旦那が同窓会で再会した女性と浮気していたときはすごく不安になりますよね。

自分自身が参加した時にも感じるかもしれませんが、同窓会というのはなかなか会うことができない旧友に会うことができ、当時はできなかった大人な話をすることもできる非常に楽しい場です。

また、心は学生時代に戻ることができますので、同窓会に参加をすると心だけではなく容姿まで若返るなんて人も少なくはありません。

その反面、同窓会に参加をしたことによる浮気の危険性も隣り合わせにあるのです。

実際にあなたの周りにも浮気かどうかは別として、同窓会を境に付き合い始めたカップルはいませんか?

同窓会とは、過去の交際相手との再会も大いにあり、他にもさまざまな要因から旧友が魅力的に見えてしまいがちな場なのです。

そこで、今回は同窓会から浮気に至る理由と対処法、そして今後の夫婦関係のケースに応じての慰謝料の相場や探偵による調査費用などについてもまとめていきます。

旦那が同窓会に参加して以来、様子がおかしくなったということで悩む方や、旦那を同窓会に送り出すのが怖いという方はぜひ続きをご覧ください。

同窓会がきっかけでの浮気に発展する理由とは?

『ある日、旦那が同窓会に出席をして以来、様子が急におかしくなった…』

このような経験をしたことがある方はどれだけいらっしゃるでしょうか?

実は、とあるネット上の統計によると同窓会がきっかけで浮気をする男性は10人に1人と言われています。

もちろん、浮気をした全ての男性に調査をして正直に事実を話してもらったというわけではありませんので、正確な数値とは言えませんが、調べた中でもこれだけ多くの男性が同窓会を境に浮気に発展しているのですね。

特に年末年始やゴールデンウイークなどの長期休暇では、同窓会やクラス会が開かれるケースも多いです。

普段は連絡を取り合うことができない古い友人と話せる。

青春時代を共に過ごした友人達と話すと若返る。

それはそれは楽しい場ですよね。

しかしその反面、旦那を同窓会に送り出すことには一定のリスクが生じます。

そう、同級生との浮気ですね。

同級生というのは、なんといっても元々知り合いである仲です。

クラスが違ったり、あまり関わりがなかった同級生でも、ある程度の家族構成や性格、過去の恋愛遍歴から好みの異性のタイプまで知っているということも少なくありません。

まして、学生時代というのは男女問わず噂話が好きですので、ほとんど面識もない同級生のプロフィールを詳しく知っているというケースも少なくありません。

たしかに、初対面や職場の異性との浮気よりもスタートの時点で親密度が違いますね。

そのため、同級生との浮気は関係性が深まる速度がかなり早く、短期の間に肉体関係が築かれやすいと言われているのです。

また、同級生との浮気に発展しやすい理由としては他にも以下の要因があげられます。

・元カノとの再会

→学生当時に別れた理由が曖昧だったり、現在の夫婦関係に比べて元カノの方がフィーリングがあいそうな感じがしてしまったりすると、『妻より元カノの方が…』と考えてしまいやすくなってしまうケースがあります。

ひさびさに会った元カノは当然、男性の好みや趣向をよく知っていますので、妻よりも自分のことを分かってくれているような気になってしまうのです。

また、元カノにフラれてから今日までずっと、ひきずっていた場合に元カノからアプローチをされて再び付き合えるとなれば、心が揺らいでしまいます。

さらに、本気ではないが気心知れた仲であることから遊びや相談相手としての期待をしてしまう場合も少なくありません。

・アルコールが入る(同窓会=飲み会の場合が多い)

→この場合は同窓会に限った話ではありませんが、アルコールが入ると大胆な行動に出やすくなったり、ガードが甘くなったりしてしまいやすくなります。

シラフであれば誘うことなどできない同級生でも、お酒を飲んで自分も気が大きくなると声をかけやすくなります。

さらに、相手女性もガードが甘くなったタイミングでは、その日のうちに肉体関係が形成されてしまう可能性も少なくはないですよね。

『このあと、2人で抜け出さない?』といった感じですね。

・学生の時の軽いノリになりやすい

→学生時代は、いきがることがカッコいいと思っているケースが多いです。

友人よりも多くの女性から告白された。

何又もしており、3番目の女にばれてフラれた。

とりあえず告白してきた異性と付き合う。

このように、別に何の自慢にもならないようなことを自らのステータスのように語っていたことはありませんでしたか?

