浮気調査を自分でgpsで行いたいという方は、結構いらっしゃいますよね。

たしかにgpsはとても便利ですが、gps機器なら何でも浮気調査に使用できると思っていませんか?

gps機器には様々な種類があり、使用法を間違うと、浮気調査において、とんでもない失敗につながりかねません。

そして、失敗してしまうとパートナーにばれてしまい、さらにはgps機器を壊されて弁償することになったり・・・浮気調査の費用が予想以上に高額になったり・・・と取り返しのつかない事態になることも・・・

さらにgpsの記録だけでは浮気の証拠にはならないということも知っておく必要があります。

ここでは浮気調査にgpsを用いることで生じるリスクやデメリット、またメリットなどを記載していきますのでぜひ、読んでみてくださいね。

そもそもgpsとは

GPSとは、英語のGlobal Positioning System(グローバル・ポジショニング・システム)の頭文字をとったできた言葉です。

小難しく日本語に訳すと全地球測位システム。わかりやすくいうと、”地球の周辺の宇宙空間に飛ばしているアメリカの衛星から電波を受信することで地球上にいるターゲットの位置情報がわかる機能”ということになります。

元はアメリカ軍が軍事目的で敵の居所をすぐに察知するためなどにgpsが使用されていたのですが、民間でも使用できるようになりました。とても便利な世の中になりましたよね。

GPSロガー

GPSロガーとは、ターゲットが移動することで生じた行動履歴(過去の通過順序と通過した道の情報)を、gps衛星により記録する機能を備えた機器のことです。

記録はログ(log)とも呼ばれるので記録するもの、つまりロガーと呼ばれています。

※あくまで過去の移動情報を記録するためだけの機器であり、現在のリアルタイムの情報を確認できるものでは無い点に注意が必要です。

ただ、これを使用することで、例えばターゲットが国道1号を通って、それから、どの辺を通ってホテルへ行ったのか、そのあと、スーパーの近く通って・・・といった詳細な移動情報が手に入ります。

こういったgpsロガー情報ではラブホに入ったという証拠にはなりませんが、パートナーが過去に職場の帰り道にどこを通って、どのように移動したのか行動状況がわかります。

これを手掛かりにパートナーがいつ頃、浮気するのかが手掛かりがつかめますので、ピンポイント調査(1日だけ行う浮気調査)をして浮気調査の費用を安く抑えることにも役立てられます。

ただ、gpsロガーは市販で手に入るのですが、購入する前にしっかりと、口コミの内容を確認しておかないと、
反応してくれなかったり、点滅でばれやすかったり、バッテリーがすぐに切れてしまったりと、
浮気調査に適さないgpsロガーが多くあります。

そこで、私の調べた限りでは、以下のgpsロガーが一番評判がよいので掲載しておきますが、
もし利用されるという方は悪い口コミもしっかりと確認して納得されてからのほうがよいでしょう。

⇒GPSロガー車両取付けセット 浮気調査【超強力磁石】 プロ探偵も調査に使用 【フタはワンタッチ開閉式】【長時間記録】 充電式繰り返し使用可能 「1年保証付」

GPS発信機

GPS発信機とは、衛星からgps機器に電波を発信することで受信したデータから位置情報を解析して現在のgps発信機の位置情報をある程度、確認することができる機器のことです。GPSロガーは現在の位置情報を知ることはできないのですが、GPS発信機ならリアルタイムで知ることができます。

gps発信機は以下のとおりです。

みまもりGPS

ココセコム(有名ですが、パートナーが警察に届けるとすぐに借主が特定されやすいです。)

浮気調査専用レンタルgps(探偵事務所でレンタル可能です。)

⇒リアルタイムで検索ができるレンタルGPS

⇒小型GPS発信機・GPS追跡レンタルのイチロク

gps機器による浮気調査のメリット

gpsを使用することによって、ラブホや浮気相手の住んでいる場所(アパートやマンション)などを特定することができる場合があります。

※gpsの履歴が手に入っても、浮気をしているという決定的な証拠にはつながらないので、問い詰めても言い逃れされてしまいます。

ただし、うまくgpsの行動履歴を使うことができれば、浮気している日時や不貞行為(エッチ)の場所を特定できるので、ピンポイントで1日または2日程度、探偵に浮気調査を依頼することができ、慰謝料請求できるだけの決定的な証拠をゲットできれば、大幅に費用を削減することができます。

gps機器による浮気調査のデメリット

gps機器による浮気調査のデメリットは以下の通りです。

・gps機器は結構でかいのでパートナーに見つかりやすい。
・パートナーに捨てられるとレンタルgpsの場合は補償をしないといけない。
・gpsの位置情報は必ずしもピンポイントではない。gpsの種類によっては誤差(500メートルくらい)が生じることがある。
・gpsの種類によってはバッテリー切れになる恐れがある。

gps機器の性能は事前に徹底リサーチしてからレンタルしないと失敗するリスクが大!?

