浮気をされた経験がある妻は、そもそも何がきっかけで旦那の浮気について怪しむようになったでしょうか?

旦那の車から片方だけのイヤリングが出てきた…

旦那のスマホに怪しいメールが確認された…

旦那がキスマークをつけて帰ってきた…

疑うきっかけとなる出来事はたくさんありますよね。

旦那の浮気に悩む妻の中には、旦那のクレジットカードの利用履歴によって浮気を怪しんだなんて事例も少なくありません。

幸せな家庭を築きたいと願っているからこそ、妻は金銭的にしっかりとした概念を持っておりクレジットカードの使用の有無についてもきっちりとした確認をしているのでしょうね。

クレジットカードの支払い金額の確認をしている中で、不審を感じることもあるのでしょう。

そこで、今回は旦那のクレジットカードの使用履歴に不審な点があった際にどのようにしたら浮気を見抜くことができるかについてを中心に、クレジットカードを使った浮気調査の違法性や不貞の証拠としての役割についても探っていきます。

また、裁判に至った際の慰謝料請求相場や探偵による調査費用の相場についてもまとめていきますので、旦那の浮気に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

クレジットカードの利用履歴から浮気を見抜く方法とは?

『家計簿をつけるために旦那のクレジットカード履歴を見ていたら、見慣れない会社からの請求があった。』

このような経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか?

その際、みなさんならどのような行動を起こしますか?

多くの方は、スマホで請求先の会社名を検索して、ある程度の使い道を把握しようとしますよね。

調べてみると居酒屋の会社からの請求で、思い返してみるとその日は旦那が飲み会に行った日だったなんてこともあるかもしれませんが、中には浮気が疑われるような事例もあるのです。

例えば、検索した会社が大手飲食チェーン店の親会社だったとすると、旦那がどこかのチェーン店で誰かと食事をしたことが想像できます。

旅行会社の名前が検索された場合には、旦那が旅行、もしくは出張などで航空機のチケットを購入しようとしてることなどがわかりますよね。

そんな中で、ラブホテルの親会社の名前が検索された場合、かなり高い確率で旦那はラブホテルに行ったと考えられます。

妻自身は旦那とそのラブホテルに行った覚えがない…

浮気を疑うには充分な要因ですよね。

そこで、まずは旦那のクレジットカードの履歴から浮気を見抜くためのチェックポイントをまとめていきたいと思います。

・請求先の会社をチェック

今、申し上げたとおりクレジットカードを使用して支払いをすると必ず、請求先の会社名が分かる利用明細を確認することができます。

ラブホテルの会社からの請求があり、妻が旦那と行った覚えがない場合には十中八九、浮気相手と行ったと考えられます。

さすがに“酔いつぶれたから1人で泊まった”なんて見え透いた言い訳は今の時代、なかなかいませんからね。

“酔いつぶれた女性を介抱していた”なんて言い訳も聞いたことがありますが、そんな言い訳を信じる人はいないでしょうね。

また、ラブホテル以外にも妻が行った覚えのない旅館やホテル、観光地への航空チケットなどの支払いにクレジットカードが使われていた場合には浮気が疑われます。

クレジットカードの利用明細では、請求先の会社名だけではなく使った日時や金額も確認できます。

旦那が出張だと語り家を空けていた日に、明らかに出張の宿泊先とは考えにくいような老舗旅館に泊まっていたことが発覚したなら、浮気の可能性が高まりますね。

さらに旦那がジュエリーなどをクレジットカードで購入していたことがわかった場合にも注意が必要です。

浮気相手の心をつなぎとめるためにプレゼントとして購入している可能性がありますからね。

ただし、この点については妻自身の誕生日やクリスマスの時期が近い場合には、妻や子供のために購入している可能性もあります。

また、旅行券などについても旦那がこっそり慰安旅行を計画してくれており、先にチケットだけ購入していたなんて可能性がありますので、必ずしも浮気をしているとは断言できません。

もしも妻がクレジットカードの不信感を旦那にぶつけて、浮気だと決めつけてしまうと、せっかくの旦那の行為を無碍にしてしまうことになってしまう場合もありますので注意が必要ですね。

ラブホテルやカップルが行くような雰囲気のレストランなどのクレジットカードの利用は、その場でのサービスを受けたことに対しての支払いをすることがほとんどですので、これらの証拠は浮気を疑うには充分と考えられます。

