どんな仕事をしても続かない。

人間関係がうまくいかない。

だから、仕事をしたくない。

このような時ってありませんか?

普通の人は気にしないような些細なミスを気にして、仕事を無断退職してしまったり、自分の都合ばかりを考えて自分中心に生活をしようとしたりする人は、社会の中で協調性をもって生きていくことには向いていません。

ここでは、そんな周りの人から社会不適合者と呼ばれる人の特徴を細かく探っていきます。

自分は社会不適合者だと自覚のある方でもあきらめることはありません。それも個性なので自分に合った生き方を探していきましょう。それでは続きをみていきましょう。

社会不適合者の意味とは

社会不適合者とは、その人の行動や発言の全てが他人のやる気を削いでしまうような人のことを指します。

また、周りの人に不快な思いをさせてしまうことも平気でしてしまう傾向があり、周りの人と協調をすることを求められる社会の中では、他人のことを考えない発言や行動をする人は社会不適合者と呼ばれてしまいます。

このような社会不適合者の周りには、気づいたら誰も人がいなくなっていることも多いですが、社会不適合者は自分自身の行為が社会に不適合な行為だとは気づいていないため、なぜ自分は孤立してしまうのかということを理解できていない場合が多いです。

社会不適合者の特徴

社会不適合者にありがちな特徴は以下の通りです。

・固定観念が強い
・逃げ癖がある
・プライドが高い
・人を見下す
・朝起きられない
・保守的
・言い訳する
・責任感がない
・嘘つき
・周囲の人を大切にできない
・人と比べてしまう
・人に合わせられない
・人を信用できない
・人嫌い
・コミュニケーションが苦手

社会不適合者の特徴:固定観念が強い

社会不適合者は、固定概念が強すぎる傾向があります。

そのため、物事に融通を利かせて行動をすることができなくて、時と場合に合わせた考え方や行動をすることが非常に苦手です。

たとえば、販売業の仕事で『基本的に返品返金は受け付けない』というマニュアルがある場合、社会不適合者は商品がもともと不良品だったなどのように、販売側が全面的に悪い場合でも返品返金に応じることができません。

そして、お客さんに対する返品返金ができない説明も『決まりなので』という言葉にとどまってしまうため、社会不適合者の態度や発言に対してクレームをつけられてしまうことも少なくないでしょう。

社会不適合者の特徴:逃げ癖がある

社会不適合者は、自分にとって都合が悪いことが起こると、すぐに逃げてしまう癖があります。

なぜならば、社会不適合者は仕事や対人関係に対しての責任感が非常に薄いからです。

たとえば、仕事で取引先にまで迷惑をかけるような重大なミスをしてしまうと、社会不適合者は謝ることもミスを取り返すこともしないまま、急に仕事を辞めるという手段をとってしまいます。

このような姿勢は、仕事に対する責任感が全く感じられませんし、辞めることで責任を取ろうとする方法は逃げだと思われても仕方がないでしょう。

このように、自分にとって都合が悪いことがあると、すぐに逃げて何もなかったように装う人は、仕事だけではなくプライベートでも逃げ癖があるため、相手からの信頼が非常に薄い傾向があります。

社会不適合者の特徴:プライドが高い

社会不適合者は、プライドが非常に高い傾向があります。

なぜならば、プライドが高い人は自分が一番正しい考え方をしていると思っているため、周りの人の意見や話を聞き入れることができないからです。

しかし、プライドばかり高くて実力が伴っていない人も多く、周りの人からは口ばかりの人だと思われてしまうことも多いです。

そのため、プライドばかり高い人のことを信頼してついて行く人は、ほとんどいませんので、プライドが高い人が威張れば威張るほど、周りからは人が離れていき孤立した状況になってしまうでしょう。

社会不適合者の特徴:人を見下す

社会不適合者は、人のことを見下す癖がある場合が多いです。

たとえば、自分よりも立場が低い部下や後輩に対しては常に威張った態度をとって、『あいつは仕事ができない』とか『考え方が非常識なやつだ』というように相手のことを見下します。

また、気の弱い同僚や上司に対して見下した態度をとることも多く、『自分がいなくなったらみんなが困るだろう』と言って、自分が優遇されるような状況を作り出そうとします。

