頭が柔らかい人になれると、臨機応変に立ち回れたり、いろいろなアイデアが浮かんだりと人生においてとても有利になることが多いです。逆に頭が固いと、壁にぶつかることが多く、結果的に損する道をたどりがちです。

なので、できることなら頭が柔らかい人になれるといいですよね。

そこで今回は頭が柔らかい人の特徴と柔らかくする方法についてご紹介していきます。

頭が柔らかいの意味とは

頭が柔らかいとは、1つの考え方に固執することなく、その場や相手に合わせた発言や行動ができることを意味します。

また、反対語として『頭が固い』という言葉がありますが、これは物事に対して融通が利かなくて固定概念にとらわれてしまいやすい人のことを指します。

つまり、歳をとると頭が固くなると言われることが多いのは、長年、社会の中で生きてきて知識や技術がついてきてしまったからこそ、常識やルールにとらわれた考え方しかできないのだと考えられます。

そのため、逆に子どもは自分の本能のままに行動をしたり自由な発想をしたりすることができますので、頭が柔らかくて柔軟な思考を巡らせることができると言われています。

頭が柔らかい人の特徴

頭が柔らかい人の特徴として何事に対しても柔軟な対応をすることができることが挙げられます。

また、その場に応じて臨機応変に対応することができるため、もしものことがあった時でも冷静に対処することができます。

たとえば、後輩が仕事でミスをしてしまったために、自分の仕事の都合が変わったり、仕事の量が通常よりも増えてしまったりしても、頭が柔らかい人は自分の仕事を滞らせることなく優先順位をつけながら上手に仕事をこなしていくことができます。

このように、頭が柔らかい人は万事に対して対応することができるように、あらかじめ準備を万全にしていますし、もしそれ以上に想定外のことが起こってもすぐに考え方や仕事の仕方を変えて行動を起こすことができる応用力があります。

頭を柔らかくする方法

頭を柔らかくする方法は以下の通りです。

・固定観念や常識にとらわれない
・頭で考えない
・ボキャブラリーを増やす
・他人の意見を取り入れる
・さまざまな世界を体験する
・複数の選択肢を考える
・とにかく行動する
・楽しいことをする
・アイデアは考えるのではなく出す
・違いを楽しむ

頭を柔らかくする方法:固定観念や常識にとらわれない

頭を柔らかくするためには、固定概念や常識にとらわれ過ぎないようにすることが、1つの手段です。

と言いますのも、社会の中で常識を持って生活をすることは非常に大切ですが自分が考える常識にとらわれすぎたり、固定概念を持ってしまったりしますと、新しいことに挑戦することを嫌ってしまう可能性があります。

そうしますと、支持待ち人間になってしまって、他人に敷かれたレールの上を走ることしかできなくなってしまいます。

ですので、時には常識や固定概念から解き放たれて自分が思うままに提案をしてみたり、思い切った行動をしてみたりすると、柔軟な考え方をすることができるようになります。

頭を柔らかくする方法:頭で考えない

固定概念にとらわれないような頭が柔らかい人になるためには、頭で考え過ぎないようにすると良いです。

たとえば、上司から新しい企画を考えるように仕事を任せられたとき、頭で考えてばかりいて行動に移さないでいると、その考えは机上の空論で終わってしまう可能性があるでしょう。

そこで、しっかりと計画を立ててから行動をすることも大切ではありますが、時には行動をしながら考えることで新しい考え方を思いつくことができる場合もあります。

このように、行動をしながら考えるように心がけますと、その場や相手に応じた考え方をすることができるようになりますので、普段から柔軟な思考を巡らせることができるようになってきます。

このように、物事はある程度は計画を立てることも必要ですが、何も考えないで行動に移してみますと、全く違った発想を見出すことができるようになるかもしれません。

頭を柔らかくする方法:ボキャブラリーを増やす

頭を柔らかくして柔軟は発想ができるようになりたいと考えましたら、読書をするように心がけると良いです。

と言いますのも、読書をして活字を読みますと自分が知らない言葉を知ったり、難しい言葉の意味を理解したりすることができて、ボキャブラリーを増やすことができるようになります。

このように、言葉の幅が広がりますと相手と話す時にも話の内容にも深みが出ますし、物語を読むことで自分の知らない世界を知ることができます。

そうしますと、考え方や生き方にも幅が生まれますので、今まで縛られていた固定概念を無くして柔軟な発想をすることができるようになる可能性が高いでしょう。

頭を柔らかくする方法:他人の意見を取り入れる

自分の頭を柔らかくしたいと思いましたら、他人の意見を取り入れることができるようになりますと、柔軟な発想をすることができるようになります。

と言いますのも、人は歳をとって社会での経験が増えるたびに、他人の話よりも自分の経験や知識の方が正しいと思ってしまいがちになります。

ですが、そうしますと新しい考え方をすることもできなくなりますし、社会の流れに乗っていくことができなくなってしまいます。

ですので、自分の意思や価値観を大切にすることも必要ですが、時には自分が尊敬する人の話や、逆に後輩や部下のように若い人で頭が柔らかい人の話も参考にすることができるようになると、自分の考え方も柔軟にすることができるようになるでしょう。

