「旦那が浮気をしているかもしれない…」

そんな悩みを抱いたことがある方は少なくないのではないでしょうか?

・最近、帰りが遅くなった。

・財布にホテルなどの怪しいレシートが入っている。

・旦那がコンスタントに同じ女性と連絡を取り合っている。

浮気とは断定できないけれど怪しむには充分な要因があると、モヤモヤした気持ちになってしまいますよね。

できることなら本人に直接問い詰めてはっきりさせたい。

しかし、問い詰めてもはぐらかされたり、逆に開き直って離婚を切り出されたりしたら…

なんて思うと浮気自体を問い詰めるべきなのか、もし問い詰めるならいつがよいのかということが気になるところですよね。

そこで、今回は旦那の浮気は問い詰めるべきかどうかについての議題を基に、問い詰める際の注意点やタイミング、適切な対応方法についての情報をまとめていきたいと思います。

旦那の浮気に悩んでいる方はもちろんのこと、現在は旦那の浮気の心配はないが将来の浮気の不安を解消したいという方もぜひご覧ください。

以下が見出しと見出し文章の作成スペースです。読者さんの悩みの数に応じて、見出しと見出し文章の数は増やしていただいて構いません。

旦那の浮気は問い詰めるべき?浮気の確証がある場合とない場合での違いは?

旦那の浮気を疑う際、人によって浮気と判断するボーダーラインや怒りの度合いは違いますよね。

例えば、自分とは違う女性と食事をしているだけでも浮気と判断する方もいらっしゃいます。

また、女性とホテルに行く現場を見たり親密な内容のメールを発見したりすることで、肉体関係を疑って浮気と考える方もいらっしゃるでしょう。

一般的に、“浮気”とは婚姻関係には至っていないカップルが他の異性と肉体関係を持つこと。

そして“不倫”とは結婚をした夫婦が別の異性と肉体関係を持つこととされています。

ネット上では彼氏彼女の関係でも夫婦関係でも“浮気”という言葉が使われる傾向がありますので、ここでは浮気という言葉を使って説明をしていきたいと思います。

旦那の浮気を疑った際、誰でもできることなら本人に問い詰めて真相を明らかにしたいと思いますよね?

ですがその反面、『はぐらかされてしまったら…』もしくは『認められて離婚を切り出されてしまったら…』という心配もあります。

そこで、浮気の確たる証拠がある場合とない場合で対処法を考えていきましょう。

まずは浮気の確たる証拠がない場合。

・旦那の帰りが最近遅い

・今までにはなかった残業や出張が続いている

・夕食を済ませてくるようになった

たしかに、浮気を疑う要因にはなりそうな出来事ではありますが、この時点では証拠になりそうなものはありませんね。

このような場合、すぐに旦那に浮気を問い詰めることはオススメできません。

カマをかけるという手もありますが…

例えば、残業や出張が多くなり夕飯も済ませてくるようになった旦那に対して『浮気なんてしてたら許さないよ〜』というように冗談まじりでカマをかけたとします。

みなさんが本当に浮気をしている旦那の立場だったとしたらどう思いますか?

「浮気がバレてる」

「もう簡単に仕事を理由に浮気はできない」

と、思ってしまいますよね。

浮気についてカマをかけることは浮気防止には非常に効果的ですが、その反面、浮気を問い詰めることを目的としている場合には、逆に相手に警戒心を与えてしまいかねません。

また、確たる証拠がない場合にははぐらかされる可能性が高いですし、万が一本当に仕事の都合で帰りが遅くなっている場合には良好な夫婦関係にヒビが入ってしまうことも考えられます。