ただし、ラブホテルや風俗店などの利用の場合は、利用者に対する配慮として実際のお店の名前とクレジットカードの明細に記載される会社名が異なる場合も多いです。

ラブホテルは浮気をするために使うとは限りませんからね。

ですので、もしもわからない会社名があった場合にはスマホで検索をしてみて情報を集めると、ラブホテルの場所や風俗店の名前などを確認することができますよ。

・クレジットカードの利用明細と旦那の行動を比べる

前項でも軽く触れましたが、旦那の発言とは明らかに異なるクレジットカードの利用をしているケースも少なくありません。

『仕事の出張で先週は東京に行くと言っていたのに、その日、大阪のホテルの支払いでクレジットカードが利用されている』

さすがに東京での出張の仕事を終えて大阪の宿に泊まる人はいませんよね?

普通なら東京都内、可能性があるとしても神奈川や千葉、埼玉県あたりまでが考えられる範囲でしょう。

つまり、旦那はその日にそもそも出張なんてなく、浮気相手に会うために外泊する言い訳として妻に出張と嘘をついた可能性が非常に高いです。

嘘をつくということは少なからずやましいことがある。

つまり浮気をしているという可能性が出てきます。

ただし、万に一つの可能性として直前に出張先が変わったり仕事の内容が変わったりしたことで、妻が思っている地域には居なかったという可能性も考えられます。

その事実をあらかじめ旦那が話してくれている場合には、そもそも浮気を疑うようなことにもならないでしょうね。

そのような可能性を一つずつ消していくために、妻は不審に思った際には旦那に何食わぬ顔で出張について聞いてみると良いでしょう。

例えば、『東京での仕事はどうだった?』なんてシンプルな質問で良いのです。

「あ、そういえば仕事の都合で東京じゃなかったんだ〜」

なんて感じで普通に返答してくれた場合には、本当に仕事の都合で外泊した可能性が高いですね。

逆に、「ああ、大変だったよ。東京は人が多くて」というように、あたかも東京に行ったことを貫こうとする旦那の場合は浮気を怪しむ要因が出てきます。

また、出張のお土産として東京のお菓子を買ってきたり、東京駅限定のキーホルダーなどを買ってきたりした場合にはより一層、怪しむ要素が増えますね。

何しろ妻は旦那がその日、東京に行っていないことを知っているのですから。

今は便利なことに、東京だけではなく日本全国のお土産や名産品をアンテナショップで購入することができます。

また、通販ではご当地限定品ですらその場に足を運ばなくても手に入れることができます。

お土産を買ってくるなど、あからさまに出張をしてきたというようなアピールをしていながら、クレジットカードは遠方の場所で使っているような旦那は、妻に大きな隠し事をしているとみて、まず間違いないですね。

上記のように、クレジットカードの利用明細を参考に旦那の浮気を見抜くことは難しくありません。

ただし、その分、妻が浮気について問い詰めた際には言い訳がしやすくもあるのです。

例えば女性もののブランドショップで買い物をしていたことがクレジットカード利用明細で発覚したことを問い詰めたとしても、「バレちゃったか〜。君にあげようとしたんだよ」なんて言い訳をされてしまう可能性もありますよね。

もちろん、本当に妻にプレゼントをするつもりで買った可能性もありますし、後日、本当にクレジットカードの値段相当のジュエリーがプレゼントされたなら怪しい気持ちは残りますが、それ以上は問い詰めることができなくなってしまいます。

クレジットカードの利用明細による浮気の発覚は、割と多くある事例ですし証拠もつかみやすいですが、その反面、言い訳がききやすいというデメリットもあります。

問い詰める際にはしっかりとタイミングを図る必要がありますね。

上記のような事例の場合は、怪しいと思ってすぐに旦那に問い詰めるのではなく、購入したジュエリーをすでに浮気相手に渡してしまったくらいの期間をあけて、忘れた頃に尋ねてみると効果的ですよ。

忘れた頃に話を掘り返されると、人は嘘をつこうと思ってもすぐには良い言い訳が思い浮かばないものです。

このタイミングでの旦那の反応は、浮気の有無を判断する良い目安となるでしょう。

クレジットカードを使った浮気調査は違法?不貞の証拠といえるの?

