あなたは酒癖が悪くて周りの人に迷惑をかけていませんか?

もしかしたら自覚がないだけで、本当は周りの人から『あの人とは一緒にお酒を飲みたくない』と思われているかもしれません。

なんといっても、お酒を飲むと気が大きくなるだけではなく記憶が曖昧になることも少なくないですからね。

そこで、まずはこの記事を読んで酒癖が悪い人の特徴や原因を見ていきましょう。

そして、その上で自分自身は酒癖が悪くないかを追求して、対処法も学ぶと良いです。

それでは、続きをご覧ください。

酒癖が悪い人の特徴

酒癖が悪い人の特徴は以下の通りです。

・大胆な行動をとる
・注目を集める
・ボディタッチしてくる
・我慢できない
・人が変わる
・喜怒哀楽が激しくなる
・普段は大人しい
・愚痴や悪口を言う
・攻撃的になる

酒癖が悪い人の特徴:大胆な行動をとる

酒癖が悪い人は、大胆な行動をとることが多いです。

なぜならば、アルコールが入ると普段は自粛していることや我慢していることを行動に移してしまいやすくなるからです。

さらに、アルコールが回っている状態で一度でも大胆な行動をしてしまうと歯止めがきかなくなり、誰かに注意されたり止められたりするまでは、やりたいことや言いたいことを好き放題してしまう傾向があります。

しかし、普段は自粛していることですので、お酒を飲んだ時の行動や発言はアルコールが抜けた途端に、後悔と羞恥の気持ちに変わってしまうでしょう。

酒癖が悪い人の特徴:注目を集める

酒癖が悪い人は、とにかく周りからの注目を集めやすいです。

なぜかというと、酒癖が悪い人はアルコールが回ってくるにつれて、声が大きくなり口調が悪くなる傾向があるからです。

さらに、酒癖が悪い人は発言も過剰になる傾向もあるため、このような過剰な発言を大きな声でしたなら、一緒に飲んでいる人だけではなく周りの席に座っている客からの注目も集めてしまうでしょう。

そのため、聞かれなくてもいい話を他人に聞かれてしまったり、酒癖が悪い人の発言や行動をみた周囲の客から笑われてしまったりすることも少なくありません。

酒癖が悪い人の特徴:ボディタッチしてくる

酒癖が悪い人は、気軽にボディタッチしてくる傾向が強いです。

たとえば、お酒をたくさん飲んでアルコールが回った人は、あまり身近ではない相手や普段は触れることがない相手にも軽い気持ちでボディタッチしてしまいます。

また、好意を寄せている相手に対しては、普段は簡単に触ることができないため、お酒の力を借りてボディタッチする人も少なくありません。

このように、お酒が入ると気が大きくなってしまいますし、相手もお酒を飲んでいると多少のことは気にしないことが多いですので、普段はすることがないボディタッチを頻繁にしてしまいがちになります。

酒癖が悪い人の特徴:我慢できない

酒癖が悪い人は、物事を我慢できなくなってしまう傾向があります。

たとえば、職場の飲み会で上司からの説教が始まると、普段はおとなしく話を聞いて上司の怒りが収まるのを待っている人も、お酒を飲むと言い返したい気持ちを抑えられなくなってしまいます。

そして、説教に対する反論や普段は言うことを我慢していることを我慢できなくなり、上司に対して失礼にあたってしまうようなことも、はっきりと言ってしまうようになります。

そのため、いざアルコールが抜けてきた時や次の日に仕事に行った時などには、非常に気まずくなってしまいますし、上司からの態度も大きく変わってしまっている可能性があります。

酒癖が悪い人の特徴:人が変わる

酒癖が悪い人の多くは、周りの人から人が変わったと思われやすいです。

なぜならば、酒癖が悪い人は普段は大人しい性格をしていても、アルコールが入ると饒舌になったり急に怒り出したりしてしまう傾向があるからです。

また、逆に普段は明るくて元気な人でも、お酒が入ることで泣き上戸になったり暗い話ばかりし始めたりする場合も少なくありません。

このように、普段は隠している性格や感情が、お酒が入ることで表面化してしまうことも多く、普段の性格に慣れている人からみると人が変わったと思ってしまうのだと考えられます。

