嫁が浮気していることが何らかのきっかけで発覚したときに、やってはいけないことは不貞の証拠(ふていのしょうこ)がない状態ですぐに問い詰めてしまうことです。

ついつい、嫁の携帯やスマホから浮気が発覚して、勢いで問い詰めるケースが多いですが、それは結局のところ無駄な努力で終わってしまったというケースが多いです。

もし十分な証拠がない中で問い詰めると、ケースによっては嫁や浮気相手の男性に逆転のチャンスを与え、反論してくるので浮気の対応だけでかなり疲れてしまいます。

今回は、あなたが間違った対応で浮気を問い詰めることで、かえって自分自身を苦しめないようにきちんとした浮気嫁への浮気の対応法についてお伝えしようと思います。

あなたは浮気の証拠についてどこまで理解していますか?間違った認識をしてしまうと、不利になるリスクも・・・

あなたはボイスレコーダーや携帯やスマホのメールや画像、デジカメ画像などいろいろな浮気と思われるような証拠をもっているとしたら、裁判で勝てそうな気がしますか?慰謝料をもらえるとお考えですか?浮気をやめさせることができると思いますか?

実は、これだけでは証拠不十分として裁判では扱われてしまいます。

なぜなら、ボイスレコーダーは後で言っていることを翻されれば証拠として弱くなりますし、携帯やスマホやデジカメはねつ造しやすい機材として知られていますので、裁判では信ぴょう性が薄いとして認識されてしまうからです。

そのことを知っておかないとあなたの嫁と浮気相手の男性に口裏を合わされて言い逃れされたり、逆にプライバシー侵害だの名誉棄損だのといわれ弁護士をたてて逆に訴えられるケースもありますので、注意が必要です。このような目にあうと対応するだけで疲れてしまいます。

あなたは決定的な証拠がない状態で嫁に浮気を問い詰めれば認めるとお考えですか?

冷静に考えてみれば気が付かれると思いますが、あなたの嫁は裏で浮気相手の男性とつながっているのはみえみえですね。嫁に何かを話せばすぐに浮気相手の男性にその話が漏れてしまうわけです。

二人が、浮気のために会っていたのなら、身体の関係は少なからずあるのは気づきます。

つまり、あなたの嫁と浮気相手の男性が浮気をしているのなら肉体関係があるわけなので絆がすごく強くなっているということになります。

もともと女性は肉体関係を持ちたい相手はこの世でただ一人の男として認めた相手だけだと昔から言われています。

つまり、あなたの嫁と浮気相手の男性に肉体関係があれば、浮気相手の男性だけのことを一番大切に思っているはずなので、現時点ではあなたのことを男としてみれなくなってしまい、結果的にずっとセックスレスになっているはずです。

もし、セックスレスな場合は、おそらく嫁に聞くと「あなたのことを男としてみれなくなったの」みたいなことを言われるケースも非常に多いです。

このような状況で決定的な証拠がないかぎり嫁が浮気を認めるはずがないのです。

仮に浮気を認めたとしても「キスまではあったけど肉体関係は一切ない」のようなあいまいな否定するでしょう。そして、どこまで話したのかを浮気相手の男性と口裏を合わせるために相談するでしょう。

どうしてだと思いますか?それは慰謝料を払いたくないから。そして浮気相手と妻が傷つきたくないから、さらに親族などに話されて、これ以上大事にしたくないからです。

もし、うっかりエッチをしたなんて答えれば、あなたは怒り出して「相手は誰だ」とか「浮気相手とかかわるな!アドレスを削除しろ!」とか下手するとお互いの両親にまで掛け合っていろいろと話し合わなければいけなくなります。

あなたの嫁も浮気をしていたのなら、罪悪感は持っていると思います。その罪悪感が余計に浮気を否定してしまうことがよくあるのです。

あなたも嫁に問いただしてみても「肉体関係まではいってない」と返答されれば、本当にそうなんだと思って信じたくなるお気持ちもわかりますが、時が過ぎたら、その返答が嘘で本当は肉体関係があったということが明るみにでることもありますので、あながち信用してしまうのは危険です。

まぁ、妻が肉体関係がなかったとあまりに言い張ってくるのなら、信じてあげたくなるお気持ちはわかりますけどね。

ですが、信じてみて結果嘘だったということがわかるとその時のショックもでかいものです。なので半信半疑で思っておいたほうが気が楽です。

あなたは優良な探偵の有能さをどこまで理解していますか?嫁の浮気で疲れるまえに知っておいたほうがいいですよ。

ところで、不貞の証拠ってご存知ですか?嫁と浮気相手の男性に肉体関係があったことを証明するための証拠のことです。

法律上では、手をつないだりとか、腕を組んだりとか、キスをしたりとか、それだけでは一切浮気とは認められません。ここが一般の考え方とは違うところです。

法律では嫁と浮気相手の男性がエッチをしていたのかどうかが問題なのです。

ということは、あなたの嫁と浮気相手がエッチをしていたことを不貞の証拠を用いて裁判で証明できれば、あなたの勝ちなので慰謝料をもらえます。

ですが、この不貞の証拠は、自分では手に入れることが非常に難しいです。

結論からいいますと、探偵に浮気調査をしないと手に入れることが難しいです。

本音でいいますと、あなたの嫁が浮気していることに気づいたら、嫁に浮気を疑っていることを気づかれる前にこっそりと探偵に浮気調査を依頼して不貞の証拠さえ手に入れてしまえば、裁判になったとしても、あなたはほぼ勝ったも同然なのです。

