりますが、

いずれにしても、まずあなたが妻や浮気相手に対して有利になるためにはどうしたらいいのか対処法について今回はご紹介していきます。

いつも頭の中に不安がよぎってしまい、夜も一睡もできないなど、かなり厳しい精神状態かもしれませんが、読み進めていくうちに、解決法が見つかるので、つらい浮気問題からきっと解放されることでしょう。

妻に浮気を追及しても浮気相手の男性に会うのをやめない理由

はっきりいいます。もし、あなたが裁判でも有利になる浮気の証拠を持っていない段階で、どんなに妻に浮気しているのかどうか追及したり、今後二度と妻に浮気しないように説得したりしても、結局は妻が浮気相手の男性に会うのをやめないので無駄です。

なぜなら、女性にとって愛すべき男はたった一人だからです。これは大昔からの生存本能として備わっているので、変えようがありません。

現実問題として、妻には浮気相手の男性という存在がいて、その男と会うたびにセックス三昧の日々を送っているわけです。つまり、妻にとって必要なのは現時点ではあなたではなく、浮気相手の男性ただ一人だけなのです。

妻にとって抱かれていいのは浮気相手の男性だけになっているはずです。その証拠にどんなにあなたが妻に対してセックスを求めても拒否されてしまい、セックスレス状態が続いているのではないでしょうか。

もう、その時点で妻はあなたのことを一人の男性としてみることができなくなってしまっているのです。

妻がその浮気相手の男性との関係を続けるためなら、どんな手段を使ってでも浮気の関係をいつまでも続けようと思うでしょう。裏では浮気相手の男性とつながっているので、口裏合わせや浮気をはぐらかすための口実なども二人で話し合っていることでしょう。

「もう二度と浮気相手には会わない」なんて夫にいっておきながら裏では「もし、離婚したら一緒になろうね。」と話し合っているなんてこともよくあります。

なので、話がこじれるたびに、離婚というワードも持ち出してくることもあります。夫側に離婚したくないという様子が見受けられる場合には、離婚という言葉を出すことで、これ以上追及できないだろうと高をくくっているのです。

もちろん、離婚できるとなれば浮気相手の男性と一緒になれるので、それはそれで妻にとっては何ら痛くもかゆくもないのです。

浮気妻にありがちな浮気のごまかし方!あなたは騙されてはいけない!

”女は誰でも女優になれる”、”女の涙は武器”などのようなフレーズを聞いたことがあるかと思いますが、本当にそのとおりです。

よく妻の浮気にありがちなのですが、妻は夫に浮気を隠すためなら、とにかくあらゆる手段を使ってきます。

たとえば、感情に訴えて涙を流したり、浮気を今後二度としないといって嘘をついたり、浮気を否定するために逆ギレしたり、浮気をした原因はすべてあなたにあると言い訳を言ったり、といった演技をしてくるのは浮気妻によくあるパターンなのです。

なにしろ、女性は泣こうと思えばすぐに泣けますからね。もし、浮気を追及したときに、妻に泣かれてしまうと、あなたもこれ以上浮気のことを追及しにくくなるのではないでしょうか。じつは、その状況を意図的に作り出すのが女性なのです。

なので、よくありがちなパターンとしては、二度と浮気相手の男性に会わないといって、携帯のアドレス帳の浮気相手の連絡先も消去したはずなのに浮気相手と依然として会っていたりします。

どんなに携帯の連絡先を消去しても、連絡先を紙に控えられたり、覚えられてしまったりしていては、意味がないですよね。

心当たりがある方は要注意ですよ。では、どのようにしたら妻に言い逃れをされないか、その方法をご紹介していきます。

浮気妻が言い逃れできない状況にするためにはどうしたらいい?

