大人になっても考え方が子供みたいな性格の人は意外と多いです。

そして、このような精神年齢が低い人は
周囲の人に迷惑をかけてしまうため、
仲間外れにされているのを目の当たりにしたことがあります。

精神年齢が低い人はあくまで悪気はないのかもしれませんが、
客観的にみると、とても痛々しい感じがしますよね。

では、どのような人が精神年齢が低い傾向があるのでしょうか。

ここでは、このような精神年齢が低い人にありがちな特徴と
対処法をご紹介していきます。

精神年齢が低い人の特徴

精神年齢が低い人の特徴は以下のように傾向があります。

・だらしない人
・他力本願な人
・感情的になる
・自己中・我慢が出来ない
・八つ当たりをする・人にあたる
・相手に配慮がない人
・冷静な判断ができない人
・非常識な人
・空気が読めない
・人のせいにする
・大げさな人

精神年齢が低い人の特徴:だらしない人

周囲から精神年齢が低いと思われがちな人には、だらしがないという特徴があります。

たとえば、部屋が散らかっているにもかかわらず、片付けをせずに遊びに行ってしまったり、その散らかっている部屋に平気で友人を招き入れたりしますと周囲からは、だらしない人だなと思われてしまいます。

このような片付けが疎かになったり他のことを優先させてしまったりする行為は、子どもの頃にはよくやってしまう行為ですが、大人になるにつれてしっかりと優先順位をつけて行動ができるようになってくるものです。

しかし、その優先順位が自分の欲を最優先させてしまうだらしのなさが、精神年齢が低いと思われてしまう大きな原因になります。

精神年齢が低い人の特徴:他力本願な人

何事も自分自身が努力をせず、他人任せな他力本願な人も、精神年齢が低いと思われがちです。

このような他力本願な性格の人は、周囲の人から頼られたりお願いごとをされたりすることはまずないでしょう。

そして、逆に『守ってあげなくてはならない』と周囲に思わせるような性格ですので、自分自身が頑張ることをしない、このような性格は精神年齢が低くて考え方が子どもだと思われがちです。

また、一度でも自分が頑張らなくても周囲の協力で成功した経験があった場合、自分が努力しなかったことを反省することなく、また同じ方法で楽をしようという進歩のない考え方もまた、考え方が子どもであると思われてしまう1つの原因と言えるでしょう。

精神年齢が低い人の特徴:感情的になる

すぐに感情的になって怒ったりイライラしたりする人は、周囲からも精神年齢が低いと思われがちです。

このように、感情的になる性格は自分の理性をコントロールすることが出来ない子どもに似ていると考えられてしまいます。

ですので、ちょっと怒られたり嫌なことがあったりしますとすぐに不機嫌になったり、定時に帰れないことにすぐイライラしたりする人は、周囲から精神年齢が低いと思われてしまうことが多いです。

この他にも、自分にとって良いことが起こった途端に機嫌が良くなったり、いきなり仕事を頑張り始めたりするケースも、感情がコントロールできない人によく見られる特徴で、精神年齢が低いと周囲から思われる要因になるでしょう。

精神年齢が低い人の特徴:自己中・我慢が出来ない

精神年齢が低い人は、いつでも自分が中心の考え方をしている自己中心的な人が多いです。

また、プライベートでも仕事でも我慢をすることができなくて、自分の欲を優先させる傾向があります。

ですので、このようなタイプの人は周囲に迷惑をかけたり知らないうちに嫌な思いをさせたりしていることも少なくありません。

たとえば、飲み物の買い出しをお願いした際に、他のスタッフは『お茶』のように統一性があって購入時も買いやすいものを選択している中、自分だけ炭酸飲料を頼んだりしてしまいます。

