長嶋一茂というと、かの有名な長嶋茂雄の長男として有名ですが、すでに結婚をして子どももいる一家の大黒柱になっていたのですね。

長嶋一茂の家族の存在があまり口外されていないのは、家族は一般人であることや子どもたちがまだ学生であることが理由だと考えられます。

そこで、今回は長嶋一茂の嫁や子供について公開されている情報をまとめることはもちろん、まだ世間にはあまり知られていない話も探っていきたいと思います。

長嶋一茂の家族について興味がある方や、世間で流れている噂が事実かどうか知りたい方は、早速続きを読み進めていきましょう。

長嶋一茂の現在の家族構成は?嫁や娘たちの年齢は?出身はどこ?

長嶋一茂は長嶋茂雄の息子として有名ですが、すでに自らの家庭を持っています。

ここでは、長嶋一茂が大黒柱になっている家族についてをまとめていきます。

長嶋一茂の家族は、現在長嶋一茂と嫁、さらには2人の娘がいます。

なんとこの娘、双子だそうですね。

二卵性の双子の女の子ということで、写真は出回っていませんがおそらく似ているのでしょうね。

2012年に、大きな問題となった【長嶋一茂宅への落書き事件】にて江角マキコの子供と同じ小学校に通っていたことが原因と言われていましたし、2015年の時点で11歳の娘が陸上をしているということは長嶋一茂本人が明かしています。

長嶋一茂邸の落書き事件の真相は?バカ息子と書かせた本当の犯人は?

ですので現在、娘たちは14歳〜15歳だと考えられます。

長嶋一茂は娘の学校については明かしていませんが、幼稚園は【青山学院幼稚園】を卒園しています。

青山学院は幼稚園から大学まで一貫で教育をしていると言われていますので、よほどの理由がない限り現在は青山学院中等部に通っている(2018年時点)と考えられます。

また、嫁の名前は長嶋仁子さん。

一般の方との結婚だったようですね。

ちなみに旧姓は猪野仁子さんだそうです。

出身は鹿児島ですが、高校卒業と同時に上京して、それ以来、都内での生活が主になっているようですね。

現在は個人事務所【ナガシマ企画】の社長を務め、夫である長嶋一茂のサポートをしているというやり手の嫁です。

長嶋一茂は現在、この4人での家族生活を送っています。

ちなみに、4人が生活するのは品川区の高級住宅街の中でもさらに目立つかなりの豪邸だといいます。

落書き事件のこともあり、長嶋一茂の自宅は近所の人にはかなり有名なのだといいます。

落書き事件についての検索をすると長嶋一茂の自宅をある程度見ることができますが、たしかにあれほどの豪邸なら長嶋一茂ではなくても誰か著名人や芸能人の家だという察しはつきますね。

長嶋一茂の嫁は銀座のホステスだった!?当時から評価は最低だったって本当?学歴は?

長嶋一茂と嫁の仁子さんは、どこでどのようにして出会ったのでしょう。

一般人が長嶋一茂と結婚をするといわれると、世間的に見るとかなりの玉の輿ですよね。

長嶋一茂の活躍はもちろんのこと、父親は日本中の誰もが知る長嶋茂雄ですからね。

そんな二世プロ野球が嫁と出会った場所はなんと高級クラブ。

長嶋一茂が足を運んだクラブのホステスだったのですね。

仁子さんの社交的で人の心や気持ちをすぐに掴む話し上手な一面が素晴らしいと思っていましたが、元ホステスと聞くと納得ですね。

結婚会見や結婚式の撮影などで、仁子さんは長嶋一茂と顔を揃えてメディアの前に立つことがありました。

その際の堂々たる話し方や会話の内容は、関心以外の何者でもありませんでした。

当時、長嶋一茂のことを接客した仁子さんは、すぐに長嶋一茂の心を掴み意気投合したといいます。

仁子さんは銀座の中心地の高級クラブでナンバー2を張るほどの人気ホステスでした。

接客のプロで、お客さんが求めることや思っていることはすぐに察して行動に移してくれる最高なホステスだったようです。

ですが、スタッフの中では仁子さんのことを悪くいう人もいたとか。

ナンバー2にもなると妬む人も多かったのでしょう。

『人のお客さんを取った』とか『枕営業している』というような噂を立てられたことも多かったようです。

そのため、人によっては当時の仁子さんのことを『最低な人だった』という人もいるようですね。

ちなみに、その点については夫である長嶋一茂が全く気にしていないようですので、何の問題もないですね。

仁子さんは鹿児島県の鹿児島城西高校を卒業してすぐに上京し、ホステスになったようです。

そのほかの経歴がありませんので、東京に来てほかの仕事をしたことはなさそうですね。

社会経験も少なくホステスになり、高級クラブのトップの立ち位置につくとは、他人には分からない努力をしていたのでしょうね。

長嶋一茂の娘の現在とは?青学で陸上の選手?成績は?