浮気妻が言い逃れができないようにするためには、先述のとおり、裁判でも通用する証拠を手に入れることです。

ちなみによく勘違いしやすいのですが、妻と浮気相手の男性のLineのやりとりや携帯の浮気メールのやりとりだけでは裁判で通用しませんし、たとえ携帯やスマホ、デジカメのエッチ画像でもねつ造されやすい機器であることから証拠不十分になってしまいますので、注意が必要です。

証拠不十分な状態で慰謝料請求なんてしたら、逆に弁護士を雇われて訴えられてしまうこともありますので、慎重な行動が求められます。

そもそも裁判でも通用する証拠とは不貞の証拠(ふていのしょうこ)のことです。

不貞の証拠とは、妻と浮気相手の男性に肉体関係があったことが裁判でも認められる証拠のことです。

ねつ造できない撮影機材で妻と浮気相手の顔がはっきりとわかる状態で、二人が会ってからラブホへ向かうまでの様子、ラブホに入ってからどのくらいの時間滞在していたのか、ラブホから出てきた二人の様子や帰宅するまでの様子などがすべて撮影されている証拠でないといけません。

しかも、ラブホへたった1回の出入りだけでは「具合が悪いと言っていたからラブホで休んでいただけ。肉体関係は一切ない」と言い逃れされかねないので、2回は必要といわれています。

いずれにしても不貞の証拠さえあれば、慰謝料請求もできますし、夫婦関係の修復や離婚のときにもあなたにとって有力な武器となります。

これだけの証拠をきれいに撮影してくれて、浮気調査報告書できちんと時系列でまとめてくれるのが優良探偵の浮気調査です。

優良探偵の浮気調査は、さらにサポートが充実していることが挙げられます。

浮気問題を解決するために探偵に浮気調査を依頼する人は多いので、実際に解決した事例の実績データが豊富にあります。

アフターサポートを有効活用することで、あなたが夫婦関係を修復したいときにはどうすればいいのか、離婚したいときにはどうすればいいのか、慰謝料請求したいときにはどのように行動すればいいのかデータに基づいたアドバイスをもらえますので、あなたにとってこれ以上ないほど有利になるでしょう。

また、当サイトでご紹介の原一探偵事務所は全国的にも評判な優良探偵として有名で裁判での証人として出廷までしてくれるほどサービスが充実しています。つまり、あなたの浮気問題が解決するまでサポートしてもらえるのです。

当サイトでは他にも街角相談所-探偵-と呼ばれるサービスも紹介していますが、通常よりも最大で40%も安く依頼できます。しかも悪徳探偵を徹底的に排除して各自治体の公安委員会に探偵業の届け出をしていて評判がよい探偵社しか扱っておりませんので、安心して無料相談してみてくださいね。

妻をまだ愛している場合はどうしたらいい?

「とにかく、たとえ浮気されたとしても妻のことはいまでも愛している。離婚なんて考えられない。だけど妻が浮気相手の男性と別れてくれないのがつらい・・・。」

そういうときには、探偵の浮気調査に依頼して不貞の証拠である浮気調査報告書があるのなら、浮気相手の男性に対してだけ慰謝料請求をしましょう。

慰謝料請求の相手は妻と浮気相手の男性の両方に請求することができますが、妻に請求したくないときには浮気相手の男性だけに請求することが可能です。

離婚にならない場合、浮気の慰謝料の相場は50~100万円ですが、もう二度と妻に会わないように誓約書を書かせることができます。

しかも、誓約書を書かせても再び浮気相手の男性が会うのをやめないときには慰謝料の増額も可能です。

浮気相手の男性は遊びで妻に手を出した可能性があり、実際に探偵に浮気調査されて、慰謝料まで請求されたとなれば、よほど妻に対して本気でなければ男性のほうから手を引くでしょう。

浮気相手の男性が妻と二度と会わなくなれば、妻も浮気相手の男性から目が覚めて、あなたの言うことに耳を傾けるようになる可能性がでてきます。そこではじめて、話し合いができるようになります。

あなたの妻にやり直す気があるのなら夫婦関係の修復がきっとできるでしょう。

当サイトでご紹介の優良探偵である原一探偵事務所では実際に浮気調査依頼して夫婦関係が修復した実例が多数あるので、実績データも豊富です。そのデータを駆使してアフターサービスでアドバイスしてくれますので、無料相談してみましょう。

妻と離婚したい場合はどうしたらいい?

