あなたが妻の携帯やスマホから浮気の証拠を手に入れたとしても、動かぬ証拠だからといってやみくもに浮気を妻に問い詰めるのは絶対にやめてください。

じつは、携帯やスマホから浮気と思われる証拠が見つかったとしても、それだけでは法的に浮気とはみとめられないので、慰謝料も請求できませんし、誓約書も書かせることもできません。

それどころか、うっかり問い詰めれば、名誉棄損だの人のスマホを勝手にのぞいてプライバシーの侵害だの言われ、逆ギレされてしまいます。そうなると、なかなか妻に浮気を問い詰めることが難しくなってしまいます。

妻のことを反省させるどころかあなたが追い詰められてしまっては意味がありません。

さらに、もし、あなたがこの段階で妻に問い詰めたとしても妻は浮気相手の男性とは別れる気は一切ないでしょう。

あなたの妻の心には現時点で浮気相手の男性のことしかありません。女性というものは一人の男性しか愛することができないのです。抱かれる相手はこの世で一人だけ。だからこそ現在セックスレスなのではないでしょうか。

逆に、問い詰めれば問い詰めるほど、あなたの妻と浮気相手の男性は燃え上がる可能性がでてきてしまい離婚を切り出されてしまいます。

それほど、女性の浮気というものは厄介なものです。一度、浮気相手の男性に本気になるとなかなか目が覚めません。

たとえば、二人が付き合っていて、結婚したいと両親に相談しても、止められると駆け落ちするくらい燃え上がってしまうというケースをご存知かと思います。

このように、障害となるものが立ちはだかる時には、かえって二人の心に火をつけてしまうものです。

では、どのようにしたら妻の浮気をやめさせることができるのかについて解決法をご紹介していきます。

浮気を妻に問い詰める前には裁判でも通用する証拠を確保することが大切

まず、あなたが妻に浮気を問い詰めても失敗してしまう理由は、妻と浮気相手の男性に言い逃れされやすい証拠しか確保していないからです。

先述にもありますように、あなたの妻の携帯やスマホから浮気メールやエッチな画像、デジカメからエッチな写真がでてきたとしても、ねつ造されやすい機材として裁判では扱われていますので、これらの証拠だけでは、あなたの妻が浮気しているとは認められないのです。

なので、あなたがもしあなたの妻に浮気を問い詰めたいなら、裁判でも十分に浮気と認められる証拠でないといけません。

その証拠と言われるものが不貞の証拠(ふていのしょうこ)と言われるもので、あなたの妻と浮気相手の男性に肉体関係が確実にあったと裁判でも認められる証拠のことを指します。

この不貞の証拠は、探偵の浮気調査で手に入れることが可能です。この証拠さえあれば、あなたが夫婦関係を継続したいときにも離婚したいときにもあなたにとって役に立ちます。

どのように不貞の証拠を活用するのかといいますと、具体的には以下のように行います。

あなたが浮気を妻に問い詰めて夫婦関係の修復をしたいとき

もし、あなたが探偵に浮気調査を依頼して不貞の証拠を手に入れた後なら、あなたはまず、妻と浮気相手の男性の関係を完全に断ち切るようにしないといけません。

どんなに問い詰めても妻の影に浮気相手の男性がちらつく状態なら、浮気相手の男性の言いなりになっているので、あなたの追及をあの手この手で避けようとしてきます。

だからこそ、あなたの妻には浮気相手の男性との関係を完全に断ち切る必要があるのです。

その方法として一番有効なのが、不貞の証拠を活用して浮気相手の男性に対して50~100万円の慰謝料請求をします。そして、二度とあなたの妻に近づかないように誓約書を書かせて、その誓約書の内容に違反するようなら慰謝料の増額も科すということを記しておいたほうがよいです。

そのようにすることで、法的にあなたの妻に浮気相手が近寄らないようになるので、あなたの妻も騙されていたことがわかり目が覚めれば、あなたとまともに話し合いに応じるようになるでしょう。

そこまでのやり方は、優良な探偵に浮気調査を依頼すると徹底的にサポートしてもらえますので、アドバイスに沿って行動するようにしましょう。

あなたが浮気を妻に問い詰めて離婚したいとき

あなたがもし、妻に浮気されたことがとても許せず離婚したいとき、またはあなたと妻が話し合っても妻が浮気相手の男性のことがあきらめられず離婚することになった場合には、あなたの妻と浮気相手の男性に対して200~300万円の慰謝料請求をすることが必要になります。

そのためにも、裁判で通用するための不貞の証拠を探偵の浮気調査で確保しておく必要があります。

また、探偵の浮気調査で不貞の証拠さえ手に入れておけば、離婚でもあなたにとって有利なまま進めることができるでしょう。

ただ、親権問題については、子供の環境を優先するので、必ずしも浮気をされたからといって有利になるわけではないのですが、あなたの妻があまり子育てをしてこなかったときには、あなたがそのことを主張することで親権を確保できるチャンスは生まれます。

この点につきましても不貞の証拠を手に入れる際に優良探偵に浮気調査を依頼してあれば、
アフターサポートとしてあなたにアドバイスしてくれますので、有効活用するとよいでしょう。

