いまやスケートや水泳などの世界大会の中継や報道ステーション、さらにcmにと引っ張りだこの松岡修造ですが、妻の田口恵美子は美人アナウンサーだったって知ってましたか?

あの強烈な熱血キャラの松岡修造と寝食をともにする奥さんは結構大変な思いをしているのかなと思っていましたが、どうやら図星だったようです。

今回は、そんな松岡修造と結婚した田口恵美子と子供、普段の生活について詳しく掘り下げていきたいと思います。

興味がある方は、ぜひ続きをご覧ください。

松岡修造は既婚者だった!?相手は元アナウンサーの田口恵美子?2人の馴れ初め?

元テニスプレイヤーで現在はテニスの指導者やオリンピックの中継などの仕事をしている松岡修造ですが、実は家庭持ちだったことをご存知でしたでしょうか?

松岡修造は、1998年に約3年の交際を経て現在の嫁と結婚をしました。

さらに、その嫁とはなんと元アナウンサーの田口恵美子だというのです。

1991年の25歳の時に田口恵美子はテレビ東京に入社して、アナウンサーとなりました。

松岡修造と出会ったのはその後の1995年頃だといいますから、ちょうど松岡修造がウインブルドンに出場していた頃でしょう。

そんな忙しい時期に交際?と思う人も多いかと思いますが、2人の馴れ初め自体がこのウインブルドン選手権なのです。

テニスの大舞台に立つ松岡修造に対してインタビューをしたのが、当時はまだ交際をしていなかった田口恵美子。

アナウンサーとスポーツ選手の交際が多いのは、このようなきっかけがあるのでしょうね。

インタビュー後、連絡先を交換した2人ですが、毎日のように電話をしてくる松岡修造に対して田口恵美子はドライな対応をしたといいます。

何に対しても熱い松岡修造にとって、冷静で落ち着いた凛とした態度をみせる田口恵美子は興味をそそられる存在だったのでしょう。

逆に、田口恵美子にとっても松岡修造の性格は興味深いものだったことでしょう。

2人の真逆な性格は交際するには相性はバッチリでした。

また、田口恵美子の方が年上の姉さん女房とのことで、その点でも嫁が冷静な性格であることが2人のバランスをよくしたのでしょう。

2人を知る知人は、結婚20年近くになるが今でもラブラブなおしどり夫婦だと話します。

しっかりとした姉さん女房が、後先考えないで突っ走る夫をこれからも支えていってほしいものですね。

田口恵美子の過去の男性遍歴とは?世間を騒がせた怪文書の内容と松岡修造の反応は?

田口恵美子と検索をすると、かなり良くない噂が浮上します。

というのも、田口恵美子は松岡修造との結婚会見直後に、嫁の過去の男性遍歴をバラして中傷するような怪文書が出回ったのです。

また、その怪文書がテレビ東京内に広まったことから、その日のうちにニュースとなりすぐに視聴者にも知られることになってしまいました。

怪文書の内容は主に田口恵美子の過去の男性遍歴や再婚疑惑などが書かれていたといいます。

本当のところは本人しかわからないとは思いますが、夫である松岡修造はこの怪文書の内容を全否定。

根も葉もない噂だと一刀両断しました。

そして、『何があっても自分が彼女を一生守り抜く』と宣言をしたのです。

かっこいいですね。

熱血な松岡修造らしい発言です。

おそらく、この時期は田口恵美子にとって人生の中でもかなりきつい時期だったでしょう。

そんな時に夫からこんな言葉をかけられたら、泣いてしまうほど嬉しいですよね。

この怪文書の内容が松岡修造の言う通り全てがウソだったとすると、なぜ根も葉もない噂をたてられることになったのでしょうか?

一説には、容姿端麗な田口恵美子はかねてから局内で妬まれる存在だったという話が挙げられています。

たしかに、田口恵美子はとても美しくて優秀な方でしたね。

そんな彼女が当時、かなり人気を博していた松岡修造との結婚を発表したことで、より一層、周囲から妬まれることとなり嫌がらせを受けたのではないかと言われています。

また、テレビ東京にとって田口恵美子は看板アナウンサーだったため、松岡修造と結婚することによって寿退社されることを恐れた局側の嫌がらせではないかとの話も上がっています。

怪文書の真相は未だにはっきりしないようですが、松岡修造のこの時の対応は100点満点といえるでしょう。

田口恵美子は夫と外食をしたくない理由とは?普段の食事や祝い事はどうしてるの?

今でもラブラブで仲睦まじい姿がよく見かけられる2人ですが、田口恵美子は松岡修造と外食をすることだけは嫌がっているそうです。

何ででしょうか?