学生時代にはそれが自慢になって、その話をワイワイするだけで楽しいと感じることができました。

同窓会になり、学生当時のメンバーが揃うと容姿環境は変わったとしても、心はその頃に戻ってしまうので軽いノリで浮気に走りやすくなる傾向があります。

【隣の男子に気軽にボディータッチ】

これも当時から相手の男子の心を揺さぶる行為ですよね。

それがさらに、お互いが大人になり私生活ではなかなかそのような場面に遭遇しない時に、お酒の席で同級生の女性に触れられたら、気持ちは心から躍ってしまいます。

・学生時代と現在のギャップに心が躍る

→“あんなに地味だった眼鏡女子がコンタクトにして美しくなっている”

“太っていたが明るくて元気な雰囲気だった女子が痩せて可愛らしくなり、性格は明るいままだった”

パッと見ただけでは『こんな同級生いた?』なんて思ってしまうほど、良い意味での変貌ぶりを見せると、男性はギャップにやられてしまい関わりを持ちたくなってしまうものです。

また、逆に学生時代にはキラキラと輝いておりいつも輪の中心にいた女子が、同窓会では疲れ果ててボロボロの状態だった場合にも、声をかけたくなる男性はいるでしょうね。

家庭や職場など、何かしらの要因で辛い思いをしていることが見ただけでも分かるような女性を見ると、男性は『自分が守ってあげなくては』と感じるものです。

同窓会の場合は、過去の人物像を知っているからこそ、プラスマイナスどちらのギャップであっても男性にとっては気持ちが揺らぐ要因になってしまいます。

浮気をしたか、していないかは別として、このような要因で異性にドキッとした経験がある方は多いのではないでしょうか。

元カノと遭遇しても浮気の可能性有り。

地味で目立たなかった子と遭遇しても浮気の可能性あり。

関わりが少なかった同級生と遭遇しても浮気の可能性有り。

こう考えると、旦那を同窓会に送り出すってすごく勇気がいる行為ですよね。

『浮気をするな』はNG?同窓会に行く旦那の浮気を抑制するための対処法は?

前項の“同窓会がきっかけで浮気に発展する理由”をみると、おそらく誰にでもきっかけがあると浮気に発展してしまうような要因があると考えられます。

『できれば同窓会に出席しないでほしい…』

と、思いますよね。

しかし、簡単にそのような強い束縛や強制をするような言葉はなかなか言えないものです。

自分自身に同窓会の誘いが来たら、ぜひ出席したいですよね?

さすがに『私はいいけど貴方はだめ』なんて言えませんからね。

そこで、ここでは旦那が同級会に行く際の対処法について紹介をします。

旦那が同窓会に行く前に妻ができる浮気を予防する対処法

旦那が同窓会に行く前に妻ができる対処法は以下のように挙げられます。

・夫婦関係、家庭環境を良くして『早く家に帰りたい』と思わせるようにする

→この方法については、1日2日では効果が出る方法ではありませんので、あらかじめ普段から気をつけておくべき事柄になります。

たとえ飲み会に出たとしても、家に帰ると妻が酔い覚ましの水やフルーツを用意してくれており、可愛らしい子供の寝顔が見られるような家庭であれば、誰もが帰りたくなりますよね。

できることなら、子供たちが寝てしまう前に家に帰り『おかえり』と笑顔で迎えてもらいたいと思うものです。

飲み会から帰ってもいつも妻が寝ているような状況では、旦那は寂しい思いをしますし『浮気してもバレないのでは…?』と思ってしまいますよね。

普段から夫婦関係が良好な家庭環境にすることを心がけていたなら、同窓会に出席をしたとしても一次会で帰ることを選択し、たとえ女性から誘われてもキッパリと断ることができる男性になります。

この方法は、同窓会だけではなく普段の飲み会でも有効ですので、ぜひ出来るだけ普段からしっかりと会話をしたり相手を敬ったりして良好な夫婦関係を築いておくと良いでしょう。

・迎えに行く

→この方法の場合、旦那として少し窮屈に感じてしまう可能性もありますが、あらかじめ同窓会に行くまでに『何時に終わるの?迎えに行くよ』と話しておく手段です。

ノリと勢いだけで二次会に行くかどうかを決めたいような男性にとっては窮屈に感じてしまう可能性も高いですが、迎えに行くという行為は決まった時間で旦那を家庭に連れて帰ることができる最も有効な行為です。

