旦那がスナックの女性と楽しげなメール…

たとえ相手はホステスだったとしても妻としては、とても気持ちが良いものではありませんよね?

長年、自分には向けられなかった『好き』や『愛している』なんて言葉を、顔も知らないような相手に向けられていると思うと、怒りを感じることでしょう。

さらに、その言葉が話の流れから来るものではなく旦那の本心から来るものだと気づいた時には、怒りも通り越して悲しみや虚しさを感じてしまうでしょうね。

ただし、お店によく通う常連客というだけでは、妻がどれほど気分を害していたとしても浮気として証明することは難しいです。

しっかりとお店で決められている金額を支払って通っている分には、旦那のスナック通いは責めることはできかねますからね。

そこで、今回はスナックと同様、水商売として営業をしているキャバクラとのそもそもの違いと、旦那のスナック通いをやめさせることに焦点を置き、いざという時の探偵の調査費用や請求できる慰謝料の相場について探っていきます。

旦那のスナック通いに悩んでいる方、旦那がすでにスナックの女性と浮気をしている可能性があるという方はぜひ続きをご覧ください。

スナックとキャバクラの違いは?接客方法や料金設定などを中心に考察!

『あなた、またキャバクラに行ったの!?』

上機嫌で帰ってきた旦那が女性の匂いがプンプンとさせ、居酒屋がすでに閉まっているような時間に帰宅したら誰でもこう聞きたくなりますよね?

そんな時、旦那からこう言われたらどう思いますか?

「キャバクラじゃないよ!スナックだから大丈夫!」

何が大丈夫なの?と、思いませんか?

特に女性は、自ら進んでキャバクラやスナックに行くことは稀ですし、おそらくどちらも行ったことがない女性も少なくないはずです。

そのため、旦那がいう「スナックは大丈夫」の意味が分からない女性も多いかと思います。

そこで、まずは“女性がいる夜のお店”という点では妻としては同じに思ってしまう、キャバクラとスナックとの大きな違いについて詳しく紹介をしていきたいと思います。

・キャバクラとは?

キャバクラとは、簡単にいうと客とキャスト(キャバ嬢)が隣り合わせて座って接客サービスを受けるお店です。

風俗営業の許可を取っていますので、キャストがお客の隣に座ることが許可されているということですね。

お客とキャストの間には特にテーブルや椅子などは挟まず、長椅子やソファーに並んで座る形となりますので、距離が近いという特徴があります。

キャストが拒否をしない限りは、手を繋いだり肩を抱いたりすら程度ならボーイも止めないキャバクラが多いですね。

ただしキャバクラは風俗店とは違いますので、胸などを触る行為は禁止とされておりボーイが止めに入ります。

接客形態は、マンツーマンであることが多いですが、お店が混んでいる際や団体での来店となった場合には必ずしもマンツーマンになるとは限りません。

ただしそのような際にも、基本的にお客から要望がない場合にはキャストの女性がお客を囲む形をとり、お客の隣には出来るだけキャストを置くことが多いです。

キャバクラの料金システムは、多くの店が1時間でいくらと店側が料金設定をしています。

相場は3000円〜6000円程ですが、お店や時間帯によっては価格が前後するケースも少なからずあります。

さらに、お気に入りのキャバ嬢がいる場合には別料金となりますが、あらかじめ指名をして最初から席についてもらうこともできますし、お店の中で気に入った子を見つけた場合には場内指名をすることもできます。

また、大体のお店が40分から1時間くらいをワンセットとして設定していますので、もっと長くいたいという場合には、こちらも別途料金を支払った上で延長をすることができます。

つまり、キャバクラにハマるということは特定の女性にかなり入れ込んでいることが想像できます。

お客によっては、来店時にプレゼントを持ってきたり、キャバ嬢が出勤前に同伴をして食事や買い物に付き合ったりするケースも多いです。

お客からプレゼントをもらったり、同伴で一緒に出かけて欲しいものを買ってもらったりする分には問題はありませんので、特定のキャバ嬢に入れ込んでいるお客はキャバ嬢からねだられると買ってしまうこともよくあるといいます。

妻としては家計のお金をキャバ嬢に貢がれていると思うと怒りを覚えるかもしれませんが、この件についてはキャバ嬢にプレゼント相当の金額を返してもらうなどのことはできかねます。

夫婦で話し合って旦那に理解をしてもらう必要がありますね。

・スナックとは?

