身近にいる繊細な性格の人を扱いづらいと感じたことはありませんか?

繊細な人は、非常に周りに対する心配りや気遣いができるため、とても気が利く性格をしています。

しかし、その反面、些細なことで傷ついたり少しのことも気にしすぎてひきづってしまったりすることも多いです。

そう、繊細な人はその性格のメリットとデメリットの差が非常に大きいのです。

繊細な人と上手に付き合っていくためには、相手が傷つくポイントやマイナス思考になってしまうタイミングを知っておく必要があります。

そこで、今回は繊細な人の心理や特徴とともに、上手な付き合い方も考察していきますので、ぜひ続きをご覧ください。

繊細な人の特徴と心理

繊細な人の特徴と心理は以下の通りです。

・すぐキャパオーバーになる
・空腹になると、集中できない
・周りの人の気持ちをすぐ察知できる
・人混みは苦手
・優しい
・気を遣いすぎる
・優柔不断
・細かい部分にまでこだわる
・言いたいことが言えない
・マイナス思考
・生きづらいと感じている
・痛みが苦手
・周りの人の気分に影響されやすい
・傷付きやすい
・心で感じ取れる

繊細な人の特徴と心理:すぐキャパオーバーになる

繊細すぎる性格をしている人は、すぐにキャパオーバーしてしまう傾向があります。

たとえば、仕事が次々と舞い込んでくると最初は嬉しいですが、繊細な人は1つ1つの仕事を細かく丁寧にこなしていくため、与えられた時間内では絶対に仕事をこなしきれなくなってしまいます。

そのため、仕事の序盤からキャパオーバーしてしまい、周りの人に助けを求めたり仕事を手伝ったりしてもらうことも少なくありません。

このように、すぐにキャパオーバーしてしまい周りの人に頼ることが多い繊細な人ですが、こなした仕事は非常に丁寧で正確性があるため、時間さえあるなら仕事をお願いしたいと思われることも多いです。

繊細な人の特徴と心理:空腹になると、集中できない

繊細な性格をしている人は、空腹になると集中できないことが多いです。

なぜかというと、繊細な人は普段の自分と少しでも異なる状態になると、気になってしまって他のことが手につかなくなってしまうからです。

たとえば、仕事中にお昼を過ぎても来客が続いてしまうと、お腹が空いた繊細な人は昼過ぎからの来客への接客に身が入らなくなってしまいます。

そして、話も上の空で聞いていて空返事をしてしまっているため、話を聞き逃していたり大切なことを伝えそびれていたりすることも多いです。

このように、繊細な人は空腹時に物事に集中することができないため、お腹が空いている時ほどミスを重ねてしまいがちになります。

繊細な人の特徴と心理:周りの人の気持ちをすぐ察知できる

繊細な人は、周りの人の気持ちをすぐに察知することができます。

なぜならば、繊細な人は他人のことを傷つけたり嫌な思いをさせたりしないように、常に周囲に対して気を配りながら生活をしているからです。

そのため、自分が話したことで相手を嫌な気持ちにさせてしまった時には、相手の気持ちを汲んですぐに謝ることができます。

また、グループでの会話中に話の内容で嫌な思いをするような人がいた時にも、その人に配慮して話をそらしたり、さりげなくカバーしてあげたりすることができます。

このように、繊細な人は他人の気持ちを察知することが上手ですので、周りの人との交友関係は非常に良好である傾向があります。

繊細な人の特徴と心理:人混みは苦手

繊細な性格をしている人は、人混みをあまり得意としない傾向があります。

その理由は、繊細な人は他人の気持ちに配慮しながら行動することが多いため、周りに人が多いと気疲れしてしまうからです。

また、人混みの中で行列に並ぶようなことがあると、並んでいる間の同伴者のイライラした気持ちが気になってしまったり、沈黙が嫌で一生懸命に会話を考えたりするため、他人に配慮することで自分が疲れてしまいます。

さらに、自分の配慮が足りなくて相手に嫌な思いをさせてしまったり物事がうまくいかなかったりすると、繊細な人はより一層、相手に対する申し訳ない気持ちや罪悪感を感じてしまうことが多いです。

