あなたの周りには自分にとって都合が悪いことが起こると、すぐに舌打ちをする人はいませんか?

舌打ちという行為は、相手からすると決して気分が良いものではありません。

むしろ、舌打ちは嫌悪感を感じる行為。

たとえ、たまたま舌が鳴ってしまっただけだとしても、そのたった1回の舌打ちで相手から嫌われてしまう可能性は多いにあります。

あなたは、無意識に舌打ちをして相手から嫌われてしまってはいませんか?

自覚がないうちに他人から嫌われないためにも、相手から舌打ちをされて戸惑った時のためにも舌打ちをする人の心理と対処法を、ぜひご覧ください。

舌打ちとは

舌打ちとは、イライラした時や気にくわないことがあった時などに相手に対して、あからさまにその気持ちを表現するために舌を鳴らす行為を指します。

舌打ちをするときには、舌を上顎につけて勢いよく離すことで、『チッ』というような音を鳴らすことができます。

このような舌打ちという動作は、相手に対して失礼にあたってしまう行為になってしまうことが多いですが舌打ちをする人は、ほとんどの場合が失礼だと分かっていてワザとやっている可能性が高いです。

また、稀に悪意はなく自分でも気づかないうちに舌打ちをしてしまう人もいます。

このような人は、深く考え事をしていたり悩み事を頭の中で何度も回想したりしているため、無意識のうちに気持ちが表に出てしまって、舌打ちをしてしまっていると考えられます。

このように、舌打ちはその人によってする理由やタイミングは異なりますが、された側の人からすると非常に気分が悪くて嫌な思いをしてしまう行為でしょう。

舌打ちする人の心理や性格

舌打ちする人の心理や性格は以下の通りです。

・相手を蔑んでいる・相手を見下している・自分の強さをアピール・自分を強く見せたい
・ストレス・不満・機嫌が悪い・気分転換をしたい・満たされていない
・怒りをぶつけたい・不快感を伝えたい
・理想が高い・常識人だと自覚がある・自分の思い通りに事が進まない・失敗ばかりを繰り返してイライラしている
・努力する・努力家・一人で何でもやろうとする・一人で抱え込む
・自分の意見を言えない・自己表現が下手・嫌いな人と考えや価値観を同調しなければならない
・睡眠不足・禁酒禁煙
・偶然音が出てしまう・ただの癖・無意識