スナックもキャバクラと同じく女性が接客をする夜のお店という点では似たようなイメージですが、決定的に違うのは接客スタイルです。

スナックはキャバクラとは違い、基本的にはカウンター越しに接客をする形をとっています。

スナックは飲食営業の営業許可を取っているため、基本的にはお酒やおつまみを提供しながらカウンター越しに話をすることが主なサービスとなっています。

カラオケがあるお店の場合にはホステスとお客が一緒にデュエットすることも多いですが、この時でもあくまでも立ち位置としてはカウンター越しとなります。

ママが1人で切り盛りしているスナックなどでは、カウンター席に満杯に座ったお客をママ1人で接客することも少なくありません。

お客の隣に座ることはまずなく、もしもそれをしてしまうと風俗営業法に違反してしまい、場合によっては営業停止になってしまうこともあるほどなのです。

それに、ホステスがカウンターから出てしまうと、お酒提供などのサービス自体も滞ってしまいますよね。

また、スナックの多くは、カウンター席の後ろや横にボックス席を設けています。

ボックス席の場合はカウンターにいるホステスからは距離が遠くなってしまうため、お酒を作ったり話をしたりすることが難しくなってしまいます。

そのような際には、ホステスはボックスに座ることになりますが、お客が座るソファー席ではなくあくまでもホステス専用の丸椅子に座ることになります。

つまり、接客の仕方としてはカウンター席と同様にホステスとお客の間にテーブルを挟む形でお酒を提供したり話をしたりする形になります。

丸椅子に座ったホステスが、カウンター内にいるホステスとお酒やおつまみのやり取りをすることで、スムーズに接客をしているのですね。

スナックは、キャバクラとは料金形態も違い、時間料金ではないお店がほとんどです。

ただし飲み放題があるお店ですと、スナックの中での設定時間に料金が発生します。

例えば、“2時間飲み放題カラオケ歌い放題で4000円”などですね。

また、飲み放題ではない場合には時間での料金は発生せずボトルキープをして、そのボトルを飲みながらママやホステスたちとの会話を楽しむスタイルもあります。

席料の有無やカラオケ代の有無など、お店によってシステムは異なりますが、基本的には“カラオケは一曲200円”とか“ミネラルウォーター1本300円”などその都度お金がかかるお店が多いですね。

団体で来店をしてグループで飲んだり歌ったりすることを目的としている方は飲み放題を、1人でしっとりと飲みながら話をすることを希望している場合にはボトルキープをする方が多い傾向があります。

スナックとキャバクラの大きな違いの一つとして挙げられるのは、スナックには基本的には指名がないということです。

繰り返しになりますが、スナックはお客多数に対してホステス1人で接客することも少なくない営業スタイルです。

そんな中で『ホステスを自分1人のためにつけてくれ』という要望を入れることは、ほぼ不可能でしょう。

ただし、ホステスの友人や知人が訪れてくれた場合や、よほど気に入ってくれたお客がいた場合には、お店の混み具合などによって店を回しているママの配慮でそのお客の近くにホステスを配置することもあります。

あくまでもそのお客の向かい辺りのカウンターに配置するというだけですので、隣に座るわけではありませんし、他のお客が話しかけてはいけないというわけでもありません。

中には空いている時にはお客の隣にホステスを座らせるというお店もあるようですが…

これは法律的にアウトな行為ですのでバレてしまうと営業が停止されてしまうこともあります。

スナックであることを知っていながら、ホステスが隣に座ることを許していたお客も場合によっては罰せられる可能性がありますので、ホステスが隣に座ることがあるスナックに行くことはあまりオススメできませんね。

旦那のスナック通いを抑制するための対処法とは?

旦那のスナック通いをやめさせるために日々、旦那に早く帰ることを強要したりお小遣いを制限したりしている妻も少なくはないかと思います。

ですが、旦那のスナック通いをやめさせようとする前に、そもそもなぜスナックにハマってしまったかという理由を考えたことはありますか?

もしもその理由が分かったなら、妻自身の配慮だけで旦那の気持ちを変えて自然にスナック通いをやめさせることにつながる可能性もあります。

その点も視野に入れた上で、旦那のスナック通いを改善させる対処法を考えていきましょう。

・スナック通いを頭から否定しない

“妻も子供もいる身分でスナックやキャバクラに行くなんて…”

旦那のスナック通いが嫌だと感じている妻の多くは、このようなことを考えているのではないでしょうか?

