あなたの周りに、内向的で周りの人とあまり交わろうとしない人はいませんか?

また、あなたはこのような根暗な性格をしてはいませんか?

根暗な人は、人から話しかけられるのも自分から話しかけるのも苦手。

そして、周りの人からも関わりにくいと思われてしまうことが多いです。

ですが、そんな根暗な性格でも改善方法を見出すことで、自分自身の性格の改善を試みたり根暗な友人にちょっとしたアドバイスをしてあげて、明るい性格に導いてあげたりすることができるかもしれません。

そこで今回は根暗な人の特徴や原因、そしてもしもあなたが根暗な性格だった場合の改善方法を書いていきます。

根暗な人の特徴

根暗な人の特徴は以下の通りです。

・笑わない
・運動をしない
・声が小さい
・自信がない
・服装が暗い
・口数が少ない
・話に乗ってこない
・表情が暗い
・集団行動が苦手
・孤独に弱い
・暗い話ばかりする
・ネガティブ
・場に馴染めない
・行動力がない
・考え込みすぎる
・インドア派

根暗な人の特徴:笑わない

根暗な人は、周りの人からあまり笑わない印象を持たれてしまいがちです。

なぜならば、根暗な人は周囲の出来事や相手に対して興味や関心が非常に薄いからです。

そのため、友人と過ごす楽しい時間や恋人の面白い話にも興味が湧かないため、何を話してもどんな状況でも暗い顔をして、つまらなそうにしています。

ただし、根暗な人は自分が好きなことや興味を示すことに対しては没頭する傾向があり、そのようなことをしている時には笑顔を見せることもあります。

根暗な人の特徴:運動をしない

根暗な人は、外で走ったりスポーツをしたりすることがあまり好きではありません。

その理由は、根暗な人は基本的にインドア派で外に出ること自体を嫌うからです。

また、根暗な人は人と一緒に協調しながら物事を進めていくことも得意ではないため、団体競技や競う相手を求められる運動は、基本的に向いていない性格をしていると考えられます。

そのため、根暗な人は運動をすることが苦手で、いつも家の中でインターネットやゲームをして楽しんでいる傾向があります。

根暗な人の特徴:声が小さい

根暗な人は、話す時の声が非常に小さくて周りの人は聞き取れないことも少なくありません。

なぜならば、根暗な人は自分自身に自信を持つことができていないからです。

そのため、自分の主張をするときや意見を言う時には、特に声が小さくなってしまう傾向があります。

このように、根暗な人は自信がないために自分の主張を胸を張って言うことができませんので、せっかく意見を言っても採用してもらえなかったり聞き流されてしまったりすることも少なくありません。

根暗な人の特徴:自信がない

根暗な人は、自分に自信を持てないことが多いです。

たとえば、購入する服を決めるときも根暗な人は自分のファッションセンスに自信がありませんので、自分の好みの服だけではなくマネキンが着ているコーディネートを一式購入することも少なくありません。

また、お店の人に話しかけられてオススメをされますと、自分のセンスにも自信がない上に人と会話をすることが苦手なため、言われるままに購入してしまうこともよくあります。

このように、根暗な人は自分自身に自信がないために相手に言われた通りに行動をしてしまう傾向があります。

根暗な人の特徴:服装が暗い

根暗な性格をしている人は、服装や見た目も暗い傾向があります。

たとえば、根暗な人は白や黒などのモノトーンの色を好んで着ますし、デザインにも派手さが無くてシンプルで地味な組み合わせを好みます。

さらに、服装に合わせますと髪型も暗くなりがちで、ボサボサで前髪で前が見えないほど髪が伸びていることも少なくありません。

このように、根暗な人は容姿も暗いために周りの人から敬遠されてしまうことも多いでしょう。

根暗な人の特徴:口数が少ない

根暗な人は、口数が少ない人が多いです。

なぜかと言うと、根暗な人は相手と考えて会話をしたり深く交流を持ったりすることが非常に苦手だからです。

そのため、自分から話しかけること自体が少ないですし、相手から話しかけられたとしても必要最低限の返事しかすることができません。

このような口数が少ない性格は、周りの人からは『無愛想だ』とか『ノリが悪い』と思われてしまう原因になってしまいます。

ただし、根暗な人は自分にとって興味や関心がある事柄に対しては饒舌になる傾向があり同じ趣味を持つ相手に対しては、よく喋る性格をしています。

根暗な人の特徴:話に乗ってこない

根暗な人は、あまり人の話に乗ることが得意ではありません。

なぜかというと、根暗な人は自分に自信がないために、自分が話に乗った瞬間に周りの空気がしらけてしまうのではないかと考えているからです。

また、基本的な根暗な人は相手に話をすることが得意ではありませんので、誰かが話をして盛り上げている雰囲気の中に入っても、自分が話を切り出すことはできないでしょう。

そのため、周囲の人からはノリが悪いと思われてしまいがちで、会話の輪の中にいても意見することものってくることもないため、徐々に周りの人が離れていってしまう傾向があります。

