感情的になってすぐ怒鳴る人。

近くにいる人は経験があるかと思いますが、かなりの恐怖心を感じますよね。

怒鳴る人にも、原因や言い分はあるかもしれませんが、いずれにせよ感情的になって怒鳴ることは良い感情の表現の仕方とは言えません。

感情的になった時こそ、冷静になって自分の気持ちをコントロールする必要があります。

もし、自分が感情的になって大声で怒鳴ってしまいそうになった時に自分の心を抑制するためにも、怒鳴ってしまう人の心理やタイミングを知っておくことは非常に大切です。

怒鳴る人が身近にいたらどうしたらいいか考えるために怒鳴る人の特徴と心理と対処法をご紹介していきたいと思います。

怒鳴る人の特徴と心理

怒鳴る人の特徴と心理は以下の通りです。

・プライドを傷つけられた
・訴えている
・独占欲
・自分が良ければそれでよし
・情緒不安定
・甘え
・自己防衛
・我慢の限界
・支配的な性格
・衝動的である
・心に余裕がない
・お金に余裕がない
・自己中心的である
・感情がコントロールできない
・恐怖を感じている

怒鳴る人の特徴と心理:プライドを傷つけられた

相手に対して怒鳴る人は、その相手の言葉や態度にプライドを傷つけられた可能性があります。

たとえば、いつも仕事では業績が一番であることをプライドをとしている人が、何かの事情で業績が下がってしまった時、周りの同僚や上司たちからバカにされたり見下されたりすると、自分のプライドを深く傷つけられた人は周囲の人に対して怒鳴ってしまうこともあるでしょう。

このように、周りの人のデリカシーも配慮もない態度が、プライドが高い人のことを傷つけてしまうことも多く、このようにして怒ってしまった人は謝罪をしてもすぐには許してくれないことも少なくないでしょう。

怒鳴る人の特徴と心理:訴えている

会話をしている時に怒鳴る人は、何かを訴えている可能性があります。

なぜならば、人は自分の主張を相手に絶対に伝えたいと思う時に、声が大きく荒々しくなる傾向があるからです。

そのため、相手に何かを訴えている人は怒って怒鳴っているような話し方をしているように聞こえることが多いです。

このように、訴えたいことがあって怒鳴っている人は、自分の主張を理解してもらえると普段の喋り方に戻ってくれるので、言いたいことがあって怒鳴っている人の話は素直に聞き入れてあげると良いでしょう。

怒鳴る人の特徴と心理:独占欲

特定の相手に対して怒鳴る人は、その相手に対して強い独占欲を抱いている可能性が高いです。

そのため、独占したい相手が自分の言いなりにならないときや、自分が独占欲を抱く相手に近づく人に対しては、威嚇するような意味で怒鳴ることが多いです。

このように、独占したい相手や周囲の人に対して怒鳴る人は、自分勝手な要求を大声で怒鳴っている傾向があります。

さらに、特定の人に対して強い独占欲を抱く人は、自分の思い通りに相手が行動しないと怒鳴るだけではなく暴力をふるうこともよくあり、家庭内暴力が行われている家庭の中ではよく相手に対する独占欲によって、怒鳴りながら暴力が振るわれていることがあります。

怒鳴る人の特徴と心理:自分が良ければそれでよし

他人に対してすぐに怒鳴る人は、自分が良ければそれでよしという考え方をしている可能性があります。

たとえば、飲み会の席で自分が好意を寄せる女性社員の隣に座りたいとなると、自分が良ければそれでよいと思っている人は今、女性社員の隣に座っている社員に対して『何でお前が座ってるだ?どけよ』とか『邪魔だ』というように怒鳴って、自分がそこの席に無理矢理座ろうとします。

さらに、それでも自分が好意を寄せる女性社員の隣に座れないと、怒鳴ってわめき散らして飲み会の席の雰囲気がどれだけ悪くなっても気にすることなく、席を譲ってもらえるまで怒鳴り続けます。

このように、自分にとって都合が良くなるように怒鳴る人は、思い通りにことが進むまでは周りの人の迷惑も考えないで怒鳴り続ける傾向があります。

怒鳴る人の特徴と心理:情緒不安定

すぐに怒鳴る人は、情緒不安定である可能性があります。

そのため、気持ちが常に不安定で落ち着きませんので、小さい出来事でもすぐに気に障って怒り出してしまうことが多いです。

また、情緒不安定な人は自分の気分によって態度が変わるため、今までは怒らなかったような出来事でも、自分の機嫌が悪い時に何かが起こると怒鳴るほど怒ってしまうこともあります。

