例えば、仕事や勉強などを一夜漬けでやり遂げたいときなど・・・どうしても寝たくないときってありますよね。

でも、なぜかいつの間にか寝てしまい気が付いたら朝なんてことも。

できるなら寝たくないときには眠らないようにしたい・・・

そんな寝たくないあなた向けに寝てしまわないような対策法をご紹介していきます。

寝たくないのに寝てしまう 対策

寝たくないのに寝てしまう人の対策は以下の通りです。

・歯磨きをする
・妄想する
・冷却スプレーで首筋を冷やす
・カフェインを摂取する
・ガムやチョコレートを食べる
・朝日を浴びる
・アロマの香りを嗅ぐ
・コップ一杯の水を飲む
・補聴器型のアラームを活用する
・耳を引っ張る
・お気に入りの音楽を聴く
・ツボを押す
・体内時計を整える
・睡眠の質を高める
・脳の覚醒を維持する

寝たくないのに寝てしまう 対策:歯磨きをする

寝たくないのに寝てしまう時には、歯磨きをしてみると良いです。

特に、ミントやキシリトール系の歯磨き粉を使って歯磨きをすると、口の中がスッキリとしますし歯磨き粉の辛さで目が冴える可能性があります。

ですので、眠くなった時には食後であってもなくても、軽く歯を磨くと目も覚めますし気持ちもスッキリすることができるでしょう。

また、職場で残業している時のように歯磨きをできない時には、歯磨き粉のような辛さがあるガムを噛むことが効果的です。

このように、寝たくないのに眠くなってしまう時には口の中に刺激を与えることで、目を覚ますことができるようになります。

寝たくないのに寝てしまう 対策:妄想する

寝たくないのに寝てしまう時には、自分に都合がいいことや願望を妄想すると良いです。

たとえば、次の日の試験のために前日に徹夜をすることを決めているにもかかわらず、いざ夜に参考書を開いて勉強をしようとすると眠くなってしまうという経験をしたことがある人は多いかと思います。

このような時には、試験に出る問題を適当に想像して、その問題をスラスラと解いている自分を妄想してみると良いでしょう。

さらに、試験の結果が非常に良くて先生や家族からも称賛される場面を妄想しますと、より一層、勉強へのやる気が湧いてきて眠気もなくなる可能性があります。

このように、寝たくないのに寝てしまいそうな時には、自分に都合が良いことを妄想して自分自身でやる気を引き出すことも1つの手段です。

寝たくないのに寝てしまう 対策:冷却スプレーで首筋を冷やす

寝たくないのに寝てしまう時には、冷却スプレーなどを用いて首筋を冷やしてみると効果があります。

また、冷却スプレーがない場合にはタオルに巻いた保冷剤を首筋に当てるだけでも充分な効果を得ることができます。

ですので、残業をすることが決まっているような日には、寝そうになった時のことを考えて、冷却スプレーや保冷剤のように首筋を冷やせるものをあらかじめ用意しておくと良いでしょう。

そうしますと、いざという時にでもサッと首筋を冷やすだけで、目を覚ますことができますので、残業中に寝てしまって帰れなくなったり仕事が進まなかったりすることを防ぐことができます。

寝たくないのに寝てしまう 対策:カフェインを摂取する

寝たくないのに寝てしまう時に、カフェインを摂取することは多くの人が試した経験がある方法でしょう。

特に、コーヒーや紅茶などは仕事をしている人にとって、眠気覚ましのためには欠かせない嗜好品とも言えます。

また、たとえばチョコレートやコーラなどにもカフェインが多く含まれていますので、コーヒーのような苦いものが苦手な人はチョコレートなどを試してみると良いでしょう。

このように、調べてみるとコーヒー意外にもカフェインを含む食品はたくさんありますので、自分にとって利用しやすい物を見つけておくと良いでしょう。

また、小さい小袋のチョコレートなどはポケットに入れておくと、急な眠気に襲われた時でもサッとカフェインを摂取することができる良いアイテムになりますので、試してみることをおすすめします。