根暗な人の特徴:表情が暗い

根暗な人は、相手と接する時の表情が非常に暗い傾向があります。

なぜならば、根暗な人は人と接することが苦手なため、誰かと一緒に行動をしたり会話をしたりする場面を楽しむことができずに、むしろ憂鬱な時間だと思ってしまうからです。

そのため、自然と表情が暗くなってしまって何をしていてもつまらなそうに見えてしまいます。

このように、根暗な人は誰かと一緒にいる時には表情が暗くなりがちですが、一人でいる時間や自分が気を許している相手と一緒にいる時間は笑顔を見せることも多いです。

根暗な人の特徴:集団行動が苦手

根暗な人は、人と接することがそもそも苦手ですが、特に集団行動をすることに強い苦手意識を持っています。

たとえば、部活で団体競技をしたり社員旅行に行ったりすることは、根暗な人にとっては辛い時間となってしまいます。

また、自分の意見をはっきり言うことができない根暗な人にとっては、会社内の会議の場も非常に苦手で、意見を求められたり主張したりすることも嫌う傾向があります。

このように、根暗な人は集団行動が苦手なだけではなく、大人数が集まる場所自体を嫌うことが多いです。

根暗な人の特徴:孤独に弱い

根暗な人は、人と接することが苦手な反面、孤独には弱い傾向があります。

なぜならば、根暗な人は孤独を感じると『自分は嫌われ者なのだと』いうようなネガティブな考え方が強くなってしまって、誰かに優しくしてほしいと感じるからです。

そのため、普段は人のことを避けているにもかかわらず、自分が気を許している友人や恋人には、ずっとそばにいてほしいと考えています。

このように、根暗な人は孤独に弱い分、自分が気を許している相手に対しては依存する気持ちが大きくなってしまいがちです。

根暗な人の特徴:暗い話ばかりする

根暗な人は、話も暗くてネガティブなマイナス思考である傾向があります。

たとえば、実家で犬を飼った話をする際に普通の人でしたら『かわいい』とか『散歩が楽しい』という話をするものですが、根暗な人は『自分には懐いていない気がする』とか『どうせ自分は犬からも好かれない』というように、話を暗い方向に進めてしまいます。

そのため、せっかく笑えるネタや楽しい話を持っていても、根暗な人が話すと急に暗くてつまらない話になってしまうことも少なくありません。

根暗な人の特徴:ネガティブ

根暗な人は、基本的にネガティブである傾向があります。

なぜならば、根暗な人は自分に自信がないために、物事をマイナス思考に考えてしまうからです。

そのため、上司から信頼されて重要な仕事を任せられた時でも、根暗な人は『面倒な仕事を自分に押し付けた』というようにマイナスな方向に物事を考えてしまいます。

このように、根暗な人はいつもネガティブに物事を考えてしまいますので、より一層、明るい気持ちになれなくて根暗な性格が強くなっていってしまいます。

根暗な人の特徴:場に馴染めない

根暗な人は、その場に馴染むことができません。

なぜならば、根暗な人は人と接したり周りの人たちと協調したりすることが苦手だからです。

そのため、その場の空気を読んだり周りの雰囲気を察して行動したりすることができませんので、根暗な人だけがその場から浮いてしまう状況になることも少なくありません。

さらに、根暗な人は日頃から相手と上手に関わったり周りに馴染んだりすることが少ないです。

ですので、場に馴染めていなくても自分自身では違和感を感じることがなく、いつも通りの光景だと思って、自分が浮いていることに気づくことができないことも多いです。

根暗な人の特徴:行動力がない

根暗な人は、自分から何かをしようという行動力がない人が多いです。

たとえば、自分の仕事が終わって帰ろうとしている時に、同僚の仕事が溜まっていることに気づいても、根暗な人は自分から『仕事を手伝おうか』と声をかけることができません。

なぜならば、根暗な人は自分に自信を持っていないからです。

そのため、自分の行動が周りの人からどのように思われるかということを考えてしまいますと、思い切った行動をすることができなくて、人に決められた必要最低限の仕事をこなすにとどまってしまうことが多いです。