長嶋一茂の双子の娘は、前述で紹介した通りおそらく青山学院中等部に通っていると考えられます。

2人は一緒に陸上部に所属しているようで、父親譲りの運動神経の良さからかなりの成績を残しているとか。

長嶋一茂も父である長嶋茂雄があまりにも伝説を残しすぎたために『親の七光り』と言われてきましたが、長嶋一茂個人として見るとかなりの才能がある選手でした。

娘たちにその遺伝子が受け継がれていてもおかしくはないですね。

さらに、双子の娘は東京都の陸上大会では常に上位に名前が上がるほどの実力者だといいます。

長嶋一茂は娘の名前や顔は公開していませんが、もしかすると東京都の中学陸上部の成績を探してみると名前が分かるのかもしれません。

また、長嶋一茂自身も背が高いですし、嫁の仁子さんも高校時代はバレーをしており大学から推薦が来るほどだったといいますから、スタイルはかなりいいです。

娘たちのことを知る人からは、2人の娘も背が高いとの噂も出ています。

おそらく、個人を特定されないために陸上の詳しい種目などは公開されていません。

もしかすると、陸上での成績でもネットなどでは名前が伏せられている可能性もあるでしょう。

長嶋一茂自身も、『親の七光り』との言葉でかなり傷つけられてきました。

我が子にもそのような思いをさせたくないという思いで、自分が父親であることは極力口外されないような工夫をしているのでしょう。

世間からはおバカキャラという印象のある長嶋一茂ですが、父親や夫としては頼り甲斐のある大黒柱のようですね。

長嶋一茂の妻が韓国人との情報の真相は?噂の原因やきっかけは?

長嶋一茂の妻は、先程から紹介している通り長嶋仁子さんです。

正真正銘の日本人ですね。

では、なぜそのような噂が流れてしまったのでしょうか?

はっきりとした理由はわかりませんが、おそらく原因は長嶋仁子さんの旧姓にあると考えられます。

長嶋仁子さんの旧姓は【猪野】といわれていますが、一部では【猪名野】という名字だったと紹介されているところもあります。

公式サイトを見てみると長嶋一茂の嫁の旧姓は【猪野】ですので、おそらくこちらで間違いはないのです。

ですが、どこからか浮上したこの【猪名野】という名字が日本ではあまり見かけない名字であるということで韓国人ではないかと噂されたのだと考えられます。

また、長嶋一茂がレギュラーとして出演する朝の情報番組【モーニングバード】にて、長嶋一茂は韓国についての話題が出ると韓国を擁護することが多いことが、この噂をさらに助長される原因になっているのでしょう。

長嶋一茂がなぜ韓国ネタについて擁護しているかどうかは別として…

長嶋仁子が日本人であることは間違いありませんし、韓国人とのハーフやクォーターであることもなさそうです。

長嶋一茂は長嶋茂雄の長男?兄弟は?現在は何をしているの?

長嶋一茂はみなさんご存知のとおり、長嶋茂雄の息子ですよね。

子どもの中でも長男ですので、かなりの期待を込められて育てられたことがうかがえます。

長嶋一茂は自身の他にも3人の兄弟姉妹がいます。

つまり、4人兄弟の長男として育ったのですね。

長男である長嶋一茂は世間でも知られている通り、元プロ野球選手で現在はタレントとして活躍をしています。

次に生まれたのは長嶋茂雄の長女にあたる有希さん。

長女は一般人ということですので職業など詳しいことは公開されていません。

長嶋一茂の妹ということですので、すでに結婚して子供がいる可能性もありますよね。

その次の兄弟は次女の長嶋三奈。

現在は49歳で知っている人も多いかと思いますがスポーツキャスターとして活躍していますね。

ワールドカップや世界選手権などの際にはよく長嶋三奈のことを見かけます。

父親や兄の影響を受けて、スポーツに詳しくなったことは確かでしょうね。

長嶋三奈のコメントは非常に的確で的を射ている上に、視聴者に分かりやすい言葉選びができていると評判です。

長嶋家の娘とするとかなり転職についたように思えますね。

そして、末子にあたるのが長島正興。

現在47歳で元レーシングドライバー。

今は環境問題研究者及びインタビュアーをしているとか。

スポーツ一家の中では割と知能的な職業に就いていますね。

とはいえ、元はレーシングドライバーですから長嶋家の息子らしい職業です。

危険なレーシングドライバーという仕事には、父である長嶋茂雄はかなり反対したのだといいます。

ですが、当時はかなりの車好きだったことや映画などで憧れを抱いていた長島正興は、両親の反対を押し切ってレーシングドライバーになったのだといいます。

そして、現在は環境によくないレーシングカーのドライバーから、環境のことを考える仕事に転職をしました。

その気持ちの転換の早さと方向性の変更の仕方は、長嶋茂雄や長嶋一茂に似ている気がしますね。

まとめ

いかがでしたか?

ここで、長嶋一茂の嫁や娘、さらには本人の兄弟姉妹についても簡単にまとめていきたいと思います。

・長嶋一茂の嫁は仁子さん。元ホステスとの噂は本当で、銀座の高級クラブのナンバー2として活躍していた。長嶋一茂はこの店で仁子さんに出会って交際が始まった。

・長嶋一茂の娘は双子。現在は青山学院中等部で陸上をしていると考えられる。娘も運動神経がよく、陸上での競技成績も上々だという。

・長嶋一茂の嫁は正真正銘の日本人。噂で流れた旧姓が韓国人っぽかったことや、長嶋一茂がモーニングバードで韓国を援護する発言が多いことが、嫁は韓国人という噂のきっかけだと考えられる。

・長嶋一茂は4人兄弟。長嶋一茂は長男で、一般人の長女とスポーツキャスターの次女・長嶋三奈、さらには元レーシングドライバーの次男・正興と、長嶋一家らしい職業である。

以上になります。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

おすすめの記事