このように、情緒不安定な人はその時の気分や機嫌によって、怒鳴るほど急激に怒ったり逆に全く怒らなかったりするため、周りの人からは扱いづらい人だと思われてしまうことが多いでしょう。

怒鳴る人の特徴と心理:甘え

他人に対して怒鳴る人は、その人に対して甘えている可能性もあります。

なぜならば、他人に甘える癖がある人は、怒鳴ることで周りの人が自分の思い通りに行動をしてくれると思っているからです。

また、過去に怒鳴ることで自分の思い通りに物事が進んだ経験がある人は、素直にお願いことをしたり努力をしたりすることよりも、怒鳴って自分の思い通りになるように事を進める方が楽だと思ってしまいます。

そのため、強い態度や言葉によって自分の思い通りに動いてくれる人に対しては、その人に対する甘えの気持ちから、自分の主張をしたい時には怒っていなくても怒鳴ったような話し方をしてしまうことも多いです。

怒鳴る人の特徴と心理:自己防衛

周りの人に怒鳴り口調で話す人は、自己防衛をしている可能性が高いです。

なぜかというと、相手から怒鳴られると誰でも物怖じしてしまい、相手に対して攻撃をする行為をやめることが多いからです。

たとえば、仕事でミスをしてしまい上司から怒られることが確実な場面で怒られることを恐れている人は、自己防衛のために『このくらいのミスの何が悪い』というように怒鳴って、上司のことを威嚇してしまいます。

そして、上司がミスに対する注意ができにくいように仕向けることで、自分の気持ちを守ろうとしていると考えられます。

このように、自己防衛のために怒鳴る人は自分のミスや間違いを素直に認めて改善することができないため、いつまで経っても自分の悪いところを治すことができないでしょう。

怒鳴る人の特徴と心理:我慢の限界

会話の最中に怒鳴る人は、身勝手なことばかり言う相手に対して我慢の限界を超えている可能性が高いです。

特に、長い時間我慢をしていた人ほど怒鳴ると大きくて怖い声で、相手に対して怒りの気持ちを表してしまうことが多いです。

たとえば、いつも自分のことばかりを考えていて面倒な仕事を同僚や後輩に押し付けて、自分は定時でキッカリと帰る人がいたら誰でもイライラしますし、周囲のみんなが我慢の限界を超えてしまうでしょう。

そして、このような自分勝手な人に対して我慢することができなくなり注意をするとなった場合には、今まで溜めていた怒りやストレスの分、強い口調で怒鳴るような注意の仕方になってしまうことも少なくないでしょう。

怒鳴る人の特徴と心理:支配的な性格

周りの人に対して怒鳴りやすい人は、支配的な性格をしている可能性が高いです。

たとえば、自分の妻を自分の所有物だと考えている夫は、妻の行動も気持ちも支配しようと考えてしまう傾向があります。

そのため、妻に対して言いたいことがあると、すぐに怒鳴り口調で話をして妻が萎縮することで妻のことを自分の支配下に置こうとしていると考えられます。

このように、支配的な性格をしているために怒鳴る人は、職場でも家庭内でも言葉だけではなく実際に手をあげて暴力をふるってしまう人も少なくありません。

怒鳴る人の特徴と心理:衝動的である

怒鳴る人の中には、衝動的に怒鳴りだす人もいます。

たとえば、みんなが良い雰囲気で食事を楽しんでいるときに、特定の人の食べ方のマナーか気にくわないと思ってしまうと、衝動的に怒鳴る人は前触れもなく急に食べ方についての説教を強い口調でしてしまいます。

そのため、前触れがないですので周りの人は急に怒鳴られていることに驚き、状況を理解できないことも多いでしょう。

このように、衝動的に他人に対して怒鳴る人は、自分が気に入らないことや理解できない他人の行動に対して我慢することができなくて、自分の感情のままに発言をしてしまう傾向があります。

怒鳴る人の特徴と心理:心に余裕がない

他人に対してすぐに怒鳴る人は、自分の心に余裕がない可能性があります。

なぜならば、自分の心に余裕がない人は自分にとって都合が悪いことや気に入らない行為に対して、我慢することができなくなってしまうからです。

そのため、その時に感じた怒りの感情を感じたままに相手にぶつけてしまいますので、相手の気持ちを考えることもなく怒鳴るような口調でひどいことを言ってしまうことも少なくありません。