寝たくないのに寝てしまう 対策:ガムやチョコレートを食べる

寝たくないのに寝てしまう時には、ガムやチョコレートを食べると眠気覚ましの効果を得ることができます。

なぜならば、人は咀嚼することで脳が活性化してやる気を出すことができるからです。

そのため、ガムは噛み続けることで無意識のうちに、脳の働きを促しているので目が覚めやすいと考えられます。

また、チョコレートにはカフェインが含まれていますので、眠くなった時に少量を摂取することで、コーヒーを飲んだ時と同じような眠気覚しの効果を得ることができます。

このように、ガムやチョコレートを眠気覚しのために食べる時には、ポケットに入りやすいステック状のガムや小袋のチョコレートを選ぶことをおすすめします。

寝たくないのに寝てしまう 対策:朝日を浴びる

寝たくないのに寝てしまう時には、朝日を浴びると良いです。

たとえば、朝に目が覚めなくて二度寝をしてしまいそうな時には、カーテンを開けて朝日を浴びてみましょう。

そうしますと、脳が朝だということを目で見て認識することができますので目が覚めやすくて、朝のダラダラしたくなる気持ちもなくなることが多いです。

また、日頃から朝日を浴びる習慣がある人は、昼間に眠くなりにくい傾向があります。

ですので、仕事の日はもちろんのこと、休日でも朝起きる時間はしっかりと決めて朝日を浴びることを心がけておきますと、寝たくない時間に寝てしまうことを防ぐことができるようになります。

寝たくないのに寝てしまう 対策:アロマの香りを嗅ぐ

寝たくないのに寝てしまう時には、アロマの香りを嗅ぐと良いです。

なぜならば、一見するとアロマの香りにはリラックス効果があり眠くなってしまいそうに見えますが、人は臭覚を刺激することで脳が活性化して目が覚めやすいと考えられるからです。

ですので、日頃の育児疲れで昼間に眠くなってしまったけれど、子どもが起きているから昼寝ができないという時には、自分の好きな香りを選んでアロマを焚くと良いです。

そうしますと、目がさめるだけではなくリラックス効果も期待できますので、日頃の疲れを癒すこともできるでしょう。

寝たくないのに寝てしまう 対策:コップ一杯の水を飲む

寝たくないのに寝てしまう時には、コップ一杯の水を飲んでみると良いです。

なぜならば、コップ一杯分の水を飲むと胃腸が働き始めるため、内臓が働くことで脳も目を覚ますことができるからです。

ただし、胃腸を動かすためと思ってお腹いっぱいの食事をしたりジュースのような甘い飲み物を飲んだりしてしまいますと、逆に眠気が襲ってきてしまう可能性が高いです。

ですので、一時的に眠気を回避したい時にはコップ一杯の水を飲むことにとどめておいた方が、眠気覚しの効果を得ることができるでしょう。

寝たくないのに寝てしまう 対策:補聴器型のアラームを活用する

寝たくないのに寝てしまう時には、補聴器型のアラームを活用してみるのも1つの手段です。

特に、仕事の会議中や勉強会などの最中に眠くなってしまうと、ガムを食べたりコーヒーを飲んだりすることができない場面も多いです。

ですので、飲み物や食べ物を摂取することが難しい時や、あからさまに眠気を飛ばそうとする仕草ができない場面では、補聴器型のアラームを活用することが非常に有効になります。

このような補聴器型のアラームは、家電用品店などで簡単に購入することが可能です。

そのため、気づいていないだけで周囲にも補聴器型のアラームを使っている人もいる可能性があり、つけていても目立たなくて効果を得られることから重宝している人も多いでしょう。

