首相補佐官の和泉洋人(いずみひろと)さん66歳と厚生労働省大臣官房審議官の大坪寛子さん52歳が京都へ出張しながら不倫デートしていたことが週刊文春によって暴露されました。

お二人は不倫をすぐさま否定していますが、週刊文春が二人の親密ぶりを示す証拠写真まで掲載!

以下は、恋愛成就を祈願する神社として有名な京都市の貴船神社でお参りしているときのデート写真画像です。

de-tosyasin-izumihiroto-ootsubohiroko1

さらに、お参り後に参道を下るときのデート写真画像です。白昼堂々と腕を組んでいますね。

その写真画像が強烈でした。以下は京都の有名甘味処として知られている永楽屋の2階の喫茶室で大坪寛子さんが和泉洋人さんにかき氷を”あーん”してもらっているところです。

大坪寛子さんは1日15食限定のわらび餅を注文して、和泉洋人さんは宇治かき氷を注文してデートを満喫していたそうな。

しかも、京都出張の交通費はなんと公費からでていたということも明らかになり公私混同
の疑いまで浮上してしまい、野党が事実関係を確認するように政府に質問状をだす事態に。

これについて、菅官房長官は和泉洋人首相補佐官に事実確認して「公私はしっかりと分けていたということでした。」と述べ、「適切に対応していると聞いている」と付け加えました。

和泉洋人首相補佐官が起こした行動について週刊文春は以下のように伝えています。

安倍政権で官邸主導を牽引する和泉洋人首相補佐官(66)と、不倫関係にある厚生労働省大臣官房審議官(兼内閣官房健康・医療戦略室次長)の大坪寛子氏(52)が、京都に出張した際、ハイヤーを借りて私的な観光を楽しんでいたことが、「週刊文春」の取材でわかった。交通費は公費から支出されているだけに、「公私混同」との批判も出そうだ。

8月9日に、二人は京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の山中伸弥所長に面会するため京都に出張。午前中に山中氏との面会をすませると、ハイヤーに乗り、観光客で賑わう河原町へ。老舗の甘味処でかき氷を注文すると、和泉氏は自分のスプーンで大坪氏に食べさせるなど、親密な様子を見せた。その後、ハイヤーで40分ほどかけて京都市北部の山奥にある貴船神社へも立ち寄った。古くから「恋愛成就を祈る社」として知られる同神社でも、大坪氏が和泉氏にお賽銭を渡したり、腕をからめて参道を歩くなど、終始仲睦まじい様子だった。

和泉氏に経緯を聞くと、公務で京都に行ったことは認めた上で、次のように説明した。

「(貴船神社には)行きました。彼女はもともと、午後は休暇を取っているから。僕は休暇ではなく、出張です。僕の場合は特別職なので、勤務時間がないのですが」
また、交際については「ないです」と否定。ハイヤー代は「ポケットマネーで支払った」と答えた。

 一方の大坪氏は、往復の新幹線代の支払いについて、「内閣官房で行なっています」と公費だったことを認めた上で、午前中は公務だが、午後は半休をとったと説明した。

 和泉氏との関係については、「補佐官から『医学用語が分からないから一緒についてきて通訳してくれないか』と言われた」などと説明し、交際について問う記者に「男女って……(和泉氏は)だいぶおじいちゃんですよね。いくつだと思う?」と回答した。

ただ、「週刊文春」では、この日以外にも、和泉氏がハイヤーで仕事帰りに大坪氏を自宅まで送り届けたり、都内で手つなぎデートやエスカレーターでハグする様子など、上司と部下を超えた関係であることを複数回確認している。

和泉洋人さんは交際についてはないと否定して、しかも公費ではなくポケットマネーで支払ったとも答えているようですね。

また、大坪さんは和泉さんのことをお爺ちゃんのような年齢として認識はしているようです。それでも地位の高い人にあこがれるのでしょうか。
お二人のプロフィールを調べてみると、なるほどお二人が気が合う理由が何となく見えてきました。

和泉洋人首相秘書官のwiki風プロフィール

名前:和泉洋人(いずみ ひろと)

愛称:不明

生年月日(誕生日):1953年5月18日(2019年時点で66歳)

出身地:神奈川県横浜市

血液型:不明

身長:不明

趣味:不明

和泉洋人氏の学歴

出身中学:栄光学園中学校

出身高校:栄光学園高等学校

出身大学:東京大学工学部

栄光学園について

栄光学園は神奈川県鎌倉市にある中高一貫の私立校です。
ちなみに高校受験はないそうです。主に中学受験で入学することができるとされていて、
偏差値は66もあります。2019年時点では神奈川県で4位にランクインするほどの進学校です。