このように、自分の心に余裕がない人は他人の心に配慮する余裕がないため、他人のことを平気で傷つけるようなことを言ってしまうことが多いです。

怒鳴る人の特徴と心理:お金に余裕がない

他人に対して怒鳴りやすい人は、お金に余裕がない人である可能性が高いです。

なぜならば、人はお金に余裕がないと気持ちにも余裕を持てなくなってしまい、自分のことばかりを考えて他人の気持ちに配慮することができなくなってしまうからです。

たとえば、借金の返済に追われている人や仕事をクビになって収入がなくなってしまった人は生活に余裕がない分、気持ちにも余裕を持てなくなってしまいます。

そのため、自分の気持ちを上手にコントロールすることができなくなり、他人に対して当たり散らすように怒鳴ってしまうのだと考えられます。

このように、お金に余裕がない人は自分の生活を維持することに一生懸命になっているため、他人の心に配慮することができなくて相手が言われて嫌なことや相手を傷つけるような言い方を平気でしてしまう傾向があります。

怒鳴る人の特徴と心理:自己中心的である

相手に対してすぐに怒鳴る人は、自己中心的な性格をしている傾向があります。

なぜならば、怒鳴りやすい人は自分さえ良ければそれでいいという考え方をしているからです。

たとえば、自分の家族の生活のことも考えないで自分はパチンコや競馬をしたいと考える夫は、妻に対して怒鳴り散らすことで自分がパチンコで遊ぶお金を妻からもらおうとします。

そして、そのお金がたとえ家族の生活費だったとしても、自分勝手な考え方をしている夫は罪悪感を感じることもなく平気でお金を使ってしまいます。

さらに、パチンコや競馬で勝ったお金は自分の物として扱いますが、負けてしまった時には再び妻の元へ行き、怒鳴り散らしてお金をせびろうとします。

このように、自分の思い通りに物事を進めるために怒鳴る人は、最初は怒鳴られたことで言いなりになる相手も徐々に周りから離れていってしまい、最終的には孤立してしまうことが多いでしょう。

怒鳴る人の特徴と心理:感情がコントロールできない

相手に対して怒鳴る人は、自分の感情をコントロールすることができない人が多いです。

たとえば、仕事から帰ったら彼女とデートをする約束をしていた上司が、部下が仕事でミスしてしまったせいで残業をすることになった場合、自分のプライベートの予定を狂わされてしまった上司は怒りの感情を増長させてしまい、気持ちをコントロールすることができなくなってしまいます。

そのため、いつもはミスをしただけなら強く怒らない上司が、私情を挟んでしまうことで怒りを抑えられなくなってしまい、ミスをした部下に対して怒鳴ってしまうのだと考えられます。

このように、自分の感情をコントロールできない人は、プライベートを仕事に持ち込んだり仕事を家庭に持ち込んだりして、身近な人に対して怒鳴ってしまいやすい性格をしています。

怒鳴る人の特徴と心理:恐怖を感じている

相手に対して怒鳴る人は、その相手に恐怖を感じている可能性があります。

そして、その恐怖を払拭するために自己防衛として自分から怒鳴ることで、相手のことを威嚇しようとしていると考えられます。

たとえば、暗い夜道で前から不審者が歩いてくると、誰でも恐怖を感じて逃げ出したいと思うでしょう。

しかし、連れがいたり道が行き止まりだったりすると、なかなか簡単に逃げることもできなくて、自分が立ち向かわなくてはならない場面もあり得ます。

そのような時に、その不審者が自分の近くまでくる前に『誰だ』とか『何か用か』というように怒鳴ることで、自分の方が強くて相手に対して怯えていないというアピールをしようとします。

このように、恐怖を感じた時に自己防衛のために怒鳴ることができる人もいますが、恐怖を感じると声が出なくて怯えてしまう人の方が一般的には多いと考えられます。

怒鳴る人の対処法

怒鳴る人の対処法は以下の通りです。

・隙をつかれないように注意する
・相手に約束をさせる
・無視を決め込む
・一度相手との距離を置く
・目を見据える
・普段から仲良く接する
・頼ってみる
・謝る
・どんな時に怒りだすのか観察する
・コミュニケーションスタイルの癖を知る
・沸点を見極める
・冷静に対応する
・委縮しない

