「浮気している可能性があるかも?」と疑いを持ったときに
旦那のlineをバレずに見るにはどうしたらいいのでしょうか?

今回は旦那のlineをバレずに見る方法と浮気を見破る方法とチェックポイントを
ご紹介していきます。

lineが浮気や不倫に最適な理由

現代ではlineの普及が進み、lineはなくてはならない存在になってきています。

そして、lineは浮気や不倫をする際に、多く用いられています。

はたして、なぜlineは浮気や不倫に最適とされているのでしょうか。

以下は、lineが浮気や不倫に最適な理由です。

・手軽にやりとりできる
・浮気の証拠を隠しやすい

手軽にやりとりできる

lineはメールとは違い、電話番号さえ分かっていればすぐに連絡を取ることができます。

また、lineのIDやQRコードを交換するなど、様々な連絡先の交換方法があります。

そのため、連絡先を聞き出す敷居が低く、色んな人と簡単に繋がりを持ててしまいます。

さらに、lineは電話やチャットなど全てのコンテンツが無料です。

無料でやりとりができた場合、通話料金の請求などで浮気がバレてしまう危険性も低くなりますね。

このように、lineは連絡を取り始めるのも、取り続けるのも手軽なので、浮気や不倫の手口として多く使われています。

浮気の証拠を隠しやすい

lineには様々な機能があります。

たとえば、特定の相手からの通知をオフにできたり、相手の登録名を自在に変えることができたりします。

万が一、パートナーといる時に浮気相手から連絡が来たとしても、通知が来なかったり名前が変わっていたりすると、浮気だとバレる可能性は低くなりますよね。

また、見られたくないトーク内容をすぐに消すこともできます。

さらに、相手の連絡先をブロック状態や非表示にすることもできます。

このように、lineには様々な機能があるので、パートナーの目を欺き浮気相手と連絡を取りやすくなり、浮気や不倫に最適と言われています。

lineの盗み見は違法?・lineの浮気証拠能力はどのくらい?

Lineの盗み見は違法になるのでしょうか?

また、lineの浮気証拠能力はどのくらいの効力を発揮するのでしょうか?こういった疑問点の解決法として以下のポイントが挙げられます。

・犯罪になる危険性がある
・証拠能力が無効になる場合と有効になる場合がある

犯罪になる危険性がある

相手のlineを盗み見た場合、その行為が違法になる場合とならない場合があります。

刑法ではセーフ

lineの盗み見は、刑法上にある信書開封罪に問われるのではないかと心配になることがあります。

しかし、信書開封罪は封のしてある信書を勝手に開封した時に問われる罪です。

lineのメッセージは信書と判断されないので、信書開封罪には問われません。

民法ではアウトな場合もある

lineの盗み見は、プライバシーの侵害の罪に値するケースがあります。

プライバシーを守る権利は誰にでもあり、夫婦間であってもプライバシーを侵害された場合、罪に問うことができます。

また、プライバシーの侵害にあたるのは、故意にlineを盗み見た場合のみです。

なので、ポップアップ画面に出たメッセージを見たり、たまたまlineを開いてしまったりした場合は罪に問うことが難しくなります。

ほかにも、不正アクセス禁止法に違反するケースもあります。

不正アクセス禁止法に違反したと判断されるのは、ロックを解除してlineを盗み見た場合であることが多いです。

なので、ロックがかかっていない場合などは不正アクセス禁止法には違反とならない可能性が高くなります。

さらに、相手のlineのデータを自身の手元に転送することも、不正アクセス禁止法に違反するケースがあります。

しかし、このように夫婦間でlineを見たことを訴えるということは、あまりありません。

その理由は、覗き見された側が浮気していることの後ろめたさや、夫婦という親密さから相手を訴えられないということが多いです。

証拠能力が無効な場合と有効な場合がある

刑事訴訟法上では、違法行為によって集められた証拠は全て無効となります。

その理由は、違反収集証拠排除法則というものがあるためです。

しかし、民事訴訟法上では、有効な証拠として扱われるケースが多くあります。

なので、相手の浮気を問い詰めるために、証拠はあった方が有利になるということが考えられます。

旦那のlineをバレずに見るには?