根暗な人の特徴:考え込みすぎる

根暗な人は、物事を深く考え込みすぎる傾向があります。

たとえば、あまり自分では良いと思っていない服を着ている時に友人から『その服かわいいね』と言われますと、根暗な人は素直に言葉の通りに受け取ることができなくて『バカにされているのかな』というように思ってしまいます。

さらに、服自体を褒められてしまいますと、「こんなにかわいい服は自分には似合っていないと指摘されたのではないか」というように考えすぎてしまうことも少なくありません。

そして、考えすぎてしまいますと自分でも歯どめを効かせることができなくなり、結果的に褒められた服を着ることをやめてしまいます。

根暗な人の特徴:インドア派

根暗な人は、外に出ることをあまり好まなくてインドア派であることが多いです。

なぜならば、根暗な人は人と接したり話しかけられたりすることをあまり好まないからです。

そのため、一人で家でゲームやインターネットをしている方が気が楽だと思って、家の中で過ごす時間が増えてしまいます。

また、恋人とデートをする時にも人混みに入ることを嫌うため、家でDVDを見たり一緒にゲームをしたりする事で時間を潰そうとする傾向があります。

このようなインドア派な人は、家族でわいわい旅行に行ったり恋人とテーマパークに行ったりすることを億劫だとしか感じないことも少なくありません。

根暗な人の原因

根暗な人になってしまう原因には、育った家庭環境や教育環境が深く関わっていると考えられます。

たとえば、親が非常に厳しくて過干渉な家庭環境で育ちますと、子供は萎縮してしまい自分の意見をはっきりと主張することができなくなってしまいます。

すると、親の言った通りにしか行動することができなくなり、いつも親の後ろに隠れるようになってしまいます。

その結果、他人と社交的に接する事ができなくなり、自分のことをリードしてくれる人や気を許した人が一緒でなくては、何もできないような根暗な人になってしまうのでしょう。

根暗な人の改善方法

根暗な人の改善方法は以下の通りです。

・笑う
・姿勢をよくする
・運動をする
・大きい声で話す
・明るい色の服を着る
・明るい人と接する
・ポジティブな発言をする
・自ら挨拶をする
・考える前にまず行動してみる
・人の目を見て話す

根暗な人の改善方法:笑う

根暗な性格を直すためには、とにかく人と接する時には笑顔でいることを心がけると良いです。

なぜならば、根暗な人は無表情で表情からは感情が読み取れないことが多いため、周りの人も声をかけにくいと思ってしまうからです。

また、無表情だと自分自身も相手に対して話しかけたり上手に溶け込んだりすることが難しくなってしまいます。

そこで、相手と会話をするタイミングや挨拶をするタイミングで、笑顔を作れる努力をしてみると良いでしょう。

そうしますと、最初は硬くてぎこちなかった笑顔も、回数を重ねることに徐々に自然で優しく周りの人から好感を持たれる笑顔に変わっていくでしょう。

根暗な人の改善方法:姿勢をよくする

根暗な性格を直すためには、普段の姿勢をよくすることも大切です。

なぜかというと、姿勢をよくすると声が出やすくなって相手に話しかける時にも多くてはっきりした声を出すことができるからです。

また、下を向きがちな根暗な人が姿勢を正すと前をしっかりと向くことができますので、気持ちも明るくなりますし周りの人からの印象も良くなります。

このように、自分の根暗な性格を直したいと思いましたら、座っている時も立っている時も背筋をピンと伸ばして、しっかりと前を向くことを心がけますと、自分の気持ちが明るくなるだけではなく周りの人からも声をかけられやすくなります。

根暗な人の改善方法:運動をする

根暗な性格を直すためには、身体をしっかりと動かす運動をするように心がけると良いです。

たとえば、軽いランニングをしたり長めのウォーキングをしたりというように、出来るだけ外での運動を増やすと気分がスッキリとして明るい気持ちになることができます。

また、運動をすることに慣れてきましたら周りの友人たちと団体競技をして見たりスポーツ対戦をしたりして、人と交流を持つようにしてみるのも1つの手段です。

そうしますと、運動をすることで周りの人との交流をすることができる絶好の機会を作ることができるようになります。

根暗な人の改善方法:大きい声で話す

根暗な性格の人は、大きい声で話すように心がけてみると良いです。

なぜならば、根暗な人は自分に自信がないために、自分の主張や意見を話す時に小さい声になってしまいがちだからです。

しかし、声が小さいと相手に言いたいことが伝わりにくいですし、相手も一緒にいても暗くて楽しくないと思ってしまいます。

ですので、根暗な性格を直したいと考えましたら、自分の中で大きすぎると感じるくらいの声で話してみると良いです。

そうしますと、周りの人からすると会話をするのにちょうど良い声量になりますので、言いたいことも伝わりやすくなりますし、会話をしている相手も楽しいと思ってくれるでしょう。

