カズマックス(KAZMAX)こと吉澤和真氏が2019年11月11日に逮捕されたことがメディアによって報道されて以来、世間の注目を集めています。

カズマックスは、「クラブで飲み物に混入された」といってますが、CHAGE&ASKAのASKA氏の逮捕で話題になったときにメディアに登場していた浜松医科大学・鈴木修理事副学長や元麻薬取締官・浦上厚氏の話を思い出したのですが、毛髪鑑定で調べれば数か月前から薬物を使用していたかどうかがわかるみたいなので、嘘をついていたかどうかはすぐに判明するでしょう。

そうはいっても、

《資産50億円は通過点。もっと稼いで贅という贅を体験してみたいですね》(同誌)と語っているが、毎夜、六本木や西麻布のクラブやラウンジのVIPルームに入り浸っているという。

とあるので、カズマックスは「毎回クラブに行くたびに飲み物にいれられていたかも」と言い訳を言うかもしれませんが・・・。

そんなカズマックスですが、想像を絶するような悲惨な人生からの成り上がりを達成した敏腕トレーダーだった模様。

KAZMAXこと吉澤和真は89年生まれの30歳。実家は、皮革製品を製造販売する裕福な家庭だったが、父の放蕩が過ぎて倒産、24歳にして3億円の借財を背負わされたという。

大学は出たものの、まともなサラリーマンでは返済は適わず、頼ったのは当時、心酔していた情報商材も扱う投資家で、弟子入りのような形で運転手を務める。

カズマックス(吉澤和真)が心酔していた投資家とは?

カズマックスが心酔していた投資家が誰なのかを調べても確証が持てなかったので結局判明しなかったのですが、その投資家が情報商材を扱っていたということなので、影響されたのか、カズマックスも情報商材を販売していました。

言うなれば、サロンを開始する前の予行練習的な感じで始められたのでしょうか?

カズマックス(吉澤和真)の情報商材の正体

カズマックスは”お金は拾うものプロジェクト”や”億万長者クラブ”という情報商材を販売していて、どうやら2017年11月から2018年9月あたりまで販売していたのだそう。

億万長者クラブはカズマックスが主催する塾で入会金はなんと普通コースで30万円、スペシャルコースで50万円だったそうです。

さすがに入会金がべら棒に高いわけで元金が回収できなかった塾生がいれば、詐欺だといって訴えるレベルかもしれません。

なんと推薦者にはウルフ村田さんだったというのだから驚き。まぁウルフさんもカズマックスのことをそんな悪い人に思えなかったので信用してしまったのでしょう。

しかも、その情報商材のキャッチフレーズはどうやら”落ちてくるお金を拾うだけのシステムなので、あなたが行う作業は何もありません。ゴミ拾いより簡単です。元本保証します。”とか謳っていたらしく、どうみても詐欺にしか思えない内容なのですが、カズマックスは実際に逆境を跳ね返して成りあがった実話があるので、今の人生をなんとかしたいと思っている方は信じてしまったのでしょう。

冷静に考えてみればわかりますが、カンタンに儲かる話はなかなかないもので(ゲフンゲフン)。ですが、経済的に追い込まれている状況の方なら、現状を打破したいはずなので気持ちはわかります。

カズマックス(吉澤和真)のサロンの正体

カズマックスは、情報商材の”お金は拾うものプロジェクト”や私塾の”億万長者クラブ”で成功したことで気をよくしたのか、次に始めたのがオンラインサロン(KAZMAX Trader’s Salon)でした。月額3万円で開始時期は2018年8月あたりなのだったそうです。

もちろん、”お金は拾うものプロジェクト”や”億万長者クラブ”の購入者にもサロンへの応募を募っていたはずですし、そのせいかわかりませんが、第一期は8月3日に募集してから6日には一旦打ち切ったそうです。会員数はなんと7000名にも達し、ホリエモンのオンラインサロンでさえ会員が2000人くらいなので、相当な人気ぶりでした。

ただ、情報商材やサロンによくあることなのですが、儲かる人がいる一方で儲からない人もでてくるわけで、KAZMAX Trader’s Salonで1回目から含み益がのった方も調べていたら出てきましたので、本当に詐欺なのか、たまたま利益がのっただけなのかは個人的には体験したことがないので、よくわからないです。

ですが、体験された方のうち500名は詐欺にあったという感想をもっているらしく、以下のツイッターを見つけました。なんか与沢翼被害者の会を思い出してしまいます。そして手口が週刊文春によって暴かれることになります。

カズマックス(吉澤和真)のサロン砲の手口を文春がスクープ!

とはいえ、文春オンラインではカズマックスの元側近と名乗る人物から手口を聞き出して、その詳細を以下のように記載しています。こういうことをしていたんだとすれば被害者が怒り出すのも無理はないですね。

KAZMAX氏がサロンに「ロング(買い)」と投稿すると、多くのサロン生が自分の資産をロングにポジションを持つので、一時的に凄まじい勢いでビットコインの価格が上がる。つまり、サロン生が動き出す前に、KAZMAX氏はグループLINEのメンバーと情報を共有し、ひと足早く「ロング」にポジションを持てば、サロン生よりも確実に大きな利益を得ることができる。

さらに悪質なのは、KAZMAX氏自身が含み損を抱えている局面で、「ドテン(逆ポジションに切り替えること)」を利用した“ドテンサロン砲”だ。一度損切りしてから、逆のポジションを持った後に、「損切りしました」とオンラインサロンやTwitterでつぶやく。するとサロン生も真似て損切りをするので、逆張りしているKAZMAX氏が持つポジションの向きに相場が動く。KAZMAX氏は抱えていた損失を軽くできるが、逆にサロン生は損切りによって損失を出すだけ。これも事前にグループLINEで共有されていた。

サロン砲

そして、グループLINEのメンバーの一人がかまいたち山内氏とのことです。
↓↓↓
かまいたち山内も文春砲でスニーカー爆買いの秘密を暴かれピンチ!吉澤和真KAZMAXの交友関係

これについてカズマックスは以下のように反論しています。

このようにお互いの主張は食い違うわけですが、いずれにしても普段から怪しいクラブへの出入りを頻繁にしていて、なんか反社の人たちともつながっているらしいですし、どちらを信じるかは火を見るよりも明らかといったところでしょうか。

KAZMAXは六本木のクラブに入り浸っているだけでなく、芸能人アイドルとも際どい写真を撮影していました。
↓↓↓
KAZMAXの彼女や経歴!峯岸みなみや水埜帆乃香との関係は?

カズマックスの学歴

カズマックスの学歴は以下の通りです。

明治大学付属 中野高校⇒明治大学 経営学部

みんなの高校情報によれば明治大学付属 中野高校の偏差値は70ですので、勉強は相当できたっぽいです。

本来なら、会社の経営状態が悪ければ資金的にも大学へ入ることが難しくなってしまうわけですが、なんとか卒業するまでは会社はもちこたえたのかもしれないですね。

そのあとの奇跡のエピソードが起きたのも元々頭が良かったというのもあるはずですし、品行方正だったら最高の人生を送れていただけにもったいないなと思います。

こちらの記事もよまれています。

【KAZMAXとガチバトル!】マサ吉二段氏の本名や逮捕歴の噂の真実は?

おすすめの記事