酒癖が悪い人の特徴:喜怒哀楽が激しくなる

酒癖が悪い人は、喜怒哀楽が非常に激しいです。

たとえば、最初はアルコールが入り始めて楽しくなり、面白い話や笑い話をしてみんなで盛り上がっていた人も、徐々にお酒が回ってくると急に怒り始めたりや悲しい話をしたりするようになってきます。

さらに、飲み会の終盤になりアルコールが抜けてきて気持ちも落ち着いてくると、やたらと盛り上がってしまったことや急にネガティブになってしまったことを恥じて後悔し、落ち込んで無口になってしまうことも少なくありません。

このように、酒癖が悪い人は一度の飲み会の中で感情がコロコロと変わり喜怒哀楽が激しく変動するため、一緒に飲んでいる人からみると付いていけないと思われてしまうことも多いです。

酒癖が悪い人の特徴:普段は大人しい

酒癖が悪い人は、普段は大人しい性格をしている可能性が高いです。

しかし、普段は大人しい分、ストレスを抱えてしまっている場合が多く、アルコールが入ることでそのストレスが爆発してしまうため、口が悪くなったり怒って騒いだりしてしまうのだと考えられます。

そのため、酒癖が悪いことを知らない人が大人しい性格のイメージで一緒に飲むと、かなりのギャップを感じて驚いてしまうことも少なくありません。

また、普段は我慢していることをアルコールが回ることで言ってしまうため、酔いがさめてから言ったことや行動したことに後悔することも非常に多いです。

酒癖が悪い人の特徴:愚痴や悪口を言う

酒癖が悪い人は、お酒が入ると愚痴や他人への悪口を言うクセがあります。

なぜならば、愚痴や他人への悪口は普段はなかなか言えるタイミングや相手がいないため、思っていても言うことを我慢している場合が多いからです。

そのため、アルコールが入って気が大きくなると、普段は言えない仕事の愚痴や上司への悪口などをたくさん言ってしまうようになります。

そして、普段から言うことを我慢している分、一度、愚痴や悪口を言い始めてしまうと止まらなくなってしまいます。

そのため、愚痴や悪口をスッキリするまで言ってしまう結果、飲み会の中での発言が全て文句のようなものになってしまうため、周りの人からは酔うと人のことを悪く言ったり、文句ばかり言ったりする人だと思われてしまうことが多いです。

酒癖が悪い人の特徴:攻撃的になる

酒癖が悪い人は、他人や物に対して攻撃的になる傾向が強いです。

たとえば、お酒の席で自分が気に食わないことがあると、グラスが割れるほど大きな音を立ててテーブルに置いたり、相手の発言に対して過剰と感じるほど言い返したりしてしまうことは少なくありません。

また、ひどい場合には自分に反論する人のことを殴ったり、全く関係のない隣の席の人に八つ当たりをしたりしてしまうこともあります。

このように、酒癖が悪い人は普段は強い口調で罵ったり暴力を振るったりするような人ではなくても、お酒が入った途端に攻撃的になり、体力的にも精神的にも他人のことを傷つけるような行為をしてしまいがちです。

酒癖が悪い人の原因

酒癖が悪い人の原因は以下の通りです。

・遺伝
・コンプレックスが強い
・アルコールに弱い
・ストレスのため過ぎ
・気が小さくシャイである
・性格

酒癖が悪い人の原因:遺伝

酒癖が悪い人の原因の1つに、親や家族からの遺伝が考えられます。

たとえば、大人になって初めて父親と一緒にお酒を飲む機会があった際に、全く同じ飲み方をして同じように悪酔いをして喧嘩をしてしまうということはよくある話です。

このように、酒癖は親から遺伝するケースが非常に多く、悪酔いの特徴まで似ている場合も少なくありません。

また、幼少期から親の酒癖の悪さを見ながら育っていますと、その飲み方が嫌だと思いながらも自分の飲み方も自然と幼少期に見てきた親の飲み方に似てきてしまうこともあります。