根暗な人の改善方法:明るい色の服を着る

根暗な性格を改善したいと考えましたら、明るい服を着るように心がけてみると良いです。

なぜならば、根暗な人はいつも白と黒のモノトーンの服で、デザインも地味な服を選ぶことが多いからです。

このような暗い色の服を着ていますと、自分の気持ちも一層、暗くなってしまいますし、周りの人からも暗いイメージを持たれてしまいます。

そこで、ファッションの中に挿し色として赤や青のように原色の色を取り入れてみたり、淡いピンクや黄色のように合わせやすい色のカバンを持ってみたりすると良いです。

そうしますと、気持ちも明るくなりますし周りの人からも声をかけられやすくなります。

さらに、明るい色の服や小物を使いますと、それだけで会話のネタになることもあり得ます。

このように、ファッションに興味を持っておしゃれを楽しむことで根暗な性格が改善させることができるでしょう。

根暗な人の改善方法:明るい人と接する

根暗な性格を直したいと思いましたら、明るくて気さくな人と接する機会を増やしてみると良いです。

たとえば、誰とでも分け隔てなく会話をすることができる人や、クラスや職場の中のムードメーカー的な存在の人と接する機会を増やしますと、明るい人の性格や話し方につられて自分も明るくなることができます。

また、話し上手な人と会話をすることで、その人の話術が自然に身について、盛り上がる話の進め方やネタを学ぶこともできます。

このように、自分の暗い性格も払拭してくれるような明るい人と接する時間を増やしますと、自然と笑顔でハキハキした話し方をすることができるようになってきます。

根暗な人の改善方法:ポジティブな発言をする

根暗な性格を改善するためには、ポジティブな発言をするように心がけると良いです。

なぜならば、根暗な人はいつもネガティブでマイナス思考に物事を考えてしまう傾向が強いからです。

そのため、事あるごとに『自分なんて…』というように考えてしまうので、より暗くて陰気な考え方が強くなってしまうのだと考えられます。

そこで、まずは口先だけでも明るくてポジティブな発言をするように、言葉を選んでみると良いです。

そうしますと、明るい発言をしているうちに気持ちまで明るくなっていき、徐々に本当にポジティブな考え方をすることができるようになってきます。

根暗な人の改善方法:自ら挨拶をする

根暗な人が明るくなりたいと考えましたら、自分から挨拶をするように心がけることが大切です。

なぜならば、挨拶は相手と接する機会を作る絶好のタイミングだからです。

また、こちらから挨拶をすることで相手から話しかけてきてくれて会話が広がる可能性もあります。

このように、まずは社会人としての常識である挨拶を自分からはっきりしっかりとするように心がけますと、相手からも好印象を受けることができます。

さらに、相手に話しかける良いきっかけをつかむこともできるようになるので、相手と顔を合わせた時には自分から大きな声で挨拶をするように心がけることは非常に大切なことです。

根暗な人の改善方法:考える前にまず行動してみる

根暗な性格を改善したいと考えましたら、物事を考える前にまずは行動をしてみると良いでしょう。

その理由は、物事に対して考えることが先行してしまいますと、『もし失敗したら…』とか『自分の発言が無視されたら…』というような、もしものことを考えて、憂鬱な気分になってしまうからです。

そして、その結果、考えすぎて何をすることも怖くなってしまい、何も行動を起こすことができない行動力がない人になってしまいます。

そこで、物事に興味を持ったり関心を持ったりした時には、あれこれと考えるまえに、まず実行してみると良いでしょう。

そうしますと、もちろん失敗することもありますが、次回につながる良い経験をすることができますし、成功した時の喜びや達成感を感じますと性格も明るくてポジティブになることができます。

根暗な人の改善方法:人の目を見て話す

根暗な性格を改善するためには、相手と会話をする時には相手の目を見て話すことを心がけると良いです。

なぜならば、根暗な人はいつも伏し目がちで相手から話しかけられた時でも地面を見ながら会話をすることも少なくないからです。

そのため、相手は話が聞こえているのかどうかも分かりませんし、下を向いていますと声が小さくなりやすいですので、自分の主張が相手に伝わりにくい傾向があります。

このように、相手によくない印象を持たれることを防ぐためにも、人と話をする時にはしっかりと相手の目を見て話すことが大切です。

そうしますと、相手も自分の話に興味を持ってくれていると思って、たくさん話してくれるようになりますし、自分自身も明るい気持ちになることができます。

おすすめの記事