ファフルッディーン容疑者38歳が2019年11月25日、インドネシア・バリ島のデンパサールで38歳の日本人女性に襲いかかり、首を絞めて意識を失わせ、現金やスマホなどの所持品を奪った容疑で警察に逮捕された金品強奪事件の様子を2019年11月27日メディアが報じました。

そのときの、犯行の様子が防犯カメラの映像に映っていたようなのですが、かなり衝撃的な映像でした。ファフルッディーン容疑者は前代未聞の凶悪犯です。

海外へいつか行きたいと思っている当方ですが、この映像を見せられると、護身術を身に着けてからでないと、恐ろしくて行けない気がするほどの映像でした。

ファフルッディーン容疑者が起こした犯行の手口についてメディアは以下のように伝えています。

FAFURUDDHI-N
インドネシアのバリ島で日本人女性が襲われ、重傷を負った事件で、地元警察は容疑者を逮捕。
女性が襲われる瞬間が映った防犯カメラの映像を独自入手した。

記者の「深く反省していますか? なぜやったんですか?」という問いかけに、無言でうなずく白いロングTシャツにサングラスの男。

バリ島南部の町・デンパサールで25日、38歳の日本人女性を襲い、現金や所持品などを奪ったとして逮捕された、ファフルッディーン容疑者(38)。

その時、女性の身に、いったい何が。

FNNが独自入手した防犯カメラ映像には、女性への卑劣な犯行の一部始終が記録されていた。

25日朝、1階の防犯カメラ映像がとらえていたのは、女性が滞在するアパートに入ってきたファフルッディーン容疑者の姿。

この直後、子どもを学校に送り届けた女性が帰ってきた。

2階の防犯カメラ映像には、前を歩く男が、女性の部屋とは逆の方向へと向かう様子が。

女性は不審に感じたのか、あたりを見回し、警戒している様子。

女性が警戒する様子のまま、奥に進むと、あとを追うように男がついてきた。

ここが女性の部屋。
しかし女性は、部屋の鍵を開けようとせず、男が立ち去るのを待っているように見える。

それを察したのか、男はいったん女性の近くを離れ、手前の死角となる場所に姿を隠した。

奥では、その間に部屋の鍵を開けようとする女性の姿が。

すると次の瞬間、男は足早に女性のほうに近づき、襲いかかった。

このあと、1分以上首を絞められ、意識を失ったとみられる女性。

男は鍵を開け、部屋の中へ女性の体を引きずり込んだ。

このあと女性は、2階の部屋から転落し、頸椎(けいつい)にひびが入る重傷を負った。

女性のあとをつけ、首を絞めて部屋に侵入するという卑劣な犯行。

逮捕された際、男の持ち物からは、女性から奪ったとみられる日本円などが見つかっている。

調べに対し、ファフルッディーン容疑者は、「女性のあとをつけて、部屋の前で殴ったり首を絞めた。抵抗して逃げた女性は、自分で部屋の窓から飛び降りた」と話し、女性を襲い、金品を奪ったことは認めているものの、転落については、「女性が抵抗して逃げた際に飛び降りた」と供述。

男はこのあと、ジャカルタから飛行機でバリ島に移送され、地元警察の取り調べを受ける見通し。

なお、詳しい犯行の動画の様子は上記のFNNニュースから見ることができます。

被害女性も、不審者の存在に気づき、部屋のドアの鍵を閉めて、かなり警戒していたみたいなのですが、ファフルッディーン容疑者はそんな心理を読んでいたようで、一旦立ち去ったフリをして死角の場所に隠れ、被害女性がでてきたところを一気に襲撃していました。

そして、1分以上、被害女性の首をしめて意識が失われたのを確認したところで、日本円や外国紙幣、クレカ、スマホ、時計などの所持品を奪ったそうです。

被害にあった日本人女性の名前は?

被害にあった日本人女性の名前はハセガワミカさん38歳です。

なお、メディアは2019年11月25日強盗に襲われて転落したと報じていましたが、その内容は、どうも強盗犯のファフルッディーン容疑者の供述によるもので、防犯カメラでは被害女性が首を絞められて意識を失ってしまっているので、その状態で飛び降りるのは不可能ですし、犯人が嘘の供述をしていた可能性がたかそうですね。

バリ島のデンパサールで25日、日本人女性がアパートの2階から転落して倒れているのを警備員が発見しました。女性の首には絞められた痕があり、警察は強盗に襲われて転落したとみて調べています。地元メディアによりますと、この女性は現地に住むハセガワ・ミカさん(38)だということです。女性は首の骨が折れていて、現在、病院で治療を受けています。

被害女性は無事だったみたいなので、その点が救いですね。ただ、今回の襲撃によって心の傷を受けたのは間違いないので、しっかりとメンタルケアをして立ち直ってほしいところです。

あと、被害女性にはお子さんがいるみたいですが、母親がこんな目にあわされてショックなはずなので、お子さんの心のケアもしてあげてほしいですね。

地元警察によると男は調べに対し、女性を尾行して部屋の前で襲い、金品を奪ったことは認めているが、女性が転落したのは、抵抗した際に自ら部屋の窓から飛び降りたためだと供述しているという。

女性が治療を受けている病院によると、一時は受け答えができない状況だったということだが、現地の日本総領事館は、FNNの取材に対し、「病院の話として、命に別条はないようだ」と話している。

ファフルッディーン容疑者が犯行に及んだ場所は?

ファフルッディーン容疑者が日本人女性を襲撃した現場はインドネシア・バリ島南部のデンパサールとのことです。
グーグルマップによると、日本の羽田空港から10時間40分ほどで行けるところみたいです。

さらに、犯行現場をグーグルマップで調べてみると、デンパサルと書かれていますね。本当にバリ島の南端に位置する地域のようです。

ファフルッディーン容疑者のfacebookの顔画像は?

ファフルッディーン容疑者のfacebookやインスタグラムの顔画像について調べてみたのですが、ちょっと本人のアカウントが確認できなかったので、ここでは控えたいと思います。

以下がファフルッディーン容疑者の顔画像と被害女性から奪った所持品の画像です。

FAFURUTTUDHI-N

今回の逮捕に関してネットのさまざまな声をまとめてみました。

防犯カメラがあってよかったですね。とにかく捕まってほっとしました。女性の容体が気になります。早く良くなるといいですね。

こういうときに海外旅行傷害保険に入ってないと、もし日本に緊急輸送となると数百万かかるみたいだからね。とにかく早く回復してほしいね。

後遺症が残らないことを祈ります。

海外で邦人女性がなくなる事件が多いから、本当に気を付けないと。

防犯映像みたけど不審者があれだけ近くにいたのだから、警察に駆け込んだ方が良かった気がする。

なんだかんだ言って日本が一番安全な気がする。絶対とは言えないけど、落とした財布が戻ってきやすい国だからね。

防犯カメラの映像、すごい怖かったです。被害女性が今後トラウマにならないか心配。

おすすめの記事