舌打ちする人の心理や性格:相手を蔑んでいる・相手を見下している・自分の強さをアピール・自分を強く見せたい

他人に対して舌打ちをする人は、相手のことを蔑んで見下している可能性が高いです。

なぜならば、舌打ちという行為は自分よりも弱い立場の人や言い返してこないと分かっている人に対してすることが多いからです。

そのため、自分の方が強いということを態度で表現をするために舌打ちをして、相手にアピールしていると考えられます。

このように、自分の強さをアピールするために舌打ちをされますと相手は当然、萎縮してしまって言いたいことも言えなくなってしまうでしょう。

ですが、物事をはっきり言うことなく舌打ちという行動で自分の強さをアピールする人は、裏を返すと自己主張をしっかりとできない気が弱い性格の表れだとも言えるでしょう。

舌打ちする人の心理や性格:ストレス・不満・機嫌が悪い・気分転換をしたい・満たされていない

他人に対して舌打ちをする人は、ストレスや不満が溜まっているため、機嫌が悪くてイライラしている場合が多いです。

そして、自分の現在の生活に不満があり満たされていないと感じているため、他人に嫌な思いをさせることで気分転換をしようと思っている可能性があります。

そのため、憂さ晴らしのために他人に舌打ちをする人は、自分よりも有意義で充実した生活を送っている人に対して舌打ちをする傾向があります。

ですが、自分の力で充実した生活を手に入れた人は、舌打ち程度では落ち込んだり嫌な気分になったりすることはありません。

ですので、舌打ちをして他人の気分を害そうとした自分に対して、より一層、虚しさが募ってしまうことになるでしょう。

舌打ちする人の心理や性格:怒りをぶつけたい・不快感を伝えたい

特定の相手に対して舌打ちをする人の多くは、その相手に対して不快感を感じていて、その気持ちを相手に伝えたいと思っています。

また、相手に対して怒っているときも舌打ちをすることで、相手に怒りをぶつけようとしていると考えられます。

なぜ怒ると舌打ちをするのかというと、舌打ちをして自分の怒りや不快感を相手に伝える人は、自分の気持ちを直接相手にはっきり言うことができないからです。

そのため、 舌打ちをする人は本当は小心者で、相手に不快感や怒りを直接言葉で言うことで、相手から嫌われたり言い返されたりすることを恐れていると考えられます。

このように、舌打ちをする人の多くは相手に直接言えない気持ちを、舌打ちという行為をすることで相手に察してもらおうとしていると考えられます。

舌打ちする人の心理や性格:理想が高い・常識人だと自覚がある・自分の思い通りに事が進まない・失敗ばかりを繰り返してイライラしている

舌打ちをすることがクセになっている人は、理想が高すぎるため自分の思い通りに事が進まなかったり失敗ばかりを繰り返したりすると、イライラしてしまう傾向があります。

また、自分は常識人だと自覚しているため、自分とは違う他人の考えや行動を見ると、非常識だと思って否定したくなってしまいます。

そのため、自分の考える常識の通りに物事が進まないと、すぐに気分を害して舌打ちをしてしまうようになります。

このように、自分の思い通りにならないと、すぐに舌打ちをしてキレる人は、理想ばかり高くて実力が伴っていなかったり、常識だと思い込んでいることが実は非常識だったりすることも少なくありません。

舌打ちする人の心理や性格:努力する・努力家・一人で何でもやろうとする・一人で抱え込む

思いつめた時に舌打ちをするクセがある人は、努力家で一人で何でもこなそうとする性格をしている傾向があります。

そのため、困ったことや悩み事もすぐに一人で抱え込んでしまうため、ストレスや悩みがたまっていく一方になってしまいます。

たとえば、仕事がたまって困っていても、普段から一人で何でもこなしている人は、なかなか素直に他人に頼ることができなくて一人で抱え込んでしまう結果、残業が続いてストレスも疲労も溜まり続けてしまいます。

そうしますと、一人で物事をこなしきれないことに憤りを感じて舌打ちをしてしまいます。

このように、努力家な性格が仇となって苦労をしてしまう人は、物事を上手く進められない自分自身に対して舌打ちをしている場合が多いです。

舌打ちする人の心理や性格:自分の意見を言えない・自己表現が下手・嫌いな人と考えや価値観を同調しなければならない

他人に対して舌打ちをすることが多い人は、自己表現が下手なために自分の意見を相手に伝えることができない人である場合が多いです。

また、このように自己表現が下手な人は嫌いな人と考えや価値観を同調しなくてはならない場面では、その場限りで良いとは分かっていても相手に合わせることにストレスを感じてしまいやすいです。

そのため、自分の意見をはっきりと言えない人が他人と同調しなくてはならない場面に遭遇しますと、自分の感情を上手にコントロールすることができなくなってしまい、相手に対して舌打ちをしてしまうと考えられます。

このように、自分の主張をはっきりとすることができない人は、言葉で表すことができない相手に対する苦手意識や嫌だという気持ちを舌打ちで表現して、相手に察してもらおうとします。

舌打ちする人の心理や性格:睡眠不足・禁酒禁煙

舌打ちをする人の中には、睡眠不足なためにイライラしやすい状態である人もいます。

また、禁酒や禁煙をしている人は普段はストレス発散のために使っていたお酒やタバコを絶っていることから、より一層、イライラした気持ちが大きくなっていると考えられます。

そのため、眠れない日々が続いていたり疲労がたまってお酒やタバコに手を出したいと思っているタイミングで嫌なことが起こったりすると、イライラしやすくなってしまいます。

このように、普段はリラックスやストレス発散のために行なっている行為が不足していたり断たなくてはならなかったりすると、無意識のうちに舌打ちをしてしまうようになります。

舌打ちする人の心理や性格:偶然音が出てしまう・ただの癖・無意識

日頃から舌打ちをすることが多い人は、ただの癖である可能性があります。

また、舌が上顎から勢いよく離れると『チッ』という音が出でしまうため、舌を動かしたりガムを噛んだりしているうちに、偶然音が出てしまうこともよくあります。

また、何かに集中をしている時や考え事をしている時には、無意識のうちに舌打ちをしてしまうことも少なくありません。

このように、舌打ちをする人の中には特に意味がなく舌を鳴らしてしまう人もいて、自分でも意識をしていない中で舌打ちをしているため、他人に指摘されて初めて気付くという人も多いです。

ですが、舌打ちという行為は自分では意味もなく癖でやっているだけでも、他人に不快な思いをさせてしまうことが多いですので、指摘を受けた場合には改善するように心がける必要があります。