lineを覗き見たことが旦那にバレてしまうと、新たな問題に発展する危険性があるので、lineを見る際には細心の注意が必要です。

以下は、旦那のlineをバレずに見るためのポイントです。

・既読をつけない
・早く済ませる

既読をつけない

lineを覗き見る上で、最も大切なのは、既読をつけないということです。

旦那のlineにまだ未読のメッセージがあった時、そのメッセージを開いてしまうと、既読がついて旦那にバレてしまいます。

しかし、未読のメッセージが怪しいと感じた場合、そのメッセージを開きたくなりますよね。

そこで、そのようなときに便利なスマホの機能があります。

まずは、スマホのポップアップ画面でメッセージ内容を確認するということです。

ポップアップ画面では、全ての文章を見ることはできませんが、そこからlineの内容を予想することができます。

さらに、機内モードを活用するという方法があります。

lineの未読メッセージを開く前に、スマホを機内モードにしておきます。

すると、メッセージを開いても既読がつかず、その後機内モードを解除するとメッセージは未読のままになります。

しかし、この方法は機種によっては既読になってしまうこともあるので、事前に確認しておくことが必要です。

早く済ませる

勝手に旦那のlineを見ているところを、旦那に発見されては最悪の事態になりかねません。

その事態を避けるため、lineを覗き見るのはなるべく手早く済ますことが必要となります。

そこで、有効な機能が、lineのトーク内容をバックアップするという方法です。

まず、怪しいと睨んだ相手とのトーク内容を、自身のスマホやパソコンにバックアップします。

バックアップの仕方は、トーク画面を開き右上の三角ボタンを押し、設定を開きトーク内容送信を選択するだけです。

そして、あとは自分の手元にバックアップしたデータをゆっくりと詮索します。

こうすれば、手っ取り早くlineを覗き見ることができますね。

lineを使った浮気を見破る方法・チェックポイント

lineを使った浮気を見破るうえで大切なことがいくつかあります。

以下は、lineを使った浮気を見破るポイントです。

・トーク内容をチェック
・連絡相手の名前の登録をチェック
・通知オフにしている人がいないかチェック
・旦那の様子をチェック
・必ず証拠を残す

トーク内容をチェック

やはりまずは、トーク内容を確認しましょう。

あまり警戒心のない人は、浮気相手とのトーク内容をそのままにしてあることもよくあります。

浮気相手とのトーク内容を確認できれば、浮気していることが一目瞭然ですね。

また、トーク内容が不自然に途切れていないかチェックすることも大切です。

もし、不自然な途切れかたをしている場合、 lineのトークを定期的に消去している可能性があります。

トークを消去しているのは、何か見られては困るものがある場合もあるので、注意が必要です。

連絡相手の名前の登録をチェック

名前とアイコンが一致しないなど、不自然な連絡相手を見つけた場合、その人の本名を確認する必要がでてきます。

確認方法は、トーク画面からその人のアイコンを開くと、登録名の下に本名が出てきます。

本当は女の人なのに、男の名前で登録している場合などは、浮気している可能性が高くなります。

通知オフにしている人がいないかチェック

こちらも、名前の登録と同じで、怪しいと思った連絡相手が通知オフ状態になっていないか確認します。

通知オフになっている場合は、連絡をとることが面倒くさいか、連絡が来たことがバレては困るということが考えられます。

後者であった場合、浮気の可能性もありますので、確認してみることが大切です。

旦那の様子をチェック

lineで浮気をするということは、スマホをパートナーに見られると困るということがほとんどです。

なので、今までスマホをいじることが少なかったのに、急にスマホを常に持つようになったなどの変化が表れることがあります。

さらに、スマホを置くときに、画面を下にして置くようになったことで、怪しいと勘付いたということもあります。

必ず証拠を残す

lineはいつでも削除ができるなど証拠を消しやすい連絡手段です。

なので、相手に浮気の証拠を消される前に、証拠になると思ったものは全て自分のスマホで写真を撮っておくなどしておくと安心です。