たしかに側から見ると育児を怠って女遊びをしている男性に見えてしまうかもしれませんね。

では、逆に『なぜ旦那はスナックに行きたくなるのか』ということを考えてみてください。

前項で説明した通り、スナックはホステスやママとお酒を飲みながら話をすることを基本のサービスとして行っているお店です。

スナックでは、自分の話したことを親身になって聞いてくれて、相談にも乗ってくれる。

趣味の話には楽しそうに耳を傾けて、時には質問もして話を引き出してくれる。

タイミングよくお酒を継いだりおつまみを出したりしてくれる。

確かにお金が発生しているからこそ受けられるサービスではありますが、自分がしてほしいことに痒い所に手が届くかのように上手に対応してくれるスナックは、非常に居心地が良いのでしょう。

逆に妻は家庭の中で旦那に対してどのように接しているでしょうか?

仕事の愚痴や相談も『ふーん。』程度に流してはいませんか?

趣味の話をされても『自分には興味がない』といった雰囲気を出して背を向けてはいませんか?

旦那は1人でグラスにビールを注いで乾物ばかりをつまみにしてはいませんか?

思い当たる節はいくらでもあると思います。

旦那は、家庭内で妻や子供に構ってもらえずに寂しい思いをしており、その寂しさを紛らわすためにお金を払ってスナックで自分が望む対応をしてくれるサービスに期待をしているのではないでしょうか。

そのようなことにも気づくことができずに、“旦那がスナックに通っている”という事実だけを消そうとしてしまうと、旦那はやっと見つけた心の拠り所をなくしてしまうことになります。

すると、旦那は相談や口のこぼし場所を失ってストレスばかりが溜まるようになってしまいます。

妻としては、まずは旦那のスナック通いを頭から否定するのではなく、旦那がスナックに求めていることは何なのか、自分はどう対処したら良いかなどを考えると良いでしょう。

もしも妻の配慮一つで旦那の期待するような、楽しくて帰りたくなる家庭にすることができたなら、旦那は何を言わなくてもスナックに行くことをやめてしっかりと家に帰ってきてくれるようになります。

あまりにも旦那のスナック通いを放置してしまったり、旦那を怒りつけて無理やりやめさせようとしたりすると、旦那はより一層スナックの女性に対して好意を持ちやすくなり、お店でのサービス以上の関係を求めてしまいやすくなってしまいます。

妻が考え方を変えるだけで旦那の浮気を未然に防ぐことができるかもしれませんよ。

・時には本心を話す

女性は結婚をして子供ができてしまうと、強くて頼り甲斐がある母親になる一方で、旦那から見ると結婚当初の可愛らしさがなくなってしまったという印象を受けてしまうことも少なくありません。

その一方で、スナックなどの女性はいつもキラキラと輝いていて女の子らしい可愛らしさと、時折見せる女性らしい頼りなさが垣間見えますよね。

たとえ子持ちのホステスだったとしても、母親のような包容力というよりは、男性の一歩後ろを歩くような儚さがあり男性としては守ってあげたいという気持ちが強くなることでしょう。

もしかすると、妻にはこの女性らしさが足りないのかもしれませんね。

あなたが旦那のスナック通いをやめさせたい理由は何ですか?

早く帰ってきて話をしてほしいから。

寂しいから。

他の女性のところに行かないでほしいから…

悲しみや寂しさが根本にあるからこそ、その気持ちを素直に伝えることができなくて怒りや憤りに変わってしまっているのではないでしょうか?

では、この中の何か一つでもしっかりと妻の口から直接旦那に話したことはありますか?

帰ってくることを強要していたり、あからさまに不機嫌な態度をとって早く帰らなければならないといけないという雰囲気を出してはいませんか?

男性は言葉にしてもらうことで初めて、相手の気持ちを察することができます。

雰囲気だけで察してくれるのはドラマの中のヒーローだけ。

実際にはそんな理想的な男性は数えるほどしかいません。

スナックのホステスを見習えというわけではありませんが、結婚をしたとしても子供が生まれたとしても、自分の気持ちは素直に伝えられる可愛らしさと、時には旦那に甘える頼りなさを持っておきましょう。

頑張ったら自分でもできるようなことでも、時には旦那を頼ってみてはいかがですか?

