加藤紗里さんがついに2019年9月25日に不動産会社の社長と入籍していたことをモデルプレスの取材で明らかにしたことで各メディアが一斉に取り上げています。

この報道で一杯食わされたのが何を隠そう加藤紗里がテリー伊藤と結婚するのでは?といった憶測を持っていたネットユーザーでしょう。

いまでは削除されてしまったので取り上げませんが、2019年10月14日にあれだけ仲良くテリー伊藤と二人でツーショットで映りながら、以下のようにインスタグラムで重大発表が近いことをにおわせて書いていましたし、しかもテリー伊藤の隣に大好きというハッシュタグがあるので騙された方はきっと多いことでしょう。

近々重大な報告があります!!早く発表したいけど、もうすこし待ってねっ
#報告 #発表 #テリー伊藤 #大好き

加藤紗里さんの結婚相手の顔画像と名前は?

かなりよく調べてみたのですが、徹底してガードしているらしく加藤紗里さんの結婚相手である36歳の不動産社長の名前も顔写真もでてきませんでした。

加藤紗里さんは表向きはお金で結婚したみたいな言い方をしていますが、二人のツーショット写真を載せないところを見ると、相手が映りたがらないのか、加藤紗里さんが映したくないのか、それとも両方なのかといったところでしょうか。

いずれにしても、プライバシーは徹底していることがわかりましたので、おそらく今後も正体はわからないままなのかもしれません。

加藤紗里さんのメディアへの取材の答えっぷりが秀逸すぎる!?

たとえば、今回、加藤紗里さんは一問一答形式でメディアの質問に答えたらしいのですが・・・

―彼の好きなところは

 紗里に貢いででくれるところ。

 ―離婚する可能性もあるのでは

 今結婚したばっかりなんだけど(笑い)。そんなこと聞かないでよ、不謹慎じゃーん。妻になったとは言え、紗里は紗里。世界中の殿方、紗里のことを奪えるものなら奪ってみて。主婦になったとしても、紗里の美貌は永遠なり。

 ―「お前なんて絶対結婚できない」とSNSでコメントしていた人に

 散々紗里に言ってきた皆さん、今すぐ全員土下寝しなさい(笑い)。そんな感じで、お嫁に行きまーす。

 ―「男は金だ」と豪語してきた。結婚してみて

 結局はお金だよ。結婚って「相手」と「お金」とするものだからね。

 ―最後に皆さんにひと言

 「ラーメン、つけ麺、紗里、人妻。」

とにかく答え方が秀逸です。なんといいますか、きっちり自分のキャラをわきまえているのか、”結局はお金だよ。結婚って「相手」と「お金」とするものだからね。”といって人々の感情を刺激するようなコメントをしたり、編集しやすいように「ラーメン、つけ麺、紗里、人妻。」と即興で答えてしまうのが才能なのかもしれません。

ほかにもモデルプレスの取材にはこう答えています。

プロポーズの言葉については「『結婚してください!海賊王に俺はなる!』って言われた(笑)。それくらい財宝をプレゼントされるならありじゃん!?」とも告白。お相手の好きなところは「さりに貢いでくれるところ」だと明かした。また結婚指輪はグラフのオーダーメイドで、約500万円だという。

どんな家庭を築きたいかについては「紗里はこんな見た目かもしれないけど、きちんと主婦できるんだっていうところを見せつけて、尊敬されるいつまでも美しい主婦になりたい」と意気込んだ。(modelpress編集部)

加藤紗里さんは自分自身のことを「こんな見た目かもしれないけど・・・」といってますね。ある程度、ご自身のキャラというのをわきまえている感じが受け取れますね。

加藤紗里さんの言動や行動から気づいたこと!実は頭の回転が速い?

今回のことで気づいたのですが、加藤紗里さんはおそらく神田うのさんに近いタイプなのでしょう。どんなことを言えば炎上しやすいのかがすぐにわかっているから、わざとそういう発言をすることで仕事を増やしてきたみたいな。

過去を振り返ってみると加藤紗里さんといえば、「ラーメンつけ麺僕イケメン」でおなじみの狩野英孝さんの二股騒動で一気に大ブレークしたのですが、その後も、テレビに出まくるなど活躍?は目覚ましいものがあります。

たとえば、狩野英孝さんとの話題だけでなくすっぴん画像で話題になったり、整形疑惑や豊胸疑惑をネタとして数々のバラエティ番組に出まくるだけでなく、インスタグラムでもいろんな共演者との写真をアップしたり、今回のように重大発表が近々あるといいながらテリー伊藤さんとのツーショット写真を載せて結婚疑惑も演出して話題する?など、とにかく周囲を巻き込んで話題を生み出す才能はピカイチです。

そうすることで、また仕事が増えますからね。カープ女子の次は政治評論家を目指しているんですね(汗)。振れ幅が広すぎますね。

今から考えると、加藤紗里さんは狩野英孝さんに遊ばれていたように見えて、逆に知名度をあげるために利用していたのかもしれません。

そう考えれば、なんだかんだいって出演番組を増やしてきた加藤紗里さんはひょっとすると策士なんじゃないかなと思わせるくらい頭の回転が速い人なのかもと思ってしまうわけです。

まぁ、勘違いかもしれませんが(笑)。

以上になります。ここまでお読みいただき有難うございました。

おすすめの記事