決断力がある人はとてもカッコよくて好感がもたれやすいです。決断力がある男性はネットでは行動がカッコイイということでイケメンとして扱われたりすることもありますし、決断力がある女性はカッコイイ女性として扱われることが多いです。

では、決断力がある人にはどのような特徴があるのでしょうか。なぜ、すぐに決断することができるのでしょうか。こういった点について今回はご紹介していきたいと思います。

決断力がある人の特徴

決断力がある人の特徴は以下の通りです。

・ネガティブ思考にならないようにしている
・ポジティブ思考で前向きに捉えている
・自分の意見を第一に考えている
・無駄なことに意味が無いと思っている
・決めるのがとにかく早い
・自分なりの考えを持っている
・言動がぶれない
・情報通
・リーダーシップがある
・頼りになる
・行動力がある
・友達が多い
・自信がある
・結果が悪くても後悔をしない
・毎日が充実している
・責任感がある
・人を惹きつける魅力がある
・時間を有意義に使う事ができる
・とにかく継続することを意識している
・オリジナルで魅力的な個性がある
・コミュニケーション能力に長けている
・仕事がバリバリにできる
・失敗を恐れない
・今を大切にして集中している
・気持ちの切り替えが早い
・読書をする

決断力がある人の特徴:ネガティブ思考にならないように気を付けている

決断力がある人は、ネガティブ思考にならないように気を付けている傾向があります。

と言いますのも、例えば目先のことを考えてしまうといろいろと心配をしてしまい、かえって決断力が鈍ってしまうからです。ですので、決断力があるということは今、手元にある情報だけを頼りに物事に対する判断をしている可能性が非常に高いということになります。

こういったことからも、今ある情報だけを元に決断をするとなりますと、先のことまでは考えていなくて、それ以降に起こる出来事や問題を想定していないことによりネガティブ思考にならないようにしているということになります。

ただし、はっきりと物事を決めて進めたことが、逆に早とちりとなってしまうことも少なくありません。

決断力がある人の特徴:ポジティブ思考で前向きに捉えている

決断力がある人は、ポジティブ思考で前向きに捉えるが多いです。

なぜならば、ポジティブ思考な人は、いつも前向きで常に進もうとしなければ、次に進めないという気持ちが大きいからです。

ですので、何か選択を迫られて迷っている時でも、ポジティブ思考な人は自分が正しいと思った道だったり、自分が成長できると思った道だったりを選択して進んでいきます。

そして、たとえ失敗したとしても、「明日があるさ」とポジティブに受け止め、失敗を教訓として生かしながら成長していきます。

このように、ポジティブ思考な人は前に進むという基本的な考えがありますので、迷った際にも決断をする道が決まっている場合が多いです。

決断力がある人の特徴:自分の意見を第一に考えている

決断力がある人は、自分自身の考え方や価値観を大切にすることができる傾向があります。

と言いますのも、中には周りの人の意見を尊重しすぎたり周囲からの評価を気にしすぎたりして、自分の意見と周りの意見を天秤にかけてしまう人も多いです。

ですが、決断力がある人は周りの人の意見も参考にしますが、決定権が自分にある場合には自分の意見を第一に考えて、自分が選択した後悔しない道を選択することができます。

ですので、決断力がある人は基本的には他人の意見よりも自分の意見を優先させる傾向があります。

決断力がある人の特徴:無駄なことに意味が無いと思っている

決断力がある人は、無駄なことはあまりしたくないという考え方が強いです。

たとえば、会社のプレゼンテーションなどで3つの企画の説明を受けたのちに、どの企画を採用するかということを決めなくてはならないという場面があったとします。

そして、1つ目の企画の説明を受けて、その企画を気に入って採用したいと考えましたら、決断力がある人は残りの2つの企画の説明を聞くこともなく1つ目の企画を採用してしまいます。