頭を柔らかくする方法:さまざまな世界を体験する

自分の頭が固くなってきたと感じましたら、今の生活習慣から少し抜け出して色々な世界を体験してみると、頭が柔らかくなる可能性があります。

たとえば、家と職場の往復だけの生活をしていて、休日は家で寝てばかりいるような人は頭が固くなってしまいやすいと言われています。

そこで、新しく習い事をしてみたり趣味を持って休日には出かけるようにしてみたりしますと、自分が知らない新しい世界を知ることができるようになります。

そうしますと、今まで関わったことがない人とも交流を深めることできるようになり、新しい話題で盛り上がることができるようになります。

すると、新しいことを取り入れた生活の中では、会話の中で話題もボキャブラリーも増えていきますので、仕事をする時にも柔軟な考え方や発想をすることができるようになってきます。

頭を柔らかくする方法:複数の選択肢を考える

頭を柔らかくして柔軟な発想をしたいと考えましたら、物事を考える時に複数の選択肢を考えると良いです。

と言いますのも、頭が固い人は新しいことに挑戦することを嫌いますので、何事も日頃から同じことを繰り返している傾向があります。

たとえば、頭が固い人は外食をする際にも行ったことのないお店に行くことを嫌いますので、いつも同じお店に行って同じものを注文します。

そこで、まずは注文するメニューを変えるために、メニュー表をしっかりとみて、食べてみたいものをいくつか抜粋して選択肢を作るようにすると良いです。

また、いつもと違うメニューを注文できるようになりましたら次はお店を変えたり、和食や洋食というように、その日の気分で行くお店の系統を変えたりしてみるとよいでしょう。

そうしますと、固定概念や日常にとらわれないで、何事に対してもいくつかの選択肢を持って行動をすることができるようになります。

頭を柔らかくする方法:とにかく行動する

頭を柔らかくして様々なアイデアを思いつきたいと考えましたら、まずは考える前に行動をするように心がけることが大切です。

と言いますのも、考える前に行動をしますと当然、予定外の出来事や想定していなかった出来事が起こります。

そして、そのような時に対応することができる力を身につける練習をしていくことで、頭が徐々に柔らかくなっていきます。

また、人は土壇場に立ちますと普段は思いつかないようなことを思いついたり発想が生まれたりすることも少なくありません。

ですので、いつも同じような考え方しかできないと悩みましたら、机に座って考えることよりも、何も考えないでいろいろなところに赴いてみたり新しいことを始めてみたりすると良いです。

頭を柔らかくする方法:楽しいことをする

頭を柔らかくして柔軟な発想を見出すためには、決められたことや習慣にとらわれることなく、自分がやってみたいことや試してみたいことをしてみるのも1つの手段です。

そして、自分が楽しいと感じることを思う存分できる時間ができますと、考え方にも柔軟性が出てきて、新しい経験や知識を身につけることができるようになります。

ですので、たとえば休みの日は仕事のことを気にしないで趣味を思う存分、楽しむようにしたり、仲の良い友人と新しく習い事を始めてみたりしますと、楽しいと感じる時間は増えるでしょう。

このように、頭を柔らかくするためにはストレスや疲労から解放されて、何も考えないで楽しむことができる時間を作ることが大切です。

頭を柔らかくする方法:アイデアは考えるのではなく出す

頭を柔らかくするためには、アイデアは考えるのではなく出すように心がけると良いです。

と言いますのも、人は考えなくてはならないと思えば思うほど、気持ちに余裕がなくなってしまって固定概念に縛られてしまい、新しいことを思いつくことができなくなってしまいます。

ですので、アイデアを出さなくてはならない時には考え込むよりも、まずは行動をして新しい世界に触れたり、今まで関わったことがない人と会話をしてみたりしましょう。

そうしますと、人は切羽詰まった状況になるほど、今までは思いつかなかったようなことを思いつくことができるようになりますので、新しいアイデアが自然と出てくる可能性があります。

頭を柔らかくする方法:違いを楽しむ

頭が固いために固定概念にとらわれてしまう人は、頭を柔らかくするために、物事の違いを楽しむことができるようになると良いでしょう。

特に、自分が考えた常識やマナーにとらわれることなく、違う考え方や価値観を持っている人の考え方を楽しむことができますと、今までは知らなかった世界や思考を感じることができるようになります。

たとえば、今までは非常識で話が合わないと感じていた同僚と深く話をしてみますと、案外、新しい発想が生まれたり知らない知識を身につけることができたりする可能性があります。

このように、頭が固い人は自分とは違う人のことを好まない傾向がありますので、自分の考えを柔軟にしたいと思いましたら、今まで避けていた人と関わるようにしてみますと、頭を柔らかくすることができるようになるかもしれません。

おすすめの記事