このように、周囲に合わせることができず、いつでも自分が中心で物事を考えてしまうと、気づかないうちに周囲に迷惑をかけることになってしまいます。

精神年齢が低い人の特徴:八つ当たりをする・人にあたる

精神年齢が低い人は、すぐ周囲の人に八つ当たりをする傾向があります。

そして、特に自分が悪い時などは自分の失敗を隠したり言い訳をしたりするために他人にあたりがちになります。

このように、嫌なことや問題を自分で対処することができずに、全く関係のない人に八つ当たりをしてしまう行為が、精神年齢が低いと思われる原因になります。

また、他人にあたって自分が悪くないことを強調したり、人に失敗をなすりつけたりするような行為は、自己中心的な子どものような考え方であると思われてしまいます。

ですので、自分の失敗は周囲の人を巻き込まずに真摯に受け止めて、できる限り自分で対処するように心がけることが、大人の対応と言えるでしょう。

精神年齢が低い人の特徴:相手に配慮がない人

相手のことを考えずに行動をしてしまう配慮のない人も、周囲からは精神年齢が低いと思われることが多いです。

と言いますのも、相手に対して配慮ができない性格は、相手と協調したり助け合ったりしようという気持ちがないことが多いからです。

ですので、周囲からも気が利かない上に周りのことを考えない勝手な行動をする人だと見られてしまいます。

また、相手に配慮がない人に限って、自分が助けて欲しい時には、周囲の人を頼る傾向があります。

このように、相手のことは関係ないが自分のことは助けて欲しいという考え自体も、周囲からは幼稚だと思われがちです。

このような性格ですと、周囲の人も手を貸してあげたいという気持ちにはなれないでしょう。

精神年齢が低い人の特徴:冷静な判断ができない人

精神年齢が低い人は、とっさに冷静な判断ができなくなることが多いです。

たとえば、目の前で人が倒れた時などは、もちろん誰しもが動揺して冷静な判断が難しくなる局面ですが、しっかりと対処をしなくては命に関わる場合もあります。

このような局面で、精神年齢が低い人は冷静な判断ができずに、ただただ慌てふためいてしまいます。

そして、必要最低限の救急車を呼ぶという行為もできなかったり、もしできたとしても冷静に話ができなくて電話口にいる相手を困惑させてしまったりしてしまいます。

このような時に、たとえ内心は焦っていても自分の動揺をコントロールして、表向きだけでも冷静でいられることが大人の対応だと言えるでしょう。

精神年齢が低い人の特徴:非常識な人

周囲から一般的な常識がないと思われがちなことも、精神年齢が低い人の特徴です。

たとえば、取引先の相手との食事会などの席では、基本的には相手の飲み物に合わせて自分も同じものを注文することが一般的です。

また、お酌をしたり乾杯をしたりして交流を深めるきっかけにもなるでしょう。

もし、お酒が飲めない人の場合には無理をせずソフトドリンクを注文して、相手へのお酌などは欠かさないことを気をつけますと相手にも嫌な印象を与えません。

しかし、非常識な人は自分が好きなカクテルを頼んだり、学生時代の飲み放題のような飲み方をして酔いつぶれたりしてしまうような、かなり非常識な行為も平気でしてしまうことも少なくありません。

精神年齢が低い人の特徴:空気が読めない

周りの空気を読んだ行動や言動ができないことも、精神年齢が低い人の特徴です。

たとえば、目上の人が真面目に仕事についての話をしてくれている時に、少しかんでしまったりしても、かんだことよりも話の内容を気にすることが一般的です。

しかし、精神年齢が低い人は周囲が気にせず話を真面目に聞こうという姿勢でいるにもかかわらず、かんだ事を大笑いしたり目上の人に向かって指摘したりしてしまいます。

このようにして、周囲の張り詰めた空気を一瞬で壊してしまうような空気の読めないケースが、精神年齢が低い人には非常に多いです。

そして、この空気が読めない行動や言動は、精神年齢が低い人自身も気づいていない可能性が高いと思われます。

精神年齢が低い人の特徴:人のせいにする

精神年齢が低い人は、自分が怒られたり評価を下げられたりすることを非常に嫌いますので、何かトラブルや問題がありますと、すぐに人のせいにするクセがあります。

そして、この人のせいにするクセは多くの場合が、自分自身による失敗であるケースがほとんどです。

また、精神年齢が低い人は人のせいにするためでしたら、時には嘘をつくこともあります。

このようにして、責任逃れをする傾向が非常に強いですので、周囲の人からは『関わると責任をなすりつけられる』と思われて、日頃から敬遠されてしまいがちになることも少なくはありません。

精神年齢が低い人の特徴:大げさな人

何事にも対しても大げさで注目を浴びるような行為をすることも、精神年齢が低い人の特徴です。

たとえば、仕事中にカッターで手を切ってしまった際には、さほどの怪我ではないにもかかわらず大げさにふるまって、仕事を早退して病院に行くと言い出すケースもあります。

さらに、その日からしばらくは手を切っていることを理由に、面倒な仕事や大変な仕事を断ることもあるでしょう。

このようにして、自分は大した怪我でもないにもかかわらず仕事を楽する口実として怪我を大げさに扱うケースは非常に多いです。

さらに、周囲の人も注意をしたいところですが注意をしたことについても大げさに被害を訴えかねませんので、なかなか対応が難しいでしょう。

精神年齢が低い人への対処

精神年齢が低い人への対処法は以下の通りです。

・大人な対応
・適度な距離を置く・相手にしない

精神年齢が低い人への対処:大人な対応・相手にしない

職場や親戚などに精神年齢が低い人がいますと、なかなか距離を取ることも難しいでしょう。

このような場合は、精神年齢が低い人のことを相手にせず、張り合わないような大人な対応をすることが望ましいです。

もし、精神年齢が低い人に対して言い返したり張り合ったりしますと周囲の人からは、こちらまで子どもな考え方だと思われてしまう可能性があります。

ですので、上手にあしらいながら無視をしたりすることはなく、付き合って行く方法が大人の対応と言えるでしょう。

しかし、あまりにも幼稚な考えが酷すぎて、仕事や周囲の人にまで支障が出てしまう場合には、周りの人と相談をした上で精神年齢が低い人に注意をすることも1つの手段です。

精神年齢が低い人への対処:適度な距離を置く

そこまで関わりのない別の部署の人や友人が精神年齢が低い考え方をする人だった場合、適度に距離を置くことも1つの対処法です。

この場合、友人と距離を置くことは悩ましいことかもしれませんが、深く付き合って行くことで自分が辛い思いや嫌な思いをすると感じるのでしたら、思い切って距離を置いてみて冷静に考えることをオススメします。

そして、距離を置いてみて気分が楽になったようでしたら、適度な距離感で接していくと良いでしょう。

逆に、いくら相手の考えが幼稚だったとしましても、距離を置いてみたら寂しいと感じた場合には、思い切って相手に悪いところや直して欲しいところを直接、伝えてみると良いかもしれません。

おすすめの記事