職場や学校などには性格の悪い人はいるもので、嫌味を言う人は少なからずいます。

そして、このように嫌味を言う人がいることで、
ストレスに感じてしまったり、体調を崩してしまう方もいます。

そこで、今回は嫌味を言う人に対して、どのように対処したらいいのかについて
効果的とされている対処法をご紹介します。

もし、人間関係で困っていましたら、
良さそうと思った方法を参考にしてみてください。

嫌味を言う人の対処法

嫌味を言う人への対処法は以下の通りです。

・可哀想な人だと受け止める・同情する
・相手にしない・聞き流す・やり過ごす
・褒めまくる・おだてる
・笑顔でかわす・無言で微笑む
・オウム返しする・質問返しする
・感謝する・素直に受け止める(アドバイスとして)
・向き合う・自分に落ち度がないか考える
・不快だと言う・言葉で伝える

嫌味を言う人の対処法:可哀想な人だと受け止める・同情する

嫌味を言う人の中には、自分に自信がなくて自己肯定をしたくて嫌味を言う人もいます。

また、自分に自信がないが故に相手に対して嫉妬をしたり、自分に対して強いコンプレックスを持っている場合もあります。

ですので、このような理由で嫌味を言いがちな人に対しては、可哀想な人だと受け止めてあげることも対処法のひとつです。

そして、相手のつらい気持ちや寂しい気持ちに同情して共感してあげることで相手も気持ちが満たされて、やたらに嫌味を言わなくなるかもしれません。

さらに、本当は仲良くなりたいが上手く交流することができなくて、嫌味のようなことを言ってしまう人もいますので、そのような人には、より共感してあげるという対処法は効果的です。

このように、人付き合いがうまくいかなかったりコンプレックスを抱えていたりする人には、可哀想な人だと受け止めて同情するという対処法は効果的です。

しかし、自己愛が強すぎるタイプや人よりも優位に立ちたいタイプの人に、このような対処法をしてしまいますと、相手のプライドを逆撫でしてしまい逆効果になる場合もあります。

このように、他人に対して嫌味をいう人に対する対処法は、原因や特徴によってそれぞれ異なりますので注意が必要です。

嫌味を言う人の対処法:相手にしない・聞き流す・やり過ごす

他人から嫌味を言われますと、誰でも嫌な気持ちになってしまうでしょう。

しかし、このような嫌味をいちいち間に受けてしまいますと、こちらもストレスが溜まる一方ですし、気持ちが優しい人ですと傷ついてしまう場合もあります。

ですので、嫌味を言われた際にはある程度のところで聞き流したり、相手にしたりしないことが大切です。

また、嫌味を言う人の中には自己愛が強すぎる場合や、人よりも優位に立ちたいという理由で他人に対して嫌味を言う人もいます。

このようなタイプの人から言われる嫌味は、相手のことを見下すような嫌味を言って、自分が一番上だとアピールするためである可能性が高いです。

ですので、自分が第一だというアピールのために嫌味を言われて、こちらが傷つく必要はもちろんありません。

もしも、大切な友人がこのような理由で嫌味を言うクセがある場合には、しっかりと指摘をして、これからのためにも改善をさせるようにしてあげましょう。

しかし、相手が知り合い程度の場合には、相手のことを改善させることよりも、自分がストレスを抱えて傷つかないことを優先させることも大切です。

嫌味を言う人の対処法:褒めまくる・おだてる

自分に自信がなかったり、自己肯定ができなかったりするために嫌味を言うタイプの人には、相手を褒めまくっておだてるという対処法が効果的です。

また、自分に対して強いコンプレックスを持っていたり、嫉妬心を抱いたりしている人にもこのような対処法が効果があります。

しかし、逆に自分が優位な立場に立ちたいために他人に対して嫌味を言う人に、褒めておだてるようなことをしてしまいますと、逆効果になる場合もありますので注意が必要です。

なぜならば、人の上に立つことが目的で嫌味を言う人をおだててしまいますと、より一層気持ちが大きくなってしまい、嫌味もひどくなってしまう可能性が考えられるからです。

ですので、褒めたりおだてたりする対処法は、自分に自信が無いために嫌味を言うことで自己防衛をしているような人に対して試してみると良い方法です。

そして、もしも褒めておだてることで相手の気持ちが落ち着いて嫌味を言うようなことが減ってきた際には、わざと褒めるようなことはやめて普通の友人同士の付き合いができるようになると、嫌味を言う癖もだいぶ減っていくことでしょう。

嫌味を言う人の対処法:笑顔でかわす・無言で微笑む

嫌味を言われて不愉快な思いをした際には、笑顔でかわしたり無言で微笑んだりする対処法もあります。

この対処法は、無視や聞かないふりなどの対処法をしても、変わらずに嫌味を言ってくるようなタイプの相手に試してみると、効果的な場合が多いです。

また、同じ相手から何度も嫌味を言い続けられている場合にも、無言の微笑みでかわす行為は効果的です。

なぜならば、無言の微笑みはケースにもよりますが、にもよりますが、『呆れている』とか『もう相手をしたくない』というような感情を表しているからです。

そして、この無言のアピールに相手が気づいてくれましたら、こちらに対して無駄に嫌味を言ってくることは無くなるでしょう。

ただし、ここで気をつけていただきたいことがあります。

それは、こちらからしますと『もう相手をしたくない』というアピールである無言の微笑みですが相手によっては、その笑顔が嫌味に対する肯定だと捉えてしまう人もいるということです。