このように、決断力がある人は自分が『これ』と決めたこと以外は無駄なもので意味が無いとしてみなす傾向があります。

決断力がある人の特徴:決めるのがとにかく早い

決断力がある人は、とにかく何事に対しても決めるのが早いです。

たとえば、メニューがたくさんあって誰もが悩むような外食店に訪れた際にも、決断力がある人はメニュー表をパッとみただけで注文する料理を決めることができます。

そして、注文後にパッと見て注文をした料理よりも食べたい料理が見つかったとしても、後悔することはほとんどなく『次に来た時にはこれを食べよう』と考えて、すでに次回に食べる料理を決定している場合が多いです。

決断力がある人の特徴:自分なりの考えを持っている

決断力がある人は、自分の考えをしっかりと持っているからこそ、あれこれと深く考えなくても自分の意思に沿って決断をすることができるのだと考えられます。

また、その考えに沿って決断をしたことで失敗をしたりトラブルが起きたりしても、決断力がある人は後悔することはほとんどありません。

しかし、その代わり次に同じミスをしないように自分の根本の考え方を改める努力をしようとします。

決断力がある人の特徴:言動がぶれない

決断力がある人の言動は、ほとんどぶれることがありません。

と言いますのも、多くの人は時と場合によって言うことが異なったりすることが多いです。

なぜならば、それはその時の事情や自分のモチベーションによって気持ちの変化があることで、自分の意見や相手に求めることも異なってくるからです。

ですが、決断力がある人は元々、自分の考えをしっかり持っていて、その考えを元に決断をしていることが多いです。

ですので、根本がしっかりと決まっている分、意見がぶれることもないということです。

決断力がある人の特徴:情報通

決断力がある人は、情報通な人が多いです。

なぜならば、誰でも情報が多いと、自分がどのような決断をすることが望ましいのかとか、周りは自分に何を期待しているのかということを理解しやすくなります。

ですので、仕事の話でも世間話でも趣味の話でも、より多くの情報を持っている人は、自分が決断すべき道を見つけることが早いですし、その決断が正しい可能性も非常に高いです。

決断力がある人の特徴:リーダーシップがある

決断力がある人は、リーダーシップを発揮することができる人が多いです。

と言いますのも、学校生活の中でリーダーシップをとっている人は必ず1人はいますが、そのような人たちが自分では何も決められない優柔不断だったという記憶はまずないでしょう。

つまり、リーダーシップを取ることが出来る人は決断力があり、自分の決断に自信を持って周りの人を引っ張っていく力がある人であると考えられます。

そして、このように自分の決断に確固たる信念がある人には、周りの人も付いていきたくなりますし、一緒にいたいと思うでしょう。

決断力がある人の特徴:頼りになる

決断力がある人は、周りの人から頼りにされることが多いです。

たとえば、何でもかんでも上司に相談をしないと決断ができないような人よりは、自分の考えの中で決断をして、すぐに返事ができる人の方が商談相手は助かるでしょうし、次からも決断力がある人の方を頼りたいと思うでしょう。

このように、ある程度のことは自分の判断で選択をすることが出来る人は、相手のことを待たせることもありませんし、急なトラブルなどでも最善の対処法を瞬時に考えることができますので、周りの人から頼りにされることが多いです。

決断力がある人の特徴:行動力がある

決断力がある人は、行動力もある人である可能性が高いです。

と言いますのも、決断力がある人でも時には悩むことや迷うこともありますが、そのような時には考えてばかりいないで、とりあえず行動をしながら考えてみようという考え方をしています。

このように、迷った時にでも何かしら行動に移すことを決断する力を持っているため、決断力がある人は成功も失敗もたくさんの経験を積んでいる傾向があります。

決断力がある人の特徴:友達が多い

決断力がある人は、友達が多い傾向があります。

なぜならば、決断力がある人は初対面の人に対しても、迷わないで話しかけることが出来るからです。

また、道端で顔見知り程度の人とすれ違う際には、多くの人が『相手は自分のことを覚えているかわからない』とか『相手から声をかけられたら返事をしよう』というように受け身な体制をとってしまうことが多いです。