gps機器ならどれでもいいというわけではありません。

なぜなら、ちょっとした操作でも音がなってしまったり、肝心なときにバッテリー切れを起こしてしまったり、位置情報が間違っているのに気づかなかったりと、いろいろと失敗してしまうリスクがあるからです。

音が鳴ってしまうと、バレるリスクがとても大きいですよね。

ですので性能もピンからキリまでなので、慎重に選択しないと、後で失敗しやすくなります。
よりよいgpsの選択基準として以下の内容を挙げておきます。

・操作音がならない仕様なのか。
・バッテリーは15日以上持つのか。
・バッテリー切れになるときに音はならないのか。
・バッテリーの消耗しやすいときはどんなときなのか。
・gpsの位置情報の誤差はどのくらいなのか。目安は15メートル以内。
・レンタルgpsの補償金はどのくらいなのか。
・スマホやパソコンからでも位置情報を確認することができるのか。
・雨の日でもgpsが水にぬれないように防水加工してあるのか。
・目立たない仕様のデザインなのか。

これらの基準を満たすgps機器はイチロクというメーカーの機器です。

一六

⇒小型GPS発信機・GPS追跡レンタルのイチロクはこちら

gps機器をレンタルで借りる場合の料金は?

上記の浮気調査専用のgps機器のイチロクのレンタル料金は30日間で1万6000円です。
15日間であれば1万2000円です。
90日間であれば3万円です。比較的割安で借りることができます。

また、浮気調査専用のGPS機器として人気があるのが、
リアルタイムで現在地が検索できて、90日間バッテリーが持ち、
グーグルマップ対応のJIS-2000、JIS-4000です。

JIS

15日間借りると25000円、30日借りると35000円、90日借りると9万円です。

⇒リアルタイムで検索ができるレンタルGPSはこちら

gps機器は探偵事務所でも借りることができます。

探偵事務所によっては無駄な経費を削減するためにレンタルでgpsを貸し出すところがあります。

hal探偵社でも貸してもらえます。

レンタル料金は3日で1万5000円ほどかかることが多いです。
1週間ではだいたい3万円くらいになります。

gps調査がバレやすいわけ

gps機器はカバンや車のダッシュボードに隠したり、車体の裏側に取り付けたりするものが主流です。

ですが、カバンや車のダッシュボードとなると常にパートナーに見つかりやすいですよね。

ですので、決してわからないところに、しかも機器が熱などで壊れないところに隠すのが一番だと思います。

ちなみに用心深く浮気をする人は事前に車体の裏側もチェックしている場合があります。

なので、普段から用心深いパートナーで車の掃除をよくする場合には使用しないほうが賢明です。

また、パートナーが徒歩や、自転車で移動するときにはgps機器は結構大きいので、付けられる場所がなく、たとえ取り付けてもばれてしまうリスクはとても大きいです。

このようにgps機器で浮気調査をすることには結構ばれやすいというリスクがあります。

gps機器をパートナーに発見されてしまうとどうなるの?壊されたら補償料金はどのくらい?

gpsをレンタルした後で、パートナーに見つかり捨てられる、破棄されるなどされてしまうと、15000円~3万円(gps機器の種類によってはそれ以上になることも・・・)の補償請求をされます。

少しだけ借りる予定が思わぬ出費になることもありますので、注意が必要です。

gps調査はやっぱり難しい・・・

たしかに、うまくいけば、いろいろとメリットはあるのですが・・・

たしかに浮気調査を探偵に依頼しようとすると20~30万円はかかりますし、
自分で少しでも状況を探ってから探偵に依頼すれば、浮気調査の費用も安くなるので
私も浮気調査をするときにgpsを使って自分で事前調査をしようと考えたこともありました。

しかし、探偵事務所にgps機器の使用について相談したりしたのですが、素人の私が行うと、かなりのリスクがあるとのことで探偵事務所に反対されてしまったので、結局はやめました。

探偵事務所も浮気調査で失敗はしたくないですし、浮気調査という任務を遂行して、成功して、依頼人の私の悩みを晴らして、感謝されたいという思いがあるので、私が、うかつに、あれこれ勝手に動くのをハラハラとして見ていたのではないでしょうか。