寝たくないのに寝てしまう 対策:耳を引っ張る

寝たくないのに寝てしまう時には、耳を引っ張ってみると良いです。

なぜかというと、引っ張られると単純に痛みを感じますので、その痛みで目がさめるからです。

また、痛みを感じさせる中でも耳は目に比較的近いパーツですので、目を覚まさせるためには効果的な場所だと言えます。

ですので、たとえば仕事の会議中に眠くなってしまった時には、頬杖をつくフリをして耳を引っ張ってみましょう。

そうしますと、一時的に目を覚ますことができて、会議中に集中して参加することができるようになるでしょう。

寝たくないのに寝てしまう 対策:お気に入りの音楽を聴く

寝たくないのに寝てしまう時には、自分のお気に入りの音楽を聴くと良いです。

その理由は、自分のお気に入りの音楽を聴くことは、集中力を高めることにつながるからです。

ですので、可能であれば仕事中にイヤホンでお気に入りの音楽を聴いたり、家で音楽をかけながら勉強をしたりすると、眠気が飛んで集中力を高めることができます。

ただし、自分があまり興味がないジャンルの音楽やクラシックを聴いてしまうと、眠くなってしまいやすく逆効果なため、曲選びは重要なポイントになります。

寝たくないのに寝てしまう 対策:ツボを押す

寝たくないのに寝てしまう時には、ツボを押してみると良いです。

たとえば、こめかみや耳たぶなどには刺激すると目がさめるツボがあると言われています。

ですので、寝てはいけない時に、ふと眠気を感じた時には眠気覚しのツボを強めに押してみましょう。

このようなツボを押すことでの眠気覚しは、仕草としても目立ちませんし必要な物もありませんので、非常にやりやすくて効果も得やすい方法だと言えるでしょう。

寝たくないのに寝てしまう 対策:体内時計を整える

寝たくないのに寝てしまう時には、体内時計を整える必要があります。

たとえば、長期休暇中に自分が起きたい時に起きて寝たい時に寝るような生活をしていると、昼夜逆転してしまうことが多いでしょう。

そして、その生活を徐々に戻すことなく休暇終わりに急に早起きをすると、夜更かしをしていたしわ寄せとして昼間に眠気が襲ってきてしまいます。

ですので、長期休暇や旅行などで体内時計が狂ってしまったと感じた場合には、仕事が始まる前にあらかじめ体内時計を徐々に整えておくようにすると良いです。

そうしますと、規則正しい生活を取り戻すことができて、朝早く起きても昼間に眠くなることなく、夜にしっかりと熟睡できるようになるでしょう。

寝たくないのに寝てしまう 対策:睡眠の質を高める

寝たくないのに寝てしまう時には、睡眠の質を高めることが非常に大切になります。

なぜならば、いくら長時間睡眠をとったとしても、眠りが浅かったり睡眠の質が悪かったりすると、寝ることが逆に疲れを貯めることになってしまうからです。

そのため、夜に満足な眠りができなくて昼間に眠くなり、昼寝をすることでさらに夜の睡眠が浅くなるという悪循環になってしまう可能性があります。

そこで、睡眠の質を高めるために寝る前には湯船にしっかりと使って身体を温めたり、寝る前にハーブティーを飲んだりしてみると良いでしょう。

さらに、布団も自分の身体にあった柔らかさのものを選び、枕の固さや高さにも気を使ってみましょう。

そうしますと、睡眠の質も格段に良くなり、夜中に目を覚ましてしまうこともなくなりますので、目覚めの良い朝を迎えることができて昼間に眠くなることを回避することができます。

寝たくないのに寝てしまう 対策:脳の覚醒を維持する

寝たくないのに寝てしまう時には、脳の覚醒を維持すると良いです。

なぜかというと、人は脳が覚醒している間は眠くならない傾向があるからです。

ですので、たとえば眠気も飛ぶほど没頭できる趣味や、続きが気になって寝られないほど夢中になれる本や漫画を見つけると良いでしょう。

そうしますと、脳が活性化して無理に目を開けて起きようとしなくても、自然に目が冴えて眠気をなくすことができます。

このように、脳の覚醒を維持したい場合には長時間集中できる事柄を見つけると、より一層の効果を期待することができるでしょう。

おすすめの記事