8月10日に高速道路の常磐道で試乗車の白いBMWを借りて乗り回し、24歳の被害男性が運転する車をあおって、強引に車を止めさせ、BMWから降りてきたと思ったら被害男性に対して数発の暴行を加えた後、行方をくらましていた犯人の男性が全国で指名手配され、その正体が明らかになりました。

容疑者の男性の名前は宮崎文夫。年齢は43歳でした。

宮崎文雄と名前を間違えやすいですが、正しくは宮崎文夫です。

一刻も早く捕まることを願っています。(追記:捕まりました。)

まず、住んでいるところがインスタグラムから見えてきたかもしれません。

白いBMWのあおり運転男、宮崎文夫の正体、顔写真、居場所はインスタグラムがヒント?

世間を騒がせたほどの極悪犯人なので、顔写真などに間違いがあってはいけないので、念入りに調べてみました。

すると、すでに週刊文春オンラインさんで
宮崎文夫容疑者のことを既に調べていた模様です。

宮崎文夫容疑者は大阪府などで不動産事業を手掛ける会社経営者であること判明してしまいました。 どうやら親族からマンションを引き継いだみたいです。


以下は、宮崎文夫容疑者のインスタグラムからのアップ画像なのですが、
普段使用している車のナンバーやどこで食事したのか、ヒントがつかめますね。

宮崎文夫
アップ画像には数々高級車が見受けられます。
宮崎文夫1
以下の画像からやっぱり横浜に住んでそうな気がしますね。このでかい観覧車はあの横浜の夜景で有名なコスモクロック21では?そうなると、目立ちすぎて逃げるに逃げられないかもしれません。
宮崎文夫2

いずれにしても早く捕まることを祈っています。

最後に

宮崎文夫容疑者は横浜のディーラーからBMWを試乗車として借りたことから、横浜に住んでいることが考えられます。

そうなると、インスタグラムの画像からコスモロック21が見える場所に住んでいるのかもしれません。

しかも不動産経営までしているということなので、逃げ切るのは不可能でしょう。

一時は行方をくらましても、事業をほったらかしにして、しかも高額な家賃をずっと払わないわけにはいかないですからね。

せっかく裕福な生活を送っていたのにもったいないですね。これで会社の信頼は失墜。

不動産経営もできなくなりますね。失った代償は相当大きいです。

おすすめの記事