このような理由から、繊細な人は人が多い場所や行列に並ばなくてはならないような場面は、あまり好まないのだと考えられます。

繊細な人の特徴と心理:優しい

繊細な人は、非常に優しい性格をしている傾向があります。

そのため、時には自分のことを後回しにしても他人のことを優先させたり助けたりすることも少なくありません。

たとえば、繊細な性格をしている妊婦がバスに乗っている時に、最初は自分も大変だから席に座っていますが、後から老人やけが人が乗ってきた場合には誰よりも先に席を譲ろうとする優しさがあります。

このように、自分が辛くなることも惜しまないで相手に対しての気遣いができる人がいましたら、席を譲る気がなかった周りの人も妊婦の代わりに席を立ってくれるでしょう。

そして、繊細な人の優しい行為は相手だけではなく周りの空間のことも、優しくて温かい空気に変えてくれることができます。

繊細な人の特徴と心理:気を遣いすぎる

繊細な性格をしている人は、気を遣いすぎる傾向があります。

たとえば、友人と一緒に出かける時にも繊細な人は『自分が行きたいところを提案したら友人はどう思うか』とか『友人はつまらないと思っていないか』ということを常に考えながら行動をしています。

そのため、友人から『どこに行きたいか』とか『何を食べたいか』というように尋ねられると、繊細な人は『なんでもいいよ』とか『あなたは?』というような返しをしてしまいます。

このように、相手のことを気にしすぎるあまり相手に全ての選択を託してしまうと、相手からは一緒にいて疲れると思われてしまうことも多いです。

また、気を遣いすぎて何を聞かれても『なんでもいいよ』というように答えると、友人からみるとプランを丸投げされているような気持ちになってしまい、一緒にいても楽しくないと思われてしまうでしょう。

繊細な人の特徴と心理:優柔不断

繊細な性格をしている人は、優柔不断な一面があります。

なぜならば、繊細な人は他人に対して気を遣いすぎる部分があるため、自分で物事をはっきりと決断することができないからです。

そのため、なにかを決断しなくてはならない場面になると、これを選んだら相手はどう思うかということが気になってしまい、あれこれと考えているうちに優柔不断になって物事を決められなくなってしまうのだと考えられます。

このように、相手のことを気遣いすぎて優柔不断になってしまう人は、自分がしたいことをするよりも相手がしたいことにとことん付いていくことの方が楽しいと感じることが多いです。

繊細な人の特徴と心理:細かい部分にまでこだわる

繊細な性格をしている人は、細かい部分にまでこだわる傾向があります。

たとえば、仕事で会議のための資料作りを任せられますと、繊細な人は資料の内容だけではなくレイアウトやデザインにまでこだわろうとします。

そのため、繊細な人が作る資料は非常に見やすくて分かりやすいという定評があることが多いです。

また、資料の内容もしっかりと順序立てて誰にでも分かりやすいような書き方をすることにこだわりますので、誰もが仕事をしやすいと感じることでしょう。

このように、繊細な人は1つ1つの事柄にこだわりを持って仕事をするため、周りの人からの信頼や信用は非常に大きいものがあります。

繊細な人の特徴と心理:言いたいことが言えない

繊細な性格をしている人は、自分が言いたいことをはっきりということができません。

なぜかというと、繊細な人は自分が主張したことで相手がどのような気持ちになるかということを、常に考えているからです。

そのため、相手に注意したいときでも自分が注意をすることで嫌な思いをさせてしまうかもしれないと思いましたら、注意すること自体をやめてしまうことも少なくありません。

このように、繊細な人は相手の気持ちに配慮しすぎるため、自分の言いたいことが言えなくてストレスを抱えてしまったり自分が怒られる結果になってしまったりすることが多いです。

繊細な人の特徴と心理:マイナス思考

繊細な性格の人は、マイナス思考になってしまうことが多いです。

たとえば、繊細な人は恋人から『今度の旅行はどこに行きたいか考えておいて』と言われると、恋人が行きたいところを察して決めなくては、せっかくの旅行をつまらない気持ちにさせてしまうと考えてしまいます。

そのため、自分が行きたいところを素直に提案することができない上に、旅行先として思いついた場所も『恋人が本当に行きたい場所ではないかもしれない』とか『自分が提案したら恋人は行きたくなくても了承してしまう』というように、マイナスな方向にばかり考えてしまいます。

このように、繊細な人は『もしも』のことを深く考えてしまうため、基本的にマイナス思考になってしまいがちで、相手が良い反応をするまでは明るい気持ちになることができないことが多いです。