旦那のクレジットカードの利用明細には、非常に多くの情報が集まっています。

利用した場所や日時、金額に至るまで様々で、この情報だけで浮気の有無が判断できるケースも少なくありません。

ただし、わかりやすいクレジットカードの利用明細を参考に浮気調査をしようとしている妻がいましたら、少し待ってください。

実はクレジットカードの利用明細を見るという行為は、場合によっては違法行為となってしまい妻自身が罰せられる可能性もあるのです。

旦那のことを問い詰めようとして行った行為が逆に自分の首を絞めることになった…

そのようなことにならないためにも、自分自身でもある程度の知識をつけておく必要があります。

まずは、クレジットカードの利用明細を見ることについての合法違法のボーダーラインについて考えていきます。

・合法の行為

クレジットカードは旦那の名義だったとしても、引き落とし先として指定している口座は夫婦共有のものだったり、妻が管理しているものだったりするケースが多いですよね。

このような場合、妻は旦那のクレジットカードでの利用履歴や日付、金額を通帳記入をするだけで確認できます。

クレジットカードを使用してすぐは確認できませんが、引き落とし日には必ず請求先の会社の名前で使った金額が引き落とされます。

これをみることは、普段から家計の管理をしている妻としたら当然のことですよね。

また、不正請求やクレジットカードの悪用をされている可能性もありますので、見覚えのない会社からの請求や妻が知らない異常に高額な請求については、しっかりと把握して対処をすることも家計を預かる妻の役目です。

それを違法と言われてしまうと、無くなったことにも気付かないような普段使わないクレジットカードが不正に使われていたとしても気づくことすらできないですからね。

また、最近では少なくなってしまいましたがクレジットカードの利用明細を書面で請求している方もいます。

“親展”と書いてある場合には、クレジットカードの名義人しか封書を開けることはできません。

勝手に開けてしまうと【信書開封罪】に問われてしまい、一年以下の懲役もしくは20万円以下の罰金が課せられてしまう可能性があります。

ただし、旦那が開封した後にポイっとテーブルに置いてある明細を確認する分には問題ありません。

また、気になる場合には『家計簿につけたいから』と言って旦那に利用明細を見せてもらうようにお願いをしてみると良いですね。

もし断られるようなことがあったら、何かしらやましいことがあるとみて、他の点から注意を払っておくと浮気の証拠を見つけることができるかもしれませんよ。

・違法の場合

クレジットカードの利用明細を勝手にみるという行為は、書面の場合だと前項で紹介した【信書開封罪】に問われる可能性はあります。

しかし、旦那にお願いをしたりたまたま見かけた明細に手を取ったりすること自体には問題はありません。

つまり書面の場合には割と妻は明細を確認しやすいといえますね。

問題なのは最近では一般的となりつつあるWeb明細です。

クレジットカードの名義人が専用ページを持っており、スマホやパソコンから確認をすることができるという資源を無駄に使わない自然に優しいサービスなわけですが、浮気調査とすると非常に厄介なのです。

なぜなら、たとえ夫婦だったとしても妻は旦那のスマホを盗み見ること自体が【プライバシー侵害】にあたるケースがあるからです。

さらに、そのリスクを犯してまでも旦那のスマホを確認してクレジットカード会社のページにアクセスしたとします。

当然、お金が絡む事柄ですのでクレジットカード会社側もセキュリティはしっかりとしています。

そう、ページへのログインにはパスワードが必要なのです。

配偶者だからこそ、旦那がいつも大切な時に使うパスワードを知っているかもしれません。

もしもパスワードが開いてしまった場合…

旦那のクレジットカードの利用明細はバッチリと確認できるでしょう。

ただし、問題は“勝手にログインした”という点です。

実はたとえ旦那であれ他人のパスワードが付いているアカウントに勝手にログインをするという行為は【不正アクセス禁止法】に当たってしまうのです。

つまり旦那のスマホを勝手に操作して専用ページにログインしてクレジットカードの利用明細を確認するという行為は、不審なカードの利用を確認できたことの代償として【プライバシー侵害】や【不正アクセス禁止法】を犯してしまっていることになるのです。

どう見ても代償の方が大きいですよね…

もしも請求額に疑問を持って旦那のWeb明細を見て確認したいという場合には、ことの次第を冷静に話した上であくまでも確認という部分を強調して、旦那の手によってログインをしてもらい見せてもらうと良いでしょう。

そして、不審な利用履歴を確認したなら、その場では問い詰めずに請求先や日時をある程度把握し、後から妻が検索をしてみると良いです。

あまりその場で問い詰めてしまうと、旦那は浮気をしていることがバレているのではないかと思ってしまい、ガードが固くなる可能性があります。

その場では利用明細を見せてくれたとしても次からは絶対に見せてくれなくなったり、クレジットカードを使って浮気の際の支払いをすることへの危険性に気づいて現金払いをしたりするようになってしまうことも考えられます。