怒鳴る人の対処法:隙をつかれないように注意する

理不尽に怒鳴ってくる人に対しては、隙をつかれないように注意して生活することが大切です。

なぜならば、理不尽に他人に対して怒鳴る人は、怒鳴ることで自分のストレスを発散しようとしている可能性があるからです。

そのため、人のアラを探して怒る要素を探して、重箱の隅をつつくように怒って怒鳴ることが多いです。

このように、怒鳴ることで自分のストレスを発散させようとしている人に対しては、決して隙をつかれないように気を引き締めて接する必要があるでしょう。

怒鳴る人の対処法:相手に約束をさせる

理不尽に怒鳴ってくる相手に怯えたり恐怖を感じたりした場合には、相手に怒鳴らないように約束をさせると良いです。

たとえば、理不尽に怒鳴ることで職場内や家庭内の空気を凍りつかせるような人は、職場や家庭の雰囲気を悪くするだけでしょう。

ですので、怒鳴ることで一緒にいる人を威圧する人に対しては理不尽に怒鳴らないで、注意する時には物事を順序立てて感情的にならないように話をすることを約束してもらいましょう。

そうすることで、職場や家庭内の雰囲気を良くすることができますし、相手の注意の仕方を改善させることもできるようになるでしょう。

怒鳴る人の対処法:無視を決め込む

改善を求めても自分勝手な理由で怒鳴り続ける人に対しては、無視を決め込んでしまうのも1つの手段です。

なぜならば、怒鳴る人の中には言い返すことで、さらに逆上して怒ってしまうような人もいるからです。

また、怒鳴ることでしか意思表示ができないような人の言っていることは、態度だけではなく話も理不尽である傾向があります。

ですので、怒鳴らないように注意の仕方に改善を求めても、怒鳴ってくる人の言葉は思い切って無視をしてしまいましょう。

そうすることで、理不尽に怒鳴ってくる人と関わる機会が減ってきて、怒鳴る人から受けるストレスや恐怖感からも逃れることができるようになります。

怒鳴る人の対処法:一度相手との距離を置く

自分勝手に怒鳴る人に対しては、一度相手との距離を置いてみるのも1つの手段です。

なぜかというと、相手が自分勝手で理不尽に怒鳴っていることは自分も周りも分かってはいますが、実際に怒鳴られて酷い言葉を浴びせられると落ち込んでしまったり気が滅入ってしまったりする可能性が高いからです。

ですので、無視をすることができない上司や配偶者のような相手に対しては、一時的に距離を置いて相手の反応を観察すると良いです。

そうしますと、相手も距離を置かれた理由を考えて態度を改善させてくれる可能性がありますし、自分の傷ついた心を癒す時間を作ることもできるようになるでしょう。

怒鳴る人の対処法:目を見据える

相手から直接、怒鳴られている場合には、怒鳴ってくる相手の目を見据えて話を聞くと良いです。

なぜならば、相手に対して威圧的な態度をとって怒鳴る人は、目線を下げてうなだれながら話を聞く人に対しては、より一層、強く怒鳴る傾向があるからです。

たとえば、ただのストレス発散のために上司から怒鳴られている場合には、怒鳴られて落ち込む気持ちや恐怖の気持ちを抑えて、上司の目をしっかりと見据えてみると良いです。

そうしますと、自分は上司のいいなりにはならないというような意思表示をすることができて、上司から理不尽に怒られたり怒鳴られたりすることもなくなるでしょう。

怒鳴る人の対処法:普段から仲良く接する

身近な人や目上の人が怒鳴りやすい性格をしている場合には、普段からその人と仲良く接しておくことも1つの手段です。

なぜかというと、普段から仲良くしている相手は怒鳴られる対象として見られない可能性が高いからです。

ですので、最初は怒鳴る人に接することは恐怖心を感じるかもしれませんが、その気持ちを抑えて媚を売ったりゴマをすったりすることで仲良く可愛がられる存在になってみましょう。

そうしますと、周りの人からは妬まれやすい存在になってしまうかもしれませんが、このように世渡り上手になることで怒鳴る人から、自分の身を守ることはできるようになるでしょう。

怒鳴る人の対処法:頼ってみる

怒る時に怒鳴るクセがある人のことを、頼りにすることができるタイミングもあるでしょう。

たとえば、自分の父親に怒ると怒鳴るクセがある場合には、旦那が浮気をしていることが発覚した時に父親を頼ることで旦那を叱ってもらうことができます。

また、何度注意をしてもサボりぐせが直らない部下のことを怒鳴りグセがある上司に相談をしてみると、上司からの一喝で部下の態度が改善させる可能性も非常に高いでしょう。

このように、怒鳴る人は自分に対しては恐怖心を与える怖い存在になることが多いですが、自分が叱っても効果がない人に対して注意をしたい時に頼ると、非常に頼りになる存在になることは間違いないでしょう。

