山口町の内科医で勤務していた岡崎賢治氏が女性の胸を触ったとして強制わいせつの容疑で逮捕されました。岡崎賢治氏の顔画像と病院名が判明しました。

ただ、岡崎賢治氏は「触ってない」と言っており、一方で女性は胸を触られたと主張。お互いの主張が食い違っています。

真相はどうなっているのでしょうか?

これについて、ネットでもさまざまな意見に別れていますので、後ほどご紹介していきたいと思います。

山口町の内科医岡崎賢治が逮捕された経緯

院長を務める内科医院で女性(33)の胸を触ったとして、兵庫県警西宮署は5日、強制わいせつの疑いで、同県西宮市松生町、医師、岡崎賢治容疑者(50)を逮捕した。「触っていない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は1日午後1時から1時15分ごろまで、同市山口町上山口の内科医院で、女性の胸を後ろから触るわいせつ行為をしたとしている。

 同署によると、4日午後に岡崎容疑者から「院内で女性の関係者と口論になっている」と110番があり、事情を聴いていた。

 

山口町の内科医岡崎賢治氏の顔画像

岡崎

岡崎賢治氏の病院名

山口町おかざきクリニック
岡崎クリニック

クリニックの住所:兵庫県西宮市山口町上山口3丁目3-10

経歴から、岡崎医師は2015年5月から山口町でおかざきクリニックを開業されて、内科医として勤務されてきたのですが、まさか逮捕なんてことになるとは・・・。

ご本人も触ってないという風に言っていますが、内科医ということなので、聴診器を当てるときにうっかり胸に触れてしまったのではないでしょうか?

そもそも大学卒業してからおよそ20年目にしてようやくご自分のクリニックを持てたのですから、こんなリスクが高いことわざわざするのもおかしいとは思うのです。

岡崎賢治氏の経歴

広島県出身50歳

1996年 広島大学卒業
1996年~2009年 広島大学医学部 麻酔・蘇生科 関連病院
2009年~2012年 市立豊中病院(大阪府) 麻酔科 医長
2012年~2013年 誠仁会大久保病院(明石市) 麻酔科 医長
2013年~2014年 やごころクリニック(加古川市)院長
2015年 山口町おかざきクリニック 開業

患者様へのメッセージとしておかざきクリニックの院長からの挨拶が記載されていましたのでピックアップしておきます。

はじめまして。山口町おかざきクリニック院長 岡崎賢治です。

「山口町おかざきクリニック」は2015年5月に開業しました。
開業にあたり皆様には多大なるご尽力を賜り誠にありがとうございました。
当院は六甲山系に囲まれた西宮北部に位置し、近くには有馬温泉もあり大変魅力的な場所です。
そんな魅力的なエリアに無事開業することができ非常に楽しみであるとともに身の引き締まる思いです。

私は麻酔科医として様々な施設で臨床経験を重ね今年20年目の節目を迎えます。
麻酔科医は痛みの治療及び全身管理を得意とします。
その経験を生かしペインクリニックと在宅医療を柱に診療していこうと思っています。

地域のかかりつけ医としてできることは何でも対応しますので、健康について不安を感じたらなんでもお気軽にご相談ください。
頼れるクリニックとなり地域医療に貢献できるよう、スタッフ一同全力を尽くす決意で準備しております。

「山口町おかざきクリニック」をどうぞよろしくお願いいたします。

逮捕の真相は?ネットのさまざまな声をまとめてみました。

カメラ画像がないとどうしようもないね。

なんか、最近女性の意見ばかり通り過ぎ。女性ばかりが守られている気がする。男性専用車両もつくるべき。マッサージは同姓がするべき。そうしないといつも捕まるのは男性ばかり。冤罪の数もかなり多いのではないでしょうか。

診察のときに胸を触っても問題ないのは乳がん検診の先生くらいです。もし本当に触ってないのなら運が悪いとしか言いようがありません。

医師ならモテるんだし、何も仕事中にそんなことしなくても・・・。

そもそも、男性の患者は男性の医師が、女性の患者は女性の医師が診察するようにしたらいいのでは?

病院だしどうしても触れないと診察できないこともあるだろうし、もし嫌なら女性のドクターに見てもらうほうがよい。

どこの病院でもありえることだし、防犯カメラの設置をしたほうがいいのでは?
おすすめの記事