浮気の際のホテル代や飲食代を現金払いされ、レシートや領収書も捨てられるようになってしまうと、妻としては浮気の証拠を掴むことが難しくなってしまいます。

また、浮気を疑って探偵に調査を依頼したとしても、妻に浮気を疑われていることに気づいている旦那は妻だけではなく探偵に対しても簡単には尻尾を出してくれなくなってしまいます。

『しばらく浮気は控えて大人しくしよう…』なんて考えることもあり得ますからね。

そうなると、いくら高額の調査費用を使って探偵に長時間の調査を依頼したとしても、浮気の証拠もさることながら浮気の事実すら確認できなくなってしまう可能性も考えられます。

なにしろ、実際にその期間は旦那は浮気を控えているわけですから…

すぐに詰め寄りたくなる気持ちは充分わかりますが、まずは感情を抑えて“家計簿に書く内容として”という部分を強調して情報を簡単で良いですので集めるようにしていくと良いでしょう。

クレジットカードの利用明細は不貞の証拠になるの?

ちなみに、気づかないうちに法に触れてしまう可能性もある中で集めるクレジットカードの利用明細は浮気の不貞の証拠としては有効なのでしょうか?

そもそも不貞の証拠とは、裁判でも浮気の事実がはっきりと確認でき、『浮気をしている』という断定ができるほどの証拠ということになります。

例を挙げると以下のようなものが浮気の不貞の証拠として扱われやすいです。

・ラブホテル、ビジネスホテルなどへの2人での宿泊や出入りの確認

・浮気相手の自宅の宿泊や出入りの確認

・カーセックス現場の確認

妻が自分で浮気調査をした場合、携帯やスマホでの写真撮影は偽造の可能性を疑われてしまうなど、確実な証拠を得られないので、やはり法的に証拠として認められる証拠を熟知している優良探偵に浮気調査を依頼するのが無難です。

特に、ホテルへの出入りに関しては入っただけではなく“40分以上の滞在が確認できなくてはならない”などの特定の基準が設けられており、専門知識のない妻が浮気調査をするには覚えることが多すぎてハードルが高すぎると考えられます。

その知識を学んでいる最中にも、旦那と浮気相手の関係性はどんどんと深まっていってしまいます。

その点、浮気調査のプロである探偵はそれらの注意点も考えた上で、裁判でも有効な証拠をしっかりと集めてくれます。

さて、重要なクレジットカードの利用明細についてですが、こちらは不貞の証拠としては少々、信ぴょう性に足りないと考えられてしまう可能性が高いです。

ただし、浮気の際に使われたと思われるクレジットカードの明細やレシートなどの数を集めていくことで、補足証拠として扱われることは可能です。

頻繁に浮気にクレジットカードを使っていたり、レシートを財布に溜め込む癖があったりする旦那の場合には、明細を集めていて損はないかもしれませんね。

ただし、先ほど説明したように旦那のスマホを勝手に操作してWeb明細を見るなどの不正行為を行った上で入手した証拠は無効とされる傾向があります。

リスクに比べて証拠としての信ぴょう性が低く手間がかかるクレジットカードの利用明細は、浮気を発見するきっかけにはなるかもしれませんが不貞の証拠集めとしてはあまりオススメできませんね。

旦那の浮気が発覚した際の慰謝料相場は?探偵に不貞の証拠集めを依頼するとどれくらい?

旦那のクレジットカードの利用履歴がきっかけとなり浮気を疑った妻。

調査をするにあたっては妻自身が大きなリスクを冒して小さな結果を得るよりも、探偵に浮気調査を依頼して合法的に大きな証拠を得ることをオススメします。

探偵による浮気調査の費用は、依頼する探偵や依頼内容にもよりますが当サイトでご紹介の原一探偵事務所や街角相談所探偵のように腕が良くて調査実績がある優良探偵なら費用は15万円〜35万円ほどの相場で収まる事が多いです。

もちろん、裁判では有効な不貞の証拠をしっかりとできるだけたくさん集めてくれることが期待できますので、いざという時に請求する慰謝料についても期待ができます。

探偵に調査を依頼するという行為は、一見すると費用が高くて頼みづらいと思ってしまいがちですが、探偵による不貞の証拠集めをしてもらえると、旦那や浮気相手に言い逃れのできない浮気の事実を提示することができます。