しかし、決断力がある人は見覚えがある人がいましたら、すぐに声をかけて会話をすることができます。

ですので、このような社交的な性格が交友関係を広げているのだと考えられます。

決断力がある人の特徴:自信がある

決断力がある人は、自分自身に自信がある人が多いです。

と言いますのも、自分に自信がなくては自分の考えだけですぐに決断をすることはできないでしょう。

ですが、決断力がある人は根拠のない自信ではなく、根拠のある自信を持っている場合が多いです。

たとえば、決断力がある人は非常に情報通ですし友人も多いですので、その分、自分の思考を巡らせて周りの人の意見も取り入れることができています。

ですので、はっきりとした根拠のある自信があるため、物事に対しての決断をすることが早いのでしょう。

決断力がある人の特徴:結果が悪くても後悔をしない

決断力がある人は、自分が行動したことで結果が悪くても後悔をすることはありません。

なぜならば、決断力がある人は思いつきで決断をしているわけではなく、しっかりと自分の意思を持って物事の判断をしているからです。

ですので、たとえば仕事である決断をしたことがミスやトラブルにつながったとしても、決断力がある人は後悔をすることはありません。

そして、物事に怖気付かないで挑んだことを前向きに捉えて、次に生かそうという気持ちが非常に強いです。

決断力がある人の特徴:毎日が充実している

決断力がある人は、毎日が生きがいがあり充実している傾向があります。

と言いますのも、決断力がある人は物事を決断するための時間がかかりませんので、何事に対しても他の人よりも有意義に楽しむ時間をたくさんとることができます。

さらに、たとえ迷って決断をしたことが失敗だったとしても、決断力がある人は後悔をしないで前向きに捉えることができますので、どのような状況下においても、結果的にその状況を楽しむことができるということになります。

決断力がある人の特徴:責任感がある

決断力がある人は、責任感が強い傾向があります。

と言いますのも、失敗を恐れて仕事で大きな決断を自分ですることを避けたり、優柔不断になって他人が決断してくれるのを待っていたりする人は、責任逃れをしているように捉えられかねません。

そんな中、責任感が強い人は『任された仕事は自分がやらなくてはならない』という気持ちが大きいですので、自分の決断が失敗を招く可能性があったとしても、恐れないで物事の判断をすることができます。

決断力がある人の特徴:人を惹きつける魅力がある

決断力がある人は、周りの人から見て魅力的だと思われることが多いです。

なぜならば、決断力がある人は失敗することや嫌われることを恐れないで、前向きに行動をすることができますし、たとえ相手に失礼なことをしたり仕事で失敗したりした際には素直に謝ることができるからです。

このように、誠実で真面目な性格をしている決断力がある人は、周りの人からは非常に信頼されることが多いですし、失敗を恐れないで物事の向かっていく姿勢に魅力を感じる人もたくさんいるでしょう。

決断力がある人の特徴:時間を有意義につかうことができる

決断力がある人には、時間を有意義に使う事ができるケースが多いです。

なぜならば、決断力がある人は他の人と比べても物事を決めるのが早いですので、その分、決断したことに取り組む時間の余裕が周りの人よりもたくさん持つことができるからです。

このように、決断力がある人は悩んでいる時間を活動する時間に費やすことができますので、人よりもたくさんのことに挑戦したり熱中したりすることができ、知識や経験もたくさん積むことができます。

決断力がある人の特徴:とにかく継続することを意識している

決断力がある人は、一見しますと物事の選択を迫られるたびに新しい意見に飛びついてしまいがちに見えますが、実は一度決めたことに対してはとにかく継続することを意識している傾向があります。

たとえば、ピアノの習い事を始めた矢先に水泳の習い事を友人から誘われた場合、決断力がある人は、たとえその時は水泳を習いたいという気持ちがあっても、一度習うと決断したピアノの習い事は責任を持って続けようとします。