妻に浮気されたことで二度と信用できなくなった、もう二度とやり直す気がおきないという場合、または妻もやり直す気がないという場合には離婚という選択をすることになります。

浮気が原因で離婚になったのなら、浮気の慰謝料の請求額は200~300万円が相場となっていますので、妻と浮気相手の男性に対して高額な慰謝料請求ができます。

これにより浮気されたことの屈辱や苦しみ、悲しみを金銭的に制裁を与えることができます。

もし、子供がいる場合、親権問題が出てくるかと思いますが、妻が浮気ばかりしていて、育児もロクにしないというのなら、心証が悪いので、親権を確保できるチャンスもでてきます。

詳しい内容は当サイトでご紹介の優良探偵に浮気調査依頼するとアフターサービスでアドバイスしてくれるところもありますので、無料相談してみましょう。

すでに妻に浮気を問いただしてしまった場合はどうしたらいい?

あなたが、裁判でも通用するような不貞の証拠がない状態で、妻に浮気を問いただしてしまった場合は、あなたが妻に浮気を疑っていることがバレてしまっています。

つまり、あなたの妻はあなたが浮気を疑っていることに警戒心を抱いているはずですので、
やみくもに優良探偵に浮気調査を依頼しても尾行に気づかれてしまい、なかなか証拠がつかめなくなってしまいます。

すると調査の時間ばかりがかかってしまい、調査料金がかかる割には証拠が手に入らないというジレンマに陥ってしまいます。

なので、もしあなたが妻に浮気を問いただしてしまったのなら、しばらくは浮気のことには一切触れず、妻が一人になる時間を多く作り油断するようにしましょう。

とにかく、妻のことを信用しているふりをして、浮気を疑っているのをあきらめたかにみせておきながら、残業で遅くなるといった連絡や休日出勤の連絡を事前に妻にするようにして、妻が一人になる時間を多く作るのです。

すると、妻は油断し始めて浮気相手の男性と再び会うようになります。しばらく外出が続くようなら、その浮気しているというタイミングだけに絞って優良探偵に浮気調査を依頼することで無駄な調査費用がかからないような状態で証拠がゲットしやすくなります。

もし浮気調査を依頼するためのお金がないときはどうする?

いずれにしても優良探偵に浮気調査を依頼しないと、浮気問題は解決に向かいません。

探偵の浮気調査の費用は調査員の人数×調査時間×調査日数で決まります。調査員の人数は最低でも2人はいないとトイレに行きたかったり、人込みで見失ったり、顔バレしやすかったりと調査自体に支障がでてしまうので、2人以上が前提なのですが、

調査時間と調査日数は工夫次第で減らすことができます。

先述にもありますが、浮気調査の費用を限りなく安くする方法はピンポイント調査といって、あなたの妻が浮気していると思えるタイミングにだけに絞って浮気調査を依頼する方法がベストです。

たとえば、毎週水曜日だけなぜか朝帰りをしてくるとか、香水の匂いが必ずするとか、午後7時から飲み会へ出かけることが多くなったとか、行動パターンを把握しておきます。

また、レシートやクレジットカードの明細などもあれば、どこでいつも浮気しているのか見当がつきやすいです。

そうすれば、いつごろ浮気しているか、どこで浮気しているかとかがわかってきますので、探偵に相談することでピンポイント調査ができるようになります。

また、当サイトでご紹介の原一探偵事務所などではクレジットカードの分割払いもできたりますので、急な出費で困ったときにも問題ありませんので気になった方は無料相談してみましょう。

あなたの人生はまだこれからなのです。浮気という苦しみから一刻も早く解放されて、幸せな時間を取り戻せることを祈っています。

⇒私も利用したおすすめのプロの探偵浮気調査会社ランキングはこちらです。

おすすめの記事