むしろ、迎えに行くことを承諾してくれるような旦那であれば浮気の心配は少ないですし、逆に是が非でも迎えを断りタクシーでの帰宅を選ぶような旦那であれば『何かあるのかな?』と疑う目安になります。

迎えに来た妻を呼んで「自分の妻だ」と紹介してくれるような旦那でしたら、少し気恥ずかしい気もしますが“自慢の妻だ”とアピールしてくれているということですので、非常に安心できます。

さらに、その場にいる同級生に妻である自分の存在を知ってもらうことができますので、その後に同じメンバーである同窓会への参加があったとしても安心して送り出すことができるようになります。

・釘をささない

→旦那のことは普段から信用していたとしても、いざその場に女性がいることが分かっているような飲み会に旦那が参加するような場合や、同級生に元カノがいることを知っている場合の同級会に参加する際には、妻としては『浮気しないでね』と釘を刺したくなりますよね。

しかし、これが旦那にいらないプレッシャーを与えてしまい、普段は感じないような窮屈さを感じさせてしまう要因になりかねないのです。

『信頼関係が築けていると思っていたのに改めてこんなこと言われるなんて…』

旦那はそのように思ってしまうかもしれませんね。

そうなると、旦那は寂しさや空虚感から今までの信頼関係とは逆に浮気に走ってしまいやすくなります。

普段からしっかりと会話ができており、お互いに信頼関係が築けているような間柄であれば、『いってらっしゃい、遅くならないようにね』と一言添えるだけで、旦那も気分良く同窓会に出席することができますよ。

同窓会で浮気発覚後に妻が起こすべき行動は?探偵の調査費用や慰謝料相場の詳細とは?

同窓会による浮気は、非常に厄介な点があります。

それは、前述でも申し上げましたが通常の浮気に比べて進行度が早いことです。

学生当時から仲が良くても、そうではなくても知らない間柄ではないですからね。

学生時代の同級生と久しぶりに会って話をすると、昔の懐かしい話で盛り上がったりするので打ち解けるのが早いです。

しかし、逆を考えると旦那の同窓会がきっかけで始まった浮気は意外とすぐにわかります。

何しろ“同窓会を境”に、旦那の不自然な行動が始まったのですからね。

しかも、旦那の卒業アルバムや同窓会での写真を見たときに、“名前を聞いたことがある元カノはいないか”とか“旦那が好きそうな容姿の女性はいないか”などを探ると、案外簡単に浮気の相手も特定できることもあります。

もし本当に旦那が同窓会をきっかけに浮気を始めたとすると、この情報があるだけでもかなり探偵による浮気調査には役に立つ場合があります。

また、旦那のスケジュールの中でここ最近で異常に変わった日時や時間を把握しておくと、その時間に重点を置いて調査をすることができます。

例えば同窓会以来、仕事の帰りが遅くなる日が多くなったとすると、仕事終わりから帰宅までの数時間に浮気をしている可能性がありますよね。

また、今まではなかった『出張』という言葉が急に旦那の口から言われるようになると、旅館などに宿泊して浮気しているケースも考えられます。

そうなると、肉体関係がほぼ確実にあるのではないかとたいていの人は考えますよね。

『浮気の確たる証拠は欲しいけれど探偵に依頼すると料金が高いんでしょう?』

なんて考えている方も多いですよね。

実は私もその中の1人でした。

ですが、前述で説明したように調査対象者の人物像や浮気していそうな時間帯や曜日をあらかじめ知っておくと、探偵費用は世間で知られているよりもかなり安く抑えられるのです。