そして、それでも水泳を習いたいと思いましたら、どちらも両立することも決意した上で、水泳を習い始めるでしょう。

決断力がある人の特徴:オリジナルで魅力的な個性がある

決断力がある人は、他の人にはないようなオリジナルで魅力的な個性を持っている人が多いです。

そして、その個性が、その人の決断力をより一層、高めているのだと考えられます。

たとえば、大衆と同じ意見の人は、いつも周りの人に合わせて流されるように物事を考えている傾向があります。

しかし、個性がある人は自分と同じような意見を持つ人が少ないですので、必然的に自分で物事を判断しなくては答えが出ない場合が多いです。

ですので、個性がある人は結果的に自分の価値観や考え方を元に、自分で決断してから行動していることになります。

有名人で、個性丸出しでリーダーシップを発揮している人はファンが多く、カリスマ的な存在になっています。

決断力がある人の特徴:コミュニケーション能力に長けている

決断力がある人は、コミュニケーション能力がある傾向があります。

なぜならば、普通の人が初対面の人に話しかけようかどうしようかと悩んでいる間に、決断力がある人は話しかけたいと思った人にはすぐに話しかけることができるからです。

また、会話の中での返答や切り返しがうまく、そして今どのような話題を振ると盛り上がるかということを迅速に決めることができますので、決断力がある人と会話をすると非常に盛り上がりやすいですし楽しいと感じる人が多いです。

決断力がある人の特徴:仕事がバリバリにできる

決断力がある人は、仕事がバリバリにできる傾向が強いです。

と言いますのも、決断力がある人は、たとえたくさん仕事を抱えていたとしても、物事の優先順位をしっかりとつけて必要だと思う仕事から片付けていくことができます。

そして、何事に対しても悩んだ時には考えるより行動することを大切にしていますので、たとえ行動して失敗したとしても向上心があって多くを学ぼうとする姿勢は目上の人からも認められやすい性格だと言えるでしょう。

そして、決断力がある人は失敗をすることを恐れませんので、挑んだことで成功しても失敗しても、たくさんの経験や知識を得て成長していくことができます。

決断力がある人の特徴:失敗を恐れない

決断力がある人は、失敗を恐れないで何事に対しても前向きに行動をすることができます。

たとえば、仕事で大きなプロジェクトを任された際に、本当は自分の斬新な考え方はあるけれど、失敗をすることで怒られたり迷惑をかけたりすることが怖くて、当たり障りのない提案をしてしまう人も少なくないでしょう。

しかし、決断力がある人は自分が自信を持って提案できる意見がある際には、失敗することも覚悟の上で今までにはない斬新な考え方を提案することができます。

そして、その結果がたとえ失敗したとしても、自分の考えを示したことに後悔することはなく、次回に生かすための経験と捉えることができます。

決断力がある人の特徴:今を大切にして集中している

決断力がある人は、失敗したことを引きずったり後悔したりすることよりも、今、目の前にある事柄を大切にして集中することを大切に考えています。

なぜなら、今、目の前にあることを成し遂げることで失敗したことを挽回できる可能性が高いからです。

たとえば、仕事でミスをして上司に怒られてしまった際に、落ち込んでしまって次の仕事が手につかないという経験をしたことがある人も多いかと思います。

しかし、決断力がある人は『怒られたミス』と『今やるべき仕事』は別物だと判断して、しっかりと気持ちを切り替えてから今やるべきことに集中することができます。

決断力がある人の特徴:気持ちの切り替えが早い

決断力がある人は、気持ちの切り替えが早くてしっかりとできる傾向が強いです。

だからこそ、決断力がある人は物事を考え込んだり過去を引きずったりすることなく、次の事柄に取り組むことができるのだと考えられます。

このように、決断力がある人はどんなに仕事が立て込んでいたり、気持ちが交錯する場面におかれたりしたとしても、気持ちの切り替えをしっかりとすることができますので、失敗することも恐れないで新しいことに挑戦することができます。

決断力がある人の特徴:読書をする

決断力がある人は、読書を好んでしている傾向があります。

と言いますのも、何事に対しても決断をするということには、決断をするための根拠となる知識や情報を集めておくことが大切になります。

また、決断力がある人は本を読むことで自分の知識や情報を増やして、自分の考え方や価値観を確立していると考えられます。

ですので、決断力がある人は小説や参考書のような本を選び、いつも活字を読むことを心がけている人が多いです。

おすすめの記事