フジテレビのエース候補とも呼ばれ、すでに看板アナウンサーとして活躍をする椿原慶子アナですが、実はかなりのお嬢様育ちだとの噂が流れました。

実家が豪邸すぎることで、周囲の住人や椿原慶子アナの同期からも注目を集めるほど。

そんな椿原慶子アナの父親がボンド商会の社長だということで、さらに椿原慶子アナのお嬢様育ちが際立っているわけですが、果たしてその噂は事実なのでしょうか?

そこで、今回は椿原慶子アナの実家がお金持ちであることついてや超お嬢様と呼ばれている理由などについて詳しく掘り下げていきたいと思います。

椿原慶子アナのように容姿端麗な女性に憧れているかた、フジテレビ看板アナウンサーに興味がある方はぜひ、続きをご覧ください。

椿原慶子の実家は芦屋の高級住宅街?父親の仕事はボンド商会?会社社長って本当?

椿原慶子アナの実家が芦屋にあるという噂はネット上ではかなり多くの人がささやいている噂です。

詳しくいうと、椿原慶子アナの実家は芦屋市六麓荘町にある高級住宅街の中にあるといわれています。

六麓荘町というと、兵庫県の中では言わずと知れたセレブが集まる住宅地なわけですが…

結論からいうと椿原慶子アナの実家が芦屋市六麓荘町の住宅街の中にあるという確実な情報は得られませんでした。

おそらく、椿原慶子アナが兵庫県出身であるということと、実家が裕福であるという情報を踏まえて、県内屈指のお金持ちが集まる六麓荘町なのではないかとの噂が立ったのでしょう。

この噂については、事実である可能性も充分にあると考えられます。

実際、同期で仲が良いアナウンサーの加藤綾子アナや榎並大二郎アナが椿原慶子アナの実家を訪れた際には、榎並大二郎アナが『椿原慶子アナの実家のトイレは僕の部屋よりも広かった』と語ったほどですからね。

豪邸であることには変わりありません。

兵庫県内で六麓荘町以外でそれほどの豪邸があったら、それこそ噂になっているはずですし、六麓荘町だからこそ実家の場所が特定されていない可能性は高いです。

現在、実家の場所が公的には知られていないことから、今後も椿原慶子アナが実家の場所を明かすことはなさそうですね。

行ったことがある加藤綾子アナや榎並大二郎アナが椿原慶子アナの実家の場所についてうっかり口を滑らさなければ…の話ですが。

というのも実は、榎並大二郎アナは椿原慶子アナの結婚について公式に発表される前にバイキングで口を滑らせるという放送事故を起こしています。

椿原慶子アナ本人が気をつけていても、周囲がきっかけで実家がバレる可能性もあります。

本人が公開するつもりがない以上、周囲も個人情報には気をつける必要がありますね。

芦屋市六麓荘町に自宅を構えると噂されるほどのセレブ一家である椿原慶子アナの父親は、仕事もかなりすごい様子。

ネットの中では【ボンド商会の社長】であるという情報が流れています。

こちらの情報には信憑性がありそうですね。

ボンド商会とは、兵庫県神戸市に本社を構える貿易会社です。

昭和31年設立で、椿原慶子アナの父親である椿原丈夫さんは、2代目社長となり現在は会長を務めています。

芦屋市六麓荘町の高級住宅街に家を構えるとの噂になってもおかしくないですね。

椿原慶子アナが超お嬢様とささやかれるのも納得です。

椿原慶子の両親は?姉がいるとの噂は?お金持ちな実家の家族構成を徹底解明!