繊細な人の特徴と心理:生きづらいと感じている

繊細な性格をしている人は、世の中を生きづらいと感じている傾向があります。

なぜならば、繊細な人は他人に対して配慮しすぎるあまり、自分がしたいように行動することができないからです。

そのため、相手の気持ちばかりを考えてしまい交友関係が広がるほど、みんなに配慮することが難しくなり生きづらさを感じてしまいます。

このように、社会の中で生きづらさを感じるほど繊細な性格をしている人は、家の外に一歩出るだけでも非常に疲れてしまい、ストレスを溜めやすくなってしまう傾向があります。

繊細な人の特徴と心理:痛みが苦手

繊細な人は、痛みが非常に苦手な傾向があります。

なぜならば、繊細な人は普段は感じない衝撃や身体の変化に対しては非常に敏感で、変化することを非常に嫌うからです。

たとえば、健康診断で採血をするというだけでも、繊細な人は注射されることが拷問でもされるかのように恐れて嫌がることが多いです。

また、腕を骨折をしたとなると骨を折った瞬間はもちろんのこと、ギプスをしている痛々しい腕を見るたびに、痛みがこみ上げてきて気持ちが落ち着かなくなってしまいます。

このように、繊細な人は実際の痛みはもちろんのこと、痛そうな場面を見ることも苦手なため他人の流血を見るだけでも寒気がすることも少なくないです。

繊細な人の特徴と心理:周りの人の気分に影響されやすい

繊細な性格をしている人は、周りの人の気分に影響されやすい一面があります。

なぜかというと、繊細な人は他人に対して非常に気を遣うために相手の行動や考え方をしっかりと観察しているからです。

そして、周りの人と価値観を共有することで相手の気持ちを知ろうとするために、周りの人がハマっていることや友人が通い始めた習い事などに影響されてしまうことが多いのだと考えられます。

たとえば、子どもの学校のママ友がみんなで料理教室に通い始めたという話を聞くと、繊細な人は料理に興味がなくても自分も周りに合わせなくてはいけないと思って、みんなと同じ料理教室に通い始めます。

このように、繊細な性格をしている人は周りの人と違うことをすることを嫌うため、周りの人と協調することで安心感を得ようとする傾向があります。

繊細な人の特徴と心理:傷付きやすい

繊細な性格をしている人は、身体の痛みだけではなく心も繊細で傷付きやすい傾向があります。

たとえば、いつも自分と2人の友人の3人で一緒に行動をしていたにもかかわらず、ふとした時に自分を除く友人2人で行動している場面を目撃すると、繊細な人は友人の事情などを聞く前から傷付いて落ち込んでしまいます。

また、繊細な人は自分の言いたいことや聞きたいことをはっきりと主張することができないため、なぜ2人だけで行動していたのかという疑問の答えを知ることができないまま、悶々とした気持ちを解消することができないままになってしまいます。

このように、繊細な人は些細なことで傷付いてしまう上に、自分自身でその傷を癒す手立てを講じることができないため、なかなか傷を癒すことができないことも少なくありません。

繊細な人の特徴と心理:心で感じ取れる

繊細な人は、相手の気持ちを言葉で聞かなくても心で感じ取ることができます。

なぜならば、繊細な人はいつでも他人の気持ちに配慮するために、細かい部分までしっかりと観察しているからです。

そのため、他人が言いたいことや考えていることを、言葉で言われなくても何となく心で感じ取ることができるのだと考えられます。

このように、相手の気持ちを心で感じ取ることができる人は、相手が嫌な気分になる前に察して配慮してあげることができますので、一緒にいる相手は深く傷付くことなく気分良く生活をすることができるでしょう。

繊細な人に向いている仕事

繊細な人に向いている仕事は以下の通りです。

・芸術に関わりのある仕事
・自営業
・接客業
・健康福祉に関わりのある仕事
・動物に関わりのある仕事
・自然に関わりのある仕事
・セラピスト

繊細な人に向いている仕事:芸術に関わりのある仕事

繊細な性格をしている人は、芸術に関わりのある仕事が向いている可能性があります。

なぜならば、繊細な人の仕事ぶりは非常に丁寧で信頼できるものだからです。

そのため、正確性がある仕事ができる繊細な人は、芸術に関わる仕事をすることで周りのことを気にすることなく自分の才能を発揮することができると考えられます。

たとえば、画家や彫刻家のように自分自身が物を作る才能がある場合には、芸術家として活躍することをおすすめできますし、そうでなくても芸術家のアシスタントやマネージャーなどでも、充分に才能を発揮することができるでしょう。