私は、浮気調査をすることで、不貞の証拠(パートナーと浮気相手が肉体関係があったという証拠)を手に入れて、慰謝料を請求しなければ、パートナーに裏切られ、傷つけられた心を癒せないと考えていましたので、失敗は許されませんでした。

探偵のおかげで浮気調査は無事うまくいったので、いまではgpsを使用しなくてよかったのかなと思っています。

ちなみに慰謝料がもらえれば、浮気調査の費用は十分に賄えるので、プロに依頼される場合には探偵事務所に相談してみるのも一つの方法です。

また、探偵事務所によってgpsの使用を薦めるところと、薦めないところがあります。最近ではgpsの使用を薦めるところが増えてきたように思えます。

ただ、弁護士ドットコムでも弁護士の多くがgpsの使用に反対されています。

gpsによる浮気調査はどんなに夫婦間の事情があっても、gpsを使用する方がプライバシーで訴えられるリスクが生じるので、すすめられないのでしょう。

もし、パートナーがgps機器を警察に持っていくと、機器のナンバーなどで設置した人が特定されるリスクがあります。

ちなみに探偵はGPSの設置をして調査を行うことは法律上認められています。

最近は、警察によるgps捜査に関して、ニュースで騒がれていましたので、今後ますますgpsの使用について規制が厳しくなってくるかもしれません。

ですが、自分でgpsを使用して浮気調査をするかどうかは、あなたに置かれた状況にもよるかと思います。

経済的事情により、どうしても浮気調査の費用を安く抑えたいという場合にはgps機器で事前にリサーチしてパートナーの行動パターンを把握してから、浮気しそうな時を見計らって探偵に浮気調査をピンポイントで調査してもらうことで1日~2日の調査で証拠がつかめれば10万円以下に費用を抑えることも出来なくもないからです。

ですので、gps機器を使った浮気調査をやるなといってもやる人はやりますので、止めることは誰にもできません。あくまでも自己責任の話です。

たとえば、不貞(エッチ)の証拠をゲットできなくても慰謝料を請求しなくても構わないけど、パートナーと浮気相手が浮気しているかどうかだけチェックしたい・・・とか

どうしても経済的な事情により、浮気調査の費用を捻出できないのでgpsを使用して浮気調査をしたいという方には向いている手法なのかなと思います。何度もいいますが、あくまでgps機器はリスクが伴いますので失敗しても自己責任でお願いします。

そもそも自分で探偵に頼らずに浮気調査をするとバレるの?

経済的な余裕がないときには探偵に頼ることなく自分で浮気調査をするという方もいますが、失敗してしまうケースが多いです。

浮気をする人で用心深い人は、”バレたらまずい”と自覚している部分がありますので、多少なりとも警戒はしています。

なので、自分で浮気調査をすると、パートナーに気づかれる可能性が非常に高いです。

あなたが尾行して気づかれるのはなぜ?⇒あなたの姿や形、しぐさはパートナーの頭にインプットされているからです。あなたも、遠くにいるパートナーを一瞬で見つけることができますよね。それはパートナーの姿や形、しぐさを頭に記憶しているからです。ですので、かなり遠くから尾行していても、服装を替えても、きづかれてしまいます。

知人に尾行を頼んだ場合に気づかれる理由⇒知人が必ずしも口が堅いとは限りません。”絶対に誰にも言わないで”などといえば、次の日にも誰かに伝わっていることが多いです。秘密ごとは知人に話せば、すぐに一気に知れ渡るのが世の常です。

知人がうっかり浮気調査をすることを他の人に話をしたことで、人づてでパートナーの耳にも入ったケースがあります。

ですので、いくら親しい知人でも、あなたの人生にかかわる相談事を話すことは慎んだほうが無難です。

また、知人がパートナーの顔見知りでもある場合、尾行するとすぐに勘付かれます。

gpsで浮気調査をしても気づかれる理由⇒浮気している人は証拠隠滅や浮気相手に会う時のエチケットとして、ゴミの掃除などを丁寧にするケースが多いです。なのでgpsを車につけていても、パートナーに見つかることが多いです。もしgpsがパートナーに見つかった場合、真っ先に疑われるのは、身近にいるパートナーのあなたになってしまいます。

もしあなたがパートナーに「gpsを車につけたの〇〇だろ?」と疑われたら、gpsなんて付けてないといってシラをきれば乗り切れそうなイメージはありますが、gpsの種類やクレジットカードの履歴などを調べられるとバレてしまう可能性が高いので自信がない方はgps機器を利用しないほうが良いでしょう。

自分で浮気調査をするのはどこが危険なの?