しかし、人を見下すことで自分の存在価値を見出しているような人は、実際には実力が伴っていない人が多く、他人のことを見下している分、陰では自分が一番見下された立場になっていることも少なくありません。

社会不適合者の特徴:朝起きられない

社会不適合者は、朝にしっかりと起きることができません。

そして、朝寝坊して会社に遅刻することがお決まりとなっているため、会社のルールを守れなくて周りの仕事仲間に迷惑をかけることもしばしばです。

さらに、朝起きられない人は毎日のように遅刻したり遅刻ギリギリで会社に着いたりするため、遅刻に対する罪悪感が薄れてしまって謝ることもしなくなってしまいます。

また、朝寝坊したことから朝食を食べていない場合が多く、周りの人が仕事をしている中で自分は朝食をとったりメイクをしたりするため、このような非常識な行為も社会不適合者だと思われてしまう原因になるでしょう。

社会不適合者の特徴:保守的

社会不適合者は、何に対しても保守的な態度をとります。

たとえば、営業の仕事をしている人が保守的な性格をしていると、お客さんに商品をアピールすることができなくて、お客さんから声をかけられるのを待っているだけになるでしょう。

そうしますと、営業成績を伸ばすこともできませんし、自分から行動を起こさないことでやる気や向上心がない人だと思われてしまうことも多いでしょう。

さらに、保守的な性格をしている人は上司から怒られたり注意されたりした時には、自分の保身の為に言い訳をしたり嘘をついたりすることも多いです。

そのため、反省の気持ちを持っていないと思われてしまい、仕事仲間からの信頼も信用もなくなってしまうでしょう。

社会不適合者の特徴:言い訳する

社会不適合者の多くは、自分に都合が悪いことが起こると言い訳をする傾向があります。

なぜならば、社会不適合者はたとえ自分のミスでも自分で責任を取ることが嫌だからです。

そのため、仕事でミスをしてしまって上司から怒られている時などには、自分は悪くないというような言い訳をして、他人に責任を押し付けて責任逃れしようとすることも少なくありません。

このように、明らかなミスをしても謝罪することなく言い訳をされると、上司や周りの人は注意することも諦めて、気にかけることもなく相手にしなくなってしまうでしょう。

社会不適合者の特徴:責任感がない

社会不適合者は、基本的に物事に対する責任感がありません。

そのため、自分に都合が悪いことが起こるとすぐに他人に責任転嫁して自分で責任を取ることから逃れようとする傾向があります。

たとえば、上司から任せられた仕事に期限を設けられていても、社会不適合者は期限を気にすることなくマイペースに仕事を進めます。

さらに、ひどい場合には仕事に行き詰まると平気で投げ出して、後輩や部下に期限ギリギリの仕事を押し付けてしまいます。

そして、期限内に仕事が終わらなかったことで上司からを怒られると、「それは部下にお願いをしたはずだ」と言って責任逃れをしようとします。

このような責任感のない行動は、上司からも部下からも信頼を失ってしまう原因になるでしょう。

社会不適合者の特徴:嘘つき

社会不適合者は、自分に都合が良くなるように嘘をつく傾向があります。

なぜかというと、社会不適合者は自分に都合が悪いことが起こると、とりあえず嘘でその場をやり過ごそうとするからです。

そのため、調べたらすぐに分かるような嘘も平気でついて、その場から逃れようとすることが多いです。

たとえば、お願いされた仕事を忘れていた際には、『仕事は終わったのだが、書類を家に忘れてきてしまった』とか『部下に任せたはずだ』というような、その場しのぎの嘘をつきます。

そして、嘘が発覚して問い詰められると『そんなことを言った覚えはない』というような責任感のない、あからさまな嘘をついてしまいます。

社会不適合者の特徴:周囲の人を大切にできない

社会不適合者の多くは、周りの人のことを大切にすることができません。

なぜならば、社会不適合者は自分さえ良ければそれでいいという考え方をしているからです。

そのため、たとえ他人に対して迷惑がかかることになったとしても、自分にとっては都合がいいことでしたら平気でしてしまう傾向があります。

たとえば、車で通勤している同僚と帰り時間が一緒になると、同僚と自分の家が真逆な方向でも平気で車に乗せて行ってもらおうとします。

さらに、同僚の都合を考えないで勝手に乗り込もうとした上に、同僚から断られると逆ギレして『ケチ』とか『心が狭い』というようなひどい言葉を浴びせることも少なくありません。

