朝比奈久徳(あさひなひさのり)容疑者52歳が2019年11月27日、兵庫県尼崎市神田南通1の路上で神戸山口組の古川恵一幹部を銃撃して襲った容疑で2019年11月27日警察に逮捕されました。

朝比奈容疑者が起こした犯行についてメディアは以下のように伝えています。

もともと、山口組から分裂した神戸山口組の幹部に対して朝比奈久徳容疑者が銃撃したみたいですね。おそらく朝比奈久徳容疑者も暴力団の組員なのでしょう。

27日午後、兵庫県尼崎市神田南通1の路上で指定暴力団・神戸山口組の古川恵一幹部(59)が頭や胸などを銃で撃たれ、搬送先の病院で死亡した事件。現場から逃走した朝比奈久徳容疑者(52)は午後6時20分ごろ、京都市南区上鳥羽菅田町の国道1号の交差点付近で現行犯逮捕された。

追記:やはり朝比奈久徳容疑者は山口組系の元暴力団組員でした。

捜査関係者によると、神戸山口組と対立する指定暴力団山口組傘下組織に所属していたが、山口組が取り扱いを禁じる覚醒剤に手を染めたため、平成30年12月に「破門処分」を受けたとされる。

銃撃で撃たれた古川恵一幹部は病院で亡くなったそうです。そのご朝比奈容疑者は京都まで逃げたみたいですね。

27日午後5時5分ごろ、兵庫県尼崎市神田南通1の路上で「男性が撃たれた」と119番があった。指定暴力団・神戸山口組の古川恵一幹部(59)=同市昭和南通5=が頭や胸などを銃で撃たれ、搬送先の病院で死亡が確認された。現場から車で逃走したとみられる男を京都府警が京都市内で発見。職務質問しようとした警察官に拳銃を向けたとして、愛知県江南市、無職、朝比奈久徳容疑者(52)を銃刀法違反と公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。

朝比奈容疑者は軽自動車に乗って逃走していたみたいです。テレビでも見ましたが、四方八方からパトカーに囲まれてすごかったですね。

ASAHINAYOUGISYAPATOKA-

近くのガソリンスタンドの男性店員(66)によると、南から北に向かっていた軽乗用車をパトカーが追跡。軽乗用車が前の車に続いて信号待ちで止まるとすぐに別のパトカーが横付けした。軽乗用車に向かった警察官が「容疑者を確保」と叫んだ後、男を車の外に出して身体検査し、パトカーに乗せたという。

どうやら、銃撃した犯人は朝比奈容疑者のほかに、もう1人いたという情報もあるらしいです。そうなると、朝比奈容疑者の犯行の動機は、やはり暴力団同士の抗争がきっかけになっている可能性が高そうですね。

撃った男は、現場から車で逃走していましたが、警察は名神高速道路の京都南インターチェンジの付近でこの車とみられる軽乗用車を見つけパトカーなどで取り囲みました。
そして、車内を調べたところライフルや拳銃が見つかり、車に乗っていた、愛知県江南市の朝比奈久徳容疑者(52)を銃刀法違反などの疑いでその場で逮捕しました。
警察によりますと銃を撃った男は、2人いたという情報もあるということで、警察は、もう1人がいなかったかなど事件の詳しい状況や背景などを調べています。
事件があった現場は、阪神電鉄の尼崎駅から西に500メートルほどの飲食店やマンションが建ち並ぶ地域です。

朝比奈久徳(あさひなひさのり)容疑者の犯行の動機は?

追記:朝比奈容疑者の犯行の動機はどうやら、山口組ナンバー2の高山清司若頭72歳が2019年10月18日に出所したことが関係しているらしいです。高山若頭は「山口組を一つにする」と言っていて、その動きではないかとメディアが言っていました。この件に関して調べてみますと、週刊文春では以下のように取り上げていました。

10月18日午前6時前、山口組ナンバー2の高山清司若頭(72)が約5年ぶりに府中刑務所を出所した。

10月10日には神戸で弘道会の組員が神戸山口組系組員2名を射殺するなど、現在までに抗争事件は約130件、死者は9名にのぼる。この難局に高山氏がどう動くのかが焦点となっている。

「高山氏は服役中から『山口組を一つにする』と語っていたとされ、井上氏や元舎弟頭の入江禎氏など(永久追放を意味する)絶縁処分となった神戸山口組の最高幹部らには引退を迫り、若手組員は組織に戻すことを想定しているとみられます。

実際のところは、どうなのかはわかりませんが、仁義なき戦いがいまだに行われていることに恐怖を感じますね。

朝比奈久徳(あさひなひさのり)容疑者の犯行の手口がすごかった!