また、美術商のように芸術を扱う側の仕事も、正確性や繊細さが必要な仕事になりますので、繊細な人は芸術を作り出す側としても売買する側としても活躍することができるでしょう。

繊細な人に向いている仕事:自営業

繊細な性格をしている人は、自営業が向いていると考えられます。

なぜかというと、繊細な人は対人関係や交友関係が広がるほど、ストレスや疲労を抱えてしまって気疲れしてしまうからです。

そのため、自らが経営方針や営業スタイルを決めて商売することができる自営業は、周りの人に気を遣いすぎる繊細な人にはもってこいの仕事だと言えます。

このように、自営業をすると必要以上に他人に気を遣ってまで無理に人を雇う必要もないですし、もしも人手が必要となった場合でも雇う人材を自分で決めることができます。

ですので、過度のストレスや疲労を抱える必要もなく、自分がやりたいことを好きなやり方ですることができるようになるでしょう。

繊細な人に向いている仕事:接客業

繊細な性格をしている人は、接客業をしてみると才能を開花させることができる可能性もあります。

なぜならば、一見すると対人関係や交友関係が増えてストレスが溜まりそうな接客業ですが、繊細な人の『他人の気持ちに配慮することができる』という特徴は、接客業には欠かせない要素だからです。

たとえば、繊細な人が接客業をすると、お客さんが遠くの席から店員を呼ぼうとしていることを瞬時に察することができます。

また、目まぐるしくお客さんが入れ替わっている時間帯でも、繊細な人はしっかりとお客さん1人1人を観察していますので、誰がどのお客さんの連れかということや、これは誰が注文したものかということを把握することができています。

このように、繊細な人はお客さんから言われる前に気づいて行動することを求められる接客業に大切な要素をたくさん持っているため、雇い主からは非常な重宝される存在になるでしょう。

繊細な人に向いている仕事:健康福祉に関わりのある仕事

繊細な性格をしている人は、健康福祉に関わりのある仕事をしてみると才能を発揮することができる可能性が高いです。

たとえば、看護師や介護士のように人のことをお世話することを仕事としている職業は、相手からお願いをされるよりも先に職員が相手の気持ちを察して行動することが求められる仕事です。

そのため、人の気持ちに配慮して行動することができる繊細な性格の人には、とても向いている仕事だと考えられます。

さらに、実際には現場に立たない仕事でも病院食を作る職員や介護プログラムを考える仕事なども、患者や利用者の気持ちに寄り添うことが求められるため、繊細な人の性格にあった仕事だと言えるでしょう。

繊細な人に向いている仕事:動物に関わりのある仕事

繊細な性格をしている人は、動物に関わりのある仕事をしてみると良いです。

なぜならば、繊細な人は言葉で言われなくても、相手の行動や視線で相手の気持ちや要求を察することができるからです。

そのため、人間とは違って言葉で要求をすることができない動物に対しても、優しく動物が求めるように接することができると考えられます。

たとえば、動物が好きな繊細な人は動物園の職員やペットショップの店員として働いてみると、動物の気持ちに寄り添いながら仕事をすることができるかもしれません。

また、繊細な人は対人関係でストレスや疲労をためてしまう傾向があるため、相手が動物だとストレスや疲労も感じにくくなる可能性があるでしょう。

繊細な人に向いている仕事:自然に関わりのある仕事

繊細な性格をしている人は、自然に関わりがある仕事をしてみると良いです。

なぜならば、繊細な人は普通の会社で働くとなると、対人関係によってストレスを抱えてしまう傾向があるからです。

そのため、あまり人と接することがない自然と関わる仕事をすることで、癒しの効果を得ることができてストレスを抱えることもなくなるでしょう。

たとえば、農業や林業などに携わる仕事をしてみると、過度に時間に追われることもなく丁寧できっちりとした仕事を自分が満足いくまですることができます。

また、繊細な人は相手のことをしっかりと観察して心を通わせることができますので、言葉を発することがない植物や花に対しても、異変があったらすぐに気づくことができるでしょう。

繊細な人に向いている仕事:セラピスト

繊細な性格をしている人は、セラピストの資格を取ってみると良いです。

なぜかというと、セラピストのように相手の気持ちに寄り添いながら話を聞いて、人の悩みや相談を聞いてあげる仕事は、繊細な人の性格にピッタリだと考えられるからです。

また、繊細な人は自分も周りの人に合わせてばかりいることが多いため、対人関係や交友関係で悩んでいる人の相談事に対しては、自分のことのように話を聞いて一緒に解決策を考えてあげることができるでしょう。

