兵庫県の銀行員、山本隼人氏31歳がマンションのエレベーターの中で、小学2年生の女の子にわいせつな行為をしたとして兵庫県警に逮捕されました。

山本隼人容疑者はいったいどういう経緯でわいせつな行為をしたのでしょうか?

真相を探っていきたいと思います。

また、山本隼人容疑者の顔画像、マンション名、銀行名もアップしていきたいと思います。

山本隼人容疑者が逮捕されたきっかけや真相は?

エレベーター内で小学2年の女児にわいせつな行為をしたとして、兵庫県警宝塚署などは5日、強制わいせつの疑いで、兵庫県川西市小戸、銀行員、山本隼人容疑者(31)を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は昨年12月10日午後5時ごろ、同県宝塚市のマンションのエレベーター内で、女児(8)の尻を触るわいせつな行為をしたとしている。

 同署によると、山本容疑者は女児の靴を脱がせて足の裏をくすぐり、その後スカートをめくって尻を触ったという。女児が帰宅後に母親に相談し事件が発覚。エレベーターの防犯カメラの映像などから山本容疑者を特定した。

 周辺の西宮市や川西市でも同様の被害が約10件発生しており、同署が関連を捜査する。

事件が起きたのは2018年12月10日の午後5時ごろ。
宝塚市のマンションのエレベーターの中で山本隼人容疑者は小学2年生の女の子に以下のようなことをしたことが書かれています。

靴を脱がせる⇒足の裏をくすぐる⇒スカートをめくる⇒尻を触る

はっきり言って、とんでもない行為ですね。被害を受けた女の子は相当なショックを受けたことでしょう。

将来ずっとトラウマになって悩み苦しむはずです。山本隼人容疑者の卑劣な行為は絶対に許されるべきではありません!

そして、気になるのが、なぜ、午後5時という時間帯に8歳の女の子が山本隼人容疑者と2人だけでエレベータにいたのか。

以前からこのような物騒な事件は多いのに親はいったい何をしていたのか。さらに気になるのが、山本隼人容疑者は川西市の小戸に住んでいたわけで、宝塚市のマンションの住人ではないということ。

それにもかかわらず、どのようにしてマンションのエレベーターに侵入したのか。オートロックようなセキュリティはなかったのか。いろいろと疑問がわいていきます。

宝塚市のエレベーター以外にも西宮市や川西市でも同様な事件が10件ほど発生しているということなので、山本隼人容疑者が関係している可能性はかなり高そうですね。

山本 隼人のwikiプロフィール

名前:山本 隼人(やまもと はやと)
年齢:31歳
住所:兵庫県川西市小戸
職業:銀行員

山本隼人氏の顔画像は?

山本隼人容疑者の顔画像が気になったので調べてみたのですが、今のところでてきません。

明らかになり次第アップしたいと思います。

事件があったマンション名や山本隼人容疑者が勤めていた銀行名は?

山本隼人容疑者の事件があったマンション名はいまだ明らかになっていませんが、

銀行名はみなと銀行ということが判明しました。本店は神戸市中央区にあります。

そして、マンション名なのですが、集合住宅というところまではわかりました。

ネットの反応

31ってことは銀行員になって10年くらいたつのだろうけど、なぜこのようなことをするのか?解雇されて一生悔いるんだろうなぁ。

小学生がかわいそう。もしこれがきっかけでトラウマになって男性恐怖症になったらと思うと性犯罪は決して許される話ではない。

知らない人と密室にいるのはとても怖いですね。犯人が捕まった一安心。

とにかく女の子のメンタルケアを最優先すべきだ。

こんな男のために人生めちゃくちゃにされたらあまりに不憫でなりません。被害にあわれた女の子に長い時間をかけてケアをしてあげて下さい。

おすすめの記事