人の頭を撫でる時は、どのような時ですか?

相手に愛おしさを伝えたい時、褒めたい時、励ましたい時…

頭を撫でるという行為にも、自分と相手の関係性やタイミングによって、意味合いや相手に対する伝わり方が異なる場合が多いです。

もし、自分が好意を持って相手の頭を撫でても、相手からは友情の中でのスキンシップとして捉えられてしまっては悲しくないですか?

私なら、緊張しながらやっと出来た頭を撫でる行為が、なんでもない行為のように捕らえられてしまったらそれ以上、勇気を出した行動をすることができなくなってしまうかもしれません。

そこで、ここで頭を撫でる行為の意味合いや相手の心理を学ぶことで、相手の頭を撫でるタイミングを図ったり自分が頭を撫でられた時の相手の気持ちを読み取ったりできるようになるでしょう。

では早速、解説をしてきいます。

頭をなでる心理

頭をなでる心理は以下の通りです。

・脈ありか確認したい
・守ってあげたい気持ちがある
・なんとなく触れたくなった
・小動物のように愛でたくなった
・触れることが大好き・スキンシップ
・好意がある
・励まし方・慰め方
・褒める・ねぎらい
・支配したい

頭をなでる心理:脈ありか確認したい

特定の人の頭をなでる行為は、脈ありかどうかを確認したいと思ってしている可能性があります。

なぜならば、自分が嫌いな人や嫌悪感を抱いている人から頭を撫でられますと、相手は不快に思って嫌な顔をしたり、さりげなく手を振り払ったりするからです。

そのため、頭をなでた時に受け入れられたら、相手も自分に好感を持っている可能性があり、振り払われた場合には不快に思われている可能性が高いということが、一目で分かるということです。

このように、頭をなでるというような好意を寄せている相手や信頼している相手からされると嬉しい行為は、試しにしてみることで相手が自分のことをどのように思っているかということが、非常に分かりやすい行為だと言えるでしょう。

頭をなでる心理:守ってあげたい気持ちがある

頭をなでる人の心理は、相手のことを守ってあげたいと考えている可能性があります。

その理由は、人は頭の全体をなでられますと相手の手に包み込まれたような気持ちになるからです。

さらに、頭をなでられますと安心感を感じて気持ちを落ち着かせることができるようになります。

そのため、相手のことを守りたいとか大切にしたいと思った時に、頭を包み込むようにしてなでる人も多いです。

また、相手のことを守ってあげたいと思って頭をなでる人は、相手が自分よりも背が低かったり子どもだったりすることが多いです。

このように、自分よりも小さい人や、か弱い人のことは頭をなでて自分の手元に置いておくことで、危険に晒さないように守ろうとしていると考えられます。

頭をなでる心理:なんとなく触れたくなった

人の頭をよくなでるクセがある人は、なんとなく触れたくなっただけの場合も考えられます。

たとえば、恋人が隣に座っている時や子供と一緒に遊んでいる時などには、特に理由がなくても相手に触れたいと感じることが多いでしょう。

このような時に、相手に自然に触れやすい部分が頭であるため、なんとなく相手に触れたい時には頭をなでたりポンポンと軽く叩いたりするのだと考えられます。

また、なんとなく触れたくなった時に触れることができる相手は、理由がなく頭に触れても嫌な顔をされないという確証がある相手でなくてはいけないでしょう。

このように、特に理由はなくても相手に触れたいために頭をなでる人は、相手に対して好意を抱いていたり愛情を持っていたりすることが多いです。

頭をなでる心理:小動物のように愛でたくなった

相手の頭をなでたくなるのは、相手のことを小動物のように愛でたくなった場合も考えられます。

なぜならば、人は自分よりも小さくて小柄な人や子どものことをみると、リスや子猫のような小動物と触れ合う時と同じような優しくて穏やかな気持ちになるからです。

また、動きがのんびりとしている人や、逆にせわしなく動く人も小動物のように見えることがあり、このような特徴がある人のことは頭をなでて愛でたいと感じる人も多いです。

たとえば、小柄な彼女をもっている彼氏や、幼くて手を繋いでいなくてはどこに行くか分からないような子どもの親は、相手のことを小動物のように愛でて大切にしようと考えているでしょう。

そのため、特に意味がないタイミングでも自分の愛情を表現するために頭をなでることも多く、なでられた側も頭をなでられることで安心感を感じてホッとすることができます。

このように、頭を撫でるという行為は相手に対しての愛情を表現する際に使われることが多く、特に自分よりも小さくてか弱い相手に対して、頭をなでて可愛がる傾向があります。

頭をなでる心理:触れることが大好き・スキンシップ

頻繁に頭をなでるクセがある人は、人に触れることが大好きな性格をしている可能性があります。

なぜならば、頭をよくなでる人は、その行為をスキンシップの1つだと考えているからです。

そのため、恋人や家族のような深い繋がりがない相手に対しても頭をなでることが多く、このようなクセがあることを知らない人からしますと、最初は驚いて身を構えてしまうかもしれません。

ですが、慣れてきますと頭をなでられる行為を心地よく感じることも多く、頭をなでることをスキンシップとしている人は触れる際にも、いやらしさがなくて、さりげなく触ることができますので、相手が不快感を覚えることは少ないでしょう。