椿原慶子アナは、芦屋市六麓荘町にあると思われる実家は5人家族で、両親と三姉妹の次女として育ちました。

父親は前述でも述べたようにボンド商会の会長を務めています。

また、母親は三次電機社長である前川裕佑の長女ということで、椿原慶子アナの母親の実家もお金持ちということになりますね。

かなり高貴な家柄に育った椿原慶子アナだからこそ、報道番組だけではなくバラエティ番組での司会業をしていても品があるように見えるのでしょうね。

椿原慶子アナには姉の陽子さんと妹の優里さんがいます。

一般人ということもあり顔などは公開されていませんが、椿原慶子アナの容姿を考えると姉妹も容姿端麗であることが伺えます。

椿原慶子アナは中高大と一貫の小林聖心女子学院中学校・高等学校、そして聖心女子大学文学部歴史社会学科を卒業しました。

他の姉妹も聖心の系列で学校に通っていた可能性は高いですね。

小林聖心女子学院というと、カトリック系統のスタイルをとっている兵庫県屈指のお嬢様校です。

学費などの関係上、入学が可能な学生はほんのと握りといわれていますので、かなり洗練された学生が集まる小林聖心女子学院には椿原家の両親としても安心して通わせることができたのでしょう。

三姉妹をセレブ女子学院に入学させるなんて、やはり椿原慶子アナの父親はただ者ではありませんね。

椿原慶子の小学校は?高校は神戸の小林聖心女学院?実はソフトボール部だった?

椿原慶子アナは繰り返しになりますが小林聖心女子学院中学校・高等学校を卒業後、聖心女子大学文学部歴史社会学科に入学しています。

ちなみに小学校については公開されていませんが、小林聖心女子学院には系列に小学校もありますので、そこに通っていた可能性は高そうですね。

容姿端麗で礼儀作法もしっかりとした椿原慶子アナですが、意外にも中学校と高校ではソフトボール部に所属するというアクティブな一面もありました。

さらに、そのソフトボール部ではエースで5番だったといいますから、運動神経もかなり良いことが伺えますね。

椿原慶子アナはスタイルも良いですが、健康的な身体つきもあり、老若男女問わず人気があるアナウンサーです。

その原点には、学生時代のクラブ活動もあったのですね。

聖心大学ではもともとアナウンサーを目指していたことから、アナウンス研究会に所属していたため、ソフトボールは続けなかったようですが、もしもアナウンサーになるという夢がなかったらソフトボールを続けていたかもしれませんね。

普段はアナウンサーという仕事柄おしとやかで、走ったり物を投げたりするイメージがない椿原慶子アナですので、番組の企画など何かしらの機会があったらぜひ、彼女のスポーツをする姿も見てみたいものですね。

椿原慶子の母親の人物像とは?人気女子アナを育てた家庭環境と教育方針とは?

椿原慶子アナの母親は、前述でも紹介した通り三次電機社長である前川裕佑の長女の前川智栄さん。

5人兄弟の3番目として育った前川智栄さんはかなり裕福な暮らしぶりだったようです。

現在、椿原慶子アナの母親についての情報はネットの中ではほとんど見受けられません。

おそらく、自らは表に出ることはなくボンド商会の会長である夫を影で支えながら、子育てをしっかりとしてきた椿原家の縁の下の力持ちなのでしょう。

実際に椿原慶子アナの父親は会長という多忙な仕事柄、子育てには参加したくてもできなかった可能性が高いです。

しかし、椿原慶子アナを始め娘たちはしっかりと学歴を積んで社会に出ているわけですから、椿原慶子アナの母がどれほどの努力と苦難を乗り越えてきたかは計り知れません。

名門校に入学をし、自分自身はもちろんのこと子供の気品と美しさを保ちながら、礼儀作法についても教育をしていくということはかなり大変なことだったでしょう。

それでも椿原慶子アナが容姿端麗な女性に育ったのは、ひとえに母親自身が美しく聡明な方だったからだと考えられます。

親子は一緒にいるほど、どうしても似てきますからね。

自分の嫌なところほど、子供は真似をして似てしまうことも少なからずあります。

つまり、椿原慶子アナがあそこまで素敵な女性として成長したのは、母親である前川栄さんが、より一層、素敵な方だったからなのでしょうね。

椿原慶子アナは学生時代に漢字検定や英語検定、秘書検定などの二級を取得しています。

どんな仕事についても将来困らないように、資格の取得を勧めてくれたのでしょう。

また、中高時代はソフトボールもしていたということで、椿原慶子アナの両親は勉学だけではなく子供たち本人がやりたいことや挑戦してみたいことには積極的に参加させていた印象があります。

名門校の制度でありながら、勉強だけに縛り付けることなく、たくさんのことにチャレンジをさせてくれた椿原慶子アナの両親は、個性を大切にする素晴らしい子育ての方法をとっていたのですね。

この子育て法は、見習いたい親御さんもたくさんいるのではないでしょうか?