酒癖が悪い人の原因:コンプレックスが強い

酒癖が悪い人は、何かに対して強いコンプレックスを持っている可能性があります。

たとえば、成績の良い同僚といつも比べられて怒られている人は、その同僚に対して強いコンプレックスを抱いているでしょう。

そうしますと、お酒の席でアルコールの力を借りて、同僚に文句を言ったり劣等感を表面化して泣いてしまったりすることも多いです。

このように、日頃からコンプレックスを抱えている人は、普段はそのコンプレックスを隠しながら生活をしている分、お酒の席になるとタガが外れてしまって感情を抑えきれなくなってしまうのだと考えられます。

酒癖が悪い人の原因:アルコールに弱い

酒癖が悪い人は、単純にアルコールによる弱い人であると考えられます。

たとえば、飲むとすぐに顔が赤くなる人や吐いてしまう人は、アルコールに弱い可能性が高いでしょう。

そして、このような人にお酒をどんどんと勧めてしまうと、高確率で悪酔いして酒癖が悪くなってしまうと考えられます。

ですので、お酒が弱そうな人や自分で弱いと言っている人に対しては、無理にお酒をすすめることはしないで自分のペースで飲ませてあげるような配慮をする必要があるでしょう。

酒癖が悪い人の原因:ストレスのため過ぎ

酒癖が悪い人は、ストレスをため過ぎている可能性が高いです。

そして、そのため過ぎたストレスがアルコールを摂取したことによって気が大きくなったタイミングで、突然に爆発してしまうのだと考えられます。

たとえば、日頃から仕事で上司から理不尽に怒られていたり、同僚に手柄を横取りされていたりしても文句一つ言わない人は、いざ職場の飲み会になったときに、お酒を飲めば飲むほど文句や愚痴がどんどんと出てきてしまいます。

さらに、上司を相手に文句を言ったり同僚に直接、悪口を言ったりしてしまうことも多く、普段は静かな人が騒ぎ始めることで周りの人からは驚かれることも多いでしょう。

酒癖が悪い人の原因:気が小さくシャイである

酒癖が悪い人は、普段は気が小さくてシャイな性格をしている傾向があります。

そのため、相手に対して言いたいことが言えなかったり、他人に社交的に話しかけられないことにストレスを感じたりしている可能性が高いです。

このように、普段は気が小さくてシャイな性格をしている人は、お酒を飲むと性格が激変する傾向が強く、急に饒舌になり自分の意見を強く主張してきたり異性にも積極的に話しかけたりすることが多いです。

しかし、次の日にアルコールが抜けたりすると普段のシャイな小心者に戻り、お酒の席での発言や行動を後悔することも少なくありません。

酒癖が悪い人の原因:性格

酒癖が悪い人の原因のほとんどが、その人の性格であると考えられます。

たとえば、普段は言えないことをみんなが酔っている場で言ってしまおうとする人は、チャッカリ者な性格をしていると言えます。

また、普段は大人しくておしとやかな女性が、酔うと饒舌になり大胆な行動をとる場合も、二面性がある性格だと言えるでしょう。

このように、人の酒癖は、その人の性格そのものを表す場合が多いですので、普段見慣れている性格は表面上のもので、お酒の席での性格がその人の本性であることも少なくないでしょう。