このように、社会不適合者は他人ことを大切にするという考え方がないため、人の都合を考えない図々しい行為を繰り返す迷惑な暇だと思われることが多いです。

社会不適合者の特徴:人と比べてしまう

社会不適合者は、何事も自分と他人を比べてしまう傾向があります。

このように他人と自分を比べる人は、比べることによって相手に対して強い劣等感を抱く人と、相手のことを見下そうとする人の2パターンに分けられます。

まず、相手と自分を比べて強い劣等感を抱く人は、自分はいくら頑張っても相手には敵わないと思い込んで、挑戦する前から諦めてしまいます。

次に、自分と比べることで相手のことを見下そうとする人は、自分よりも弱い立場で言い返してこないような後輩や部下に対して大きい態度をとり偉ぶる傾向があります。

そのため、いずれも相手からは敬遠されてしまいやすくなり、職場の中では孤立した立場になってしまうことが多いです。

社会不適合者の特徴:人に合わせられない

社会不適合者の多くは、他人に合わせた行動をとることができません。

そのため、他人との協調性が全くなく、自分勝手で自己中心的な行動をとってしまいがちになります。

たとえば、残業をしている社員に気を遣った上司が飲み物を奢ってくれると言ったときに、周りのみんなが『お茶』と言っている中、社会不適合者は1人だけ『サイダー』とか『オレンジジュース』というように、周りに合わせることなく自分が飲みたいものを平気でお願いしてしまいます。

このように、周りの人に合わせることができない社会不適合者は、周囲の人からは空気が読めない人だと思われてしまうことも少なくありません。

社会不適合者の特徴:人を信用できない

社会不適合者は、人のことを信用することができない場合が多いです。

なぜならば、社会不適合者は自分が一番正しくて優秀な人材だと思い込んでいるからです。

たとえば、社会不適合者は上司からの指示を同僚から伝聞すると、上司が一番優秀な自分に直接指示をしてこないのはおかしいと思い、同僚が嘘をついているのではないかと勘ぐってしまいます。

そして、同僚の言うことは信用しないで上司に直接、指示を仰ぎに行ってしまいます。

このような社会不適合者の態度は、相手に対しても失礼ですし周りの人から見ても自分勝手で自己中心的な行動だと思われてしまうでしょう。

社会不適合者の特徴:人嫌い

社会不適合者は、人嫌いである傾向が強いです。

なぜならば、社会不適合者は人のことが嫌いだからこそ、相手の気持ちや感情に配慮した考え方をすることができないからです。

たとえば、人嫌いな人が営業や接客の仕事をしていると、お客さんが何を求めているのかとか、何をして欲しいのかという気持ちを汲んで理解してあげることができません。

そして、相手に対する配慮の気持ちも見られないため、お客さんからはクレームを受けてしまいやすいです。

このように、基本的に人のことが嫌いな人は、他人と上手に会話をして相手の気持ちを察したり考えたりすることができないため、お客さんからだけではなく仕事仲間からも敬遠されてしまう社会不適合者になってしまいやすいです。

社会不適合者の生き方

社会不適合者の生き方は以下の通りです。

・仕事も時間に縛られないようなものをする
・生き方は自由に選択する
・自分の居場所を作る
・ネットビジネス
・相談する
・海外渡航

社会不適合者の特徴:コミュニケーションが苦手

社会不適合者の多くは、他人とコミュニケーションをとることを苦手だと感じている傾向があります。

そのため、上手に会話をして相手が求めることを聞き出したり、相手の細かい仕草や行動から気持ちを察したりすることができません。

そして、苦手なコミュニケーションを頑張ってとろうとすると、逆に不自然な話し方になってしまったり相手に対して失礼なことを言ってしまったりすることも少なくありません。

このように、コミュニケーションが苦手な人は、自分から他人と話すことや接することを避けてしまうため、いつまでも周りの人と交流を深めることができなくて、周囲から浮いた存在である社会不適合者になってしまうことが多いです。