そして、嫌味を真摯に受け止めたのだと勘違いをされて、より過度の嫌味を言われる可能性もあります。

ですので、この対処法は一度、試してみて効果が見られないと感じた際には別の対処法を試してみることも大切です。

嫌味を言う人の対処法:オウム返しする・質問返しする

嫌味を言う人の中には、自分が優位な立場に立ちたいという目的だけで、他人に対して嫌味を言っている人もいます。

そのような人に執拗に嫌味を言われ続けて困った際には、相手の嫌味に対して質問返しをしてみることは非常に効果がある対処法と言えます。

例えば、「仮想通貨が何なのかも知らないのか。社会の常識だぞ。」と、自分の中での常識を振りかざすような人に対して、「では、仮想通貨とはどのようなものなのですか」と、全く同じ質問をおうむ返ししてみましょう。

すると、嫌味を言ってきた相手は、このように世間やニュースなどで話題になっていることについて、ワードは知っていても詳しい中身までは知らないケースが多いです。

そのような場合には、具体的な答えが返ってくるまで質問を掘り下げて、相手の言葉が詰まるのを待ちましょう。

さらに、適当なことを並べてその場を切り抜けようとした際には、インターネットで検索をしてそれが正しい解答なのかの真偽をその場で確かめると良いです。

そして、もしも相手がその場で正しい回答をしたのでしたら、それは嫌味としてとらえるのではなく、広い知識を持っている相手を尊敬するべきと考えられます。

嫌味を言う人の対処法:感謝する・素直に受け止める(アドバイスとして)

人からの言葉は、同じフレーズでも、言い方や言う人によって嫌味に聞こえるかアドバイスとして受け取れるかは変わってきます。

例えば、自分が苦手な人から言われた言葉は嫌味にしか聞こえないかもしれませんが、同じ内容の話を尊敬する先輩から言われましたら、その意見を真摯に受け止めることができるでしょう。

このように、人間には感情がありますので、相手によって言葉を受け取る側の気持ちも変わってきます。

しかし、ここでもし苦手な人から言われた言葉を、一度冷静になって第三者の目線で見ることができましたら、良いアドバイスをしてもらえているのだと言う考えに変わるかもしれません。

ですので、嫌味のような言葉を言った相手が誰にしろ、一度、嫌味を言われた怒りを抑えて言われたことを振り返ってみましょう。

すると、相手の言い方がぶっきらぼうだったために嫌味に聞こえてしまったが、内容を考え直すと相手からのアドバイスだったというケースも少なくないはずです。

そして、そのアドバイスを素直に受け入れて相手に感謝することができましたら、自分自身も一層、成長することができるでしょう。

嫌味を言う人の対処法:向き合う・自分に落ち度がないか考える

相手から嫌味のようなことを言われる際には、もしかしたら自分にも原因がある可能性も大いにあります。

また、『火の無い所に煙は立たない』とも言いますので、自分に原因がない場合の方が少ないかもしれません。

そこで、もし最近嫌味を言われることが多くなったとか、同じ人から何度も嫌味を言われるというような感覚がありましたら、一度、自分と向き合って自分自身にも何か落ち度があるのではないかと考え直すことも必要です。

さらに、自分で思い浮かぶ原因がない場合には、周囲の人に思い切って聞いてみるのも良いでしょう。

そして、もし原因がわかった際には自分の悪いところは早急に直す努力をすることが大切です。

また、自分に対して嫌味を言っていた人や周囲の人に対しても、しっかりと迷惑をかけていたことに関して謝罪をする必要もあります。

このように、自分では気づかなかったことを周囲に教えてもらえることは非常に幸せなことですし、迅速に問題を反省して真摯に自分と向き合うことで、周囲も改善したことを認めてくれるでしょう。

嫌味を言う人の対処法:不快だと言う・言葉で伝える

嫌味を言われた際には、まず自分に落ち度がないかを考えて周囲にも確認をすることが大切です。

そして、もしも自分が悪いことがない場合には、執拗に嫌味を言われることが不快であることを相手に言葉でしっかりと伝えることも、対処法のひとつです。

とは言いましても、自分に対して嫌味を言ってくる人に不快であることをはっきり面と向かって言葉で伝えることはなかなか難しいかもしれません。

ですので、「嫌味をやめてほしい」とはっきり苦情を言う前に、「なぜ嫌味を言うのか」という質問をすると良いかもしれません。

すると、特に意味もなく自己満足のために嫌味を言っていたのでしたら、こちらが強気に出たことに驚いて、嫌味を言うことをやめてくれると考えられます。

その一方で、相手がこちらに何か不愉快に思っている部分があったとしますと、「なぜ嫌味を言うのか」と言う質問に対してしっかりと答えてくれるはずです。

ここまでしても、特にはっきりとした理由を言うこともなく執拗に嫌味を言いつづけるようでしたら、はっきりと不快だからやめてほしいということを言わないと、気付かない相手なのかもしれません。

おすすめの記事