頼られたり甘えられたりすることで、男性は家庭に居場所を見つけることができます。

妻の本心を妻の口から聞くことができたなら、旦那もきっと妻の気持ちに応えるような対応をしてくれますよ。

・探偵に浮気調査を依頼する

旦那がすでに特定のホステスに入れ込んでおり、異常なほどに通い詰めている。

スナックに使う費用やホステスへのプレゼント費用があまりにも膨大である。

すでにお店の外で会っている可能性があり浮気の心配がある。

このような場合、その後の夫婦生活を考えてもさまざまな場面で支障が出ることが想像できますよね。

スナックに通い詰めたり高額なプレゼントを用意したりすることで、家計に負担をかけてしまっている場合には物理的に問題が生じています。

また、特定のホステスに固執していたりお店の外で会っている可能性がある場合には、浮気をしていることも考えられますよね。

いずれにせよ、ここまでスナック通いが悪化してしまうと早期に対応をしなくては、現在の生活が壊れてしまうだけではなく妻の希望はどうであれ離婚をせざるを得ない状況になってしまいかねません。

そこで、特に妻が離婚を望まない場合には最悪の事態になってしまう前に、探偵に調査を依頼して浮気の有無を確認してもらう必要があります。

当サイトで紹介をしているような優良探偵の場合には、浮気の有無のみの調査の場合には割と安価な費用で調査を進めてもらえるケースが多いです。

浮気の事実確認だけの場合には、不貞の証拠集めは調査の範囲外となりますので、確実に慰謝料を請求することが難しくなります。

そのため、出来るだけ費用を抑えた形での調査をしてほしいという方もいらっしゃいますよね?

そこで、調査を依頼する前に妻が用意しておくと良い情報としては、旦那が通っているスナックの店名や分かるなら気に入っているホステスの名前などを把握しておくと良いでしょう。

旦那がよく通っているスナックでしたら、お店やホステスの名刺を持っている可能性は充分にあります。

また、タバコを吸う男性の場合にはお店の名前や電話番号などが書かれているライターをもらっており、スーツのポケットなどに入れっぱなしになっていることも考えられます。

旦那の財布を勝手に見てしまうことは、プライバシー侵害に当たってしまう可能性もありますので、あまりオススメはできません。

机に置きっぱなしになっていたり、クリーニングに出すときにチェックをしたスーツから出てきた名刺やライターなどがあった場合には必ず取っておくようにするとお店の場所や営業時間を把握しやすくなりますね。

スナック通いの事実が発覚した際にはカッとしてしまう気持ちはわかりますが、そんな時こそ冷静になって大切な調査の情報として収集しておくことで、探偵に依頼する際の費用を削減することにもつながります。

詳しくは、優良探偵の多くが行なっているサービスの一つである無料相談にて話を聞いてもらった上で、希望する調査内容とある程度の予算を話しておくと、それに沿った調査方法を探ってくれることでしょう。

スナックの女性との浮気が原因で請求できる慰謝料相場は?探偵に調査を依頼した際の調査費用は?

スナック通いの旦那の浮気の有無についてだけでも確かめたい。

もしも本当に旦那が浮気をしているなら、言い逃れのできない不貞の証拠を掴んで慰謝料を請求したい。

普段の夫婦関係や妻の希望する今後の夫婦のあり方によっても、必要となる調査内容は異なります。

前項でも軽く触れましたが、浮気の事実確認だけをしっかりとしてもらえたなら、あとは家庭に話を持ち帰って夫婦で話し合いをしたいという妻もいるでしょう。

そのような場合には、探偵に浮気の事実確認だけをしてもらうことも可能です。

当サイトで紹介をしている原一探偵事務所や街角相談所探偵の場合、浮気の事実確認だけなら10万円〜20万円ほどの費用で調査を進められることが多いです。

ただし、妻が浮気を怪しんでいることに旦那が勘付いて、スナック通いを控えるようになるなど、場合によっては浮気調査が難航する可能性もあります。

このような際には調査が難航することに比例して費用もかさむ可能性も考えられますので、もしも妻の中である程度の予算が決まっている場合には、最初の無料相談の際にその旨を伝えておくとトラブルにもなりにくいでしょう。