そうすると、夫婦がそのあと離婚をするとしても婚姻関係を継続するとしても、旦那や浮気相手に慰謝料を請求することができます。

浮気による慰謝料相場は一般的に以下のようになっています。

・婚姻関係を継続する場合=50万円〜100万円

・別居する場合=100万円〜200万円

・離婚する場合=200万円〜300万円

探偵に依頼する費用が30万円かかったとしても、不貞の証拠をしっかりと抑えてもらえた場合、以上のような慰謝料を請求することができます。

探偵費用を支払うことができるだけではなく、支払い後も十分な慰謝料が手元に残りますね。

逆を言うと、探偵に依頼する調査費用をケチって妻自身で浮気調査を実施し、不貞の証拠が集められなかった場合には、場合によっては一円も慰謝料を請求できない可能性もあるのです。

もちろん、離婚に至ったとすると財産分与はしっかりとされますが、不貞の証拠がなく浮気の自身が確認できない場合には浮気による慰謝料は請求できませんよね?

それだけではありません。

妻の浮気調査方法の中に違法行為があったとすると、逆に旦那や浮気相手からプライバシー侵害などで訴えられてしまうことも考えられます。

どうでしょうか?

結果的にマイナスになってしまっていますよね?

離婚や別居の選択肢を考えている場合には特に、その時は費用がかかるとしても探偵に調査を依頼することをオススメします。

また、浮気発覚後に旦那が反省してやり直すことを考えた場合でも、浮気相手に慰謝料請求をすることは可能です。

『慰謝料なんていらないから、もう関わりをなくしたい』

そう考えている方にも、旦那や浮気相手に浮気の事実を認めさせるために不貞の証拠が必要なことに変わりありません。

不貞の証拠が存在した上で浮気を認めた場合には、浮気相手や旦那に“もう二度と浮気はしない”という誓約書を書かせることもできます。

誓約書があることで、その後の旦那の浮気も抑制できますし妻自身の気持ち的にも不安感がなくなりスッキリとするでしょうね。

クレジットカードの利用明細では、利用の場所や時間がある程度、把握することができます。

合法的にクレジットカードの利用履歴を確認できており旦那の浮気の場所や時間が分かっている場合には、探偵に依頼する調査時間も縮小することができ、より有力な証拠を短時間で集めることにもつながります。

そうなると、探偵に依頼する調査費用も削減することができますので、自分で集められている情報の量や内容などによって依頼内容も探偵に相談をしてみると良いですね。

優良探偵なら、きっと浮気をされた妻の心に寄り添った形で出来るだけ早く正確な不貞の証拠を集めてくれますよ。

以上が、旦那の浮気をクレジットカードの利用明細を参考に見抜く方法やその違法性、不貞の証拠としての価値などについてでした。

まとめ

ではここで、これまで集めてきた情報を簡単にまとめていきたいと思います。

・旦那のクレジットカードの利用明細を見ることで浮気を見抜くことは案外簡単である。明細には請求先の会社や日時、金額などの情報があり、その日に旦那がどこでどれほどの買い物や食事をしていたかといことがすぐにわかる。

・クレジットカードの利用明細を見ることで浮気を発見することは簡単だが、旦那のWeb明細を勝手に盗み見ることは【プライバシー侵害】や【不正アクセス禁止法】に違反する可能性もあるため、書面での明細チェックや旦那の了承のもとでのWeb明細チェックが望ましい。

・クレジットカードの利用明細は浮気の不貞の証拠とは言えない可能性が高い。ただし、数を多く集めておくことで補足証拠としては扱われることもあるため、利用明細やレシートなどは集めていても損はないと思われる。

・クレジットカードの利用明細によって浮気が発覚し、旦那や浮気相手に慰謝料を請求した場合には必ず不貞の証拠が必要である。不貞の証拠がなくては、浮気の事実自体を誤魔化されてしまい、慰謝料請求ができないだけではなく浮気相手との関係性も切ることができなくなる。

・旦那や浮気相手から慰謝料が取れないだけではなく、妻自身が法に触れるようなことをして逆に2人から慰謝料請求をされてしまう可能性もあるため、浮気調査については探偵に依頼をすることが一番である。

以上になります。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

⇒私も利用したおすすめのプロの探偵浮気調査会社ランキングはこちらです。

おすすめの記事