田口恵美子自身は外食が嫌いというわけではないようですが、やはり松岡修造と行くということが嫌なようです。

それもそのはず。

松岡修造は食事の際にはしゃべることよりも食べることに集中してしまうようです。

意外ですね。

松岡修造なら食べることも忘れてずっとしゃべり続けてしまうようなイメージがありますが…

たしかに、家では食べるのに集中されることは嬉しいと感じることも多いでしょう。

自分が作った食事を黙々と食べてくれるわけですからね。

作った甲斐がありますよね。

ですが、外食となると作る手間や時間がない分、女性とすると楽しく仲良く会話をすることも醍醐味の一つと思っています。

そんな外食先でもただただ食べられてしまうと、楽しくないですよね。

松岡修造は食事中は話しかけてもほとんど返事をしないようです。

相槌すらままならないことも少なくないとか…

田口恵美子が松岡修造と外食をしたくない理由もわかりますね。

そんな2人の家庭は、普段は田口恵美子が食事を作って食べているようです。

また、誕生日やお祝い事がある時にはテイクアウトすることもあるようです。

さらに子どもが大きくなってからは松岡修造がいない間に田口恵美子と子どもたちで外食に行くことも珍しくないとか…

松岡修造はアスリートということもあり、喋りながら食べることよりも食事に集中するクセがついてしまっているのかもしれませんね。

松岡修造と田口恵美子の子供は何人?今は何をしているの?

松岡修造と田口恵美子の間には3人のお子さんがいます。

2人の娘さんと息子さんが1人とのことです。

長女の恵ちゃんは1999年生まれ、その4年後に長男の修くん、2年後に笑美ちゃんの順で生まれています。

夫婦それぞれの名前を子どもに継いだ印象がありますね。

そんな3人のお子さんも大きくなり、長女の恵ちゃんは来年には成人を迎えます。

宝塚歌劇団の試験に合格したとの情報があるのは、この長女の恵ちゃんですね。

2人の娘さんですので容姿が美しいことは確実でしょうし、田口恵美子ならではの上品で女性らしい教育をしたのでしょう。

さらに、息子の修くんは父親の背中を追いかけてテニスをしているようです。

慶應義塾幼稚舎を卒業したということで、おそらくその後も慶應義塾の中学高校に進んでいるのだと考えられます。

誰からみても熱血と思われる指導をしている松岡修造ですが、我が息子に対してはより一層、熱血になるそうで…

息子の修くんからは『めんどくさい』と言われることもあるようです。

ちょうど思春期の年齢ですしね。

親子だからこそお互いに言いたいことをはっきりと言い合いながら、技術を高めあっていることがよくわかります。

次女の笑美ちゃんについての詳しい情報はまだありません。

小学校は日本女子大付属豊明小学校に通っていたとのことです。

年齢的にもまだ小学生か中学生ですからね。

これからテニスを習い始めるのか、母や姉の姿を見て芸能の道を辿るのか…

はたまた自らの新しい道を切り開く可能性もあります。

どのような道に進んだとしても3人のお子さんの今後の活躍には目を離せませんね。

田口恵美子の女子アナ時代とは?松岡修造とは再婚との噂は本当?

田口恵美子はテレビ東京の女子アナウンサーでした。

当時は【タモリの音楽は世界だ!】や【ワールドビジネスサテライト】などでアナウンス業を務めていました。

当時から田口恵美子はかなりの美貌の持ち主で、人気女優並みにファンがいたともいわれています。

そんな田口恵美子は松岡修造と結婚をする際にばら撒かれた怪文書の中に『田口恵美子の再婚説』というものがありました。

当時の田口恵美子は32歳。

ありえない年齢ではありませんでした。

ですが、当の本人や松岡修造はその件についても否定をしていました。

では、なぜこのような噂が流れたのでしょうか?

当時、テレビ東京内には田口恵美子と同姓同名のアナウンス業の社員がいたといいます。

現在は巨人の二軍監督と結婚をしているとのことですが、その方こそが、一度離婚を経験した方だったのです。

その点の勘違いでしょうか?

当時は今ほどメディアもインターネットも発達していませんでしたからね。

調べる情報よりも耳で聞いた情報を信じてしまった誰かが、勘違いをして田口恵美子は再婚だという噂を流したのでしょう。

実際には、戸籍をみても田口恵美子は松岡修造との結婚が初婚だとのことです。

当時かなりメディアでは騒がれたようですが、田口恵美子の言うことを信じ抜いた松岡修造はやはりかっこいいですね。

まとめ

いかがでしたか?

ここで、松岡修造と嫁の田口恵美子との馴れ初めやプライベートについて簡単にまとめていきたいと思います。

・松岡修造の嫁は元テレビ東京アナウンサーの田口恵美子。馴れ初めはウインブルドンに出場する松岡修造にインタビューしたのが田口恵美子だったことがきっかけ。

・2人の間に子供は3人。すでにみんな学生となっており、長女は宝塚歌劇団に、長男はテニスを習っているとの情報がある。

・田口恵美子の再婚説はガセネタ。ネタ元は同姓同名のテレ東社員がいたことだと思われる。

・2人の結婚時にばら撒かれた怪文書の内容は田口恵美子の過去の男性遍歴についてがほとんど。田口恵美子の信用を落とそうとした周囲からの妬みの結果だと思われるが、嫁を信じ抜いた松岡修造のおかげで信頼をなくすことを避けられた。

以上になります。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

おすすめの記事