もしパートナーに気づかれると、パートナーは浮気がばれないように対策をしてきます。また、浮気がばれてもいいように口実を考えてきます。

浮気する時間を変えてくる。一定の時間に行動しなくなる。⇒浮気調査の費用がかかりやすくなります。

浮気相手とも口裏を合わせる。⇒仕事上の打ち合わせなどといわれることがあります。

ラブホではなく、ビジネスホテルで事に及んだりする。⇒仕事で具合が悪くなって付き添ってもらったなどと言われるケースがあります。

浮気がばれた⇒「もともと数年前から夫婦仲は破たんしていたから、浮気じゃない」「そもそも○○に責任があるんだよ。自分は悪くない。」などの言い訳をされたりします。「自分を疑っているのなら、もう話し合うことがないから別れよう。」などと別れを切り出されるケースもあります。

浮気を疑っていることがばれてから、
「やっぱり自分で浮気調査をするのをやめたほうがいい」と気づいて
プロの探偵に浮気調査をしても、すでにパートナーが警戒しているので、
1か月経過してもなかなか決定的な証拠がつかめず、調査費用ばかりがかさんでしまいます。

調査費用が安い時には15万円ほど、通常は20~30万円ほどで済むだったのに、パートナーに警戒されることで調査日数が増えるので60万円以上になるリスクも生じます。

ですので、経済的に余裕があれば、浮気調査は、やっぱりプロの探偵に任せた方が安心です。実績豊富な探偵のアドバイスに従って行動すれば、まず間違うことはありません。

ただし、浮気調査にかかる費用は20~30万円は必要です。資金が足りない場合にはクレジットカード払いや月賦払いも可能な探偵事務所があります。

プロの探偵でも探偵社の方針でgps機器を使用することがあります。しかし、gps機器ばかりに頼っている探偵事務所は悪徳探偵のリスクがあります。

探偵事務所の費用は人件費が大部分を占めていることが特徴として挙げられますが、実は人件費をむやみやたらに削る目的でgps機器を使用する探偵事務所があるという話を聞きます。これが本当なら悪くいってしまえば手抜き調査ということになりますね。

gps機器ばかりに頼る探偵は要注意!?なかには悪徳探偵が潜んでいるケースも!?

探偵が浮気調査をするときにgpsを活用するケースがありますが、探偵調査員が1人だけで、gpsをフル活用しているような探偵事務所に依頼するのはやめたほうが無難です。そういった探偵事務所は浮気調査報告書にもきちんとした映像的証拠や詳細な日時が記載されてないことがあり、調査代だけをとられてしまいます。

パッと見では、gpsなら高度が調査ができそうなイメージがあります。ですが、調査員を1人だけにすることは、どうしてもリスクが非常に大きいです。そもそも優良な探偵事務所なら調査員を1人だけで浮気調査を行うことはありません。

なぜなら探偵が浮気調査をする場合には最低でも2人の調査員を動員することが常識になっているからです。

そもそも、調査員1人では、以下のような場合に無理が生じてしまいます。

・突然、トイレへ行きたくなった。
・パートナーと浮気相手が突然、離れ離れになったので、どっちへ尾行すればよいのか迷ってるうちに見失った。
・1人の調査員がずっと付きまとわれているのでパートナーと浮気相手に尾行が気づかれてしまい、警戒されてしまった。
・パートナーと浮気相手がお祭りなど人混みの多いところに行ったので、尾行しているうちに見失った。

至近距離からも撮影することがあり、そういったことを繰り返していると、顔を覚えられてしまうリスクは避けようがありません。

つまり、調査員1人では無理がどうしても生じてしまいますので、もし依頼する探偵事務所が調査員1人でgps機器を使うところなら、やめておきましょう。

まとめ

いかがでしたか。よく考えてみると、自分で浮気調査ができるのなら、探偵に浮気調査を頼む人はいなくなってしまいますよね。

なので、自分で浮気調査をすることは、よほど、周到に準備を重ねて、戦略を練ってから行動しなければ、大抵は失敗に終わると考えた方が賢明です。

そして、これまで説明したとおり、gps機器を使用することもリスクが大きいので、できるなら使用しないほうがいいでしょう。

パートナーと復縁を考えている場合や離婚したい場合、浮気相手に慰謝料を請求したい場合などあらゆる面でパートナーが言い逃れのできない決定的証拠(浮気相手とパートナーがラブホなどに滞在したという映像的な証拠)が必要になります。

浮気調査で失敗しないためにも一度は探偵に無料相談してみることをおすすめします。

ちなみに私が相談して利用した格安でできる浮気調査のランキングはこちらです。

おすすめの記事