絶対に浮気をしているという確証が得られるまでは、旦那に問い詰めたりカマをかけたりすることはオススメできないですね。

次に、確たる証拠を入手した場合です。

・肉体関係が確認できる画像やメールが携帯に残されていた。

・浮気相手とラブホテルに入っていくのを直接見た。

・旦那のスーツから女性もののピアスや指輪などが見つかった。

これはかなり信憑性のある浮気の証拠になりそうですね。

これらの証拠を見つけた際には、物の場合は収集しておく。

もしくはメールや画像、ホテルに入る姿の場合には写真を撮っておくことですね。

ただし、浮気相手とのエッチの画像などについては、もしも裁判になった際には偽造の可能性もあるということで直接的な証拠としては認定されにくい傾向があります。

このように、自分からすると絶対に浮気だと判断するものでも、裁判になると証拠として認めてもらいにくいものもあります。

もし、自分自身の調べで確実に浮気だと判断した場合には思い切ってプロの探偵に浮気調査を依頼をし、裁判になった際に有力な証拠を集めてもらうと良いでしょう。

また、浮気が確定した際には夫婦関係を改善するのか、もしくは離婚を選ぶのかなどの選択肢があります。

夫婦関係を改善したい場合、全てを知らない方が妻側の精神面にも良い場合もありますが、ただ、話し合っても十分な証拠がないと嘘をつかれて、浮気相手との関係が続いているというケースが多いので、探偵の浮気調査で十分な証拠を確保して、浮気相手の女性に慰謝料請求と誓約書を書かせて、確実に関係を絶ってもらうのがベストな方法です。

度重なる浮気に嫌気がさして確実に離婚を切り出したい場合は、探偵に浮気調査を依頼することで裁判でも通用する証拠を集めて旦那と浮気相手の女性に対して慰謝料請求をして浮気をされたことへの復讐をするのが最適です。

いずれにしても、自分だけで動くと失敗しがちなので、探偵を味方につけて、いくつかの証拠を集めた上で感情的にならずに旦那に話をしてみると良いでしょう。

浮気を見なかったことにして知らん顔をしておくのは一番良くありません。

そのまま浮気相手に本気になってしまい、妻の意向とは関係なく離婚を切り出されてしまう可能性があります。

浮気の問い詰め方は?タイミングはいつがいい?

さて、前項では大まかに“証拠がある場合は問い詰める機会はあるがリスクはある”そして、“証拠がない場合には問い詰めることはオススメできない”ということをまとめていきました。

では続いては、もしも問い詰めるならどのタイミングが良いかということについて考えていきます。

前項で“証拠がない場合には問い詰めることはオススメできない”と話しましたので、ここでは証拠がある程度揃っている程で話を進めていきます。

浮気を問い詰めるのに最も最適なタイミングは、浮気の確たる証拠を自分ではなく探偵に依頼して収集が完了したタイミングです。

例えば浮気調査のプロである探偵は要望があったなら、もし裁判にまで話が持ち込んでしまった場合でも有力になる証拠を揃えてくれますし、証人として出廷までしてくれる原一探偵事務所のようなサポートがすごいところもあります。

浮気の確たる証拠といえば、土日や夜遅くのデートの後のラブホテルの出入り記録などが挙げられます。

どうしても探偵に依頼するのが金銭的に難しい時には?

どうしても自分自身で浮気調査という場合もできなくもないですが、いくつもの困難が伴います。ご家庭をお持ちの女性ならお分かりの通り、夕方から夜にかけての時間帯や休日はお子様もいらっしゃるために、なかなか自分自身では調査に出づらいですよね。

親御さんに子供達を預けて…

ということも不可能ではありませんが、まだ浮気の確たる証拠もない段階で、親御さんに浮気調査という理由を話して子供を預かってもらうことは今後の家族関係にも影響してしまいかねません。

自分自身では簡単に調査に出かけることすら難しく、どのような証拠を集めれば良いのか分からないという方には、探偵に依頼するという方法はもってこいですよね。

さらに自ら調査に乗り出した場合、心配されるのは身バレもしやすいのもありますが、浮気現場を目撃した際に感情的になってしまうことです。

怒鳴り散らしてしまう人。

ただただ泣き喚いてしまう人。

浮気についてのテレビ番組や雑誌でもよく、浮気相手と妻との修羅場が取り上げられますが、被害者である妻側が感情的になってしまうと話が進まなくなってしまいます。

自分の感情を抑えられる自信がない方は、探偵に相談することから始めてみても良いでしょう。

ですが、探偵に依頼するとなると高額の費用がかかってしまう可能性があります。

例えば、浮気相手と旦那が遠方に旅行に行った現場を抑えるためには、探偵の旅費や宿泊費も負担しなくてはなりません。

それほどのお金をかけてまで確たる証拠を集めなくても良い、慰謝料請求もしなくても構わない、浮気が発覚するたびに問い詰めるだけでいいという方は、自分でメールやレシートのチェックをして、ある程度の証拠集めをしたのちに旦那本人に問い詰めてみると良いですね。

