豊原功補といえば豊川悦司と兄弟と疑われるほどかっこいい俳優ですが、キョンキョンこと小泉今日子との熱愛が報じられ、双方ともに交際を認めているという衝撃の報道がありました。

しかし、豊原功補にはすでに一般女性と結婚している既婚者です。

既婚者であることを認めながら、小泉今日子との熱愛の事実も認めている状況に、世間の妻帯者や妻側の意見を持つ人は理解しがたい状況でしょう。この件は実質不倫ということになりますからね。

そこで、ここでは既婚者ながらにして堂々と熱愛報道を認める豊原功補の人柄と、豊原功補が離婚をしないことのキーワードとなる妻や息子について深く追求していきたいと思います。

それでは早速、詳しく読み進めていきましょう。

豊原功補が嫁と離婚しない理由は?

豊原功補は、既婚者であるにもかかわらず小泉今日子との熱愛を認めています。

通常なら、不倫だと騒がれてもおかしくないのですが、豊原功補と小泉今日子のあまりにも堂々とした態度に、週刊誌やメディアも反応に困っているといったところでしょうか。

さて、そんな豊原功補が熱愛報道を認めながらも、現在の妻と離婚をしない理由はやはり子どもでしょう。

豊原功補は、自分のプライベートに関しては特に公にしていませんので、正直なところはっきりとした嫁や子どもの年齢は分かりません。

ですが、小泉今日子との熱愛が報じられた際に豊原功補は自分が妻帯者であることを認めた上で、現在は別居中であることを明かしていました。

となると、夫婦をつなぎとめているのはほぼ間違いなく子どもと考えて良いでしょう。

別居中で豊原功補本人は不倫を堂々と認めている様子を見ると、離婚に踏み切れないのは嫁が子どものためにストップをかけているからかもしれませんね。

豊原功補ってどんな人?学歴・生年月日・年齢・身長・性格・結婚歴を徹底分析!

小泉今日子との不倫を公言している豊原功補とはどのような人なのでしょうか。

まずは簡単にプロフィールを見ていきたいと思います。

豊原功補(とよはら こうすけ)は1965年9月25日生まれの現在52歳です。

明治大学附属中野高校を卒業後はすぐに役者の道に進んでいきました。

豊原功補の身長は179cmの大柄な体型から、強面な役や刑事役を演じることも多いです。

そんな豊原功補ですが、演技に関してはかなりのこだわりの持ち主で、スタッフや共演者からの印象は『めんどくさい人』。

豊原功補に憧れている役者から見ると斜めに構える姿がかっこいいと感じるようですが、やはり周囲に対してもそのような姿勢をとることは上から目線と思われても仕方がないでしょう。

1998年に豊原功補が33歳を迎えたクリスマスに現在の嫁と結婚をしたということで、とてもロマンチックなスタートだっただけあり、本件は嫁にとってはかなりショックなものだったということは想像に難くないですね。

豊原功補の出身地は?生い立ちと人気俳優になるまでの経緯は?

豊原功補は東京都新宿区出身。

先述のとおり、新宿区立大久保小学校・中学校を卒業後は堀越学園とも肩を並べる芸能人を輩出している明治大学附属中野高校に進学をしています。

この頃から芸能活動を始めていた豊原功補にとっては、芸能に理解がある明大中野高校は生活しやすい学校だったのでしょう。

高校卒業後は大学には進学せず、そのまま役者の道へ。

その後、1982年のドラマ「天まであがれ!」で俳優デビューしたことをキッカケに、数多くの連続ドラマや映画に出演をしてきました。

ロングバケーションの杉崎哲也役や時効刑事の十文字疾風役には、印象深い人も多いのではないでしょうか。

ここまで見てみても、豊原功補に長い下積み時代があったという印象はありません。

そのルックスや演技力で、10代の頃から芸能界で活躍の幅を広げていたようです。

不倫の件や周囲に対する態度は別として、豊原功補の演技力は本物のようですね。

離婚に踏み切らない豊原功補の嫁は誰?年齢・性格は?息子の年齢は?