舌打ちを直す方法

舌打ちを直す方法は以下の通りです。

・深呼吸
・ストレスを溜めない・ストレスを解消する・リラックス効果を得る・ゆとりを持つ
・他の癖に置き換える・代用できるものを探す・他の場所に意識を集中する・ガムを噛む
・自分を受け入れ、他の人も受け入れる・周囲のことも受け入れる・人間関係を見直す
・感情をコントロールする・自分の気持ちをコントロールする

舌打ちを直す方法:深呼吸

事あるごとに舌打ちをしてしまう人は、イライラして舌打ちをしたくなった時には、一度落ち着いて深呼吸をしてみると良いです。

たとえば、恋人の理不尽な言い分で喧嘩をしてしまった時には、どうしてもイライラしてしまって舌打ちをしたくなってしまうでしょう。

ですが、このような場面で舌打ちをすることは逆効果になってしまうことは容易に想像ができますので、まずは自分の気持ちを落ち着かせるために大きく深呼吸をしてみましょう。

そうしますと、イライラした気持ちが落ち着いて、恋人は何を伝えたいのかとか何を要求しているのかということを冷静に考えて対応してあげることができるようになります。

舌打ちを直す方法:ストレスを溜めない・ストレスを解消する・リラックス効果を得る・ゆとりを持つ

舌打ちをしてしまう癖を直したいと思いましたら、舌打ちをしてしまう根本的な原因となるストレスを上手に解消するように心がけると良いです。

たとえば、仕事でストレスをためやすい人は休みの日に趣味を楽しんだり旅行に行ったりする事でリラックス効果を得るようにしてみましょう。

そうしますと、心にゆとりを持てるようになり、ストレスが軽減されて多少のことではイライラして舌打ちをしてしまうことも少なくなります。

このように、舌打ちをしてしまう根本的な原因が自分で把握できている場合には、その原因を改善することが舌打ちを直すための一番効果的な方法になるでしょう。

舌打ちを直す方法:他の癖に置き換える・代用できるものを探す・他の場所に意識を集中する・ガムを噛む

舌打ちをすることが癖になってしまっている人は、代用できるものを探したり他の癖に置き換えたりする努力をする必要があります。

なぜならば、ただの癖だとは言っても舌打ちは他人から見ると気分が良いものではないですし、むしろ相手に対して不快な思いをさせてしまうことが多い行為だからです。

ですので、口が何となく寂しくて舌を動かしている結果として舌打ちをしてしまうような人は、ガムを噛んだり飴を舐めたりしてみると効果があるかもしれません。

そうしますと、舌打ちをした時の音が鳴ってしまうことも少なくなります。

さらに、このような対処法はタバコやお酒を絶っているイライラを軽減させる効果も期待できますので、禁酒禁煙をしていて口が寂しい人にも、ガムや飴を食べることは非常におすすめです。

舌打ちを直す方法:自分を受け入れ、他の人も受け入れる・周囲のことも受け入れる・人間関係を見直す

他人に対する舌打ちをすることを直すためには、まずは自分自身のことを受け入れた上で他の人のことも受け入れるように考え方を変える必要があります。

なぜならば、自分に自信が持てないために他人に対する嫉妬や劣等感の気持ちが大きくなり、必要以上に相手のことを敵視して舌打ちをしてしまうことが多いからです。

ですので、自分の弱い心や自信のなさが、ストレスの原因になっていると感じる人は、まずは自分に自信を持った上で周囲の人のことも受け入れて、人間関係を見直すようにすると良いです。

そうしますと、相手の発言は自分のためを思って言ってくれているのだということに気づくことができて、劣等感や嫉妬心がなくなり、ストレスを抱えることも少なくなるでしょう。

舌打ちを直す方法:感情をコントロールする・自分の気持ちをコントロールする

舌打ちを直すためには、自分の感情をコントロールすることは必要不可欠です。

なぜかというと、人は誰でもイライラしたりストレスを抱えたりしますが、その気持ちを舌打ちとして表面化させない人たちは、自分の気持ちをコントロールすることがうまいからだと考えられます。

たとえば、相手から嫌なことを言われてムカついても、適当に受け流すことができる広い心を持っていたり、その場ではムカついたとしても、家に帰ってからストレスを忘れることができるほどの楽しみを持っていたりすると、嫌なことを言われてもすぐに舌打ちをすることはなくなります。

このように、自分の感情のコントロールの仕方は人によって異なりますが、自分にとって適切な方法を見つけますと、舌打ちをしなくても自分の気持ちと上手に付き合っていくことができるようになります。

おすすめの記事