ですが、その行動を阻むのが探偵のイメージです。探偵ときくと高そうなイメージがありますよね。なので、本気で浮気を打開したい人でないと浮気調査を依頼しないと思います。

ちなみに、当サイトでご紹介の探偵は15~35万円と比較的安く収まることが多いです。あなたの嫁が何曜日の何時ごろ浮気しているのかパターンがわかる場合、そのタイミングだけに絞って浮気調査を依頼することで調査費用を限りなく安くすることができます。

急な出費に困ったときに対応できるようにクレジットカードの分割払いも受け付けているところもあります。

不貞の証拠さえあれば、慰謝料請求が可能なので、最初はクレジットカードの分割払いにしておいて慰謝料が入ったらまとめて返済してしまうという方法もあります。

夫婦関係を修復したいときには、浮気の慰謝料は50~100万円ほどですが、嫁に対して浮気の慰謝料は請求しづらいですよね。ですが、嫁ではなく浮気相手に対してだけ慰謝料請求することが可能です。

さらに二度と妻と浮気させないように誓約書を書かせることができます。この誓約書に書かれて約束を破ったらさらに慰謝料増額も認められます。ここまで浮気相手の男性を追い込めば、身体目的で浮気をしているだけの男性ならあなたの嫁から手を引きますよね。

このようにすることで夫婦関係修復にも不貞の証拠は役に立ちます。

もし、あなたの嫁との話が折り合わず、離婚することになった場合にはあなたの嫁と浮気相手の男性に対して200~300万円の慰謝料を請求することができます。

話を戻しますが、当サイトでは悪徳探偵は一切排除してあります。きちんと公安委員会に探偵業の届け出をしていて浮気調査の実績もある有名なところしか扱っていませんので安心して利用できます。

よく探偵は高そうだから不貞の証拠を自分で手に入れたいと動かれる方もいますが、リスクが高いです。私も最初はそのように自分で不貞の証拠を手に入れようと思っていましたがあきらめました。

まず身バレしやすく、バレたら警戒されて二度と証拠が手に入らないかもしれません。しかも不貞の証拠を手に入れるまでにGPSなどを使用したり勝手にメールを転送したりすると違法性の問題もでてきますし、手ブレではっきりと顔が映らなかったでは意味がないですし、ほかにも素人では難しいことがたくさんでてきます。

なので、不貞の証拠を手に入れるために探偵に浮気調査を依頼する男性は多いです。プロの探偵なら、浮気調査以外にもたくさんの疑問を質問することでアドバイスが受けられます。

特に浮気調査だけでなくアフターサービスも充実しているところのほうがいいですね。

当サイトでご紹介の原一探偵事務所は創業50年近くの日本で一番有名な探偵事務所として知られていますが、これまで数多くの浮気問題を解決していきました。

その原一探偵事務所のアフターサービスがとてもすごくて、なんと裁判で証人として出廷してくれるサービスまでついています。

浮気している側としては探偵と聞くだけでビビってしまいやすいですが、不貞の証拠があって、さらに裁判でも出廷されると手も足もでないですよね。

大事なことなので繰り返しますが、この不貞の証拠がないと慰謝料請求もできないですし、浮気相手の男性をあなたの嫁から切り離すことも難しいです。

なぜなら、この不貞の証拠こそが裁判でも浮気と認められる証拠だからです。

ですが、もし不貞の証拠がない状態で、あなたが嫁に浮気を問い詰めてしまったらどう対処すればいいのかについてお答えします。

不貞の証拠がない状態でもしすでにあなたが嫁を問い詰めてしまったら

もし、不貞の証拠がない状態で、すでにあなたの嫁にあなたが浮気を疑っていることを知られてしまったら、すぐに探偵に浮気調査を依頼することはやめたほうがいいです。

なぜなら、あなたの嫁も浮気相手の男性も警戒度MAXだからです。そんな状態で、浮気調査をしても尾行に気づかれてしまうので、証拠は手に入らないので無駄に調査費用がかかってしまうだけです。

とにかく、不貞の証拠がないと浮気の問題は解決することが難しいので、数か月間は浮気のことに一切触れずに放置が賢明かもしれません。

妻の警戒心が緩むようにするためには油断させることが一番大切です。

あなたが、たとえば「仕事が忙しくなって残業が今後多くなるから当分の間遅くなる」とか「今後の休日は休日出勤がはいった」とか事前に伝えておけば、嫁は高確率で浮気相手の男性と連絡を取ると思います。

そうすると、相手の男性は「会いたい」とか言ってきますよね。そうなると嫁も会わずにいられないのでタイミングを見計らって会いに行くはずです。

それが1か月先になるのか、2か月先になるのかわかりませんが、とにかく嫁が浮気相手の男性と会いに行くときに、尾行などがないか最初は警戒すると思いますが、何度出かけてもつけられてないことがわかると徐々に警戒心は解けていきます。

その段階で、嫁と浮気相手が浮気しそうなタイミングで探偵に浮気調査を依頼すると不貞の証拠がゲットしやすくなります。

その間は、妻がいつごろ浮気していそうなのかの曜日や時間帯チェック、そして携帯やスマホの浮気のやり取りや、浮気に使ったと思われるホテルのレシートなどが見つかった場合には、コピーしておくなど少しずつでも補助的な証拠となるものは集めておくとよいと思います。

いかがでしたでしょうか。嫁の浮気の対応は結構疲れる問題だとは思いますが、当サイトでご紹介の探偵事務所に無料相談してみてはいかがでしょうか。きっと、あなたの胸のつっかえがとれるかもしれませんよ。

⇒私も利用したおすすめのプロの探偵浮気調査会社ランキングはこちらです。

おすすめの記事