小泉今日子との不倫が明るみになってもなお、豊原功補との夫婦関係を続けている嫁とはどのような人なのでしょうか。

豊原功補の嫁に関しては、一般人ということもあり、あまり情報はありません。

また、ネットに掲載されている情報もどこまでが本当なのかということは怪しいものですが、それを前提とした上で想像も交えながらまとめていきます。

まず、豊原功補の嫁の名前は中村(旧姓)麻美さんといわれています。

年齢は豊原功補よりも11歳歳下ということから現在は41歳前後、結婚当時は22歳だったと考えられます。

一般人であることからも、周囲から豊原功補の嫁の性格を導き出すことは難しいようで、ネットにもほとんど情報はありません。

ですが、ここまで公的に夫の熱愛が報じられてもなお、何かしらの理由があって離婚に応じないのなら、かなり気が強く芯がしっかりとした女性なのでしょう。

そんな2人には、息子がいるということは豊原功補本人が語っていますが、正確な年齢までは分かりません。

豊原功補が嫁と結婚したのが約20年前、夫婦が別居し始めたのが3年前ということから、子どもの年齢は3歳〜20歳と推定されます。

ですが、結婚してすぐに子どもができたという情報はありませんでしたし、別居するに至る前の数年に子どもができたとも考えづらいです。

また、子どもを理由に離婚を踏みとどまっているのなら、子どもの年齢はまだ幼い可能性が高いです。

つまり、2人の息子の年齢はおおよそ10歳前後だと考えられますが正確なことは、はっきりとはわかりません。

豊原功補と小泉今日子はどこで仲良くなった?なぜ不倫してしまったの?

豊原功補は、なぜバツイチでもある小泉今日子との不倫の道に進んでしまったのでしょうか。

芸能人同士の出会いですので、一番最初に考えられるのは共演ですよね。

ですが、2人が共演したドラマは2003年放送の【センセイの鞄】しか見当たりませんでした。

不倫が報じられたのは2015年ですから、さすがにこの共演がきっかけというわけではないでしょう。

ですが、この時に豊原功補と小泉今日子はお互いに同い年で趣味(音楽やお酒)が一緒ということからも、良き友人として接してきたと考えられます。

もともと仲の良い男女が親密になる理由は案外、単純なものです。

たとえば、どちらかの夫婦生活が上手くいかずに相談に乗ってもらったり、一般人である配偶者には理解できない仕事の悩みを聞いてもらったり…

不倫の理由や原因は本人たちしか分かりません。

もしかしたら、本人ですらはっきりと分からないこともある程です。

長い付き合いであることからも、豊原功補は嫁といる時よりも小泉今日子との時間の方が有意義に感じてしまったのかもしれませんね。

豊原功補の現在の立場と今後の活躍は?不倫報道で仕事に支障は?

豊原功補は、前述のとおり現在は嫁とは別居中です。

本当に離婚しない理由が子どもだった場合、子どもが成人、もしくは学校を卒業したタイミングで離婚する可能性が濃厚でしょう。

ただし、小泉今日子側は結婚についてのインタビューで『今は考えていない』というような旨を話していますので、必ずしも豊原功補と小泉今日子が結婚するとも言い切れないようです。

ともあれ、この2人はあまりにも潔く不倫を認めていますので、仕事には今のところほとんど支障は出ていないです。

現に、小泉今日子は主演映画【食べる女】の公開が今年の9月にすでに決まっています。

対する豊原功補も、今年の9月に自信が演出をする公演【またここか】のチケット販売が開始されています。

今後の2人の芸能界での活躍には目が離せませんね。

まとめ

いかがでしたか?

豊原功補についての情報を簡単にまとめてみました。

・不倫を公言してもなお離婚しない理由は子どもの可能性大。むしろ、嫁からのストップで離婚できない可能性も!

・10代の頃から芸能界で活躍をする豊原功補は演技に熱い男。そのせいで周りからは煙たがられることも少なくない。

・豊原功補の嫁の名前は麻美。豊原功補が約20年前にクリスマス婚した11歳下の女性。

・豊原功補が小泉今日子と不倫をした最初のきっかけは仕事としての良いパートナー?自分にとっての最大の理解者は嫁ではなく小泉今日子と思ってしまった末の不倫である。

以上が、小泉今日子との不倫を公言した豊原功補についてでした。

最後までお付き合いくださり、誠にありがとうございます。

おすすめの記事