社会不適合者の生き方:仕事も時間に縛られないようなものをする

社会不適合者が上手に社会の中で生きていくためには、仕事も時間に縛られないようなものを選ぶと良いでしょう。

なぜならば、社会不適合者は朝が苦手でよく寝坊して遅刻してしまいやすいからです。

また、朝に遅刻することに慣れすぎているため、遅刻をしたことを謝ることもなく、何事もなかったかのように仕事を始めてしまうことも少なくありません。

そのため、自分は朝が苦手でどうしても早起きできないという人は、思い切って自営業を始めてみたり在宅での仕事を探してみたりすると良いです。

そうしますと、時間に縛られることもなく遅刻をして周りの人に迷惑をかけることもなく、自分の能力を充分に発揮することができるようになります。

社会不適合者の生き方:生き方は自由に選択する

社会不適合者が社会の中で上手に生きていくためには、生き方は自由に選択すると良いです。

なぜかというと、社会不適合者はルールやマニュアルに縛られれば縛られるほど、固定概念を持ってしまって自由な考え方や柔軟な思考を持つことができなくなってしまうからです。

たとえば、親から『公務員になって安定した生活をすることが一番だ』というように決めつけられてしまうと、自分の意思に関係なく公務員になるしか道がなくなってしまいます。

しかし、そうすると上司から言われたことを言われたままにこなすだけの向上心も挑戦する気持ちもない社会不適合者になってしまいます。

そこで、まずは周りの人からの意見は参考程度に聞き、自分の意思や考え方を明確にしてみると良いでしょう。

そうしますと、自分の意思で生き方を選択することができるようになり、仕事に就いても周りの人と協調をしながら生きていくことができるようになります。

社会不適合者の生き方:自分の居場所を作る

社会不適合者が上手に社会の中で生きていくためには、自分の居場所を作ることが大切です。

たとえば、職場の中で孤立してしまっていては、声をかけてくれる人もアドバイスしてくれる人も居なくなってしまいます。

ですので、自分が周りから孤立していると気づき始めた時には、意固地にならないで素直に同僚や後輩に自分が敬遠される理由を聞いてみると良いです。

そうしますと、周りの人は社会不適合者が自分の態度や性格を改善する気持ちがあるのだと判断してくれるでしょう。

そして、手を差し伸べてくれる人も少なからず出てきますので、その同僚たちを頼ることで自分の居場所を作ることができるようになります。

社会不適合者の生き方:ネットビジネス

社会不適合者が上手に社会の中で生きていくためには、ネットビジネスに挑戦してみることも1つの手段です。

なぜならば、ネットビジネスなら他人と直接コミュニケーションをとって会話をしたり接したりする必要がないからです。

そのため、ネットビジネスは他人とコミュニケーションがとるのが苦手な人や、時間にルーズで周りからの信用をなくしてしまった人には、まさにもってこいの仕事だと言えるでしょう。

また、一度、社会から逃げてしまって家に引きこもっているような人は、インターネットを趣味としている場合も多いですので、ネットビジネスを始めてみると才能を発揮することができる可能性も高いでしょう。

社会不適合者の生き方:相談する

社会不適合者が社会の中で上手に生きていくためには、信頼できる誰かに相談をすると良いでしょう。

たとえば、自分の現在の状況を把握している職場の同僚や、昔からの自分の性格を知っている友人に相談をしてみると、改善策や的確なアドバイスをもらえる可能性が高でしょう。

また、もしも知人に対して自分が社会不適合者であることを相談することに気が引けてしまう人は、心療内科やカウンセラーのようなプロに相談してみるのも1つの手段です。

そうすることで、より一層、的確なアドバイスをもらうことができますので、早急に社会不適合者と呼ばれる立ち位置を離れて、周りの人から信頼される社会人へと改善することができるようになるでしょう。

社会不適合者の生き方:海外渡航

日本国内で社会不適合者だと判断されてしまう人の中には、海外渡航することで海外で大きく活躍をするような人もいます。

なぜならば、日本は集団行動や協調性を重んじる傾向があるため、周りの人とは違う行動をする人のことを『変わり者だ』と決めつけてしまうからです。

そのため、特殊な才能を開花させることができなくて、せっかく才能を持っているにもかかわらず、日本の中ではそれが社会に不適合な考え方と思われてしまうことも多いです。

そこで、自分の考えが周りの誰にも理解してもらえないと思いましたら、思い切って海外渡航をしてみると良いです。

そうしますと、個々の才能を見抜いて伸ばそうとしてくれる人に出会えることで、日本では開花できなかった才能を存分に発揮して活躍することができるようになるかもしれません。

おすすめの記事