栄光学園高等学校出身の有名人には、あの建築家で有名な隈研吾氏や
宇宙飛行士の古川聡氏、養老孟司氏など錚々たる顔ぶれです。

和泉洋人氏の経歴

以下が和泉洋人首相秘書官の経歴ですが、さすがキャリア官僚といったところでしょうか。

主に官僚は東大法学部などの文系のイメージが強いですが、
和泉洋人首相秘書官は東大工学部出身ということで理系で技官の道を歩まれたのかもしれないですね。

いずれにしても、かなり優秀で信頼のおける方と政治家に判断されたので、
首相秘書官まで上り詰めたのでしょう。

1976年3月 東京大学工学部都市工学科卒業
4月 建設省入省
1986年 高崎市役所都市計画部長
1998年 建設省住宅局住宅生産課長
2001年1月 国土交通省住宅局住宅総合整備課長
4月 博士(工学)取得(東京大学)
2002年4月 慶應義塾大学理工学部特別研究教授
7月 内閣官房都市再生本部事務局次長
2004年 国土交通省大臣官房審議官(住宅局担当)
2006年 政策研究大学院大学客員教授
2007年 国土交通省住宅局長
2008年 慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネージメント研究科特別招聘教授
2009年 内閣官房地域活性化統合事務局長
2012年9月11日 内閣審議官兼地域活性化統合事務局長を辞職し、国土交通省を退官
10月1日 内閣官房参与(国家戦略担当)
2013年1月21日 第2次安倍内閣内閣総理大臣補佐官(国土強靭化及び復興等の社会資本整備並びに地域活性化担当)
2月22日第2次安倍内閣内閣総理大臣補佐官(国土強靭化及び復興等の社会資本整備並びに地域活性化並びに健康・医療に関する成長戦略担当)
内閣官房健康・医療戦略室室長

和泉洋人さんは理系出身であることがわかりました。

つづいて大坪寛子さんのプロフィールも見てきましょう。

大坪寛子氏のwiki風プロフィール

名前:大坪寛子(おおつぼ ひろこ)

愛称:不明

生年月日(誕生日):不明(2019年時点で52歳)

出身地:神奈川県横浜市

血液型:不明

身長:不明

趣味:旅行・ドライブ

大坪寛子氏の学歴

出身中学:不明

出身高校:不明

出身大学:東京慈恵会医科大学医学科(偏差値70)

東京慈恵会医科大学医学科について

東京慈恵会医科大学医学科は私立大学の医学部の中でもトップクラスの大学です。
2019年時点では慶応義塾大学医学部偏差値72.5についで2位に位置しています。

入学金:50~100万円・年間授業料は100~250万円のようです。

大坪寛子氏の経歴

以下が大坪寛子さんの経歴ですが、こちらも医学部卒業の後で
厚生労働省に入ってキャリア官僚の道を歩んできたということでしょうか。

1992年 - 東京慈恵会医科大学医学部卒業。
2008年 - 厚生労働省医薬食品局血液対策課配属
2009年 - 厚生労働省健康局結核感染症課配属
2010年 - 厚生労働省医薬食品局血液対策課配属
2011年 - 環境省総合環境政策局企画課特殊疾病対策室配属
2011年 - 環境省総合環境政策局企画課石綿健康被害対策室配属
2012年 - 環境省総合環境政策局企画課特殊疾病対策室室長
2013年 - 厚生労働省医政局総務課医療安全推進室室長

その後、以下のように出世街道まっしぐらの状況です。

2015年10月1日内閣官房健康・医療戦略室参事官
2019年7月9日厚生労働省 大臣官房審議官

なんと大坪寛子さんも理系出身ということがわかりました。
お二人はともに理系の出身なので、気があうのもわかりますね。

和泉洋人氏に家族(嫁や子供)はいるの?評判は?

和泉洋人さんの家族構成について嫁さんや子供(息子とか娘)さんがいるかどうかを調べてみたのですが、まったくわかりませんでした。
ただ、評判は週刊文春によれば菅義偉官房長官からの信頼が厚いとのことです。

いずれにしても和泉洋人さんは既婚者として知られているみたいなので、大坪寛子さんとの不倫疑惑報道が、ここまで週刊文春にスクープされてしまうと、どんなに否定しても家族は激怒されていると思いますし、慰謝料とかの請求だってされかねません。

大坪寛子氏に家族(旦那や子供)はいるの?評判は?

大坪寛子さんは週刊文春によるとバツイチ子持ちのシングルマザーで現在は独身といわれています。

評判はすこぶるいいのか、美人官僚として知られているみたいで
省の採用パンフレットにも登場しているそうです。

おすすめの記事