このように、頭をなでる人の中には特定の相手に対してだけではなく、他人とスキンシップをとる時に、さりげなく頭に触れる行為をする人もいます。

頭をなでる心理:好意がある

特定の相手の頭をなでる人は、その相手に対して好意を抱いている可能性が非常に高いです。

なぜならば、好意を抱いている相手に触れたいと考えた時に、人の身体の中で一番さりげなく自然に触ることができるのが頭だからです。

また、頭をなでる行為はいやらしさがなくて簡単に自然に相手とスキンシップをとる方法に最適だと考えられます。

そのため、たとえば好意を寄せている相手が仕事で成果を上げた時や、逆に仕事でミスをして落ち込んでいる時などに、さりげなく頭をなでたりポンポンとしたりすることで、相手を褒めたり励ましたりすると同時にスキンシップをとることができます。

このように、頭をなでる行為は色々な意味が含まれていますので、褒めたり励ましたりすることを口実として相手にさりげなく触れる方法としては絶好の行為だと言えるでしょう。

頭をなでる心理:励まし方・慰め方

頭をなでる行為を、相手が落ち込んでいる時に励ますためにする人も多いです。

たとえば、彼女が仕事でミスをして上司から怒られたと言って落ち込んで帰ってきた時に、彼女の頭をなでたりポンポンと軽く叩いたりして慰めようとする人も多いのではないでしょうか。

また、このような時に頭をなでられて気持ちが楽になった経験がある人もいるかと思います。

このように、人は落ち込んでいる時や悩んでいる時に頭に触れられて、気持ちが落ち着きリラックスすることができた経験をしていることが多いです。

そのため、自分の大切な人が同じように辛い気持ちになっている時には、自然と頭をなでて安心感を与えようとするのだと考えられます。

頭をなでる心理:褒める・ねぎらい

頭をなでる行為は、相手のことを褒めたりねぎらったりするときに使われることも多いです。

なぜならば、幼少期から子どもは何か成果をあげたり頑張ったりした時には、親に頭をなでてもらって褒められた経験があるからです。

そのため、大人になってからも相手のことを褒める時やねぎらう時には、頭をなでることで『頑張ったね』とか『お疲れ様』という気持ちを伝えようとしていると考えられます。

このように、褒めたりねぎらったりする意味で頭をなでる行為は、恋人や家族からだけではなく、上司のように目上の人が仕事の頑張りを評価する際にも使われることが多いです。

頭をなでる心理:支配したい

頭をなでる人の心理には、相手のことを支配したいと考えている場合もあります。

なぜならば、頭をなでて褒めたり安心感を与えたりすることで、相手を自分の思い通りに手懐けようとしている可能性があるからです。

たとえば、家庭内暴力をしている男性は、妻に対して頭をなでて優しく接することで一時的に安心感を与えて、自分のことを信頼させようとします。

そして、自分の思い通りに物事が進まなくなると、妻に対して罵声を浴びせたり暴力を振るったりして、自分の考え方や価値観を押し付けようとしてきます。

しかし、一度、頭をなでられて優しくされた経験がある女性は、なかなか家庭内暴力を振るう男性の実態に気づくことができなくて、『自分が悪いのだ』と考えてしまいます。

さらに、家庭内暴力を振るう男性は妻に対して定期的に頭をなでて優しくすることで、妻の心を支配してしまいます。

ですので、他人から見るとあからさまな暴力でも、妻本人とすると暴力ですら夫からの愛情なのだと勘違いしてしまうのだと考えられます。

頭をなでる効果

頭をなでる効果は以下の通りです。

・安心・落ち着く
・愛情表現
・自己肯定感が高まる

頭をなでる効果:安心・落ち着く

頭をなでると、相手に対して安心感を与える効果が期待できます。

また、信頼する相手に頭をなでられると、どんなに気持ちが落ち込んでいたり辛い思いをしたりした時でも、ホッとして気持ちを落ち着かせることができることが多いです。

このように、頭をなでるという行為は相手に安心感を与えることができる、簡単で手軽な方法の1つです。

ただし、頭をなでるという行為は相手の身体の一部に触れる行為になりますので、交流があまりない人や関わりが薄い異性に対してしてしまうと、時には嫌がられたり不信感を感じられたりしてしまう可能性もあります。

ですので、相手の頭をなでる時には相手と自分の距離感や関係性をしっかりと考えてから、行動に移す必要があるでしょう。

頭をなでる効果:愛情表現

頭をなでると、相手に対して自分の愛情を自然に表現することができます。

なぜならば、頭をなでるという行為は相手のことを愛でて可愛がっていることの証拠だからです。

そのため、相手に対して愛情を持って頭をなでますと、自然に相手にもその愛情が伝わりやすくなります。

たとえば、恋人と喧嘩をしてしまった時に、どんなに激しい言い合いをして酷いことを言ってしまったとしても、仲直りをする際に心から謝って頭をなでてもらえますと、相手の愛情を改めて感じることができるでしょう。

そして、喧嘩の際に相手が勢いで言ってしまった言葉に傷ついたとしても、頭をなでて謝ってもらうことで、その傷を癒してもらい安心感を感じることができるようになります。

このように、頭をなでるという行為は、わざわざ言葉にしなくても相手に愛情を伝えることができる、手軽で簡単な方法だと言えるでしょう。

頭をなでる効果:自己肯定感が高まる

頭をなでることで、相手の自己肯定感が高まることが期待できます。

その理由は、頭をなでられる多くの理由が、褒めてもらったりねぎらってもらったりすることだからです。

そのため、相手から頻繁に頭をなでて貰えると『自分は頑張っているのだ』とか『良い成果をあげたのだ』というように、相手からだけではなく自分自身のことも褒めてあげることができるようになります。

そうしますと、自分にも自信を持つことができるようになって、新しいことにチャレンジしたり進んで物事に挑戦したりする前向きな気持ちが強くなっていくことができるでしょう。

このように、人の頭をなでるという行為は、なでられた人の気持ちを明るく前向きにしてあげることができる行為だと言えます。

おすすめの記事