宇野常寛さんがユーチューバーとして活動しているキングコングの梶原(カジサック)さんにいじられて激怒して退場したイベントは2019年2月2日土曜日に行われたホリエモン万博節分祭りというベルサール六本木コンファレンスセンターで行われたイベントでした。

今回は宇野常寛さんとチームが出場したホリエモン万博についての詳細や宇野常寛さんの経歴・学歴・出身・結婚情報について調べてみました。

そもそも、いじることが面白いという風潮を何とかしたほうがいい?

キングコングの梶原(カジサック)さんからみれば、いじることは場を盛り上げるために必要だったのかもしれませんが、いじって笑いをとるということはいじられる側は深く傷つくことだってありますよね。

事前に、打ち合わせもしていなかったみたいなので、いきなりいじってこられると宇野常寛さんが激怒されるのもわかります。むしろ今回、すぐに退場して帰ったことは正解だったと思います。

なんでもいじればいいというものじゃありませんからね。

ホリエモンが主催するホリエモン万博について

ホリエモン万博とはホリエモンが主催するイベントで、まさに著名人と触れ合えるバーや豆まきショー、ホリエモンロケットの展示など、コンテンツがありすぎて説明しきれないのでとりあえず、気になった方は以下のサイトをご覧ください!
https://expo.horiemon.com/

ゲストに以下のような著名人も参加していました。
池上彰、中田敦彦、小坂大魔王、武井壮、諸星和己

チケットはどれも売り切れだったみたいです。
すごいですね。ホリエモン・・・。

どうやら街コンも行われていたみたいですね。

カジサックさんに言わせると、みんなを楽しませるために、宇野常寛さんをいじったみたいですが、宇野常寛さんからみれば、親しくもないくせにいじってくるのがとても嫌だったんでしょう。

宇野常寛とはどんな人?wiki風プロフィール

名前:宇野常寛(うの つねひろ)※本名は非公開
誕生日:1978年11月17日2019年2月現在40歳
出身:青森県八戸市
学歴:函館ラサール高校⇒立命館大学
経歴:批評誌『PLANETS』の編集長⇒批評を展開した本を出版。⇒2013年にオールナイトニッポンで金曜パーソナリティとして活躍⇒2015年にスッキリの木曜日コメンテーターとして活躍。2018年からdTVチャンネルのニュースX火曜日キャスターとして活躍中。
出版物:『ゼロ年代の想像力』(早川書房)、『リトル・ピープルの時代』(幻冬舎)、『母性のディストピア』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リトル・ピープルの時代 [ 宇野常寛 ]
価格:2376円(税込、送料無料) (2019/2/4時点)

宇野常寛は結婚している?

ネット検索では「宇野常寛 嫁 安藤美冬」といった検索ワードがでていますが、
実際には、ノマドワーカーとして活動している安藤美冬さんと2012年に対談したことで注目を浴びたというだけで
宇野常寛は結婚して8年以上経過しているそうなので、嫁さんはすでにいたということになります。

ただ、嫁さんの名前はネット上では出てきませんので、一切公開していないということがわかります。

おすすめの記事