最近の浮気調査による探偵の費用はだいぶ安くなっていてケースにもよりますが15万円〜35万円で依頼できる場合が多いです。

そもそも探偵の調査には3つのプランがあり、成功報酬プラン・時間制プラン・パックプランがあります。

同窓会による浮気の調査については知りたい内容にもよりますが、相手の特定と浮気の日時がある程度把握されている場合には時間制プランがオススメです。

特定の時間に特定の場所での張り込みと調査を依頼したなら、場所や時間が限られるため調査費用を削減しやすいです。

旦那の財布からラブホテルの会員証を見つけ、ホテルの場所を把握しているという場合などにはオススメですね。

ただし、旦那と浮気相手が予想外の行動に出たり、時間外で調査をした方が確実な証拠が得られそうな場合には、依頼人の許可のもとに時間の延長などが行われます。

その際には別途で追加料金が発生しますので、注意が必要です。

また、『同窓会に行った後から様子がおかしいが、特に不貞の証拠が得られていない』という場合には、成功報酬プランにて調査の成功時のみに支払いをするパターンや、パックプランにて特定の日数だけ調査をしてもらうパターンなどが考えられます。

ただし、この場合は予定よりも調査がすんなりと進んでしまい、時間や日数が契約よりも余ってしまう可能性もあります。

ですが、それも含めての“パックプラン”や“成功報酬プラン”ですので、注意しておかなくてはなりませんね。

人それぞれ、依頼するべきプランや内容は異なりますので、一概にどのプランがオススメとは言えません。

詳しくは、現在の夫婦状況や浮気の度合いなどについての相談を探偵にした上で、どのプランが自分に合ってあるかを吟味する必要があります、

ちなみに、探偵による浮気調査により旦那の不貞の証拠を得た際の浮気による慰謝料の相場をピックアップしておきます。

・離婚や別居を選ばず婚姻関係を継続する場合=50万円〜100万円

・別居する場合=100万円〜200万円

・離婚する場合=200万円〜300万円

他にも、夫婦の婚姻期間や子供の有無などによって慰謝料の増減があり、その夫婦によって慰謝料額は変わってきます。

あらかじめ離婚を視野に入れた探偵の浮気調査をする場合には、不貞の証拠が確実にあることで裁判の際に旦那と浮気相手に慰謝料請求が可能となりますので妻を手助けしてくれる要因となります。

また、婚姻関係を継続するにあたっても浮気相手や旦那から慰謝料をもらうこともできますし、旦那には慰謝料請求するのが気まずいときには浮気相手のみに慰謝料請求も可能です。

いずれにしても浮気を二度とさせたくないことを目的とする場合には探偵が集めた不貞の証拠が必要になります。

不貞の証拠を集める場合には、結果として離婚をしてもそうでなくても探偵費用は基本的に同じくらいと考えられます。

ただし、婚姻関係を継続することを目的とし、浮気相手や旦那に慰謝料までは請求しないが浮気の事実確認だけをしたいという方もいらっしゃいます。

この場合は不貞の証拠が必要ないため費用が安価になりやすいですが、慰謝料を求めていないため調査費用は妻の自己負担となりますね。

基本的には、どんな未来を願った上で探偵に不貞の証拠集めや浮気の調査を依頼し、ある程度の費用を要したとしても、ほとんどの場合には慰謝料で賄うことができ充分なお釣りがくるほどの金額がもらえることが予想できます。

ただ婚姻関係を継続する夫婦が浮気相手の女性に慰謝料を請求しないことを選んだ場合には、『高い勉強費用だった』と考えると良いでしょう。

以上が、同窓会がきっかけで浮気に発展してしまう理由と対処法、そしてもし万が一、自分の旦那が浮気をした場合に妻が取るべき行動や慰謝料相場についてでした。

ここで、これまで集めてきた情報を簡単にまとめていきたいと思います。

・浮気をしたことがある男性の10人に1人は同窓会がきっかけだという統計がある。理由は元カノとの再会や昔とのギャップ、いきなり意気投合したなど様々考えられるが、同窓会に送り出す側である妻からすると気が気ではないものである。

・旦那が同窓会に行く際に妻は、送り迎えをしたり普段から良好な夫婦関係を築くことを心がけたりという対処法が考えられる。

・しかし、『浮気しないでね』と強制するような言い方や信頼していないと言わんばかりの言葉をかけると、逆に旦那は浮気に走ってしまう可能性もある。

・浮気がきっかけで離婚するとしても婚姻関係が継続するとしても、基本的には慰謝料請求をする場合には不貞の証拠が必要である。

・不貞の証拠を集めることは、自分自身でするよりも探偵に依頼した方が正確で、なおかつ物理的にも精神的にもダメージが少ない。

以上になります。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

⇒私も利用したおすすめのプロの探偵浮気調査会社ランキングはこちらです。

おすすめの記事