また、場合によっては旦那や浮気相手に慰謝料を請求するために不貞の証拠が欲しいという方もいるはずです。

浮気発覚後に夫婦関係の改善または離婚のどちらかの道を歩むことになるわけですが、どちらの場合も不貞の証拠がないと浮気の証明が難しいですし、ご自身の主張が通らなくなる恐れがでてくるので必ず手に入れておいたほうがいいでしょう。

もしも不貞の証拠がないまま旦那が相手女性を選んで妻に離婚を切り出したとすると、妻は財産分与はできたとしても慰謝料までは請求できなくなってしまう可能性もあります。

“妻と別れた後に出会った”

と、言い訳をされてしまったら、不貞の証拠を持っていない妻からすると浮気をしていたかどうかなんて証明できませんからね。

このようなことにならないためにも、浮気調査のプロである探偵に不貞の証拠集めを依頼することが賢明だと考えられます。

ちなみに、同探偵事務所では不貞の証拠集めについての調査の場合には15万円〜35万円ほどの価格で調査が行えることが多いです。

旦那に浮気をされた妻の中には、『復縁をするから旦那からは慰謝料はいらない。相手女性とも慰謝料の受け取りでさえ関わりたくない』というかたも多いはずです。

そのような方には、旦那やスナックの浮気相手の女性に対して“もう浮気は二度としない”という誓約書を書かせることをオススメします。

ただし、この際にも旦那やスナックの浮気相手の女性が浮気を認めざるを得ないような不貞の証拠が必要となりますので、いずれにせよ探偵に浮気調査を依頼しておくことが確実です。

ちなみに、もしも不貞の証拠が得られた際に請求できる慰謝料の相場は以下のようになります。

・婚姻関係を継続する場合=50万円〜100万円

・別居する場合=100万円〜200万円

・離婚する場合=200万円〜300万円

探偵にしっかりと不貞の証拠を掴んでもらうことができたなら、これほどの慰謝料をしっかりと請求することができます。

探偵に調査を依頼することは、一見すると費用がかなり高いため家計に負担をかけてしまうような気がして行動に出ることができない妻も多いかと思います。

ですが、実際には探偵に調査を依頼するからこそ、上記のようにこれほどの慰謝料を旦那やスナックの浮気相手に請求することができるのです。

さらにその慰謝料の中から探偵費用を支払うことができるのでしたら、家計としてもマイナスになることはないですし浮気の真偽についてもハッキリするため一石二鳥といえますね。

慰謝料請求を考えていない場合でも、浮気の事実を確認することができて旦那や浮気相手にその事実を認めさせることができるだけでも、妻としては何も行動を起こさなかった時よりも充分、晴れ晴れとした気持ちになれることでしょう。

後悔してしまう前に…

手遅れになってしまう前に…

できるだけ早く探偵に旦那の浮気についての相談をして調査を依頼することをオススメします。

以上が、旦那がスナックのハマってしまったさいの対処法や浮気の慰謝料相場などになります。

まとめ

ここで、これまで集めてきた情報を簡単にまとめていきたいと思います。

・キャバクラとスナックでは、女性の接客スタイルから料金設定までかなり大きな違いがある。特定の女性と話すことを目的とするキャバクラに比べて、スナックは多数客に対してホステスが1人というケースが多い。

・旦那のスナック通いは、妻自身にも原因がある可能性がある。温かい家庭作りや女性らしい行動をするように心がけることで、自然と旦那が家庭に帰ってきてくれるようになる可能性もある。

・妻が試行錯誤をしても旦那のスナック通いが落ち着かない場合には、探偵に浮気調査を依頼することをオススメする。その際に、スナックの名刺やライターなどがあると、調査の重要な証拠になるため発見したら取っておくとよい。

・妻が浮気を疑っていることに旦那が気づいてしまうと、旦那はスナック通いをやめたり浮気行為を一時的に控えたりしてしまう。そうなるとどれだけお金をかけて探偵に調査を依頼しても尻尾をつかみにくくなるため、あくまでも妻自身での調査は旦那に勘付かれない程度がちょうどよい。

以上になります。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

⇒私の浮気問題が解決できたおすすめのプロの探偵浮気調査会社ランキングはこちらです。

おすすめの記事