その際、相手のスマホ本体や私物などを一緒に写しておくと、相手に言い逃れされることも少なくなりますよ。

lineで浮気をする手口・lineで浮気がバレないとして使われている方法

lineを浮気のツールとして使う人が増えているという背景には、lineを使えば浮気がバレにくいとされているということが理由として考えられます。

では、lineでの浮気がバレないとされている理由はどのようなものがあるのでしょうか。

以下は、lineで浮気がバレないとされている理由です。

・浮気を隠しやすい
・浮気の証拠を残しにくい

浮気を隠しやすい

lineの機能には、浮気相手からメッセージが届いたことをパートナーに見つからないようにできる機能があります。

たとえば、特定の相手からのメッセージを通知オフにすることができます。

lineでのメッセージが届くと、スマホのポップアップ画面にメッセージが表示されます。

すると、パートナーにメッセージ内容を見られたり、誰からのメッセージなのか追求されたりする危険性が出て来ます。

なので、浮気相手の通知をオフにすることで、浮気相手からメッセージが来たことをパートナーに知られずに済むということになります。

また、相手の登録名を変更することもできます。

メッセージの通知をパートナーに見られた時に、知らない異性の名前が表示されていると、追求されてしまうことがあります。

なので、浮気相手の名前を同僚や同性の名前に変更し、通知をパートナーに見られても疑われないようにします。

このように、浮気をしていること自体を隠すことがlineであれば容易にできます。

浮気の証拠を残しにくい

スマホのメール機能などでは一通ずつ確認しながら消すので、証拠を消すのに時間がかかってしまい、パートナーに怪しまれる原因になることがあります。

しかし、lineは相手ごとにトーク履歴が残るので、浮気相手とのトーク履歴を一瞬で消し去ることができます。

さらに、lineでの無料通話履歴も簡単に消すことができます。

その方法は、lineのトーク履歴とスマホの通話履歴の両方を消すだけです。

なので、浮気相手と通話した時はこまめに履歴を消すようにしておくと、パートナーに浮気を疑われる可能性が低くなります。

そして、lineは浮気相手の存在自体をブロックしてしまうことも可能です。

たとえば、パートナーに浮気を疑われ「スマホを見せてくれ」と言われた際に、スマホを開くふりをして浮気相手をブロックしてしまうと、トーク履歴も通話履歴も全て消えます。

このように、lineには様々な機能があるので浮気に使われやすいのだと考えられます。

いかがでしたでしょうか。たとえ旦那のlineから浮気が発覚した場合でも、旦那に浮気を問いただすことはまずいです。

なぜなら、浮気を問い詰めてもあの手この手で言い訳を考えているのでうやむやにされるだけでなく、浮気の証拠となりそうなものを削除されるだけでなく、もし探偵に浮気調査を依頼することになっても尾行に気づかれてしまい、慰謝料を請求するための不貞の証拠が掴めなくなってしまいます。

そうすると、浮気問題を解決したくてもできずに苦しみ続けることになりかねません。

夫婦関係の改善をする場合でも離婚をする場合でも必ずといっていいほど慰謝料請求は必要になります。そのためにも不貞の証拠を探偵に依頼して手に入れておくことこそがあなたが有利に立つための方法です。

夫婦関係の改善をしたいとき、旦那には慰謝料を請求したくないという方もいるかと思います。そんなときには浮気相手だけに50~100万円の慰謝料を請求しながら、二度と近づかないように誓約書を書かせ破ったら慰謝料増額という方法で二度と旦那に近よらせないようにすることで夫婦関係の改善が期待できます。

また、離婚したいときには200~300万円の慰謝料をパートナーと浮気相手に対して請求することで、あなたが受けてきた苦しみを清算することが可能です。

探偵のアフターサービスはあなたにとって悩みがでてきたときにアドバイスをしてくれるので非常に心強い味方となってくれます。

アフターサービスをうまく活用することで浮気問題が解決してあなたの人生がよくなることを願っています。

⇒私が浮気問題を解決するために役立ったおすすめのプロの探偵浮気調査会社ランキングはこちらです。

おすすめの記事