酒癖が悪い人への対処法

酒癖が悪い人への対処法は以下の通りです。

・動画に撮る
・ほうって帰る
・警察に突き出す
・酔う前に対策する
・断酒会や専門医をすすめる

酒癖が悪い人への対処法:動画に撮る

酒癖が悪い人のことを改善させたいと思いましたら、酒癖が悪い人の素行を動画に撮っておくと良いです。

なぜならば、酒癖が悪い人は自分で自分の行動や発言をコントロールできなくなるほど、お酒を飲んだ時には記憶も曖昧になってしまっている可能性が高いからです。

そのため、後から他人に飲み会の席での話をされても、いまいち自覚をすることができなくて改善する気持ちが起きないのだと考えられます。

そこで、お酒の席に同席する人が他人に暴力を振るったり、あまりにも失礼な発言を繰り返したりする場合にはスマホなどで動画撮影をして証拠を残しておくと良いです。

そして後日、相手が落ち着いている時に動画を見せて改善を求めることで、本人も反省して謝罪し改善しようとしてくれるでしょう。

酒癖が悪い人への対処法:ほうって帰る

同席する相手があまりにも酒癖が悪い場合には、ほうって帰ることも1つの手段です。

特に、2人で飲んでいる時に相手が悪酔いをして、自分勝手なことを言いだしたり周りに迷惑がかかるほど大声で嫌なことを言ってきたりする場合には、帰る以外に逃げ道がありません。

ですので、相手に注意をしても帰ることを促しても話を聞き入れない場合には、自分の飲み代だけを置いて、さっさと帰ってしまうと良いです。

ただし、自分が帰った後にお店の人に迷惑をかけることが想像できますので、出来るだけ一緒に店を出るように促す努力をして、それでもどうしても無理なようなら店員に一言声をかけてから帰るような配慮をすることが必要でしょう。

酒癖が悪い人への対処法:警察に突き出す

あまりにも酒癖が悪い相手のことは、警察に突き出す必要がある場合もあります。

たとえば、誰彼構わず殴りつけたり店を荒らして回ったりするような人は、下手に手を出すとこちらまで怪我をしてしまう可能性があります。

ですので、自分のツレが酒癖が悪い場合には、警察沙汰になる前に帰ることを促す努力をする必要があります。

また、他人の席で人が怪我をしたり迷惑を被ったりするような過剰な行動をしている人がいた場合には、警察を呼んだり警察に連れて行ったりしましょう。

ただし、自分1人の判断で警察沙汰にすると、逆に相手や周りの人に迷惑をかけてしまう可能性もありますので、周りの友人や店員たちと相談をした上で警察に頼るようにすることをおすすめします。

酒癖が悪い人への対処法:酔う前に対策する

相手の酒癖が悪いとわかっている場合には、酔って面倒になる前に対策をするように、こちらが心がける必要があります。

なぜならば、酒癖が悪い人の多くは自分でお酒の量や自分の感情をコントロールできないため、他人に面倒をかけるような行為や発言を繰り返してしまうからです。

そのため、自分でコントロールが効かないとなりますと、周りの人が何かしらの対処をしてあげる必要性があります。

たとえば、お酒を飲む前にウコンを飲むように促したり、飲みすぎる前に帰ることをすすめたりしてみましょう。

そうしますと、他人に迷惑をかけるほど酔う前に、飲み会を終わらせることができるようになるでしょう。

酒癖が悪い人への対処法:断酒会や専門医をすすめる

酒癖が悪い人に対しては、断酒会や専門医をすすめることも1つの手段です。

特に、自分自身で酒癖が悪いことを自覚している人や、自覚はなくても一緒に飲んでいた友人に酒癖の悪さを動画に残されていて、自覚せざるを得ない状況にある人は、お酒を断つ意思を持っている可能性が高いです。