特にお金をかけたくないけど浮気はやめてほしいが離婚までは考えていないという方には、この方法がオススメです。

探偵に依頼すると浮気を確実に立証してくれるということが期待できますが、その反面、知りたくなかった事柄まで知ってしまう可能性もあります。

となると、最初は離婚までは考えていなかったとしても、真実を知ってしまい元には戻らないと思ってしまう場合もあります。

それも考慮した上で探偵に依頼することを考えている方は、探偵が証拠を揃えてくれるタイミングを待ちましょう。

また、まずは自分自身で問い詰めることを考えている方は、見つけた証拠は確実に収集したり写真を撮ったりしておきましょう。

その上で、問い詰める際のシナリオをある程度作っておき、旦那からの反論や言い逃れも想定しながら返答を考えておくと、感情的にならずにスムーズに話を進められますね。

旦那に浮気を問い詰める際の注意点!相手の性格によって問い詰め方は変わる?

旦那に浮気について問い詰める際には、旦那以上に妻側が緊張しているものですよね。

浮気が発覚して気が動転しているのは妻側な訳ですから、当然のことでしょう。

そこで、ここではそんな妻の気持ちを察して話を聞いてくれる旦那か、逆ギレしてしまうような旦那かによって変わってくる問い詰め方について説明していきます。

はじめに、普段から夫婦内でのトラブルや悩み事などについて親身な話を聞いてくれる旦那の場合。

この場合、浮気についての問い詰めに対しても、しっかりと妻の主張を聞いた上で浮気が事実であれば認めて謝罪してくれる可能性が高いですね。

さらに妻が感情的にならずに浮気の理由や経緯などを問うた場合、家庭内での不満や疲労などについて話をしてくれることが期待できますので、関係を改善させることにもつながります。

ですが、普段は優しい旦那でも浮気については急に感情的になって怒り出したり、手を出されたりしてしまう可能性もあります。

ですので、問い詰める際には様子を見ながら最初から核心を突かないような言い方をすることをオススメします。

続いて、普段から夫婦関係があまりよくなかったり、夫婦間のトラブルに対して旦那が怒りをあらわにしやすかったりする場合についてです。

このような場合、そもそも妻が1人で旦那に浮気の事実関係を問い詰めることはオススメできません。

なぜならば、妻と旦那だけの空間で浮気についての問い詰めをしたとすると、感情的になりやすい旦那が逆ギレして暴力を振るってきたり、妻が悪いかのように文句をまくし立ててきたりする可能性があるからです。

そうされてしまうと、それ以上浮気について問い詰められないだけではなく、なぜか旦那が優位な立場に立ってしまうことも考えられます。

ですので、あらかじめ旦那がまともに浮気についての話に取り合ってくれない可能性が考えられる場合には、探偵に依頼している方の場合には探偵にアドバイスをうかがいましょう。そして探偵に依頼しないという方は思い切って第三者を話し合いの場に連れて行ってみると良いです。

例えば共通の友人や相手方の親御さんや兄弟が話し合いの場にいてくれると、旦那も妻に威圧的な態度をとることはなくなるでしょう。

さらに、第三者の意見を交えることができますので、浮気が悪いことであるということをしっかりと旦那に理解してもらうことができます。

また、普段からの威圧的な態度も含めて浮気をきっかけに離婚を考えている場合には、浮気調査を依頼した探偵に相談をして、話し合いの場に立ち会ってもらえる場合もあります。

このように、自分自身が1人で旦那と話すことは難しいと感じる場合には、自らの身を守るためにも周囲の人に力を借りることをおすすめします。

以上が、旦那の浮気を問い詰めるべきかどうか、そして、浮気を問い詰める際のタイミングや旦那の性格別の話し合いの方法になります。

ここで、旦那の浮気を問い詰めることについての情報を簡単にまとめていきたいと思います。

・旦那の浮気は、確たる証拠がないうちに問い詰めることが、はぐらかされる原因になる。

・確たる証拠といっても、自分が集めた証拠が裁判で有効かは分からないため、探偵に依頼することが最適。

・旦那が普段から話を聞いてくれる人か、自分の意見を優先させて感情的になる人かによって、話し合いの方法は異なる。

・旦那の浮気を問い詰めるなら、自分自身の気持ちの整理がついて感情的にならないようなタイミングがよい。

以上になります。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

⇒私も利用したおすすめのプロの探偵浮気調査会社ランキングはこちらです。

おすすめの記事