怒鳴る人の対処法:謝る

自分がミスをしてしまい上司から怒鳴られた時には、素直に謝ることが一番です。

特に、普段は注意程度にとどめてくれる上司が怒鳴った場合には、かなりの失態をしてしまったことが予想できます。

また、怒鳴りグセがある上司から怒鳴られたとしても、怒鳴られる覚えがある場合には社会人として自分の過失を認める必要があります。

ですので、このようにミスをしたり間違いを犯して怒鳴られたりした時には、素直に『申し訳ありません』と言って頭を下げることができる人になりましょう。

そうしますと、上司や周りの人も信用してくれるようになり、一緒にミスを立て直してくれたり新しい仕事も預けてもらえたりするようになるでしょう。

怒鳴る人の対処法:どんな時に怒りだすのか観察する

よく怒鳴る人のことは、どんな時に怒りだすのかをしっかりと観察することで怒鳴られることから回避することができる可能性があります。

なぜならば、人は自分のプライドを傷つけられたり自分のことを否定されたりした時に、怒りやすい傾向があるからです。

しかし、人が怒るポイントやプライドがどこにあるのかということは、その人によって異なりますしタイミングなどによっても変わってくるでしょう。

そこで、よく怒鳴っている人が、いつどのタイミングで怒鳴るのかということをしっかりと観察しておくようにしましょう。

そして、相手が怒るタイミングやプライドを持っている部分を知っておくことで、その点を回避すると怒鳴られることもなくなるでしょう。

怒鳴る人の対処法:コミュニケーションスタイルの癖を知る

人と接する時に怒鳴りやすい人は、相手のコミュニケーションスタイルの癖を知ると良いです。

たとえば、ボディタッチをすることでコミュニケーションを取ろうとする上司に対して、握手すら拒むような態度をとると怒鳴られる可能性が高くなるでしょう。

また、中にはそもそも怒鳴り口調で話しかけることをコミュニケーションスタイルとしている人もいて、本人は冗談のつもりで怒っている雰囲気を醸し出して話しかけてきている可能性もあります。

ですので、周りの人に怒鳴っている人がいましたら、その人が他人と接する方法や話し方をしっかりと観察しておくと良いです。

そうしますと、相手がどのようなコミュニケーションを取ろうとしているのかを把握することができますし、本当に相手が怒って怒鳴っているのかそうではないのかということも見極めることができるでしょう。

怒鳴る人の対処法:沸点を見極める

頻繁に怒鳴る人に対しては、相手の怒りの沸点を見極めることが非常に大切になります。

なぜならば、怒りの沸点やポイントは人によって異なりますので、普通の人が怒らないようなことでも本気で怒ってしまう人もいるからです。

たとえば、少しぽっちゃりした体型の人に対して『太った?』というような質問をすると、いじられたと判断して笑う人もいれば失礼なことを言われたと思って激怒してしまうような人もいます。

ですので、人によって異なる怒りの沸点をしっかりと見極めて、相手によっていうことや態度を変えて接することは非常に大切になります。

怒鳴る人の対処法:冷静に対応する

感情的になり怒鳴ってくる人に対しては、冷静に対応することが大切です。

なぜかというと、相手のテンションに合わせてこちらも怒って対応をすると、お互いに怒りが増長してしまい収集がつかなくなるからです。

ですので、自分で感情がコントロールできないほど周りに怒鳴る人に対しては、冷静に相手の話を聞いて相手の主張や意見を理解してあげると良いです。

そうしているうちに、相手も落ち着きを取り戻してきて落ち着いて順序立てて自分の主張をしてくれるようになってくるでしょう。

怒鳴る人の対処法:委縮しない

怒鳴って話してくる人に対しては、決して萎縮してはいけません。

なぜならば、相手に対して自分勝手に怒鳴ることでストレス発散をしているような人は相手が萎縮すればするほど、いい気になって態度を大きくしていくからです。

そのため、一度でも萎縮して対応してしまうと、怒鳴る人の標的にされて、ひどい言葉や言われたくないことを言われる可能性が高くなってしまいます。

ですので、怒鳴られて萎縮してしまう気持ちは分かりますが、その気持ちを決して表には出さないで、あくまでも毅然とした態度で怒鳴る人の話を聞くと良いです。

そうしますと、怒鳴ってくる人も強い態度をしにくくなってきて、ストレス発散の標的にすることをやめてくれるでしょう。

おすすめの記事