浮気を妻に問い詰めるときに必要な浮気調査を自分でやってはダメな理由

探偵の依頼料金は高そうというイメージを持つ方の中に自分で浮気調査をしようと試みる人もいますが、はっきり言って危険です。

まず、浮気調査の経験がまったくないですし、そもそも身バレしやすいので、ターゲットに尾行に気づかれたり、知人に頼んで撮影できたと思っても、手ブレで顔がはっきりと映っていなかったり、gpsの扱い方が違法になってしまったり、不法侵入で捕まってしまったりと後々のトラブルのリスクが非常に高いので、素人が簡単に集められるような証拠ではないことをしっておきましょう。

もし、浮気を疑っていることを妻にばれてしまうと、今後、探偵に浮気調査を依頼したときに尾行に気づかれやすくなってしまうので、なかなか不貞の証拠を手に入れられなくなってしまうリスクがでてしまうので自分で浮気調査をするのはやめましょう。

浮気調査の費用は高そうなイメージがありますが、実は思ったほどでもないのです。

探偵の浮気調査会社によってはクレジットカードでの分割購入もできるところもありますし、以下のように極力浮気調査の費用を安くすることができたりします。

浮気を妻に問い詰めるときに必要な浮気調査は意外と安いです。

そもそも、探偵の浮気調査の費用は以前よりもかなり安くなってきて、15~35万円くらいで依頼できるようになってきました。

その背景にはピンポイント調査というやり方で浮気調査を依頼する人が増えたことも原因があるのですが、ピンポイント調査というものがどういうものかといいますと、

たとえば、あなたの妻が毎週火曜日の夜7時に外出して朝帰りすることが多いときには、そのタイミングだけに絞ってピンポイントで探偵に浮気調査を依頼することで無駄なく調査をしてもらうというやり方です。

主に、探偵の浮気調査の費用は調査員×調査時間×調査日数で計算される探偵事務所が多いので、このような方法でも承諾してもらえると経費節約ができます。

これだけ安ければ、離婚しない場合でも50~100、離婚することになれば200~300万円の慰謝料請求することで十分におつりが来ますし、探偵に依頼することであなた自身にとって強力な味方になってくれます。

ただ、探偵にも悪徳探偵がたくさんいますので、どこでもよいというわけではありません。
うっかり安いからといって依頼してしまうと、ロクな調査をしてもらえないまま泣き寝入りなんてこともあります。

そこで、国内でも評判が良くて、きちんと腕が良くて、警察の公安委員会に探偵業の届け出をしている優良探偵を紹介してくれる街角相談所探偵や探偵開業から45年以上も経過している日本でも有名な原一探偵事務所を当サイトではご紹介しています。

これらの当サイトでご紹介の街角相談所探偵なら20~40%オフ、原一探偵事務所は当サイト限定で基本料金も割引になっていますので、気になった方は無料相談してみましょう。

もし、十分な証拠がないうちに浮気を妻に問い詰めてしまったらどうする?

肝心なのは、すでに浮気を疑っていることを妻に知られてしまった場合はどうするかということです。

繰り返しになりますが、携帯やスマホのメールのやりとり、lineのやりとり、エッチ画像、デジカメなどの画像はねつ造の恐れがあるとして、これだけでは裁判で浮気と認められるような十分な証拠になりません。

その状況であなたがもしはやまって浮気を妻に対して問い詰めてもはぐらかされてそのままになってしまっていることでしょう。セックスレスも改善されないままです。

さらに、浮気を問い詰めてしまったことで、あなたが妻に対して浮気を疑っていることがばれてしまっているので、この状態であなたが探偵に浮気調査を依頼しても尾行の段階で気づかれる可能性が非常に高いので、証拠が掴めないまま、浮気調査の費用ばかりがかかってしまうという目も当てられない結果になりかねません。

なので、すでにあなたの妻が浮気を疑っていることに気づいてしまったのなら、しばらくは浮気を疑うのをやめて、その話題を妻にするのはやめましょう。

とにかく、妻が油断するようにならないといけないので、妻が一人になる時間を作ることが大切です。そのためにも、残業で遅くなるとか休日出勤があるからとか事前に妻に知らせて
一人になる時間を与えて、あなたの妻が浮気相手の男性と会う機会を作りましょう。

あなたの妻と浮気相手が再会することを考えると結構、心苦しいかもしれませんが、とにかく証拠を得るためには我慢が必要です。

とにかく、妻が浮気相手の男性と再会してから複数回会い続ければ、おのずと警戒心も解けてきます。

その段階で、先述のピンポイント調査をすることで不貞の証拠をゲットできるようになります。

不貞の証拠さえ手に入れば、携帯やスマホのメールのやりとり、lineのやりとり、エッチ画像、デジカメなどの画像も付加的な証拠としての価値がでてきますので、ラブホのレシートなど少しでも浮気だと思われる証拠は確保しておくとよいです。

いかがでしょうか。このように浮気を妻に問い詰めることは簡単ではないのですが、腕の良い探偵を味方につければあなたにとって有利になります。

ぜひ、探偵をうまく活用してあなたの苦境を脱出されて安心できる未来を掴んでいただくことを祈っています。

⇒私も利用したおすすめのプロの探偵浮気調査会社ランキングはこちらです。

おすすめの記事