さらに、繊細な人のように相手に対して優しく丁寧に接することが出来る人は、心に傷を負った相手に対して接することが非常に上手だと考えられます。

繊細な人との付き合い方

繊細な人との付き合い方は以下の通りです。

・安心感を与えてあげる
・ひとりになりたいことを受け入れてあげる
・個性の一つだと諦めてみる
・笑顔で聞き流す
・意見を否定しない

繊細な人との付き合い方:安心感を与えてあげる

繊細な人に対しては、安心感を与えるように接してあげると良いでしょう。

たとえば、仕事をする前には仕事の内容や道筋をしっかりと説明して、繊細な人からの理解を得てから行動に移すようにすると良いです。

そして、繊細な人と接する際には過度に心配をかけたり気遣ったりしなくていいように、自分は大丈夫だという意思表示をしてあげると、繊細な人も安心して何も考えないで接することができるようになります。

このように、繊細な人は不透明なことを嫌い、周りの人のことを気にしすぎる一面がありますので、繊細な人が心配にならないように説明や話し合いの場をしっかりと設けることで、安心感を与えることができるようになります。

繊細な人との付き合い方:ひとりになりたいことを受け入れてあげる

繊細な人と上手に付き合っていくためには、繊細な人がひとりになりたいことを受け入れてあげることが大切です。

なぜならば、繊細な人は周りに人がいればいるほど他人のことを気にかけ過ぎてしまい、ストレスをためたり気疲れしたりしてしまうからです。

そのため、時にはひとりになる時間をつくることで自分の心に余裕を持つようにしなくては、繊細な人は疲れてしまいます。

そこで、繊細な人が人混みを嫌ったり急にひとりで外に出ようとしたりした場合には、深く理由を聞かないでそっとしておいてあげましょう。

そうしますと、リフレッシュして帰ってきた繊細な人は、しっかりと事情を話してくれますし、精神も落ち着いた状態で戻ってきてくれることでしょう。

繊細な人との付き合い方:個性の一つだと諦めてみる

あまりにも繊細で傷つきやすすぎる人のことは、その性格も1つの個性だと思って諦めることも大切です。

なぜかというと、繊細で傷つきやすい性格の人に対して、その性格を改善するように話しても、より一層、傷ついてしまうことが予想されるからです。

また、だからと言ってこちらが気を遣いすぎると、逆にこちらが気疲れしてしまいストレスをためてしまう可能性もあります。

そこで、周りに優しい人や怒りっぽい人がいるように、繊細な人のことも傷つきやすい性格の人なのだと割り切って個性として捉えてみましょう。

そうしますと、繊細な人の性格を受け入れることができるようになりますし、繊細な人の長所も認めてあげることができるようになります。

繊細な人との付き合い方:笑顔で聞き流す

繊細な人と上手に付き合っていくためには、深く関わらないで笑顔で話を聞き流すことも大切です。

特に、マイナス思考が強すぎて何を話してもネガティブに捉えてしまう人とは、まともに話をしているとイライラしてしまいますし、罪悪感に苛まれてしまうこともあるでしょう。

ですので、繊細な人に対して何を話しても悪い方向にばかり話を受け取る場合には、相手の言葉を否定しないように笑顔で軽く受け流してみましょう。

そうすることで、自分がストレスを溜めることもなく、繊細な人が傷ついてしまうことも少なくなるでしょう。

繊細な人との付き合い方:意見を否定しない

繊細な人と上手に付き合っていくためには、繊細な人の話や意見を否定しないようにすることが大切です。

なぜならば、繊細な人は自分の意見よりも他人の意見を優先させることが多いため、自分の意見を主張するということは、よほどのことがない限りはあり得ないからです。

そのため、繊細な人が自己主張をしてきた時には、よほど主張したいことがあり、その主張をかなり緊張しながら言ったと考えられます。

そして、その主張を否定されてしまったとすると、繊細な人はひどく傷ついて落ち込んでしまうことが予想されるでしょう。

ですので、繊細な人が自分の主張をしてきた時には、できる限り受け入れてあげるように心がけ、もしも否定しなくてはならない時には言葉選びに気をつけることが大切です。

おすすめの記事