朝比奈久徳容疑者はなんと、拳銃だけでなく自動小銃(ライフル)も所持していたそうです。

自動小銃といえば、以下のようなイメージですね。拳銃だけでも怖いのに自動小銃ですから、怖すぎです。

銃撃の現場はどうやら繁華街だったそうで、実弾の薬きょうも少なくても10個あったといいますから、連射した可能性が高そうですね。

自動小銃

京都市南区の路上で拳銃1丁と銃弾5発、自動小銃1丁を所持していたとされる。

調べでは、古川幹部は尼崎市内の路上を1人で歩いていた際、近づいてきた男から頭や腹などに銃撃を受け、搬送先の病院で死亡が確認された。男は犯行後に軽乗用車に乗り込み逃走。兵庫県警は現場で実弾の薬莢(やっきょう)を少なくとも約10個押収した。

犯行の約1時間後、現場から約40キロ離れた京都市南区内の名神高速道路京都南インターチェンジ付近の国道で、京都府警南署のパトカーが、ナンバーの下4桁が逃走車両と一致した軽乗用車を確認。警察官が停止させて運転席の朝比奈容疑者から事情を聴こうとしたところ、拳銃を向けたため銃刀法違反と公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。朝比奈容疑者はその際、拳銃と自動小銃を路上に投げ捨てるなどしたという。警察官にけがはなかった。

現場は阪神電鉄尼崎駅の西約400メートルの繁華街。近所に住む40代女性は「パパパーンという鈍く大きな音が何度も続いてビックリした。恐ろしい」と語った。

追記:朝比奈久徳容疑者は、古川幹部に連絡をとって事件直前まで飲食を共にしていたらしいです。酒とかを飲ませたりして古川幹部に隙ができるのを待ってから30発くらい自動小銃で連射したということなのでしょうか。計画的ですね。

さらに、京都に行ったのは別の神戸山口組系組織を狙うためだったということを供述しているみたいなので、もし捕まえなかったらさらに被害者が増えていた可能性がありますね。大変恐ろしいです。

2人は27年8月以降の山口組分裂騒動以前から顔見知りだった可能性があり、朝比奈容疑者側から連絡を取って呼び出した疑いがある。居酒屋は古川幹部の息子が経営しており、事件直前に2人が飲食をともにしていたとの目撃情報もあるという。

捜査関係者によると、警察の調べに対し朝比奈容疑者は「全部1人でやった。古川に30発ぐらい撃った」などと供述。さらに「別の神戸山口組系組織を狙い京都に向かった」などと話しているという。

以下が朝比奈久徳容疑者が持っていたとされる自動小銃です。これで至近距離から撃ったそうです。

朝比奈久徳容疑者自動小銃

朝比奈久徳(あさひなひさのり)容疑者が犯行に及んだ場所は?

朝比奈久徳容疑者が神戸山口組幹部に対して銃撃した現場は尼崎市神田南通1丁目の路上とのことです。そこから朝比奈久徳容疑者は名神高速道路の京都南インターの付近でパトカーに囲まれて逮捕された模様です。

グーグルマップによると、朝比奈容疑者が逃走して捕まった場所は銃撃現場から50キロ離れていて車で45分くらいかかるそうです。

朝比奈久徳(あさひなひさのり)容疑者のfacebookの顔画像は?

朝比奈久徳(あさひなひさのり)容疑者のfacebookやインスタグラムの顔画像について調べてみたのですが、ちょっと本人のアカウントか確認できなかったので、ここでは控えたいと思います。

以下が朝比奈久徳容疑者を乗せた車の画像です。

asahinayougisya-nosetakuruma

以下が朝比奈久徳容疑者の顔画像です。

asahinahisanori-kaogazou

以下が朝比奈久徳容疑者の銃撃現場の画像です。

asahinayougisya-juugeki

今回の逮捕に関してネットのさまざまな声をまとめてみました。

暴力団の抗争は映画でみたことがあるけど、リアルであったことなんだよなぁ。

抗争しているエリアはとても怖いね。だけどどこからどこまでが抗争のエリアなのかの把握が難しい。

怖すぎてびびった。

山口組のお家騒動の抗争はすさまじいね。

まじかよ。言葉もでない。

近くにいた人どんな気持ちだったんだろう。

おすすめの記事