ですので、このように自ら禁酒や減酒する意思がある人は、断酒会に参加して同じ境遇の人と話して辛さを分かち合いながらお酒を減らしていくことが期待できます。

また、他人から見てあまりにも酒癖が悪い人は、誰かが専門医を受診することをすすめてあげる必要がある場合もあります。

そして、本人にもお酒を断つ意思がある場合には一緒に専門医を受診して、お酒の席での状況を説明してあげることで、酒癖が悪い人の改善に協力することができるでしょう。

酒癖が悪いのを治すには

酒癖が悪い人のを治す方法は以下の通りです。

・治療を受ける
・飲む前にウコンを摂取
・飲み過ぎない
・飲むお酒を変えてみる
・自覚する
・代謝をよくする

酒癖が悪いのを治すには:治療を受ける

酒癖が悪いのを治すためには、専門医による治療を受けることが効果的です。

なぜならば、酒癖が悪い時の症状や原因は人によって異なるため、一般的な方法では酒癖はなかなか治すことができないからです。

ですので、心療内科や精神科に通って酒癖が悪くなってしまう精神的な原因を突き止めたり、内科や消化器科に通って飲み過ぎを抑える治療をしてもらったりすると良いです。

そうしますと、飲みすぎて酒癖が悪くなることも防げますし、酒癖が悪くなってしまう根本的な原因を改善することもできるでしょう。

酒癖が悪いのを治すには:飲む前にウコンを摂取

酒癖が悪いのを治すためには、お酒を飲む前には必ずウコンを摂取するように心がけると良いです。

なぜならば、ウコンにはアルコールを早く分解する効果があるからです。

ですので、ウコンを摂取することで酒癖が悪くなるほど悪酔いすることが少なくなり、周りの人に迷惑をかける行動や発言をするまで酔わなくて済む可能性が高いです。

このように、ウコンにはアルコールによる酔いを抑える効果が期待できますので、自分で自分の酒癖を治したいと思いましたら、比較的安価で手に入りやすいウコンを試してみることをおすすめします。

酒癖が悪いのを治すには:飲み過ぎない

酒癖が悪いと自分で自覚がある場合には、飲みすぎないように注意することが一番でしょう。

なぜかというと、酒癖が悪い人の多くはアルコール量が増えるにつれて、酒癖も悪化していく傾向があるからです。

そこで、酒癖が悪くなって自分自身をコントロールできなくなる前に、お酒を飲むペースを緩めたりお酒の量を減らしたりすると良いでしょう。

たとえば、乾杯のビールだけを飲んで、あとはソフトドリンクやノンアルコールビールを飲んでいると、酒癖が悪くなるほどアルコールを摂取しなくて済みます。

このようにすることでお酒に弱い方でも、付き合いに参加しやすくなるので、酒付き合いが悪いと上司から怒られることも防ぐことができます。

このように、自分の酒癖を治すためには自分自身で強い気持ちを持ってアルコールの量をコントロールできるようになる必要があります。

酒癖が悪いのを治すには:飲むお酒を変えてみる

酒癖が悪いのを治すためには、飲むお酒の種類を変えてみると良いです。

たとえば、日本酒やウイスキーなどはのみやすいですがアルコール度数が高くて、少量でも酔ってしまう可能性が高いです。

また、飲みやすいため量もたくさん飲んでしまいやすく、気付いた時には記憶が無いような状態になっていることも少なくありません。

そこで、焼酎やカクテルのように割って飲むお酒を飲んでみると、酔いが回りにくくて自分のことをコントロールしやすくなります。

また、人によっても合うお酒と合わないお酒はありますし、一度の飲み会で色々な種類のお酒を飲むと酔いやすい傾向がありますので、1つのお酒の種類に絞って飲むことをおすすめします。

酒癖が悪いのを治すには:自覚する

自分の酒癖が悪いのを治すためには、まずは自分自身が自覚をすることが一番大切です。

なぜかというと、酒癖が悪い人の多くは記憶が無くなるまで飲んでしまっているからです。

そのため、お酒の席で自分がしてしまったことや他人に言ってしまったことが自分の記憶にはなく、後日、一緒に飲んで人に指摘をされて初めて気付くことが多いです。

ですので、もしも他人から自分のお酒の飲み方について指摘をされた時には、反抗的にならないで相手の話を真摯に受け止めて、改善する気持ちを持つようにしましょう。

そうしますと、自然とお酒の飲み方が変わってきて、自分の酒癖をコントロールするような飲み方ができるようになってくるでしょう。

酒癖が悪いのを治すには:代謝をよくする

酒癖が悪いのを治すためには、自分の身体の基礎代謝をよくすると良いです。

なぜならば、基礎代謝がよい人はアルコールの分解速度も速いと考えられているからです。

そのため、基礎代謝がよい人は飲んでいる最中でもトイレに行く回数が多いですし、汗もかきやすい傾向があります。

このように、基礎代謝がよいと飲んでいる最中からアルコールを分解し始めることができますので、日頃から適度な運動や筋トレをしていると、悪酔いして酒癖が悪くなることを防ぐことができます。

おすすめの記事