椿原慶子の大学時代は?語学が堪能なのは大学時代の留学がきっかけ?アナウンサー業での活用は?

椿原慶子アナは先ほど、英語検定二級を取得しているといいましたが、それだけではなく聖心女子大学在学時にはアメリカに1か月間留学しているようですね。

英語力が他のアナウンサーよりも長けているといわれる理由はこの辺りにありそうです。

椿原慶子アナがフジテレビを始め、多くのメディアから“有能だ”と評価され始めたきっかけとして、この英語力も関係しています。

というのも、椿原慶子アナは過去にアメリカの大統領選での現地リポートをしていました。

その際のリポートがかなり的確で他のどのリポーターたちよりも分かりやすく有力な情報を手に入れていたのだとか。

たしかに、現地のメディアの人の目線で考えても、通訳付きで質問をしてくるリポーターよりも、本人がしっかりと自らの意思を自分の言葉で伝えてくるリポーターの方が、親身になって話をしてあげたいと思いますよね。

これには、日本のメディアからも『椿原慶子アナの将来は楽しみ』との声が上がりました。

同期で大の仲良しといわれている榎並大二郎アナも、『椿原慶子アナはネイティブとまではいかないが、日常会話には問題ないくらいの英語力がある』と太鼓判を押しています。

さらに、大統領選の際には椿原慶子アナとカメラマンの2人しか入れない会場となっており、頼れるのはほぼ自分だけという状況に陥っていた椿原慶子アナでしたが、結果的には周囲から称賛されるリポートをすることができましたね。

有能なアナウンサーはたくさんいますが、通訳なしでほぼ1人の状況でも緊迫した場面でリポートをし、現地メディアの人たちとも会話をすることができるアナウンサーは少ないですからね。

椿原慶子アナはその英語力もあって、将来が期待される有能なアナウンサーといわれているのでしょう。

今後は、今まで以上に海外との交流や外国のニュースを報じる機会が増える社会になっていくと考えられています。

その中で、椿原慶子アナのような有能で英語で会話をすることができるアナウンサーがいることは、フジテレビとしても非常に心強いことでしょうね。

まとめ

いかがでしたか?

ここで、椿原慶子アナの両親や姉妹、さらには椿原慶子アナの英語力についての情報を簡単にまとめていきたいと思います。

・椿原慶子アナは両親と姉、妹がいる5人家族。三姉妹の次女である椿原慶子アナは、兵庫県では知らない人はいないというほどの貿易会社・ボンド商会の会長の娘として育てられた。母親は三次電機社長である前川裕佑の長女の前川智栄さん。

・椿原慶子アナの実家は芦屋市六麓荘町にある高級住宅街の中にあるといわれているが、その真偽は明らかになっていない。公開されている情報では、椿原慶子アナは小林聖心女子学院の中等部と高等部を卒業し、聖心大学に入学したとされている。小学校もおそらく小林聖心女子学院だと考えられる。

・椿原慶子アナは中学高校時代は意外にもソフトボール部に所属していた。エースで5番というチームの中心的な人物だったようで、容姿端麗なだけではなく運動神経も良いことがうかがえる。

・椿原慶子アナの英語力は、ネイティブとまではいかないが日常会話をする程度なら問題ないほどだという。アメリカの大統領選でのリポートをこなした際には、通訳なしでほぼ1人の状況下で素晴らしいリポートをしたことがかなり評価されている。

以上になります。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

おすすめの記事